CATEGORY 「り」で始まる四字熟語

「り」で始まる四字熟語

李下瓜田【りかかでん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 李下瓜田 【読み方】 りかかでん 【意味】 人から疑われるようなことはしないほうが良いというたとえ。 【語源・由来】 古楽府「君子行」より。「瓜田」は瓜(うり)の畑のこと。「李下」は李(すもも)の木の下のこ…

「り」で始まる四字熟語

良知良能【りょうちりょうのう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 良知良能 【読み方】 りょうちりょうのう 【意味】 経験・教育などをしなくても、生まれながらに備わっている知恵や能力。子が親を敬愛することの類(たぐい)をいう。 【語源・由来】 「孟子」尽心・上より。中国、…

「り」で始まる四字熟語

良妻賢母【りょうさいけんぼ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 良妻賢母 【読み方】 りょうさいけんぼ 【意味】 良い妻であり、良い母であること。または、そのような女性のこと。家庭を守る女性を賞賛する言葉で、近代日本では女子教育の中心的理念とされた。 【類義語】 ・賢母…

「り」で始まる四字熟語

利用厚生【りようこうせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 利用厚生 【読み方】 りようこうせい 【意味】 物事を十二分に活かして、人々の生活を豊かにすること。 「厚生」は国民の全ての生活を豊かなで健康なものにすること。政治の秘訣を説いた言葉。 【語源・由来】 「書…

「り」で始まる四字熟語

理非曲直【りひきょくちょく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 理非曲直 【読み方】 りひきょくちょく 【意味】 物事の「善と悪」や「正と不正」のこと。「理非」は道理にかなうこととかなわないこと、「曲直」は曲がっていることとまっすぐなこと。 【類義語】 ・是是非非(ぜぜ…

「り」で始まる四字熟語

粒粒辛苦【りゅうりゅうしんく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 粒粒辛苦 【読み方】 りゅうりゅうしんく 【意味】 努力、苦労をこつこつと積み重ねること。 【語源・由来】 「粒粒」は米の一粒。米の一粒一粒が辛苦の結晶である意。 【類義語】 ・艱難辛苦(かんなんしんく) …