CATEGORY 「む」で始まる四字熟語

「む」で始まる四字熟語

無理往生【むりおうじょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無理往生 【読み方】 むりおうじょう 【意味】 むりやり押しつけて従わせること。 【語源・由来】 「無理」は道理にはずれること。「往生」は本来は「圧状」と書き、人を脅迫してむりやり書かせた文章のことで、転じ…

「む」で始まる四字熟語

無余涅槃【むよねはん】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 無余涅槃 【読み方】 むよねはん 【意味】 肉体などの形の制約から解放された悟りの境地。心だけでなく肉体のわずらいからも解放された悟りの世界。 【語源・由来】 『法華経』「序品」より。「無余」は残っていない…

「む」で始まる四字熟語

無明長夜【むみょうじょうや】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 無明長夜 【読み方】 むみょうじょうや 【意味】 衆生が煩悩にとらわれ悟りを得られないこと。 【語源・由来】 仏教語で、「無明」は邪心があるために物事の本質がとらえられず、仏法を理解できないこと。これを長い…

「む」で始まる四字熟語

毋望之禍【むぼうのわざわい】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 毋望之禍 【読み方】 むぼうのわざわい 【意味】 思いがけないわざわい。 【語源・由来】 『史記』「春申君伝」より。「毋」は「ない」、否定の意を表す。「無」「无」に通じる。 【対義語】 ・毋望之福(むぼうの…

「む」で始まる四字熟語

無妄之福【むぼうのふく】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 無妄之福 【読み方】 むぼうのふく 【意味】 思いがけない幸運。 【語源・由来】 『戦国策』「楚策」より。「無妄」は思いがけなく起こること。 【対義語】 ・無妄之禍(むぼうのわざわい) 無妄之福(むぼうのふ…

「む」で始まる四字熟語

無縫天衣【むほうてんい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無縫天衣 【読み方】 むほうてんい 【意味】 飾りけがなく自然であること。 【語源・由来】 『太平広記』引『霊怪録』より。郭翰「天衣」は天人・天女の衣。「無縫」は着物に縫い目のないこと。また、人の細工のあと…

「む」で始まる四字熟語

無辺無礙【むへんむげ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無辺無礙 【読み方】 むへんむげ 【意味】 広大で限りがなく自由で煩悩のさまたげがない。仏教の語。 【語源・由来】 「無礙」は自由自在で煩悩などのさまたげがないこと。 【類義語】 ・融通無礙(ゆうづうむげ)…

「む」で始まる四字熟語

霧鬢風鬟【むびんふうかん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 霧鬢風鬟 【読み方】 むびんふうかん 【意味】 美しい髪のたとえ。 【語源・由来】 蘇軾の「洞庭春色賦」より。「霧鬢」は黒々した美しい髪。「霧」は黒いたとえ。「風鬟」は髪が風にくしけずられる意。風の中の美し…

「む」で始まる四字熟語

無病呻吟【むびょうしんぎん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 無病呻吟 【読み方】 むびょうしんぎん 【意味】 大したことはないのに大げさに騒ぎたてること。病気でもないのに苦しげにうめきたてる意。 【語源・由来】 「呻吟」は苦しみうめく。ありもしないことにおおげさに騒…

「む」で始まる四字熟語

無茶苦茶【むちゃくちゃ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無茶苦茶 【読み方】 むちゃくちゃ 【意味】 筋道が立たないこと。また、物事のやり方が並はずれて激しいさま。さらに何がなんだかわからないさまにもいう。「無茶」だけでもこれらの意をもち、「苦茶」を添えて語意を…

「む」で始まる四字熟語

無恥厚顔【むちこうがん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無恥厚顔 【読み方】 むちこうがん 【意味】 あつかましくて、恥知らずなさま。 【語源・由来】 孔稚珪の「北山移文」より。「無恥」は恥を知らないことで、他人の迷惑などを考えずに、自分の思惑だけで考えたり行動…

「む」で始まる四字熟語

無声無臭【むせいむしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無声無臭 【読み方】 むせいむしゅう 【意味】 誰にも知られず、まったく目立たないこと。事の影響がないこと。また、はかり知ることができない上天のたとえ。 【語源・由来】 『詩経』「大雅・文王」より。声もしな…

「む」で始まる四字熟語

無常迅速【むじょうじんそく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無常迅速 【読み方】 むじょうじんそく 【意味】 人の世は移り変わりが速く、はかないものであるということ。 【語源・由来】 『六祖壇経』より。「無常」はもと仏教語で、世の転変や人の生死などが永久不変ではなく…

