CATEGORY 「努力・忍耐」の四字熟語一覧

「れ」で始まる四字熟語

烈士徇名【れっしじゅんめい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・対義語)

【四字熟語】 烈士徇名 【読み方】 れっしじゅんめい 【意味】 道理のとおった正しい行いをする人は名誉のために命をかける。利益や地位などで動かされることなく道理を押し通して名誉を守るということ。 【語源・由来】 「烈士」…

「は」で始まる四字熟語

発憤忘食【はっぷんぼうしょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 発憤忘食 【読み方】 はっぷんぼうしょく 【意味】 心を奮い立たせて、食事をとるのも忘れるほど物事に夢中になって励むこと。 【語源・由来】 「発憤」は心を奮いおこすこと。「忘食」は食事をとるのも忘れるほど熱…

「は」で始まる四字熟語

背水之陣【はいすいのじん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 背水之陣 【読み方】 はいすいのじん 【意味】 必死の覚悟で事に当たること。また、後にひけない困難な状況や立場のこと。 【語源・由来】 川や海を背にして、退却できないような陣形で戦うことからいう。中国漢の韓…

「は」で始まる四字熟語

廃寝忘食【はいしんぼうしょく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 廃寝忘食 【読み方】 はいしんぼうしょく 【意味】 ある事に熱中して、他の事をいっさい顧みないこと。また、ある事に専念して励むこと。 【語源・由来】 「廃寝」は寝るのをやめる。「忘食」は食事を忘れること。 …

「に」で始まる四字熟語

二河白道【にがびゃくどう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 二河白道 【読み方】 にがびゃくどう 【意味】 水と火の二つの川に挟まれたひとすじの白い道。極楽の彼岸に到達する道にたとえたもの。 【語源・由来】 水の川と火の川を貪りと怒りにたとえ、この二つの川に挟まれた…

「ち」で始まる四字熟語

昼耕夜誦【ちゅうこうやしょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 昼耕夜誦 【読み方】 ちゅうこうやしょう 【意味】 貧乏な生活のなかで勉学に励むこと。 【語源・由来】 「誦」はそらんじること。昼間は畑を耕して仕事をし、夜になってから書物をそらんじて勉強をするという意味か…

「た」で始まる四字熟語

断薺画粥【だんせいかくしゅく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 断薺画粥 【読み方】 だんせいかくしゅく 【意味】 貧乏に耐えて勉学に励むこと。 【語源・由来】 「薺」はなずな(ぺんぺん草)のことで、「断薺」はなずなをきざむこと。「画」はたてよこに線を引いて四つに区切る…

「そ」で始まる四字熟語

孫康映雪【そんこうえいせつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 孫康映雪 【読み方】 そんこうえいせつ 【意味】 苦学することのたとえ。晋の孫康が雪明かりで読書したこと。 【語源・由来】 孫康は家が貧しくて灯油が買えなかったので月の照らす雪あかりで勉強した故事。 【典拠…

「し」で始まる四字熟語

振臂一呼【しんぴいっこ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 振臂一呼 【読み方】 しんぴいっこ 【意味】 つとめてみずから奮起するたとえ。 【語源・由来】 腕を振るい声を上げて自分を奮い立たせることをいう。「臂」はひじ・うで。 【典拠・出典】 『文選』李陵「答蘇武書…

「し」で始まる四字熟語

人事天命【じんじてんめい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 人事天命 【読み方】 じんじてんめい 【意味】 人間として最善の努力を尽くして、結果は静かに運命にまかせること。 【語源・由来】 「人事」は人間のなしうる事柄。 「天命」は自然に身に備わった運命という意味。…

「し」で始まる四字熟語

十年一剣【じゅうねんいっけん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 十年一剣 【読み方】 じゅうねんいっけん 【意味】 長年武芸の修養をつんで、力を発揮する機会を待つこと。 【語源・由来】 十年の間、一ふりの剣を磨き続けるという意味から。 【典拠・出典】 賈島「剣客」 十年…

「し」で始まる四字熟語

射石飲羽【しゃせきいんう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 射石飲羽 【読み方】 しゃせきいんう 【意味】 精神を集中して必死の思いで事にのぞめば、どんな困難なことでもできるということ。 【語源・由来】 「射石」は矢で石を射ること。「飲羽」は矢の羽の部分まで深くつき…

「り」で始まる四字熟語

臨池学書【りんちがくしょ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 臨池学書 【読み方】 りんちがくしょ 【意味】 全力で文字を書く練習をすること。 【語源・由来】 「臨池」は書法、書道をいう言葉。また墨池ともいう。中国の後漢の書家の張芝は、池の近くで書を学んでいると、池の…

「ひそか」の四字熟語一覧

冥冥之志【めいめいのこころざし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 冥冥之志 【読み方】 めいめいのこころざし 【意味】 人知れず努力してつとめ励むこと。また、人知れず心の中に期すること。 【語源・由来】 「冥冥」は暗いさま。転じて、人に知られないさま。 【典拠・出典】 『…

「ま」で始まる四字熟語

磨斧作針【まふさくしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 磨斧作針 【読み方】 まふさくしん 【意味】 どんなに難しい事でも、忍耐強く努力すれば必ず成功するということ。 【語源・由来】 李白が若い頃、学問を途中でやめて家に帰ろうとした。その途中で小さな渓流を渡った…

「ま」で始まる四字熟語

磨杵作針【ましょさくしん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 磨杵作針 【読み方】 ましょさくしん 【意味】 たえず努力し続ければ、必ず成功するということ。 【典拠・出典】 『方輿勝覧』五三「磨針渓」 【類義語】 ・水滴石穿(すいてきせきせん) ・点滴穿石(てんてきせ…

「ふ」で始まる四字熟語

奮闘努力【ふんとうどりょく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 奮闘努力 【読み方】 ふんとうどりょく 【意味】 気を奮い起こし、努め励むこと。 【語源・由来】 「奮闘」は力を出して戦うこと。「努力」は力を尽くし励むこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・精励恪勤(せ…