CATEGORY 「り」で始まる四字熟語

「り」で始まる四字熟語

竜虎相搏【りょうこそうはく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜虎相搏 【読み方】 りょうこそうはく 【意味】 力の伯仲した二人の強豪が勝負する。 【語源・由来】 李白の詩より。 【類義語】 ・竜攘虎搏(りょうじょうこはく) ・竜拏虎擲(りょうだこてき) 竜虎相搏(り…

「り」で始まる四字熟語

戮力同心【りくりょくどうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 戮力同心 【読み方】 りくりょくどうしん 【意味】 心を一つにして力を合わせ一致協力すること。 【語源・由来】 『春秋左氏伝』「成公一三年」より。「同心」は心を合わせること。「戮力」は力を合わせること、努力…

「り」で始まる四字熟語

琳琅珠玉【りんろうしゅぎょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 琳琅珠玉 【読み方】 りんろうしゅぎょく 【意味】 大変優れた人物や美しい詩文の喩え。 【語源・由来】 『世説新語』「容止」より。 琳琅珠玉(りんろうしゅぎょく)の使い方 琳琅珠玉(りんろうしゅぎょく)の例…

「り」で始まる四字熟語

輪廻転生【りんねてんしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 輪廻転生 【読み方】 りんねてんしょう 【意味】 仏教で、人の生きかわり死にかわりしてとどまることのないことをいう。 【語源・由来】 「輪廻」は車輪が回転してきわまりないように人が迷いの生死を重ねてとどまら…

「り」で始まる四字熟語

臨終正念【りんじゅうしょうねん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 臨終正念 【読み方】 りんじゅうしょうねん 【意味】 死に臨んで心静かに乱れないこと。また、死に臨んで心静かに阿弥陀仏を念じて極楽往生を願うこと。 臨終正念(りんじゅうしょうねん)の使い方 臨終正念(りんじ…

「り」で始まる四字熟語

輪奐一新【りんかんいっしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 輪奐一新 【読み方】 りんかんいっしん 【意味】 建物が新しくなり、壮大で美麗なことの形容。 【語源・由来】 『宋史』「礼志」より。「輪」は曲折して高大な意、「奐」は光り輝くさま。「一新」は全く新しくなるこ…

「り」で始まる四字熟語

驪竜之珠【りりょうのたま】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驪竜之珠 【読み方】 りりょうのたま 【意味】 命懸けで求めなければ得られない貴重な物のたとえ。また、危険を冒して大きな利益を得ることのたとえ。黒い竜のあごの下にあるという宝玉の意。また、要領を得たすばらし…

「り」で始まる四字熟語

緑林白波【りょくりんはくは】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 緑林白波 【読み方】 りょくりんはくは 【意味】 盗賊の異名。 【語源・由来】 中国、新代の王莽のとき緑林山に無頼の徒が拠点して強盗を働き、後漢代に黄巾の賊が白波谷に拠って乱を起こしたことからいう。 【類義…

「り」で始まる四字熟語

緑酒紅灯【りょくしゅこうとう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 緑酒紅灯 【読み方】 りょくしゅこうとう 【意味】 歓楽と飽食のたとえ。また、繁華街・歓楽街のようす。 【語源・由来】 「緑酒」は緑色に澄んだ酒(美酒)のこと。「紅灯」は飲食店街などのはなやかな灯のこと。 …

「り」で始まる四字熟語

綾羅錦繍【りょうらきんしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 綾羅錦繍 【読み方】 りょうらきんしゅう 【意味】 目をみはるほど美しいもの。また、美しく着飾ること。 【語源・由来】 「綾」はあやぎぬ、「羅」はうすぎぬ、「錦」はにしき、「繍」は刺繍をした織物で、いずれも…

「り」で始まる四字熟語

両鳳連飛【りょうほうれんぴ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 両鳳連飛 【読み方】 りょうほうれんぴ 【意味】 二羽の鳳凰が並び飛ぶ。兄弟がそろって栄達することのたとえ。 【語源・由来】 『北史』「崔仲文伝」より。「鳳」はおおとり。聖天子の世にあらわれるという想像上の…

「り」で始まる四字熟語

良風美俗【りょうふうびぞく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 良風美俗 【読み方】 りょうふうびぞく 【意味】 良く美しい風俗習慣。 【類義語】 ・醇風美俗(じゅんぷうびぞく) 良風美俗(りょうふうびぞく)の使い方 良風美俗(りょうふうびぞく)の例文 古くさいと言われ…

