CATEGORY 「お」で始まる四字熟語

「お」で始まる四字熟語

嘔心瀝血【おうしんれきけつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 嘔心瀝血 【読み方】 おうしんれきけつ 【意味】 心臓を吐き血が滴るくらい全力で努力すること。 【語源・由来】 李商隠「李長吉小伝」より。「嘔心」は口から心臓を吐き出すこと。「瀝血」は血が滴り落ちること。口…

「お」で始まる四字熟語

恩讎分明【おんしゅうぶんめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 恩讎分明 【読み方】 おんしゅうぶんめい 【意味】 恩とあだをはっきりと区別し、それぞれに必ず報いること。「恩讎」は恩と讎(あだ)。「分明」ははっきりと区別すること。 【語源・由来】 呂氏童蒙訓より。 恩讎…

「お」で始まる四字熟語

屋上架屋【おくじょうかおく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 屋上架屋 【読み方】 おくじょうかおく 【意味】 無駄なことを繰り返すことのたとえ。または、独創性のないことのたとえ。蛇足の事。「屋上」は屋根の上。「架屋」は屋根を架けること。 【語源・由来】 屋根の上に屋…

「お」で始まる四字熟語

屋烏之愛【おくうのあい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 屋烏之愛 【読み方】 おくうのあい 【意味】 溺愛、盲愛のたとえ。「屋烏」は屋根にとまっている烏(からす)のこと。 【語源・由来】 「説縁」貴徳より。その人を愛するあまり、その人に関わるもの全て、その人の家…

「お」で始まる四字熟語

甕裡醯鶏【おうりけいけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 甕裡醯鶏 【読み方】 おうりけいけい 【意味】 見識が狭く世間の事情がわからない人のたとえ。「甕裡」は甕(かめ)の中のこと。「醯鶏」は酢や酒にわく小さな羽虫のこと。 【語源・由来】 「荘子」田子方より。孔子…

「お」で始まる四字熟語

王楊盧駱【おうようろらく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 王楊盧駱 【読み方】 おうようろらく 【意味】 唐代初期に活躍した四人のすぐれた詩人のこと。近体詩の確立に貢献した詩の巨匠。「王勃」「楊炯」「盧照鄰」「駱賓王」の四人。 【語源・由来】 「旧唐書」楊炯伝より…

「お」で始まる四字熟語

甕牖縄枢【おうゆうじょうすう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 甕牖縄枢 【読み方】 おうゆうじょうすう 【意味】 貧しく粗末な家の形容。かめの口のように小さな丸窓と縄を枢(とぼそ:戸の開閉をする軸)の代わりにした家の意味。 「甕」はかめ、「牖」は窓のこと。 【語源・由…

「お」で始まる四字熟語

横草之功【おうそうのこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 横草之功 【読み方】 おうそうのこう 【意味】 とても簡単なこと、または少しの功績や功労のたとえ。「横草」は草を踏んで横に倒すという意味。 【語源・由来】 「漢書」終軍伝より。 【類義語】 ・横草之労(おう…

「お」で始まる四字熟語

尩繊懦弱【おうせんだじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 尩繊懦弱 【読み方】 おうせんだじゃく 【意味】 身体が弱く細くて気が弱いこと。「尩」は虚弱なこと。「繊」はか細いこと。「懦弱」は気が弱いこと。 【語源・由来】 「魏書」崔浩伝より。 尩繊懦弱(おうせんだじ…

「お」で始まる四字熟語

枉尺直尋【おうせきちょくじん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 枉尺直尋 【読み方】 おうせきちょくじん 【意味】 大きな利益を得るためには、多少の犠牲は仕方ないということのたとえ。または、小さな犠牲で大きな利益を得ることのたとえ。「枉」は曲げること。「尺」と「尋」はど…

