CATEGORY 「え」で始まる四字熟語

「え」で始まる四字熟語

直截簡明【ちょくせつかんめい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 直截簡明 【読み方】 ちょくせつかんめい 【意味】 くどくどしくなくきっぱりしていること。また、そのさま。文章や人の性質などを評していう。 【語源・由来】 「直截」はすぐに裁決する、きっぱりしているという意…

「え」で始まる四字熟語

偃鼠飲河【えんそいんが】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 偃鼠飲河 【読み方】 えんそいんが 【意味】 自分の器量や能力をわきまえ、相応のところで満足し、身の丈にあった暮らしをすべきだという教訓。 【語源・由来】 もぐらが河の水をどれだけ飲んでも、もぐらの小さな腹…

「え」で始まる四字熟語

遠謀深慮【えんぼうしんりょ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 遠謀深慮 【読み方】 えんぼうしんりょ 【意味】 深く考えを巡らし、のちのちの遠い先のことまで見通した周到綿密な計画を立てること。また、その計画。 【語源・由来】 「深謀」は奥深い見通しをもったはかりごと・…

「え」で始まる四字熟語

円顱方趾【えんろほうし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 円顱方趾 【読み方】 えんろほうし 【意味】 人間のこと。 【語源・由来】 「円頭」は、頭が丸いこと。「方足」は、足が四角いこと。古代中国では、人間の丸い頭は天をかたどり、四角い足は地をかたどってできたもの…

「え」で始まる四字熟語

轅門二竜【えんもんにりょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 轅門二竜 【読み方】 えんもんにりょう 【意味】 古代中国、唐の武将『烏承玭』と『烏承恩』を指す言葉。二人は戦場で活躍して功績を上げて、このように評された。 【語源・由来】 「轅門」は戦場のたとえで、二台の…

「え」で始まる四字熟語

閻浮檀金【えんぶだごん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 閻浮檀金 【読み方】 えんぶだごん 【意味】 良質の金のたとえ。 【語源・由来】 「閻浮」は仏教で須弥山のまわりにある四大陸の一つで、南にある大陸の閻浮提のこと。「檀」は川。 【典拠・出典】 『大智度論』「…

「え」で始まる四字熟語

円頓止観【えんどんしかん】の意味と使い方や例文(類義語)

【四字熟語】 円頓止観 【読み方】 えんどんしかん 【意味】 人格を完成した究極の境地をいう。仏教で、すべての物事を欠けることなくそなえ雑念がなく、ただちに悟りに至る境地のこと。すべての存在が、そのまま真実の理法にかなう…

「え」で始まる四字熟語

宛転蛾眉【えんてんがび】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 宛転蛾眉 【読み方】 えんてんがび 【意味】 顔かたちが美しいさま。美人の形容。 【語源・由来】 「宛転」は眉が美しい曲線をなすこと、「蛾眉」は蛾の触覚のように細長く曲がっている美しいまゆ。美人のまゆのたと…

「え」で始まる四字熟語

円鑿方枘【えんさくほうぜい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 円鑿方枘 【読み方】 えんさくほうぜい 【意味】 物事がうまくかみ合わないことのたとえ。「円鑿」は、丸い穴のこと。「方枘」は、四角い枘という意味。「枘」は、突起物のこと。 【語源・由来】 丸い穴に四角い棒を…

「え」で始まる四字熟語

円首方足【えんしゅほうそく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 円首方足 【読み方】 えんしゅほうそく 【意味】 人間のこと。 【語源・由来】 「円頭」は丸い頭。「方足」は四角い足。古代の中国では、人間の丸い頭は天にかたどり、方形の足は地にかたどったもので、自然に則って…

「え」で始まる四字熟語

猿猴取月【えんこうしゅげつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 猿猴取月 【読み方】 えんこうしゅげつ 【意味】 実現不可能な馬鹿げたことをして、自ら身を滅ぼしてしまう(自滅してしまう)ことの喩えである。 【語源・由来】 仏教の故事に由来する四字熟語である。一群の猿が木…

「え」で始まる四字熟語

燕頷虎頭【えんがんことう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 燕頷虎頭 【読み方】 えんがんことう 【意味】 尊い身分・貴人になる相で、遠国で封侯になる人相をいう。 【語源・由来】 「燕頷」は、燕(つばめ)のようなあごの形のことで、武芸に秀でた相とされ、「虎頭」は、虎…