CATEGORY 「最高・ずばぬけた」の四字熟語一覧

「む」で始まる四字熟語

無念千万【むねんせんばん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無念千万 【読み方】 むねんせんばん 【意味】 口惜しさが尋常ではないこと。非常に残念なこと。 【語源・由来】 「無念」は、くやしいこと。残念。「千万」は、程度がはなはだしいこと。 【典拠・出典】 - 【類…

「と」で始まる四字熟語

当代第一【とうだいだいいち】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 当代第一 【読み方】 とうだいだいいち 【意味】 今の世、またはその時代において最も優れていること。 【語源・由来】 「当代」は、今の世。現代。また、過去のある時代。「第一」は、最も優れたもの。 【典拠・出…

「と」で始まる四字熟語

当代無双【とうだいむそう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 当代無双 【読み方】 とうだいむそう 【意味】 今の世、またはその時代において、並ぶ者がないほど優れていること。 【語源・由来】 「当代」は、今の世。現代。また、過去のある時代。「無双」は、並ぶ者がない。ま…

「て」で始まる四字熟語

天下第一【てんかだいいち】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 天下第一 【読み方】 てんかだいいち 【意味】 全世界、または全国に並ぶものがないほど、優れていること。 【語源・由来】 「天下」は、全世界。また、全国。「第一」は、最高。 【典拠・出典】 - 【類義語】 …

「ち」で始まる四字熟語

忠勇無双【ちゅうゆうむそう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 忠勇無双 【読み方】 ちゅうゆうむそう 【意味】 この上なく忠義心が厚く、勇敢であるさま。また、そのような人。 【語源・由来】 「無双」は、ならぶもののないほどすぐれたさま。 【典拠・出典】 - 【類義語】…

「た」で始まる四字熟語

脱俗超凡【だつぞくちょうぼん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 脱俗超凡 【読み方】 だつぞくちょうぼん 【意味】 世俗を超越し、凡人の域を抜き出ていること。 【語源・由来】 「脱俗」は、世俗を抜け出すこと。「超凡」は、凡人の域を超え出ること。 【典拠・出典】 - 【類…

「た」で始まる四字熟語

澹然無極【たんぜんむきょく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 澹然無極 【読み方】 たんぜんむきょく 【意味】 この上なく静かで安らかなこと。 【語源・由来】 「澹然」は、静かで安らかなようす。「無極」は、きわまりないこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・無事息災…

「し」で始まる四字熟語

至大至高【しだいしこう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 至大至高 【読み方】 しだいしこう 【意味】 これ以上ないほど大きく高いこと。 【語源・由来】 「至」は、この上なく、の意味で、「大」「高」をそれぞれに強調する語。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・最上無…

「し」で始まる四字熟語

掌中之珠【しょうちゅうのたま】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 掌中之珠 【読み方】 しょうちゅうのたま 【意味】 自分のいちばん大事なたからもの。手の中に握りしめている大切な珠玉という意味。最愛の妻や子どもをさす場合が多い。 【語源・由来】 「掌中」は、手のひらの中。…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

言行枢機【げんこうすうき】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 言行枢機 【読み方】 げんこうすうき 【意味】 ことばやおこないは、人として最も重要なところであるということ。 【語源・由来】 「言行」は、ことばとおこない。発言と行動。「枢機」は、物事の極めて重要なところ…

「け」で始まる四字熟語

繋臂之寵【けいひのちょう】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 繋臂之寵 【読み方】 けいひのちょう 【意味】 君主の特別な寵愛を受けること。 【語源・由来】 古代中国、晋代の武帝は、良家の子女から官女を多く選んでいたが、容姿端麗な娘の臂には、赤い薄絹をつけて特別にかわ…

「け」で始まる四字熟語

鶏群一鶴【けいぐんのいっかく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 鶏群一鶴 【読み方】 けいぐんのいっかく 【意味】 多くの凡人の中に、一人だけきわだってすぐれた人がいることのたとえ。 【語源・由来】 「鶏群」は、鶏の群れ。「一鶴」は、一羽の鶴のこと。鶏の群れの中に一羽だ…

「き」で始まる四字熟語

驍勇無双【ぎょうゆうむそう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驍勇無双 【読み方】 ぎょうゆうむそう 【意味】 天下に並ぶものがないほど、強く勇ましいこと。 【語源由来】 「驍勇」は、強く勇ましいこと。勇猛。「驍」は、ここでは、強い。「無双」は、並ぶものがないこと。 …