「お」で始まる四字熟語

嘔啞嘲哳【おうあちょうたつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 嘔啞嘲哳 【読み方】 おうあちょうたつ 【意味】 洗練されていない、調子の狂った乱雑な音のこと。また、小さな子どもたちが、やかましく騒ぎ立てている声のこと。「嘔啞」は、調子はずれの管弦の音。「嘲哳」は、鳴り…

「お」で始まる四字熟語

温和怜悧【おんわれいり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 温和怜悧 【読み方】 おんわれいり 【意味】 おとなしい性格で、賢いこと。 【由来】 「温和」は穏やかなこと。「怜悧」は賢いことから。 【類義語】 ・温和勤勉(おんわきんべん) 【対義語】 - 【英語訳】 …

「お」で始まる四字熟語

温和篤厚【おんわとっこう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 温和篤厚 【読み方】 おんわとっこう 【意味】 穏やかで人と争わず、人情の厚いこと。 【由来】 「温和」は穏やかで人と争わないこと。「篤厚」は人情が厚いことから。 【類義語】 ・温厚篤実(おんこうとくじつ)…

「お」で始まる四字熟語

温厚質実【おんこうしつじつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 温厚質実 【読み方】 おんこうしつじつ 【意味】 穏やかで優しく、飾り気がなくて誠実なこと。 心が温かく穏やかで情が厚く、誠実な性格のこと。 【由来】 「温厚」は穏やかで優しく、情に厚いことの意味で、「質実…

「お」で始まる四字熟語

恩威並行【おんいへいこう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 恩威並行 【読み方】 おんいへいこう 【意味】 人の上に立つ者は、適切な賞罰を明確に行うことが必要だということ。 恩賞と刑罰、飴と鞭を適切に用いること。 【語源由来】 「恩威」は恩恵と刑罰、賞罰。また、恩恵…

「お」で始まる四字熟語

汚名返上【おめいへんじょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 汚名返上 【読み方】 おめいへんじょう 【意味】 すぐれた功績や手柄、結果を出し、それまでに被った不名誉な評判や悪い評判を消し去ること。 以前の失敗などで受けた不名誉や悪い評判をすぐれた働きやよい結果を出し…

「お」で始まる四字熟語

屋下架屋【おくかかおく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 屋下架屋 【読み方】 おくかかおく 【意味】 無駄なことを繰り返すことのたとえ、重複して無駄なことのたとえ。 真似など二番煎じの独創性に乏しいものたとえ。 【由来】 「屋下」は屋根の下の意味で、「架屋」は屋…

「お」で始まる四字熟語

大風呂敷【おおぶろしき】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 大風呂敷 【読み方】 おおぶろしき 【意味】 誇張していうこと。 実現できそうにない話や計画。 【由来】 主に「大風呂敷を広げる」という表現で使用されます。 大きな風呂敷をいっぱいに広げて何でもかんでも包み…

「お」で始まる四字熟語

鷹揚自若【おうようじじゃく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 鷹揚自若 【読み方】 おうようじじゃく 【意味】 落ち着いていて、何事にも動揺しない様子。 ゆったりとして落ち着き払い、心の動じない様子。 【由来】 「鷹揚」は鷹が空を飛ぶようなゆったりしておおらかな様子の…

「お」で始まる四字熟語

枉法徇私【おうほうじゅんし】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 枉法徇私 【読み方】 おうほうじゅんし 【意味】 法を悪用して、私利私欲にはしること。 自分の利益のために法を変えること。 また、正しいきまりを曲げて、わがまま勝手に振る舞うこと。 【語源由来】 「法を枉(…

「お」で始まる四字熟語

往返徒労【おうへんとろう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 往返徒労 【読み方】 おうへんとろう 【意味】 無駄足を踏むこと。 無駄に往復すること。 【由来】 「往返」は行き帰り、往来、往復することの意味で、「徒労」はむだな骨折り、無益な苦労、それまでの行いが無駄に…

「お」で始まる四字熟語

横眉怒目【おうびどもく】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 横眉怒目 【読み方】 おうびどもく 【意味】 怒っている表情。目くじらをたてること。 きびしい表情や怒気をみなぎらせ、険しい目付きで睨みつける様子。 【語源由来】 「横眉」は眉を吊り上げることの意味で、「怒…