「り」で始まる四字熟語

竜蟠蚖肆【りょうばんげんし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 竜蟠蚖肆 【読み方】 りょうばんげんし 【意味】 聖人も民間にあれば俗人にあなどられるたとえ。 【語源・由来】 『法言』「問神」より。「蟠」はわだかまる意。「蚖」はいもり。「肆」はほしいまま。 竜蟠蚖肆(り…

「り」で始まる四字熟語

竜瞳鳳頸【りょうどうほうけい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 竜瞳鳳頸 【読み方】 りょうどうほうけい 【意味】 竜のひとみと鳳凰の首。きわめて高貴な人相をいう。 【語源・由来】 『唐書』「袁天綱伝」より。「頸」はくび。もと唐の則天武后が幼少のころにこう評された。 竜…

「り」で始まる四字熟語

遼東之豕【りょうとうのいのこ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 遼東之豕 【読み方】 りょうとうのいのこ 【意味】 世間知らずで、自分だけ得意になっていること。 【語源・由来】 『後漢書』「朱浮伝」より。「遼東」遼河の東、中国遼寧省南部地方のこと。「豕」は豚の意。 昔、…

「り」で始まる四字熟語

竜挐虎擲【りょうだこてき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜挐虎擲 【読み方】 りょうだこてき 【意味】 英雄が戦うたとえ。虎と竜が激しく撃ち合う意。 【語源・由来】 李献能の詩より。「挐」はつかむ、乱れ混じること。「擲」はなげうつ、撃つ意。 【類義語】 ・竜攘虎…

「り」で始まる四字熟語

量体裁衣【りょうたいさいい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 量体裁衣 【読み方】 りょうたいさいい 【意味】 実際の状況に応じて、物事を現実に適した形で処理する策を講じること。からだの寸法を測って、寸法通りに衣服を作る意から。 【語源・由来】 『南斉書』「張融伝」よ…

「り」で始まる四字熟語

竜驤麟振【りょうじょうりんしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 竜驤麟振 【読み方】 りょうじょうりんしん 【意味】 首を高く上げて竜のように上り、麒麟が勢いよく振るい立つように、威力や勢力が盛んなたとえ。一説に勢力・仁徳ともに備わるたとえ。 【語源・由来】 『晋書』「…

「り」で始まる四字熟語

凌霄之志【りょうしょうのこころざし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 凌霄之志 【読み方】 りょうしょうのこころざし 【意味】 俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。 【語源・由来】 『漢書』「揚雄伝」より。 【類義語】…

「り」で始まる四字熟語

梁上君子【りょうじょうのくんし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 梁上君子 【読み方】 りょうじょうのくんし 【意味】 盗賊、どろぼうのこと。転じて、鼠の異名。 【語源・由来】 『後漢書』「陳寔伝」より。中国、後漢の陳寔は、ある夜天井の梁の上に泥棒がひそんでいるのに気づき…

「り」で始まる四字熟語

竜舟鳳艒 【りょうしゅうほうぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜舟鳳艒 【読み方】 りょうしゅうほうぼう 【意味】 天子の乗る舟。また美しい船。 【語源・由来】 『随書』「煬帝紀」より。「竜舟」「鳳艒」はともに天子の乗る舟。「竜」「鳳」は天子を象徴する。「舟」は大船。…

「り」で始まる四字熟語

竜舟鷁首【りょうしゅうげきしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜舟鷁首 【読み方】 りょうしゅうげきしゅ 【意味】 風流を楽しむ船のこと。 【語源・由来】 竜の頭のついた舟と、水鳥(鷁)の首のついた舟をいう。転じて、豪華な舟遊びの意に用いる場合もある。 【類義語】 ・…

「り」で始まる四字熟語

量才録用【りょうさいろくよう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 量才録用 【読み方】 りょうさいろくよう 【意味】 人それぞれの才能をよく考えて登用すること。 【語源・由来】 蘇軾の「上神宗皇帝書」より。「量才」は才能を量ること。「録用」は挙げ用いる、採用する意。 【類…

