CATEGORY 「師弟・敬服」の四字熟語一覧

「ほ」で始まる四字熟語

北面稽首【ほくめんけいしゅ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 北面稽首 【読み方】 ほくめんけいしゅ 【意味】 北側を向いて敬礼すること。相手に対し、臣下の位置について、頭を地面につけて敬礼すること。 【語源・由来】 「北面」は、北向きに座ること。転じて、臣下の位置に…

「へ」で始まる四字熟語

平伏叩頭【へいふくこうとう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 平伏叩頭 【読み方】 へいふくこうとう 【意味】 土下座したり、地面に頭をつけたりすること。相手に対してひどくうやうやしい態度をとることのたとえ。 【語源・由来】 「平伏」は、土下座すること。「叩頭」は、地…

「く」で始まる四字熟語

偶像崇拝【ぐうぞうすうはい】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 偶像崇拝 【読み方】 ぐうぞうすうはい 【意味】 偶像を信仰の対象として重んじ尊ぶこと。神仏を具象するものとして作られた像などを、信仰の対象としてあがめ尊ぶこと。また、あるものを絶対的な権威として無批判に尊…

「き」で始まる四字熟語

教学相長【きょうがくあいちょうず】の意味と使い方や例文(出典)

【四字熟語】 教学相長 【読み方】 きょうがくあいちょうず 【意味】 人に教えることと師から学ぶこととは相補い合うもので、両方を経験してはじめて学業も向上する。 【典拠・出典】 「礼記」学記 教学相長(きょうがくあいちょ…

「い」で始まる四字熟語

一字三礼【いちじさんらい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一字三礼 【読み方】 いちじさんらい 【意味】 敬虔な態度で写経をすること。また、敬虔な態度で写経するべきだという教え。 【語源由来】 写経するとき、一字書くたびに、三度仏を礼拝したことからいう。平安末期か…

「ろ」で始まる四字熟語

螻蟻之誠【ろうぎのせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 螻蟻之誠 【読み方】 ろうぎのせい 【意味】 螻や蟻のような小さな生物の誠意。転じて、自分の誠意の謙譲語。 【語源・由来】 「螻」はけら、「蟻」はあり。 【典拠・出典】 蘇轍「為兄軾下獄上書」 螻蟻之誠(ろ…

「む」で始まる四字熟語

無為無能【むいむのう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無為無能 【読み方】 むいむのう 【意味】 意義のあることをやりもしないし、できもしないこと。何もできないこと。行うこともやり遂げる力もないということ。へりくだるときにも用いられる。 【語源・由来】 「為」…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

匍匐膝行【ほふくしっこう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 匍匐膝行 【読み方】 ほふくしっこう 【意味】 膝を床につき、すり足で前に移動すること。立ち上がらないで身を動かすさま。非常におそれつつしむさま。高貴な人の前に出るときのしぐさ。 【語源・由来】 「匍」はも…

「へ」で始まる四字熟語

平伏膝行【へいふくしっこう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 平伏膝行 【読み方】 へいふくしっこう 【意味】 高貴の人の前で恐縮して進み出るさま。 【語源・由来】 ひれ伏し目を伏せて膝頭をつけてはい進むこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・匍匐膝行(ほふくしっこ…

「ひ」で始まる四字熟語

百世之師【ひゃくせいのし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 百世之師 【読み方】 ひゃくせいのし 【意味】 のちの世まで人の師と仰がれる人のこと。 【語源・由来】 「百世」は非常に長い年月、のちのちの世のこと。 【典拠・出典】 『孟子』「尽心・下」 百世之師(ひゃく…

「は」で始まる四字熟語

万夫之望【ばんぷののぞみ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 万夫之望 【読み方】 ばんぷののぞみ 【意味】 天下の万人が仰ぎ慕うこと。また、そういう人。 【語源・由来】 「万夫」は数多くの人、万人。「望」は仰ぎ見る、尊敬する意。 【典拠・出典】 『易経』「繋辞・下」…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

頓首再拝【とんしゅさいはい】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 頓首再拝 【読み方】 とんしゅさいはい 【意味】 頭を下げてうやうやしく礼をすること。 【語源・由来】 「頓首」は頭を地面に打ちつけるおじぎ。「再拝」は再び拝むという意味。手紙の最後に書いて、相手への敬意を…

「て」で始まる四字熟語

天威咫尺【てんいしせき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 天威咫尺 【読み方】 てんいしせき 【意味】 天子の威光が眼前にあること。天子に近づき恐れ多いこと。 【語源・由来】 「天威」は天帝の威力、天子の威光。「咫」は八寸、「咫尺」は間近な距離のこと。 【典拠・出…

「せ」で始まる四字熟語

瞻望咨嗟【せんぼうしさ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 瞻望咨嗟 【読み方】 せんぼうしさ 【意味】 遠くのぞみ見てその素晴らしさにため息を吐く。高貴の人などを敬慕してうらやむこと。 【語源・由来】 「瞻望」はのぞみ見る。仰ぎ見るという意味。「咨嗟」はため息を吐…

「せ」で始まる四字熟語

刺草之臣【せきそうのしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 刺草之臣 【読み方】 せきそうのしん 【意味】 一般の人民。 【語源・由来】 草を刈るいやしい者という意味。平民が君主に対して自分をへりくだっていう。「刺草」は草を刈る。また、文字どおりとげがある草、のこぎ…

「せ」で始まる四字熟語

積薪之嘆【せきしんのたん】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 積薪之嘆 【読み方】 せきしんのたん 【意味】 後から来た者が重用され、以前からいる者が下積みの苦労をする悩みのこと。 【語源・由来】 「積薪」はたきぎを積み重ねるという意味。新しいたきぎが次々と積み重ねら…

「せ」で始まる四字熟語

青藍氷水【せいらんひょうすい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 青藍氷水 【読み方】 せいらんひょうすい 【意味】 弟子が師よりもまさるたとえ。 【語源・由来】 「青はこれを藍より取りて藍よりも青し。氷は水之を為して水よりも寒(つめた)し」 の略。 【典拠・出典】 『荀…

「せ」で始まる四字熟語

誠惶誠恐【せいこうせいきょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 誠惶誠恐 【読み方】 せいこうせいきょう 【意味】 まことに恐れかしこまること。臣下が天子に自分の意見を奉るときに用いる。 【語源・由来】 「惶」は恐れかしこまる意。「惶」「恐」それぞれに「誠」を重ねて、丁…