「む」で始まる四字熟語

矛盾撞着【むじゅんどうちゃく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 矛盾撞着 【読み方】 むじゅんどうちゃく 【意味】 前後がくいちがって論理があわないこと。 【語源・由来】 「矛盾」は前に言ったことと後に言ったことが一致しないこと。「撞着」はつきあたる意。「着」は助字。 …

「む」で始まる四字熟語

夢幻泡影【むげんほうよう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 夢幻泡影 【読み方】 むげんほうよう 【意味】 人生がはかないことのたとえ。 【語源・由来】 『金剛経』より。夢と幻と泡と陰で、いずれもはかないもののたとえ。 【類義語】 ・泡沫夢幻(ほうまつむげん) 夢幻…

「む」で始まる四字熟語

無稽之談【むけいのだん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無稽之談 【読み方】 むけいのだん 【意味】 根拠のないでたらめな話。 【語源・由来】 『通志』「総序」より。「稽」は考える意。 【類義語】 ・無稽之言(むけいのげん) 無稽之談(むけいのだん)の使い方 無…

「む」で始まる四字熟語

無援孤立【むえんこりつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無援孤立 【読み方】 むえんこりつ 【意味】 ひとりぼっちで頼るものがないこと。 【語源・由来】 『後漢書』「班超伝」より。「孤立」はひとりだけぽつんとしていること。「無援」は助けがないという意。 【類義語…

「む」で始まる四字熟語

無為無能【むいむのう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無為無能 【読み方】 むいむのう 【意味】 意義のあることをやりもしないし、できもしないこと。何もできないこと。行うこともやり遂げる力もないということ。へりくだるときにも用いられる。 【語源・由来】 「為」…

「む」で始まる四字熟語

無学無知【むがくむち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無学無知 【読み方】 むがくむち 【意味】 学問がなく、知識もないこと。 【語源・由来】 「無学」とは学問の知識のないことを意味する。 【類義語】 ・無学浅識(むがくせんしき) ・無学無識(むがくむしき) …

「む」で始まる四字熟語

無二無三【むにむさん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無二無三 【読み方】 むにむさん 【意味】 ただ一つしかなく、それに代わるものがないこと。転じて、一つの物事に心を傾けてそれに没頭するさま。 【語源・由来】 「法華経」方便品より。仏になる道は一乗だけで、ほ…

「む」で始まる四字熟語

無手勝流【むてかつりゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 無手勝流 【読み方】 むてかつりゅう 【意味】 戦わずに、策略で相手に勝つこと。また、その方法。また、師伝によらず、自分で勝手にきめた流儀。自分勝手にやること。また、そのやり方。自己流。無手で勝つ流儀の意か…

「む」で始まる四字熟語

無芸大食【むげいたいしょく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 無芸大食 【読み方】 むげいたいしょく 【意味】 特技や取り柄がないにもかかわらず、食べることだけは人並みであること。また、そのような人をさげすんでいう語。自分のことを謙遜けんそんしていう場合にも用いられる…

「む」で始まる四字熟語

無理難題【むりなんだい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 無理難題 【読み方】 むりなんだい 【意味】 理屈に合わない解決がとうてい不可能な問題、要求。 【由来】 「無理」は理由が立たないこと、道理が立たないこと。「難題」は簡単に解決できない問題や言い掛かりの意。…

「む」で始まる四字熟語

無味乾燥【むみかんそう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 無味乾燥 【読み方】 むみかんそう 【意味】 ものごとに味わいも、潤いもない様子。面白いと思える要素や風情がなにもないさま。 【語源・由来】 無味乾燥の無味」は味がない、面白みがないこと。「乾燥」は物事に潤…

「む」で始まる四字熟語

無病息災【むびょうそくさい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 無病息災 【読み方】 むびょうそくさい 【意味】 病気にもならず、災難にもあわないで、健康であること。達者、元気で暮らしていること。 【語源由来】 無病息災の「無病」とは病気にならないという意味、「息災」は…

「む」で始まる四字熟語

無我夢中【むがむちゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 無我夢中 【読み方】 むがむちゅう 【意味】 あるものごとに心を奪われて、自分の現在の状態を忘れること、またそのさま。 【語源・由来】 無我夢中の「無我」とは、我を忘れること、もともと仏教用語である「無我」…