「り」で始まる四字熟語

陵谷遷貿 【りょうこくせんぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 陵谷遷貿 【読み方】 りょうこくせんぼう 【意味】 世の中の移り変わりの激しいこと。 【語源・由来】 『詩経』「小雅・十月之交」より。「陵谷」は「遷貿」と同じで、移り変わること。高く大きな丘陵が侵食されて険…

「り」で始まる四字熟語

竜興致雲【りょうこうちうん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜興致雲 【読み方】 りょうこうちうん 【意味】 聖徳ある天子が立つと賢明な臣下があらわれるたとえ。竜が奮い興って雲を湧き起こす意。 【語源・由来】 王褒の文より。「致」はもたらす意。ここでは湧き起らせる意…

「り」で始まる四字熟語

竜駒鳳雛【りょうくほうすう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 竜駒鳳雛 【読み方】 りょうくほうすう 【意味】 才知ある賢い少年のこと。すぐれた才能を持っている賢い少年のこと。 【語源・由来】 『晋書』「陸雲伝」の「此の児、若し竜駒に非ざれば、当に是れ鳳雛なるべし」に…

「り」で始まる四字熟語

良禽択木【りょうきんたくぼく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 良禽択木 【読み方】 りょうきんたくぼく 【意味】 かしこい人物は自分の仕える主人をよく吟味して仕官するものであるということ。かしこい鳥は自分が住みやすい木に巣を作るということ。 【語源・由来】 『春秋左氏…

「り」で始まる四字熟語

良玉精金【りょうぎょくせいきん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 良玉精金 【読み方】 せいきんりょうぎょく 【意味】 性格が穏やかで純粋なこと。 【語源・由来】 『宋名臣言行録』「外集・二」より。「精金」はまじりけのない金属。「良玉」は美しい宝玉。北宋の学者、程頤の人柄…

「り」で始まる四字熟語

良弓難張【りょうきゅうなんちょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 良弓難張 【読み方】 りょうきゅうなんちょう 【意味】 才能のある人物は使いこなすのは難しいが、上手に使えば非常に役に立つということ。 【語源・由来】 『墨子』「親士」より。「良弓」は良い弓のこと。「難張」…

「り」で始まる四字熟語

梁冀跋扈【りょうきばっこ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 梁冀跋扈 【読み方】 りょうきばっこ 【意味】 後漢の梁冀は朝廷でおごり高ぶり「跋扈将軍」と呼ばれた。 【語源・由来】 『蒙求』「梁冀跋扈」より。「梁冀」は後漢の大将軍。「跋扈」は強くわがままに振る舞うこと…

「り」で始まる四字熟語

凌雲之志【りょううんのこころざし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語 )

【四字熟語】 凌雲之志 【読み方】 りょううんのこころざし 【意味】 俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。 【語源・由来】 『漢書』「揚雄伝」より。「凌雲」は雲を…

「り」で始まる四字熟語

流連荒亡【りゅうれんこうぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 流連荒亡 【読み方】 りゅうれんこうぼう 【意味】 家にも帰らず酒食や遊興にふけって仕事をなまけること。 【語源・由来】 『孟子』「梁恵王・下」より。「流連」は遊びにふけって家に帰るのも忘れること。「荒亡」…

「り」で始まる四字熟語

柳緑花紅【りゅうりょくかこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 柳緑花紅 【読み方】 りゅうりょくかこう 【意味】 人の手を加えていない自然のままの美しさのこと。紅い花と緑の柳で代表させて、自然の美しさを表した言葉。 【語源・由来】 禅宗の語。 柳緑花紅(りゅうりょくか…

「り」で始まる四字熟語

柳眉倒豎【りゅうびとうじゅ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 柳眉倒豎 【読み方】 りゅうびとうじゅ 【意味】 女性が眉を逆立てて怒るさま。 【語源・由来】 「柳眉」は柳の葉のように細い眉の意から。女性の眉。「倒」は逆さま、「豎」は立てるの意から、「倒豎」は逆さまに立…

「り」で始まる四字熟語

流星光底【りゅうせいこうてい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 流星光底 【読み方】 りゅうせいこうてい 【意味】 勢いよく振り下ろす刀の光を流星にたとえていう。 【語源・由来】 頼山陽の詩より。「光底」は剣のきらめきの下。 流星光底(りゅうせいこうてい)の使い方 流星…

