CATEGORY 「価値がない」の四字熟語一覧

「し」で始まる四字熟語

牀上施牀【しょうじょうししょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 牀上施牀 【読み方】 しょうじょうししょう 【意味】 無意味な重複、新味のないこと、独創性のないことのたとえ。 【語源・由来】 床の上に床を張るという意味から。 【典拠・出典】 『顔氏家訓』「序致」 【類義…

「な」で始まる四字熟語

難易軽重【なんいけいちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 難易軽重 【読み方】 なんいけいちょう 【意味】 難しいか易しいか。軽んずべきか重んずべきか。物事の程度・価値を問うことば。 【語源・由来】 「難易」は、難しいか易しいか。「軽重」は、軽いか重いか。 【典拠…

「た」で始まる四字熟語

男尊女卑【だんそんじょひ】の意味と使い方や例文(出典・対義語)

【四字熟語】 男尊女卑 【読み方】 だんそんじょひ 【意味】 男性を重くみて、女性を軽んじること。また、そのような考え方や風習。 【典拠・出典】 『列子』「天瑞」 【対義語】 ・女尊男卑(じょそんだんぴ) 男尊女卑(だん…

「こ」で始まる四字熟語

狡兎良狗【こうとりょうく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 狡兎良狗 【読み方】 こうとうりょうく 【意味】 戦ってきた敵国が滅びると、戦闘に功績のあった家臣が有害無用として殺されることのたとえ。転じて、役に立つときはさんざん利用され、不要になると見捨てられることの…

「ろ」で始まる四字熟語

鏤塵吹影【ろうじんすいえい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 鏤塵吹影 【読み方】 ろうじんすいえい 【意味】 無駄な努力。やりがいのないことのたとえ。また、とりとめがない。影を吹いたり、細かなちりに刻みほろうとする意。 【語源・由来】 「鏤」はきざむこと。 【典拠・…

「へ」で始まる四字熟語

駢拇枝指【べんぼしし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 駢拇枝指 【読み方】 べんぼしし 【意味】 無用なもののたとえ。 【語源・由来】 「駢拇」は足の第一指と第二指がくっついて一つになっていること。「枝指」は手の親指のわきに六本目の指が生えていること。 荘子が…

「ふ」で始まる四字熟語

蚊虻之労【ぶんぼうのろう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 蚊虻之労 【読み方】 ぶんぼうのろう 【意味】 取るに足りない技能のこと。 【語源・由来】 「蚊虻」は虫の蚊と虻のことで、つまらないことのたとえ。「労」は労力のこと。蚊や虻の労力という意味で、些細な技能をい…

「ふ」で始まる四字熟語

附贅懸疣【ふぜいけんゆう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 附贅懸疣 【読み方】 ふぜいけんゆう 【意味】 無用なもののこと。 【語源・由来】 「贅」「疣」はともにこぶ・いぼのこと。ついてぶらさがっているこぶやいぼということ。 【典拠・出典】 『荘子』「駢拇」 附贅…

「は」で始まる四字熟語

馬歯徒増【ばしとぞう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 馬歯徒増 【読み方】 ばしとぞう 【意味】 無駄に歳をとること。 【語源・由来】 「馬歯」は「馬齢」と同じで、自分の年齢の謙遜語。「徒増」は徒らに増えるという意味。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・馬歯加…

「は」で始まる四字熟語

買櫝還珠【ばいとくかんしゅ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 買櫝還珠 【読み方】 ばいとくかんしゅ 【意味】 外見の立派さにとらわれ、真の価値を見失ってつまらないものを尊ぶこと。 【語源・由来】 「櫝」はふた付きの、物をしまう箱のこと。きれいな箱だけ買って、中の珠玉…

「て」で始まる四字熟語

鉄中錚錚【てっちゅうのそうそう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 鉄中錚錚 【読み方】 てっちゅうのそうそう 【意味】 凡人の中では少しすぐれているもののたとえ。金や銀に比べて価値の劣る鉄でも少し響きの美しいものという意味。 【語源・由来】 「錚錚」は金属の音の形容。 【…

「ち」で始まる四字熟語

樗櫟之材【ちょれきのざい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【読み方】 ちょれきのざい 【意味】 役に立たない人やもの。自己の謙称。 【語源・由来】 「樗櫟」はおうちとくぬぎで役に立たない木、無用の材。無能の人。 【典拠・出典】 『荘子』「逍遥遊」 【類義語】 ・樗櫟散木(ちょれ…

「ち」で始まる四字熟語

樗櫟散木【ちょれきさんぼく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 樗櫟散木 【読み方】 ちょれきさんぼく 【意味】 役に立たない人やもの。自己の謙称。 【語源・由来】 「樗櫟」はおうちとくぬぎで役に立たない木、無用の材。無能の人。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・樗櫟之…

「ち」で始まる四字熟語

朝蠅暮蚊【ちょうようぼぶん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 朝蠅暮蚊 【読み方】 ちょうようぼぶん 【意味】 つまらない小人物がはびこるたとえ。 【語源・由来】 人にまといつく朝の蠅と夕方の蚊。 【典拠・出典】 韓愈「雑詩」 朝蠅暮蚊(ちょうようぼぶん)の使い方 朝…

「ち」で始まる四字熟語

彫虫篆刻【ちょうちゅうてんこく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 彫虫篆刻 【読み方】 ちょうちゅうてんこく 【意味】 取るに足りない小細工。虫の形や複雑な篆書の字を細かく刻みつけるように、文章を作るのに字句を美しく飾りたてること。 【語源・由来】 「彫」と「刻」はともに…

「た」で始まる四字熟語

大巧若拙【たいこうじゃくせつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 大巧若拙 【読み方】 たいこうじゃくせつ 【意味】 このうえなく巧みなものは一見稚拙にみえる。本当に技量のあるものはかえって不器用に見える。 【語源・由来】 『韓詩外伝』「九」より。「拙」はつたないという意…

「し」で始まる四字熟語

身軽言微【しんけいげんび】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 身軽言微 【読み方】 しんけいげんび 【意味】 身分が低くて、言うことが人に重んじられないこと。 【語源・由来】 「微」は卑しいという意味。身分が卑しくて、言葉が軽んじられるという意味。 【典拠・出典】 『…

「し」で始まる四字熟語

小家碧玉【しょうかへきぎょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 小家碧玉 【読み方】 しょうかへきぎょく 【意味】 貧しい家庭に育った美しい娘のこと。また、とるにたらないような家の大事な宝物のこと。 【語源・由来】 「小家」は貧しい家、また、自身の家の謙称。「碧玉」は青…

「き」で始まる四字熟語

金塊珠礫【きんかいしゅれき】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 金塊珠礫 【読み方】 きんかいしゅれき 【意味】 並外れて贅沢の限りをつくすたとえ。金を土くれと同じくみなし真珠などの宝玉を小石のように無価値にみなす意。 【典拠・出典】 杜牧「阿房宮賦」 【類義語】 ・鼎…