「お」で始まる四字熟語

大盤振舞【おおばんぶるまい】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 大盤振舞 【読み方】 おおばんぶるまい 【意味】 周囲の人々に対して、盛大にごちそうしたり気前よく振る舞うこと。 または、一切の出し惜しみをせず、気前よく物を与えたりすること 【語源由来】 「大盤」は高貴の…

「お」で始まる四字熟語

懊悩煩悶【おうのうはんもん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 懊悩煩悶 【読み方】 おうのうはんもん 【意味】 悩みもだえて苦しむこと。 思い悩んで、苦しんでもだえること。 【語源・由来】 「懊悩」は悩みもだえることの意味で、「煩悶」も苦しみ悩むことの意味で、同じ意味…

「お」で始まる四字熟語

懊悩輾転【おうのうてんてん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 懊悩輾転 【読み方】 おうのうてんてん 【意味】 深い悩みや悲しみのために眠ることができずに何度も寝返りをうつこと。 【由来】 「懊悩」は悩みもだえることで、「懊」も悩むという意味で、同じ意味が重なった言葉…

「お」で始まる四字熟語

懊悩呻吟【おうのうしんぎん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 懊悩呻吟 【読み方】 おうのうしんぎん 【意味】 色々なことを考えて悩みもだえ、苦しみうめくこと。 【由来】 「懊悩」は悩みもだえることで、「懊」も悩むという意味で、同じ意味が重なった言葉となります。 「呻…

「お」で始まる四字熟語

温和丁寧【おんわていねい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 温和丁寧 【読み方】 おんわていねい 【意味】 穏やかで優しく、心が行き届いていること。 【由来】 「温和」は穏やかで優しいこと。「丁寧」は心が行き届いていることから。 【類義語】 ・柔和温順(にゅうわおん…

「お」で始まる四字熟語

温和勤勉【おんわきんべん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 温和勤勉 【読み方】 おんわきんべん 【意味】 穏やかで優しく、何事にもよく勤め励むこと。 【由来】 「温和」は穏やかで優しいこと。「勤勉」はよく勤めはげむことから。 【類義語】 ・温和怜悧(おんわれいり)…

「お」で始まる四字熟語

温良優順【おんりょうゆうじゅん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 温良優順 【読み方】 おんりょうゆうじゅん 【意味】 穏やかですなおで、優しく従順なこと。 【由来】 「温良」は穏やかですなおなこと。「優順」は優しく従順なことから。 【類義語】 ・柔和温順(にゅうわおんじ…

「お」で始まる四字熟語

温良篤厚【おんりょうとっこう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 温良篤厚 【読み方】 おんりょうとっこう 【意味】 優しくおだやかで、思いやりがあること。 【語源由来】 「温良」は優しくおだやかなこと。「篤厚」は思いやりがあることから。 【類義語】 ・温柔敦厚(おんじゅ…

「お」で始まる四字熟語

温良貞淑【おんりょうていしゅく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 温良貞淑 【読み方】 おんりょうていしゅく 【意味】 穏やかで素直で、操を正しく守り、しとやかなこと。 【由来】 「温良」は穏やかで素直なこと。「貞淑」は女性が操を守りしとやかなことから。 【類義語】 - …

「お」で始まる四字熟語

温良恭倹【おんりょうきょうけん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 温良恭倹 【読み方】 おんりょうきょうけん 【意味】 性質がおだやかで素直で、人にうやうやしく自分は謙虚なさま。 【語源由来】 「温」はおだやかなさま。「良」は素直なさま。「恭」はかしこまって、うやうやしい…

「お」で始まる四字熟語

怨霊怪異【おんりょうかいい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 怨霊怪異 【読み方】 おんりょうかいい 【意味】 怨みをいだいて死んだものの霊が、それをはらそうとして引き起こす怪奇な現象。またはその霊が化物になったもの。 【由来】 「怨霊」は怨みをいだいて死んだものの霊…