「り」で始まる四字熟語

流觴曲水【りゅうしょうきょくすい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 流觴曲水 【読み方】 りゅうしょうきょくすい 【意味】 曲折した水の流れに杯を浮かべ、それが自分の前を流れ過ぎないうちに詩を作り、杯の酒を飲むという風雅な遊びのこと。 【語源・由来】 王羲之の「蘭亭集序」よ…

「り」で始まる四字熟語

柳巷花街【りゅうこうかがい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 柳巷花街 【読み方】 りゅうこうかがい 【意味】 遊里・色町のこと。 【語源・由来】 「柳巷」は柳の木が植えてある巷、「花街」は花の咲いている街の意。昔、色町には多くの柳が植えられていたことからいう。 【類…

「り」で始まる四字熟語

流金鑠石【りゅうきんしゃくせき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 流金鑠石 【読み方】 りゅうきんしゃくせき 【意味】 厳しい暑さのたとえ。 【語源・由来】 『楚辞』「招魂」より。金属を流し溶かし石を溶かすこと。「鑠石」は激しい火力や熱気の形容。 昔、十個の太陽が同時に昇…

「り」で始まる四字熟語

柳暗花明【りゅうあんかめい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 柳暗花明 【読み方】 りゅうあんかめい 【意味】 春の野の美しい景色のこと。また、花柳界・遊里のこと。また、新しい展開が開ける意にも用いる場合もある。 【語源・由来】 「王維-詩」より。「柳暗」は柳がほの暗…

「り」で始まる四字熟語

立錐之地【りっすいのち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 立錐之地 【読み方】 りっすいのち 【意味】 とがった錐をやっとたてることができるほどのごく狭い土地。 【語源・由来】 『呂氏春秋』「為欲」より。「錐」は板などに穴をあける道具、きり。一般には「立錐の余地も…

「り」で始まる四字熟語

履霜之戒【りそうのいましめ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 履霜之戒 【読み方】 りそうのいましめ 【意味】 前兆を見て災難を避けよという戒め。霜を踏んで歩けばやがて氷が張る時期になることから、前兆をみてやがて来るわざわいに対して用心せよという意。 【語源・由来】 …

「り」で始まる四字熟語

履霜堅氷【りそうけんぴょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 履霜堅氷 【読み方】 りそうけんぴょう 【意味】 前兆を見て災難を避けよという戒め。霜を踏んで歩けばやがて氷が張る時期になることから、前兆をみてやがて来るわざわいに対して用心せよという意。 【語源・由来】 …

「り」で始まる四字熟語

戮力協心【りくりょくきょうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 戮力協心 【読み方】 りくりょくきょうしん 【意味】 物事を一致協力して行うこと。 【語源・由来】 「協心」は心を一つにすること。「戮」は殺す意のほかに合わせる意があり、「戮力」は力を合わせること。 【類義…

「り」で始まる四字熟語

離群索居【りぐんさっきょ】の意味と使い方の例文(語源由来)の例文

【四字熟語】 離群索居 【読み方】 りぐんさっきょ 【意味】 同朋や友人、仲間と離れて一人でいること。 【語源・由来】 『礼記』「檀弓・上」より。「群」はなかま・ともがら。「索」はさびしい、また、散る、離れる意。 離群索…

「り」で始まる四字熟語

六韜三略【りくとうさんりゃく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 六韜三略 【読み方】 りくとうさんりゃく 【意味】 中国の有名な兵法書である『六韜』と『三略』のこと。 【語源・由来】 『六韜』は周の太公望呂尚の作とされ、文・武・竜・虎・豹・犬の六巻。『三略』は前漢の功臣…

「り」で始まる四字熟語

六菖十菊【りくしょうじゅうぎく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 六菖十菊 【読み方】 りくしょうじゅうぎく 【意味】 時期が過ぎて役に立たないことのたとえ。五月五日の端午の節句の翌日六日の菖蒲と、九月九日の重用の節句の翌日十日の菊。 【語源・由来】 ・「菖」はしょうぶ。…

「り」で始まる四字熟語

六合同風【りくごうどうふう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 六合同風 【読み方】 りくごうどうふう 【意味】 天下が統一され、風俗や教化を同じくすること。 【語源・由来】 『漢書』「王吉伝」より。「六合」は天地と四方で天下を意味する。「風」は風俗の意。 【類義語】 …

