CATEGORY 「厳しい」の四字熟語一覧

「いつも」の四字熟語一覧

笑比河清【しょうひかせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 笑比河清 【読み方】 しょうひかせい 【意味】 厳しい性格で、笑顔をほとんど見せないこと。 【語源・由来】 古代中国の北宋の裁判官包拯は、ほとんど笑うことがなかった。これを人々が、今までに澄んで清くなったこ…

「む」で始まる四字熟語

無法千万【むほうせんばん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無法千万 【読み方】 むほうせんばん 【意味】 人の道を非常にはずれること。また、非常に無礼であること。ひどく乱暴であること。 【語源・由来】 「無法」は、法を無視し、道徳にはずれること。乱暴なこと。無理な…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

無理非道【むりひどう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無理非道 【読み方】 むりひどう 【意味】 人の道や、道理にはずれること。また、そのような行い。 【語源・由来】 「無理」は、道理がないこと。いわれがないこと。「非道」は、道理、または人情にそむくこと。 【…

「ほ」で始まる四字熟語

暴君暴利【ぼうくんぼうり】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 暴君暴利 【読み方】 ぼうくんぼうり 【意味】 乱暴で、人の道にはずれた行為をして、人民をしいたげ、苦しめる君主と役人。 【語源・由来】 「暴君」は、乱暴で道にはずれた行為をして、民をしいたげる君主と役人。…

「と」で始まる四字熟語

塗炭之苦【とたんのくるしみ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 塗炭之苦 【読み方】 とたんのくるしみ 【意味】 耐えがたい苦痛。またきわめて厳しく、苦しい境遇にあるたとえ。 【語源・由来】 「塗炭」は、泥にまみれることと、炭火で焼かれること。 【典拠・出典】 『書経』…

「し」で始まる四字熟語

秋風冽冽【しゅうふうれつれつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 秋風冽冽 【読み方】 しゅうふうれつれつ 【意味】 寒々と吹く秋風のように、厳しく冷たいこと。 【語源・由来】 「冽冽」は、風や寒さが厳しいさま。 【典拠・出典】 『文選』左思「雑詩」 【類義語】 ・秋風凛…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

残忍薄行【ざんにんはっこう】の意味と使い方や例文(類義語)

【四字熟語】 残忍薄行 【読み方】 ざんにんはっこう 【意味】 むごくて人情味がないこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・残虐非道(ざんぎゃくひどう) ・残虐無動(ざんぎゃくむどう) ・残酷非道(ざんこくひどう) ・…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

危言危行【きげんきこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 危言危行 【読み方】 きげんきこう 【意味】 言語や行いを厳しくすること。また、言行を清く正しく保つこと。 【語源・由来】 「危」は前者のとき、言動を厳しくして俗に従わない、また、厳正にする意。後者のとき、…

「い」で始まる四字熟語

一弛一張【いっしいっちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一弛一張 【読み方】 いっしいっちょう 【意味】 弦を強く張ったり、ゆるめたりすること。転じて、人に厳しく接したり、やさしく接したりすること。政治家・上司、また教育者の心得で、時には厳格に、時には寛大に程よ…

「り」で始まる四字熟語

六言六蔽【りくげんりくへい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 六言六蔽 【読み方】 りくげんりくへい 【意味】 人には六つの徳があるが、学問や教養を積まなければ六つの弊害を生むということ。 【語源・由来】 「六言」は、仁(愛情)・知(知恵)・直(正直)・勇(勇気)・剛…

「ほ」で始まる四字熟語

暴戻恣雎【ぼうれいしき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 暴戻恣雎 【読み方】 ぼうれいしき 【意味】 横暴で残忍な人物の形容。乱暴で道理にもとり気ままに振る舞い人をにらみつけること。 【語源・由来】 「暴」は乱暴または横暴なこと。「戻」は道理にもとる、道理にそむ…

「ほ」で始まる四字熟語

蜂目豺声【ほうもくさいせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 蜂目豺声 【読み方】 ほうもくさいせい 【意味】 凶悪で冷酷な人のこと。 【語源・由来】 「蜂目」は蜂のように細い目つき。「豺」は狼に似て凶暴な山犬のこと。「豺声」はその山犬のような不気味な声をいう。 【典…

「したたか」の四字熟語一覧

飽経風霜【ほうけいふうそう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 飽経風霜 【読み方】 ほうけいふうそう 【意味】 世の中の辛酸をなめ尽くし、世渡りもうまいが、したたかで悪賢いこと。 【語源・由来】 「飽経」は飽きるほど経験する意。「風霜」は厳しいもの、困難や苦労のたとえ…

「へ」で始まる四字熟語

偏袒扼腕【へんたんやくわん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 偏袒扼腕 【読み方】 へんたんやくわん 【意味】 激しく怒ったり悔しがったりするさま。また、感情を激しく高ぶらせるようす。 【語源・由来】 「偏袒」は片肌を脱いで息まくこと。「扼腕」は片手でもう一方の腕を強…

「ふ」で始まる四字熟語

風岸孤峭【ふうがんこしょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 風岸孤峭 【読み方】 ふうがんこしょう 【意味】 いかめしくて厳しく、角立って人と融和しないために孤独なこと。 【語源・由来】 「風岸」は性質が角立って人と融和しないこと。「孤峭」は性質がけわしく世間から孤…

「ひ」で始まる四字熟語

筆削褒貶【ひっさくほうへん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 筆削褒貶 【読み方】 ひっさくほうへん 【意味】 批評の態度が公正できびしい「春秋筆法」を表す語。 【語源・由来】 「筆削」は書くべきものは書きとり去るべきところは削ること。「褒貶」は褒めるべきところは褒め…