CATEGORY 「ほ」で始まる四字熟語

「ほ」で始まる四字熟語

母猿断腸【ぼえんだんちょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 母猿断腸 【読み方】 ぼえんだんちょう 【意味】 激しい悲しみや苦しみ。 【語源・由来】 「世説新語」黜免より。人間に子猿を連れ去られた母猿が、子猿を助けようと追いかけたが、子猿の元にたどり着いた母猿は息絶…

「ほ」で始まる四字熟語

判官贔屓【ほうがんびいき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 判官贔屓 【読み方】 ほうがんびいき 【意味】 弱い者や負けている者、不運の者たちに同情して、応援したり手助けをしたりすること。 【語源・由来】 「判官」は官職の名前のことで、ここでは源義経のこと。「贔屓」…

「ほ」で始まる四字熟語

暮色蒼然【ぼしょくそうぜん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 暮色蒼然 【読み方】 ぼしょくそうぜん 【意味】 夕方になって、少しずつ暗くなっていく様子。「暮色」は日が沈んで薄暗い夕方の景色。「蒼然」は日が沈んで薄暗い様子。 【語源・由来】 柳宋元「始得西山宴游記」 …

「ほ」で始まる四字熟語

放蕩不羈【ほうとうふき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 放蕩不羈 【読み方】 ほうとうふき 【意味】 思うまま好き勝手に振る舞うこと。「放蕩」は好き勝手に振る舞うこと。「不羈」はなにものにも縛られないこと。 【語源・由来】 「晋書」王長文伝より。 【類義語】 ・…

「ほ」で始まる四字熟語

放蕩無頼【ほうとうぶらい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 放蕩無頼 【読み方】 ほうとうぶらい 【意味】 酒や女遊びに溺れて素行に問題があること。「放蕩」は好き勝手にすることや酒や女遊びに溺れること。「無頼」は社会的に認めれた職に就かず、素行が悪いこと。 【類義語…

「ほ」で始まる四字熟語

鵬程万里【ほうていばんり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鵬程万里 【読み方】 ほうていばんり 【意味】 非常に遠い道のりのたとえ。または、海がどこまでも広く大きいことを言い表す言葉。「鵬」は中国の想像上の鳥。「程」は道のり。「万里」の「里」は距離の単位で、「万里…

「ほ」で始まる四字熟語

方底円蓋【ほうていえんがい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 方底円蓋 【読み方】 ほうていえんがい 【意味】 物事が上手くかみ合わないことのたとえ。「方」は四角形。「円」は円形。底が四角形の容器に円形の蓋ということから。 【語源・由来】 「顔氏家訓」兄弟より。 【類…

「ほ」で始まる四字熟語

茫然自失【ぼうぜんじしつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 茫然自失 【読み方】 ぼうぜんじしつ 【意味】 予想外のことに、気が抜けて我を忘れること。「茫然」は予想外のことに、気が抜けてぼんやりすること。「自失」は放心してぼんやりすること。 【語源・由来】 「列子」…

「ほ」で始まる四字熟語

暴虎馮河【ぼうこひょうが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 暴虎馮河 【読み方】 ぼうこひょうが 【意味】 一時の熱意にまかせて、後先考えずに無謀な行いをすること。「暴虎」は虎を素手で殴ること。「馮河」は大河を歩いて渡るという意味。どちらも無謀な行動のたとえ。孔子が…