CATEGORY 「え」で始まる四字熟語

「え」で始まる四字熟語

偃鼠飲河【えんそいんが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 偃鼠飲河 【読み方】 えんそいんが 【意味】 人の欲望は、その人の分に応じたもので満足するべきであるということのたとえ。分を弁えるべきであるという教え。「偃鼠河を飲む」とも読む。 【語源・由来】 「荘子」逍…

「え」で始まる四字熟語

遠謀深慮【えんぼうしんりょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 遠謀深慮 【読み方】 えんぼうしんりょ 【意味】 深く考えをめぐらせて、遠い先の未来のことを見通して、手抜かりのない計画を立てること。または、その計画そのもののこと。 【語源・由来】 「文選」賈誼より。「過…

「え」で始まる四字熟語

円顱方趾【えんろほうし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 円顱方趾 【読み方】 えんろほうし 【意味】 人間のこと。「円顱」は丸い頭。「方趾」は四角い足。「円顱方址」とも書く。 【語源・由来】 天と頭はどちらも丸く、大地と足はどちらも四角いために、人と天地が似てい…

「え」で始まる四字熟語

延陵季子【えんりょうのきし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 延陵季子 【読み方】 えんりょうのきし 【意味】 中国の春秋時代の呉の季札のこと。「延陵」は中国の呉の地名。「季」は兄弟の四男のこと。 【語源・由来】 「史記」呉太伯世家より。賢者の季札は、父親の呉王の寿夢…

「え」で始まる四字熟語

轅門二竜【えんもんにりょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 轅門二竜 【読み方】 えんもんにりょう 【意味】 中国の唐の烏承玭と族兄の烏承恩のこと。二人が戦場ですぐれた功績をあげたことを評した言葉。 【語源・由来】 「新唐書」轅門より。「轅門」は戦場のたとえで、二台…

「え」で始まる四字熟語

厭聞飫聴【えんぶんよちょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 厭聞飫聴 【読み方】 えんぶんよちょう 【意味】 何度も聞きすぎて飽きること。「厭」と「飫」はどちらも飽きるという意味。「聞」と「聴」はどちらも聞くという意味。 【語源・由来】 曾鞏「送江任序」より。 【ス…

「え」で始まる四字熟語

猿臂之勢【えんぴのいきおい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 猿臂之勢 【読み方】 えんぴのいきおい 【意味】 進退や攻守を自在に変化させることのできる軍隊の体制のこと。または、遠い場所に陣を張ること。「猿臂」は猿のような長いひじのこと。 【語源・由来】 「旧唐書」李…

「え」で始まる四字熟語

円融三諦【えんにゅうさんだい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 円融三諦 【読み方】 えんにゅうさんだい 【意味】 仏教の言葉で、空、仮、中の三つの心理がそれぞれの立場を保ちながらも、互いに溶け合っている状態が同時に成り立っていること。「円融」はお互いに融合しているが、…