CATEGORY 「友人・仲間・付き合い」の四字熟語一覧

「け」で始まる四字熟語

傾蓋知己【けいがいのちき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 傾蓋知己 【読み方】 けいがいのちき 【意味】 以前からの親友のように、初めて出会った者同士がすぐに親しくなること。 【語源・由来】 「傾蓋」は、たまたま出会って立ち話をすること。また、ちょっと会っただけで…

「き」で始まる四字熟語

琴瑟調和【きんしつちょうわ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 琴瑟調和 【読み方】 きんしつちょうわ 【意味】 琴と瑟の音が調和すること。夫婦・親子・兄弟・友人などの仲が良いことのたとえ。 【語源由来】 「琴瑟」は、琴(五弦・七弦)と「瑟」(二十五弦)。「調和」「相和…

「ら」で始まる四字熟語

落月屋梁【らくげつおくりょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 落月屋梁 【読み方】 らくげつおくりょう 【意味】 友人を思う情が切なこと。 【語源・由来】 「屋梁」は屋根のはり。また屋根の意。唐の杜甫が友人の李白の江南に流されたのをを思いやり、「夜空におちかかった月が…

「り」で始まる四字熟語

離群索居【りぐんさっきょ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 離群索居 【読み方】 りぐんさっきょ 【意味】 同朋や友人、仲間と離れて一人でいること。 【語源・由来】 「群」はなかま・ともがら。「索」はさびしい、また、散る、離れる意。 【典拠・出典】 『礼記』「檀弓・…

「ら」で始まる四字熟語

落花流水【らっかりゅうすい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 落花流水 【読み方】 らっかりゅうすい 【意味】 散る花と流れ去る水のことで、去りゆく春をいった語。転じて、人や物が落ちぶれることのたとえ。また、男女の気持ちが互いに通じあうことのたとえ。 【語源・由来】 …

「ら」で始まる四字熟語

落落晨星【らくらくしんせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 落落晨星 【読み方】 らくらくしんせい 【意味】 しだいに仲のよい友人がいなくなること。また、友人が年とともにだんだん死んでいなくなること。 【語源・由来】 「落落」はまばらでさみしいさま。「晨星」は夜明け…

「ら」で始まる四字熟語

雷陳膠漆【らいちんこうしつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 雷陳膠漆 【読み方】 らいちんこうしつ 【意味】 友情が深く堅いこと。 【語源・由来】 中国、後漢の雷義と陳重の友情は、膠や漆が固まると堅くなる以上に、確固とした深いものであるという故事から。 【典拠・出典…

「よ」で始まる四字熟語

用和為貴【ようわいき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 用和為貴 【読み方】 ようわいき 【意味】 人と人とが和合することの重要性をいう語。仲よくすることが、最も大切であるということ。 【語源・由来】 聖徳太子が定めた「十七条憲法」の第一条にある語。 【典拠・出…

「ゆ」で始まる四字熟語

尤雲殢雨【ゆううんていう】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 尤雲殢雨 【読み方】 ゆうんていう 【意味】 柳永の『浪陶沙詞』より。男女の情交のこと。よりそってむつみあうさま。しなだれかかるさま。 【語源・由来】 「尤」「殢」はまつわりつく意。「雲雨」は楚の懐王が巫山…

「ほ」で始まる四字熟語

輔車脣歯【ほしゃしんし】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 輔車脣歯 【読み方】 ほしゃしんし 【意味】 お互いに助け合う密接な関係。 【語源・由来】 「輔車」は車のそえ木と荷台。また、頬骨(輔)と下顎の骨(車)という説もある。「脣歯」は唇と歯。これらのように一方が…

「ほ」で始まる四字熟語

暮雲春樹【ぼうんしゅんじゅ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 暮雲春樹 【読み方】 ぼうんしゅんじゅ 【意味】 遠くの友を切になつかしむ情。 【語源・由来】 「暮雲」は暮れがたの雲のこと。「春樹」は若芽をつけた春の木のこと。 【典拠・出典】 杜甫「春日憶李白」 【類義…

「ほ」で始まる四字熟語

鳳友鸞交【ほうゆうらんこう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 鳳友鸞交 【読み方】 ほうゆうらんこう 【意味】 男女間の情事、交接のたとえ。 【語源・由来】 「鳳」は鳳凰。想像上の霊長。「鸞」は鳳凰に似た想像上の霊長。いずれも美しい鳥でその交わりを男女の情事にたとえた…

「ほ」で始まる四字熟語

朋党比周【ほうとうひしゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 朋党比周 【読み方】 ほうとうひしゅう 【意味】 同志が団結して助けあい、仲間以外のものを排斥すること。 【語源・由来】 「朋党」は主義や利害を同じくする仲間のこと。「比周」はかたよって一方に仲間入りするこ…

「ほ」で始まる四字熟語

貌合心離【ぼうごうしんり】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 貌合心離 【読み方】 ぼうごうしんり 【意味】 交際するのに表面だけで誠意のないたとえ。 【語源・由来】 「貌」は外に現れる形。表向きは合わせてはいるが、心は離れているという意。 【典拠・出典】 『素書』「…

「ほ」で始まる四字熟語

法界悋気【ほうかいりんき】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 法界悋気 【読み方】 ほうかいりんき 【意味】 自分とは無関係な人に嫉妬したり、ねたんだりすること。また、他人の恋愛をねたむこと。 【語源・由来】 「法界」は自分とは何の関係もない他人の意。「悋気」は嫉妬心…