CATEGORY 「う」で始まる四字熟語

「う」で始まる四字熟語

愚者一得【ぐしゃのいっとく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 愚者一得 【読み方】 ぐしゃのいっとく 【意味】 愚かな人でもたまには優れた名案を出すこと。自分の意見を出すときに謙遜の表現としても用いることがある。 【語源・由来】 「史記」淮陰侯伝より。 【類義語】 ・…

「う」で始まる四字熟語

雲竜風虎【うんりゅうふうこ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 雲竜風虎 【読み方】 うんりょうふうこ 【意味】 似た同士が互いに引きつけ合うこと。または、英雄や豪傑のたとえ。 【語源・由来】 「易経」乾より。竜は雲と共に現れ、虎は風を引き連れて現れると考えられていたこ…

「う」で始まる四字熟語

雲遊萍寄【うんゆうひょうき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雲遊萍寄 【読み方】 うんゆうひょうき 【意味】 物事に執着せずに、自然にまかせて行動すること。または、修行しながら様々な国を巡る僧侶のこと。「萍」は浮き草のこと。 【語源・由来】 雲のように留まることなく…

「う」で始まる四字熟語

雲集霧散【うんしゅうむさん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雲集霧散 【読み方】 うんしゅうむさん 【意味】 たくさんのものが集まったり散ったりすること。雲のように集まり、霧のように散るという意味から。「雲のごとく集まり霧のごとく散んず」とも読む。 【語源・由来】 …

「う」で始まる四字熟語

雲霞之交【うんかのまじわり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雲霞之交 【読み方】 うんかのまじわり 【意味】 一般的な関係を超越した交友関係のこと。雲と霞がたなびいている場所という意味から、仙人などの俗世を超越したものが住むとされている場所のこと。俗世を超越したもの…

「う」で始まる四字熟語

紆余委蛇【うよいだ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 紆余委蛇 【読み方】 うよいだ 【意味】 山や林などがうねうねと曲がり、どこまでも連なっている様子。「紆余」は曲がりくねっていて長く続いている様子。「委蛇」は曲がりくねっている様子。 【語源・由来】 「文選…

「う」で始まる四字熟語

有無相生【うむそうせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 有無相生 【読み方】 うむそうせい 【意味】 有があるから無があり、無があるから有があるという、有と無の相対的な関係のこと。または、この世のものはすべて相対的な関係にあるということ。「相生」はお互いに生じあ…

「う」で始まる四字熟語

嫗伏孕鬻【うふうよういく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 嫗伏孕鬻 【読み方】 うふうよういく 【意味】 鳥や獣が子を産んで育てること。「嫗伏」は鳥が翼で卵を覆って温めること。「孕鬻」は獣が子を産んで育てること。 【語源・由来】 「礼記」楽記より。 【スポンサーリ…