CATEGORY 「く」で始まる四字熟語

「く」で始まる四字熟語

群竜無首【ぐんりょうむしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 群竜無首 【読み方】 ぐんりょうむしゅ 【意味】 よい人材はたくさんいるが、統率できる者がいないために、うまく事が運ばないこと。または、まとめる人がいないこと。「群竜、首無し」とも訓読みする。 【語源・由来…

「く」で始まる四字熟語

君側之悪【くんそくのあく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 君側之悪 【読み方】 くんそくのあく 【意味】 君主のそばに仕えている悪人のこと。または、君主に媚を売り、悪いことを企んでいる人のこと。 【語源・由来】 「春秋公羊伝」定公一三年より。「君側」は君主に近いと…

「く」で始まる四字熟語

葷酒山門【くんしゅさんもん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 葷酒山門 【読み方】 くんしゅさんもん 【意味】 匂いの強い食べ物や酒を寺院に持ち込んだり、そのような物を飲食した者は、寺院に入ってはいけないという戒め。 【語源・由来】 「葷」はにらやねぎ、にんにくなどの…

「く」で始まる四字熟語

君子万年【くんしばんねん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 君子万年 【読み方】 くんしばんねん 【意味】 高い徳を持っている高潔な人は長く生きるということ。または、長生きを祈願する言葉。 【語源・由来】 「詩経」小雅・瞻彼洛矣より。「君子」は学識が高く、徳の高い人…

「く」で始まる四字熟語

君子三楽【くんしのさんらく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 君子三楽 【読み方】 くんしのさんらく 【意味】 父母と兄弟が元気で健在なこと、正しい行動をして、正しい心を持って天に恥じない生活をすること、すぐれた才能を持つ人を見つけ出し教育するという人格者の三つの楽し…

「く」で始まる四字熟語

君子三戒【くんしのさんかい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 君子三戒 【読み方】 くんしのさんかい 【意味】 少年期の色欲、壮年期の闘争、老年期の物欲という人格者が自ら戒めておくべき三つのこと。 【語源・由来】 「論語」季氏より。「君子」は人格者のこと。 【スポンサ…

「く」で始まる四字熟語

君子三畏【くんしのさんい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 君子三畏 【読み方】 くんしのさんい 【意味】 天命、有徳の大人、聖人の言という人格者がおそれ慎むべき三つのこと。 【語源・由来】 「論語」季氏より。「君子」は人格者、「畏」はおそれ敬うこと。 【スポンサー…

「く」で始まる四字熟語

君子九思【くんしのきゅうし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 君子九思 【読み方】 くんしのきゅうし 【意味】 人格者が常に心がけるべき九つのこと。 【語源・由来】 「論語」季氏より。「君子」は人格者のこと。「九思」はいつも忘れないように心にある九つのこと。物はしっか…