CATEGORY 「危ない」の四字熟語一覧

「し」で始まる四字熟語

焦眉之急【しょうびのきゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 焦眉之急 【読み方】 しょうびのきゅう 【意味】 危険や急用が切迫している事態のこと、またその度合いを強調していう。眉が焦げるほど火の勢いが迫ってきて危険であるという意味。緊急事態。 【語源・由来】 「焦眉…

「ふ」で始まる四字熟語

風前之灯【ふうぜんのともしび】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風前之灯 【読み方】 ぶうぜんのともしび 【意味】 身の危険が眼前に迫って、落命の危機にさらされているたとえ。また、人の命や物事のはかないことのたとえ。 【語源・由来】 風にさらされ消え入りそうな灯火の意か…

「は」で始まる四字熟語

白虹貫日【はくこうかんじつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 白虹貫日 【読み方】 はくこうかんじつ 【意味】 白色の虹が太陽を貫く現象。真心が天に通じたときに現れるという。また、君主(太陽)が兵(白色の虹)に危害を加えられる兆候、革命の起きる前兆を表すともいう。 【…

「いつも」の四字熟語一覧

居安思危【きょあんしき】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 居安思危 【読み方】 きょあんしき 【意味】 平安無事のときにも、危難に備え、用心を怠らないこと。 【典拠・出典】 『春秋左氏伝』「襄公一一年」 【類義語】 ・安居危思(あんきょきし) 居安思危(きょあんし…

「よどみない」の四字熟語一覧

驪竜之珠【りりょうのたま】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 驪竜之珠 【読み方】 りりょうのたま 【意味】 命懸けで求めなければ得られない貴重な物のたとえ。また、危険を冒して大きな利益を得ることのたとえ。黒い竜のあごの下にあるという宝玉の意。また、要領を得たすばらし…

「ら」で始まる四字熟語

落穽下石【らくせいかせき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 落穽下石 【読み方】 らくせいかせき 【意味】 人の危難につけ込んでさらに痛めつけることをいう。 【語源・由来】 人が落とし穴に落ちたのに上から石を落とす意。「穽」は落とし穴の意。 【典拠・出典】 韓愈「柳…

「も」で始まる四字熟語

両刃之剣【もろはのつるぎ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 両刃之剣 【読み方】 もろはのつるぎ 【意味】 利便なものも扱い方によってはたいへんな危険をもたらすたとえ。 【語源・由来】 「両刃」は身の背と腹の両方に刃がついている剣のこと。 【典拠・出典】 『資治通鑑…

「み」で始まる四字熟語

密雲不雨【みつうんふう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 密雲不雨 【読み方】 みつうんふう 【意味】 前兆があるのに、まだ事が起こらないこと。また、恩恵が下に行きわたらないこと。 【語源・由来】 空いっぱいに黒い雲がおおっているけれど、まだ雨は降ってきていない意…

「は」で始まる四字熟語

博施済衆【はくしさいしゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 博施済衆 【読み方】 はくしさいしゅう 【意味】 広く恩恵を施して、民衆を苦しみから救うこと。 【語源・由来】 「博施」はくまなく行きわたる。「済衆」は危機や困難から人々を救うこと。 【典拠・出典】 『論語…

「ね」で始まる四字熟語

燃眉之急【ねんびのきゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 燃眉之急 【読み方】 ねんびのきゅう 【意味】 危険が非常にさし迫っていること。 【語源・由来】 眉が燃えるほど火が迫って危ないこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・焦眉之急(しょうびのきゅう) ・一縷…

「と」で始まる四字熟語

弩張剣抜【どちょうけんばつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 弩張剣抜 【読み方】 どちょうけんばつ 【意味】 情勢が緊迫して今にも戦いがはじまりそうなたとえ。また、書道で筆力がはげしくて気迫がこもっているたとえ。 【語源・由来】 『法書要録』引の『袁昂古今書評』より…

「と」で始まる四字熟語

刀光剣影【とうこうけんえい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 刀光剣影 【読み方】 とうこうけんえい 【意味】 事態が緊迫して今にも戦いが起こりそうな雰囲気をいう。 【語源・由来】 刀がきらりとひかり、剣の影がちらつくという意味。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・一…

「と」で始まる四字熟語

倒懸之急【とうけんのきゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 倒懸之急 【読み方】 とうけんのきゅう 【意味】 状態が非常に逼迫していること。危急の状況の形容。 【語源・由来】 「倒懸」は手足をしばって逆さにつり下げることで、苦しみのはなはだしいこと。 【典拠・出典】…

「て」で始まる四字熟語

天門登八【てんもんとうはち】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 天門登八 【読み方】 てんもんとうはち 【意味】 仕官して、その頂点に近づけばかえって自分の身を危うくすることのたとえ。 【語源・由来】 晋の陶侃が夢の中で翼で飛び、天の八つの門をくぐり、最後の門をくぐろう…

「て」で始まる四字熟語

轍鮒之急【てっぷのきゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 轍鮒之急 【読み方】 てっぷのきゅう 【意味】 危険や災難がさしせまっていることのたとえ。 【語源・由来】 「轍」は道に残った車輪の跡、わだちのこと。わだちの水たまりであえぐ鮒のように危険な状況。 【典拠・…

「て」で始まる四字熟語

泥船渡河【でいせんとか】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 泥船渡河 【読み方】 でいせんとか 【意味】 人生行路の危険なことのたとえ。 【語源・由来】 泥で作った船で川を渡るという意味。「泥船に乗りて川を渡る」の略。 【典拠・出典】 『三慧経』 泥船渡河(でいせん…

「ち」で始まる四字熟語

重卵之危【ちょうらんのき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 重卵之危 【読み方】 ちょうらんのき 【意味】 きわめて危険なことのたとえ。 【語源・由来】 卵を積みかさねるといつくずれるかわからないからいう。 【典拠・出典】 『説苑』「正諫」 【類義語】 ・累卵之危(…