CATEGORY 「平凡・つまらない」の四字熟語一覧

「む」で始まる四字熟語

無味単調【むみたんちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無味単調 【読み方】 むみたんちょう 【意味】 趣や面白みがなくこれといった変化もなく単純なこと。 【語源・由来】 「無味」は、趣がないこと。面白みがないこと。「単調」は、一本調子で変化のないこと。 【典拠…

「へ」で始まる四字熟語

平凡陳腐【へいぼんちんぷ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 平凡陳腐 【読み方】 へいぼんちんぷ 【意味】 古臭くありふれていて、面白みのないこと。 【語源・由来】 「平凡」は、ありふれていて、すぐれた点のないこと。「陳腐」は、古くさく面白みがないこと。 【典拠・出…

「け」で始まる四字熟語

鶏群一鶴【けいぐんのいっかく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 鶏群一鶴 【読み方】 けいぐんのいっかく 【意味】 多くの凡人の中に、一人だけきわだってすぐれた人がいることのたとえ。 【語源・由来】 「鶏群」は、鶏の群れ。「一鶴」は、一羽の鶴のこと。鶏の群れの中に一羽だ…

「よ」で始まる四字熟語

庸中佼佼【ようちゅうのこうこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【読み方】 ようちゅうのこうこう 【意味】 平凡な者の中でややすぐれた者の意。 【語源・由来】 「庸」は中ほど、平凡の意。「佼佼」はすぐれたさま。 【典拠・出典】 『後漢書』「劉盆子伝」 【類義語】 ・鉄中錚錚(てっちゅ…

「ほ」で始まる四字熟語

凡聖一如【ぼんしょういちにょ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 凡聖一如 【読み方】 ぼんしょういちにょ 【意味】 人には凡人と聖者の別はあるが本性は平等であること。 【語源・由来】 「凡」は凡夫(衆生)、「聖」は聖者(如来)。迷っている者も悟っている者も、本質的には変…

「ほ」で始まる四字熟語

抱関撃柝【ほうかんげきたく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 抱関撃柝 【読み方】 ほうかんげきたく 【意味】 低い役職の人のこと。 【語源・由来】 「関」はかんぬきのことで、「抱関」は門番のこと。「柝」は拍子木のことで、「撃柝」は夜警のこと。身分の低い役人のことをい…

「ふ」で始まる四字熟語

蚊虻之労【ぶんぼうのろう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 蚊虻之労 【読み方】 ぶんぼうのろう 【意味】 取るに足りない技能のこと。 【語源・由来】 「蚊虻」は虫の蚊と虻のことで、つまらないことのたとえ。「労」は労力のこと。蚊や虻の労力という意味で、些細な技能をい…

「ふ」で始まる四字熟語

浮花浪蕊【ふかろうずい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 浮花浪蕊 【読み方】 ふかろうずい 【意味】 取り柄のない平凡なさまのたとえ。 【語源・由来】 「浮」も「浪」も、ともにあてにならないことで、「蕊」は花のしべ。実を結ばないむだ花のこと。 【典拠・出典】 韓…

「こだわらない」の四字熟語一覧

布衣之交【ふいのまじわり】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 布衣之交 【読み方】 ふいのまじわり 【意味】 身分や地位などを問題にしない心からの交際。また、庶民的なつきあい。 【語源・由来】 「布衣」は麻の布で作った庶民の衣服のことで、転じて庶民のこと。 【典拠・出…

「ふ」で始まる四字熟語

布衣之極【ふいのきょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 布衣之極 【読み方】 ふいのきょく 【意味】 庶民として最高の出世のこと。 【語源・由来】 「布衣」は布で作った衣服のこと、転じて無位無官の人をいう。「極」は物事の最高、最上という意味。 【典拠・出典】 『…

「ひ」で始まる四字熟語

匹夫匹婦【ひっぷひっぷ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 匹夫匹婦 【読み方】 ひっぷひっぷ 【意味】 教養のない平凡な者のこと。 【語源・由来】 「匹夫」は身分の卑しい男のこと。「匹婦」は身分の卑しい女のこと、転じて平凡な男女のことをいう。 【典拠・出典】 『論…

「は」で始まる四字熟語

薄物細故【はくぶつさいこ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 薄物細故 【読み方】 はくぶつさいこ 【意味】 ささいな取るに足りないこと。 【語源・由来】 「薄物」「細故」ともに、ささいなことという意味。「故」は事という意味。 【典拠・出典】 『史記』「匈奴伝」 薄物…

「の」で始まる四字熟語

嚢中之錐【のうちゅうのきり】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 嚢中之錐 【読み方】 のうちゅうのきり 【意味】 すぐれた人物は、平凡な人の中にいても必ず才能を発揮し真価があらわれることのたとえ。 【語源・由来】 袋の中に入れた錐はその先が袋を破って出てくることからいう…

「と」で始まる四字熟語

斗量帚掃【とりょうそうそう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 斗量帚掃 【読み方】 とりょうそうそう 【意味】 自分のことを謙遜していう語。また、人や者があり余るほどあること。 【語源・由来】 「斗量」はますで量る。「帚掃」はほうきで掃くこと。ますで量り、ほうきで掃き…

「て」で始まる四字熟語

鉄中錚錚【てっちゅうのそうそう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 鉄中錚錚 【読み方】 てっちゅうのそうそう 【意味】 凡人の中では少しすぐれているもののたとえ。金や銀に比べて価値の劣る鉄でも少し響きの美しいものという意味。 【語源・由来】 「錚錚」は金属の音の形容。 【…

「ち」で始まる四字熟語

朝蠅暮蚊【ちょうようぼぶん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 朝蠅暮蚊 【読み方】 ちょうようぼぶん 【意味】 つまらない小人物がはびこるたとえ。 【語源・由来】 人にまといつく朝の蠅と夕方の蚊。 【典拠・出典】 韓愈「雑詩」 朝蠅暮蚊(ちょうようぼぶん)の使い方 朝…

「ち」で始まる四字熟語

彫虫篆刻【ちょうちゅうてんこく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 彫虫篆刻 【読み方】 ちょうちゅうてんこく 【意味】 取るに足りない小細工。虫の形や複雑な篆書の字を細かく刻みつけるように、文章を作るのに字句を美しく飾りたてること。 【語源・由来】 「彫」と「刻」はともに…

「ち」で始まる四字熟語

張王李趙【ちょうおうりちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 張王李趙 【読み方】 ちょうおうりちょう 【意味】 これといって取り柄のない平凡な人のこと。 【語源・由来】 張・王・李・趙はいずれも中国の姓のうち最もありふれたものであるということから。 【典拠・出典】 …

「ち」で始まる四字熟語

竹頭木屑【ちくとうぼくせつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 竹頭木屑 【読み方】 ちくとうぼくせつ 【意味】 役に立たないもののたとえ。また、細かなもの、つまらないものでも役立つことがあるのでおろそかにしないこと。 【語源・由来】 「竹頭」は竹の切れはし。「木屑」は…

「た」で始まる四字熟語

太羹玄酒【たいこうげんしゅ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 太羹玄酒 【読み方】 たいこうげんしゅ 【意味】 規則のみにしばられた淡白で面白味のない文章のたとえ。守ることばかりの面白味のない文章のたとえ。「太羹」と「玄酒」。 【語源・由来】 「太羹」は味のついていな…