CATEGORY 「う」で始まる四字熟語

「う」で始まる四字熟語

雲遊萍寄【うんゆうひょうき】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雲遊萍寄 【読み方】 うんゆうひょうき 【意味】 物事に執着せずに、自然にまかせて行動すること。または、修行しながら様々な国を巡る僧侶のこと。「萍」は浮き草のこと。 【語源・由来】 雲のように留まることなく…

「う」で始まる四字熟語

雲集霧散【うんしゅうむさん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 雲集霧散 【読み方】 うんしゅうむさん 【意味】 多くのものが集まったり散ったりすること。 【典拠・出典】 『文選』班固「西都腑」 【類義語】 ・集散離合(しゅうさんりごう) ・分合集散(ぶんごうしゅうさん…

「う」で始まる四字熟語

雲霞之交【うんかのまじわり】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 雲霞之交 【読み方】 うんかのまじわり 【意味】 俗世を超えた交友。一般的な関係を超越した交友関係のこと。 【語源・由来】 「雲霞」は、雲と霞かすみがたなびく所の意から、仙人などが住む所をいう。「交」は、「…

「う」で始まる四字熟語

有無相生【うむそうせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 有無相生 【読み方】 うむそうせい 【意味】 有と無は、有があってこそ無があり、無があってこそ有があるという相対的な関係で存在すること。また、この世のものはすべて相対的な関係にあること。 【語源・由来】 「…

「う」で始まる四字熟語

嫗伏孕鬻【うふうよういく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 嫗伏孕鬻 【読み方】 うふうよういく 【意味】 鳥や獣が子を産んで育てること。 【語源・由来】 「嫗伏」は鳥が翼で卵を覆い温めること。「孕鬻」は獣が子をはらみ産み育てること。 【典拠・出典】 『礼記』「楽記…

「う」で始まる四字熟語

鬱塁神荼【うつりつしんと】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鬱塁神荼 【読み方】 うつりつしんと 【意味】 門を守る神のこと。 【語源・由来】 古代中国の伝説で、門をつかさどる兄弟二神の名。東海中の度朔山に三千里の広さにはびこる桃の大木があり、その東北の鬼門に住んで…

「う」で始まる四字熟語

鬱肉漏脯【うつにくろうほ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 鬱肉漏脯 【読み方】 うつにくろうほ 【意味】 一時しのぎのために、先の不利益や危険などをかえりみないこと。 【語源・由来】 「鬱肉」は、腐った肉。「鬱」は、臭いなどがこもる。「漏」は、もれる。ここでは臭い…

「う」で始まる四字熟語

有財餓鬼【うざいがき】の意味と使い方や例文(類義語・対義語)

【四字熟語】 有財餓鬼 【読み方】 うざいがき 【意味】 ①飢えに苦しむ餓鬼の中で、物を食することのできる餓鬼。膿 (うみ) ・血などを食う小財餓鬼と、人の食い残しや、祭祀 (さいし) などで捨てられた物を食う多財餓鬼と…

「う」で始まる四字熟語

烏合之衆【うごうのしゅう】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 烏合之衆 【読み方】 うごうのしゅう 【意味】 規律も統制もなく、ただ寄り集まっているだけの集団。秩序のない人々の集まりや軍勢にいう。からすの集まりが無秩序でばらばらであることから。 【典拠・出典】 『後漢…

「う」で始まる四字熟語

于公高門【うこうこうもん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 于公高門 【読み方】 うこうこうもん 【意味】 善行を積む家の子孫は繁栄することのたとえ。 【典拠・出典】 『漢書』「于定国伝」 【類義語】 ・陰徳陽報(いんとくようほう) 于公高門(うこうこうもん)の使い…

「う」で始まる四字熟語

羽翮飛肉【うかくひにく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 羽翮飛肉 【読み方】 うかくひにく 【意味】 小さなものでも数多く集まれば大きな力になるということ。「翮」は羽軸・羽のくきのこと。転じて羽の意、「飛肉」は肉体が飛行すること。 【語源・由来】 軽い羽根が集ま…

「う」で始まる四字熟語

紆余曲折【うよきょくせつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 紆余曲折 【読み方】 うよきょくせつ 【意味】 曲がりくねること。 事情が込み入って色々と変化のあること。 【語源・由来】 「紆余」うねり曲がること。「曲折」折れ曲がること。曲がりくねること。 【典拠・出典…

「う」で始まる四字熟語

羽翼既成【うよくきせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・英語訳)

【四字熟語】 羽翼既成 【読み方】 うよくきせい 【意味】 組織や体制がしっかりと固まって、動かしようのないこと 【語源・由来】 「羽翼」鳥は羽と翼があれば飛ぶことができる。転じて主君を支える補佐役、組織の体制を指す。 …

「う」で始まる四字熟語

雲水行脚【うんすいあんぎゃ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雲水行脚 【読み方】 うんすいあんぎゃ 【意味】 修行僧が諸国をめぐって、仏法を修行すること。 【語源・由来】 「雲水」は、修行僧・行脚僧のこと。身を行雲流水にまかせて諸国を遍歴して修行することからいう。「…