「り」で始まる四字熟語

六言六蔽【りくげんりくへい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 六言六蔽 【読み方】 りくげんりくへい 【意味】 人には六つの徳があるが、学問や教養を積まなければ六つの弊害を生むということ。 【語源・由来】 『論語』「陽貨」より。「六言」は、仁(愛情)・知(知恵)・直(…

「り」で始まる四字熟語

霖雨蒼生【りんうそうせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 霖雨蒼生 【読み方】 りんうそうせい 【意味】 恵みを与えること。また、民を苦しみから救う人のこと。 【語源・由来】 「霖雨」は幾日も降り続く雨のこと。ここでは旱魃を救う三日以上降り続く恵みの雨のこと。恩恵…

「り」で始まる四字熟語

臨池学書【りんちがくしょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 臨池学書 【読み方】 りんちがくしょ 【意味】 全力で文字を書く練習をすること。 【語源・由来】 王羲之「与人書」より。「臨池」は書法、書道をいう言葉。また墨池ともいう。中国の後漢の書家の張芝は、池の近くで…

「り」で始まる四字熟語

流汗淋漓【りゅうかんりんり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 流汗淋漓 【読み方】 りゅうかんりんり 【意味】 流れる汗がしたたり落ちる様子。 【語源・由来】 「流汗」は汗が流れること、「淋漓」は水や血や汗がしたたるという意味。 【類義語】 ・流汗滂沱(りゅうかんぼう…

「り」で始まる四字熟語

臨淵羨魚【りんえんせんぎょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 臨淵羨魚 【読み方】 りんえんせんぎょ 【意味】 願望を達成するには有効な手段を考えるべきだということ。 【語源・由来】 「漢書」董仲舒伝より。 【類義語】 ・羨魚結網(せんぎょけつもう) ・臨淵之羨(りん…

「り」で始まる四字熟語

竜蟠虎踞【りょうばんこきょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜蟠虎踞 【読み方】 りょうばんこきょ 【意味】 竜や、とらのように抜きんでた能力をもった者がある地域にとどまって、そこでその能力を存分に発揮すること。 【語源・由来】 「太平御覧」一五六引「五録」より。 …

「り」で始まる四字熟語

竜騰虎闘【りょうとうことう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 竜騰虎闘 【読み方】 りょうとうことう 【意味】 力の伯仲する二者が、力を尽くして激しく戦うこと。雌雄を決するような激戦を繰り広げること。 【類義語】 ・竜虎相搏(りょうこそうはく) ・両虎相闘(りょうこそ…

「り」で始まる四字熟語

竜頭鷁首【りょうとうげきしゅ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 竜頭鷁首 【読み方】 りょうとうげきしゅ 【意味】 天子や貴人の乗る船。また、立派な船。竜の彫り物や鷁の頭を船首・船側につけた船。風流を楽しむ船。 【類義語】 ・竜舟鷁首(りょうしゅうげきしゅ) 竜頭鷁首(…

「り」で始まる四字熟語

竜跳虎臥【りょうちょうこが】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 竜跳虎臥 【読み方】 りょうちょうこが 【意味】 筆勢が何の束縛も受けず、縦横自在で、さまざまな字様を駆使していること。竜が天に向かって身を躍らせて跳び上がったり、とらが大地にからだを伏せる様子を筆の勢いに…

「り」で始まる四字熟語

竜攘虎搏【りょうじょうこはく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 竜攘虎搏 【読み方】 りょうじょうこはく 【意味】 互角の力をもった強い者同士が激しく戦うこと。力の伯仲した英雄・強豪などが、あたかも竜ととらとがぶつかって戦うように勝負すること。 【類義語】 ・竜虎相搏(…

「り」で始まる四字熟語

竜驤虎視【りょうじょうこし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 竜驤虎視 【読み方】 りょうじょうこし 【意味】 竜やとらのように意気が盛んで、権力をもち世の中を威圧すること。 【語源・由来】 「三国志」蜀志・諸葛亮伝より。 竜驤虎視(りょうじょうこし)の使い方 竜驤虎…

「り」で始まる四字熟語

竜吟虎嘯【りょうぎんこしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 竜吟虎嘯 【読み方】 りょうぎんこしょう 【意味】 同じ考えや心をもった者は、相手の言動に気持ちが通じ合い、互いに相応じ合うということ。また、人の歌声や笛・琴の音などが、あたかも竜やとらのさけび声が天空にと…