「え」で始まる四字熟語

厭離穢土【おんりえど/えんりえど】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語・英語訳)

【四字熟語】 厭離穢土 【読み方】 おんりえど 【意味】 仏教のことばで、この世を穢(けが)れたものであるとして、嫌い離れること。 【語源由来】 「厭離」は嫌い離れること。「穢土」は穢れているこの世の意から。 【対義語】…

「お」で始まる四字熟語

乳母日傘【おんばひがさ】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】 乳母日傘 【読み方】 おんばひがさ 【意味】 子どもが、恵まれた環境で大切に育てられること。また、過保護に育てられること。 【語源由来】 乳母に抱かれ、日傘をさしかけられて大事に育てられることから転じて。 …

「お」で始まる四字熟語

音吐朗朗【おんとろうろう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 音吐朗朗 【読み方】 おんとろうろう 【意味】 発声がよく、清涼が豊かで声が響き渡ること。 【語源由来】 「音吐」は発声・音声のこと。「朗朗」は声が高く澄んでいるさまから。 【類義語】 ・音吐清朗(おんとせ…

「お」で始まる四字熟語

怨敵退散【おんてきたいさん】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】 怨敵退散 【読み方】 おんてきたいさん 【意味】 仏教のことばで、折伏(しゃくふく)の祈祷などで唱える語。「私が怨みを抱いている敵よ、退散するがよい」の意。 【語源由来】 「怨敵」は怨みのある敵。「退散」は…

「お」で始まる四字熟語

穏着沈黙【おんちゃくちんもく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 穏着沈黙 【読み方】 おんちゃくちんもく 【意味】 おだやかで落ち着いていて、無口なこと。 【由来】 「穏着」はおだやかで落ち着いていること。「沈黙」は口数が少ないことから。 【類義語】 - 【対義語】 -…

「お」で始まる四字熟語

怨憎会苦【おんぞうえく】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語・英語訳)

【四字熟語】 怨憎会苦 【読み方】 おんぞうえく 【意味】 仏教のことばで、自分が怨んだり憎んだりしている人とも会わなければならない苦しみ。 【語源由来】 仏教でいう、八苦(八種の苦しみ)のひとつ。 【対義語】 ・愛別離…

「お」で始まる四字熟語

温凊定省【おんせいていせい】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】 温凊定省 【読み方】 おんせいていせい 【意味】 親に忠実に仕えて孝行すること。 【語源由来】 「温」は冬に暖かくしてやる意。「凊」は「涼」と同意で、夏に涼しくしてやる意。「定」は安眠できるように晩に寝具を…

「お」で始まる四字熟語

怨親平等【おんしんびょうどう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 怨親平等 【読み方】 おんしんびょうどう 【意味】 仏教のことばで、敵を憎悪せず、味方をえこひいきすることもなく、両者を平等に見ようとする心のあり方のこと。 【語源由来】 「怨親」は自分を害する者と、自分に…

「お」で始まる四字熟語

温順篤実【おんじゅんとくじつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英文例)

【四字熟語】 温順篤実 【読み方】 おんじゅんとくじつ 【意味】 穏やかでおとなしく、誠実で人情深いこと。 【由来】 「温順」はおとなしく素直なこと。「篤実」は人情深く、誠実で実直なことから。 【類義語】 ・温厚質実(お…

「お」で始まる四字熟語

温柔敦厚【おんじゅうとんこう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 温柔敦厚 【読み方】 おんじゅうとんこう 【意味】 人柄が温かくてやさしく、真心のこもっていること。 【語源由来】 「温柔」は平穏で柔和なこと。「敦厚」は人情に厚いことから。 【類義語】 ・温厚篤実(おんこ…