「り」で始まる四字熟語

麟鳳亀竜【りんぽうきりょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 麟鳳亀竜 【読み方】 りんぽうきりょう 【意味】 太平の世になると現れると信じられていた四種の霊獣・霊鳥。麒麟きりん鳳凰ほうおう亀かめ竜のこと。転じて、非常にまれで珍しいもの、聖人・賢者のたとえ。 【語源・…

「り」で始まる四字熟語

麟子鳳雛【りんしほうすう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 麟子鳳雛 【読み方】 りんしほうすう 【意味】 将来性のある子供のたとえ。麒麟きりんの子と鳳凰のひなの意から。 【語源・由来】 「易林」一より。 【類義語】 ・飛兎竜文(ひとりょうぶん) ・竜駒鳳雛(りょう…

「り」で始まる四字熟語

竜章鳳姿【りょうしょうほうし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 竜章鳳姿 【読み方】 りょうしょうほうし 【意味】 伝説上の霊獣・霊鳥である竜や鳳凰ほうおうのように、威厳に満ちた立派な容姿。本来の意味は、竜のように勇壮で、おおとりのように気高い姿をしていること。内面の充…

「り」で始まる四字熟語

李下瓜田【りかかでん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 李下瓜田 【読み方】 りかかでん 【意味】 人などに疑われるような事はするなということ。 【語源・由来】 『古楽府・君子行』の「瓜田不納履、李下不正冠」より。瓜の畑の中で靴を履き直すと、瓜を盗むと疑われる。…

「り」で始まる四字熟語

良知良能【りょうちりょうのう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 良知良能 【読み方】 りょうちりょうのう 【意味】 経験・教育などをしなくても、生まれながらに備わっている知恵や能力。子が親を敬愛することの類(たぐい)をいう。 【語源・由来】 「孟子」尽心・上より。中国、…

「り」で始まる四字熟語

良妻賢母【りょうさいけんぼ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 良妻賢母 【読み方】 りょうさいけんぼ 【意味】 夫に対してはよい妻であり、子供に対しては養育に励む賢い母であること。また、そのような人。 【類義語】 ・賢母良妻(けんぼりょうさい) 良妻賢母(りょうさいけ…

「り」で始まる四字熟語

粒粒辛苦【りゅうりゅうしんく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 粒粒辛苦 【読み方】 りゅうりゅうしんく 【意味】 努力、苦労をこつこつと積み重ねること。 【語源・由来】 「粒粒」は米の一粒。米の一粒一粒が辛苦の結晶である意。 【類義語】 ・艱難辛苦(かんなんしんく) …

「り」で始まる四字熟語

立身出世【りっしんしゅっせ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 立身出世 【読み方】 りっしんしゅっせ 【意味】 成功して、有名になること。 社会的に認められ、世間に知られるようになること。 【語源・由来】 「立身」も「出世」も、社会で成功して高い地位や身分を獲得するこ…

「り」で始まる四字熟語

離合集散【りごうしゅうさん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 離合集散 【読み方】 りごうしゅうさん 【意味】 人々がより集まって仲間をつくったり、また別々に分かれたりすること。 【語源・由来】 「離合」「集散」ともに、離れたり集ったりする意。 【類義語】 ・雲集霧散…

「り」で始まる四字熟語

臨機応変【りんきおうへん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 臨機応変 【読み方】 りんきおうへん 【意味】 ものごとを、その時その場の状況に合わせて、適切に処理すること。状況に応じた行動をとること。 【語源・由来】 臨機応変の「臨機」は、場合に臨んでという意味、「応…

「り」で始まる四字熟語

竜頭蛇尾【りゅうとうだび】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 竜頭蛇尾 【読み方】 りゅうとうだび 【意味】 はじめは勢いが盛んで、終わりになるにしたがってふるわなくなること。尻すぼみ 【由来】 頭は竜のように大きく立派なのに、尾は蛇のように小さく細く前と後ろの釣り合…

「り」で始まる四字熟語

利害得失【りがいとくしつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 利害得失 【読み方】 りがいとくしつ 【意味】 利益と損失。得るものと失うもの。自分の得するものと損をするもの。 【語源・由来】 利害得失は「利」と「害」、「得」と「損」という同じ意味を持つ言葉を重ねて意味…