「お」で始まる四字熟語

温厚篤実【おんこうとくじつ】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】 温厚篤実 【読み方】 おんこうとくじつ 【意味】 温かで情が厚く、誠実なさま。人の性質をいう語。 【語源由来】 「温厚」は穏やかでやさしく、情が深いこと。「篤実」は人情に厚く実直なさま。誠実で親切なことから…

「お」で始まる四字熟語

温厚淡泊【おんこうたんぱく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 温厚淡泊 【読み方】 おんこうたんぱく 【意味】 穏やかで優しく、飾り気がなくてさっぱりしていること。 【由来】 「温厚」は穏やかで優しく、情に厚いこと。「淡白」は、さっぱりしていて飾り気のないことから。 …

「お」で始まる四字熟語

懊悩焦慮【おうのうしょうりょ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 懊悩焦慮 【読み方】 おうのうしょうりょ 【意味】 悩みもだえ、いらいらと気をもんで悩み苦しむこと。 【由来】 「懊悩」は、悩みもだえることで、「懊」も悩むという意味で、同じ意味が重なった言葉となります。 …

「お」で始まる四字熟語

王道楽土【おうどうらくど】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 王道楽土 【読み方】 おうどうらくど 【意味】 武力や威力によらず、公平で思いやりのある道徳によって天下を治めること。 王道によって治められる、楽しく平和な国土。 【語源由来】 「王道」は、中国の古典的政治…

「お」で始まる四字熟語

王政復古【おうせいふっこ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 王政復古 【読み方】 おうせいふっこ 【意味】 王政(君主政治)から武家政治・共和制に移った後、クーデターや内戦などによって再び王政(君主政治)に戻ること。 【由来】 「王政」とは、王や天皇、帝王・国王が行…

「お」で始まる四字熟語

往事茫々【おうじぼうぼう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 往事茫々 【読み方】 おうじぼうぼう 【意味】 昔のことがぼんやりしていて定かでないこと。 昔のことがおぼろげで、はっきりとしないさまのこと。 【語源由来】 「往事」は昔のこと、過去の出来事のことで、「茫茫…

「お」で始まる四字熟語

往生素懐【おうじょうのそかい】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来)

【四字熟語】 往生素懐 【読み方】 おうじょうのそかい 【意味】 仏教に帰依して、現世を去って極楽浄土に生まれ変わりたいという平素からの願いのこと。 【語源由来】 「往生」は現世を去って極楽浄土に生まれ変わることの意味で…

「お」で始まる四字熟語

黄金分割【おうごんぶんかつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 黄金分割 【読み方】 おうごんぶんかつ 【意味】 小部分と大部分の比が、大部分と全体の比に等しくなるように分割すること。 良く調和し落ち着いた感じを与えるといわれる縦横の寸法のこと。 線分を黄金比に分けるこ…

「お」で始まる四字熟語

鴬語花舞【おうごかぶ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 鴬語花舞 【読み方】 おうごかぶ 【意味】 春の情景を感覚的に詠った詩句。 花びらが舞い踊り、うぐいすが鳴く春の風景を詠ったもの。 【由来】 「鴬語」は鴬(うぐいす)の鳴き声の意味で「花舞」は花びらが舞い散…

「お」で始まる四字熟語

横行覇道【おうこうはどう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 横行覇道 【読み方】 おうこうはどう 【意味】 力づくで無理を通し、のさばること。 権力を背景に横暴な振る舞いをすること。 【由来】 「横」はほしいまま、道理にもとるという意味で、「横行」は気ままにのし歩く…

「お」で始まる四字熟語

横行跋扈【おうこうばっこ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 横行跋扈 【読み方】 おうこうばっこ 【意味】 威張ってわがまま勝手に振る舞うこと。 ほしいままに行動し、我が物顔に振る舞うこと。 【語源由来】 「横」はほしいまま、道理にもとるという意味で、「横行」は気ま…

「お」で始まる四字熟語

王侯将相【おうこうしょうしょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 王侯将相 【読み方】 おうこうしょうしょう 【意味】 王侯・将軍・宰相などの身分の高い人々のことを意味しますが、 高貴な身分は、才能や努力などできまり、家柄や血統ではないという意味が込められています。 【語…

「お」で始まる四字熟語

往古来今【おうこらいこん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 往古来今 【読み方】 おうこらいこん 【意味】 昔から今まで綿々と続く時間の流れ。 【語源由来】 「往古」は過ぎ去った時、昔の意味で「来今」は今から後のことを意味します。 【類義語】 古往今来(こおうこんら…

「お」で始まる四字熟語

王公貴人【おうこうきじん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 王公貴人 【読み方】 おうこうきじん 【意味】 王や皇帝、諸侯など、身分の非常に高い人 【由来】 「王公」はもともと王・皇帝と諸侯の意味ですが、転じて、身分の非常に高い人の意味となります。 「貴」は身分や家…

「お」で始まる四字熟語

横行闊歩【おうこうかっぽ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 横行闊歩 【読み方】 おうこうかっぽ 【意味】 威張って自分勝手に歩き回ること。 また、ほしいままに振る舞うこと。 【語源由来】 「横」はほしいまま、道理にもとるという意味で、「横行」は気ままにのし歩くこと…

「お」で始まる四字熟語

応急措置【おうきゅうそち】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 応急措置 【読み方】 おうきゅうそち 【意味】 急場をしのぐために行う仮の処置(対応)のこと。 急を要する時に、事態に応じた必要な処置(対応)のこと。 【語源由来】 「応急」は急場にとりあえず間に合わせるこ…

「お」で始まる四字熟語

奥義秘伝【おうぎひでん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 奥義秘伝 【読み方】 おうぎひでん 【意味】 学芸・武術・技芸などにおいて、容易に人には伝えない最も大切な事柄や技術のこと。 少数の特別な人のみに伝える技術や秘密、ノウハウのこと。 【由来】 「奥義」は学問…

「お」で始まる四字熟語

応病与薬【おうびょうよやく】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 応病与薬 【読み方】 おうびょうよやく 【意味】 病状にあわせて、それに適した薬を与えること。人に応じて法を説くたとえ。 【語源・由来】 人の性質や素質、理解力など状況に応じて適切な指導をすること。また、状…

「お」で始まる四字熟語

往事渺茫【おうじびょうぼう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 往事渺茫 【読み方】 おうじびょうぼう 【意味】 過去のことはぼうっとして、夢のように記憶が薄れてしまった。昔のことを振り返っていうことば。 【語源・由来】 「往事」は、過ぎ去った昔の事例。「渺茫」は、果て…

「お」で始まる四字熟語

屋梁落月【おくりょうらくげつ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 屋梁落月 【読み方】 おくりょうらくげつ 【意味】 沈みかけた月が暗雲を押し開いて、屋根の梁を照らし、再び光明を見い出すこと。友人を思う切ない心情をいう。 【語源・由来】 「落月」は沈んでいく月のこと。「屋…

「お」で始まる四字熟語

小草生月【おぐさおいづき】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 小草生月 【読み方】 おぐさおいづき 【意味】 陰暦2月の異名。春を待って、小さな草花があちらこちらから芽を出してくる月。 【語源・由来】 季節の季語。旧暦2 月は如月(きさらぎ)という。現在では新暦2月の…

「お」で始まる四字熟語

温故知新【おんこちしん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 温故知新 【読み方】 おんこちしん 【意味】 前に学んだことや昔の事柄をもう一度調べたり考えたりして、新たな道理や知識を見い出し自分のものとすること。古いものをたずね求めて新しい事柄を知る意から。 【語源・…

「お」で始まる四字熟語

岡目八目/傍目八目【おかめはちもく】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【四字熟語】 岡目八目/傍目八目 【読み方】 おかめはちもく 【意味】 当事者よりも第三者のほうが、情勢や損得などを正しく判断できること。 【語源・由来】 囲碁で「岡目」は人の碁をそばでみていること。対局者より見物人のほ…