CATEGORY 「て」で始まる四字熟語

「て」で始まる四字熟語

擲身報国【てきしんほうこく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 擲身報国 【読み方】 てきしんほうこく 【意味】 一身をなげうって、 国の恩に報いること。 【語源・由来】 「擲身」は、身をなげうつこと。「報国」とは国家の恩に報いること。国に報ずること 【類義語】 ・尽忠…

「て」で始まる四字熟語

梯山航海【ていざんこうかい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 梯山航海 【読み方】 ていざんこうかい 【意味】 学問や道に志す人が、様々な所を訪れ歩き精進すること。どこまでも師を求めにいくこと。 【語源・由来】 『正法眼蔵』「渓声山色」より。「梯山」は山にはしごをかけ…

「て」で始まる四字熟語

擲果満車【てきかまんしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 擲果満車 【読み方】 てきかまんしゃ 【意味】 非常に人気があり評判がいいことのたとえ。また、非常な美少年のたとえ。 【語源・由来】 『晋書』「藩岳伝」より。「擲」は投げつける、投げ捨てるという意味。晋の藩…

「て」で始まる四字熟語

羝羊触藩【ていようしょくはん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 羝羊触藩 【読み方】 ていようしょくはん 【意味】 勇気だけで勢いよく突き進む人は、どうすることもできない状況に陥るということのたとえ。または、どうにもできない状況のたとえ。「羝羊藩に触る」とも読む。 【語…

「て」で始まる四字熟語

天佑神助【てんゆうしんじょ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 天佑神助 【読み方】 てんゆうしんじょ 【意味】 天や神の助けのこと。または、予測していないような出来事に運良く助けられること。「天佑」は天の助けのこと。「神助」は神の助けのこと。どちらも、人の力の及ばない…

「て」で始まる四字熟語

鉄心石腸【てっしんせきちょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鉄心石腸 【読み方】 てっしんせきちょう 【意味】 鉄や石のように固く強い心と意志のこと。「鉄心」は鉄のように固い心臓、「石腸」は石のように固い腸。「心」と「腸」は内臓の心臓と腸のことから、心や意志のたとえ…

「て」で始まる四字熟語

敵本主義【てきほんしゅぎ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 敵本主義 【読み方】 てきほんしゅぎ 【意味】 本当の目的を隠し、別の目的があるようにみせて、本当の目的を果たそうとするやり方。 【語源・由来】 「敵本」は「敵は本能寺にあり」の意味。天正10年(1582)…

「て」で始まる四字熟語

適者生存【てきしゃせいぞん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 適者生存 【読み方】 てきしゃせいぞん 【意味】 環境に適応できた生物のみが生き残り、適応できない生物は淘汰されて絶滅すること。 【語源・由来】 イギリスのハーバード・スペンサーによる生物進化論の用語。 【…

「て」で始まる四字熟語

手前勝手【てまえがって】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 手前勝手 【読み方】 てまえがって 【意味】 自分の都合の良いように考えたり、行動したりすること。 また、そのさま。 【語源・由来】 「手前」とは、自分のことをいう言葉。 「勝手」とは、自分の都合のよいよう…

「て」で始まる四字熟語

手前味噌【てまえみそ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 手前味噌 【読み方】 てまえみそ 【意味】 自分で自分の作ったものをほめること。自慢。 【語源・由来】 もともとは、味噌を自家製で作ることが多く、味噌の出来栄えをお互いに自慢し合ったことからできた言葉。 【…

「て」で始まる四字熟語

手練手管【てれんてくだ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 手練手管 【読み方】 てれんてくだ 【意味】 思うままに人をあやつってだます方法や技術のこと。 あの手この手と、巧みに人をだます方法や手段のこと。 【語源・由来】 「手練」「手管」とは、ともに人をだます手段…

「て」で始まる四字熟語

天涯孤独【てんがいこどく】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天涯孤独 【読み方】 てんがいこどく 【意味】 身寄りがひとりもなくて、ひとりぼっちのこと。 まら、故郷を遠く離れて、ひとりぼっちで暮らすこと。 【語源・由来】 「天涯(てんがい)」とは、空の果てということ…

「て」で始まる四字熟語

天下一品【てんかいっぴん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天下一品 【読み方】 てんかいっぴん 【意味】 この世で比べるものがないほどの、すぐれた品のこと。 また、そのさま。 【語源・由来】 「天下(てんか)」とは、全国、全世界という意味。 「一品(いっぴん)」と…

「て」で始まる四字熟語

天下泰平【てんかたいへい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・語源由来)

【四字熟語】 天下泰平 【読み方】 てんかたいへい 【意味】 世の中がよく治まり、穏やかな様子。 また、何の心配もなくてのんびりしている様子。 【語源・由来】 「天下(てんか)」とは、全国のこと。 「泰平(たいへい)」と…

「て」で始まる四字熟語

天下万民【てんかばんみん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天下万民 【読み方】 てんかばんみん 【意味】 あらゆる人民のこと。 【語源・由来】 「天下(てんか)」とは、全国のこと。 「万民(ばんみん)」とは、あらゆる人民のこと。 【類義語】 ・蒼生万民(そうせいば…

「て」で始まる四字熟語

天下無双【てんかむそう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天下無双 【読み方】 てんかむそう 【意味】 天下に並ぶものがいないほど、すぐれていること。 また、天下に並ぶものがいないほど、すぐれた人のこと。 【語源・由来】 「天下(てんか)」とは、全国のこと。 「無…

「て」で始まる四字熟語

天空海闊【てんくうかいかつ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天空海闊 【読み方】 てんくうかいかつ 【意味】 心が広々としていて度量が大きく、なんのわだかまりもないこと。 また、言葉や発想などが限りなく広がることのたとえ。 【語源・由来】 海や空がきわまりなく広がっ…

「て」で始まる四字熟語

天災地変【てんさいちへん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 天災地変 【読み方】 てんさいちへん 【意味】 自然界に起こる、さまざまな災いのこと。 【語源・由来】 「天災(てんさい)」とは、自然がもたらす災害のこと。 「地変(ちへん)」とは、地上に現れる異変のこと。…

「て」で始まる四字熟語

天真爛漫【てんしんらんまん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天真爛漫 【読み方】 てんしんらんまん 【意味】 飾ることなく自然のままの姿があふれ出ている様子のこと。 明るく純真で無邪気なこと。 【語源・由来】 「天真(てんしん)」とは、生まれつきの素直で純粋な性格の…

「て」で始まる四字熟語

天地無用【てんちむよう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天地無用 【読み方】 てんちむよう 【意味】 破損するおそれがあるため、荷物の上下を逆さまに扱ってはいけないということ。 【語源・由来】 荷物の包装の外側に記載して、取り扱いに注意を促す言葉。 「天地(てん…

「て」で始まる四字熟語

天長地久【てんちょうちきゅう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天長地久 【読み方】 てんちょうちきゅう 【意味】 天地の存在が永久であるように、物事がいつまでも続くことのたとえ。 【語源・由来】 「天」と「地」がともに「長」であり、「久」であるという互文。(双方が補い…

「て」で始まる四字熟語

点滴穿石【てんてきせんせき】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 点滴穿石 【読み方】 てんてきせんせき 【意味】 わずかな力の積み重ねによって、非常に大きな事業を達成できること。 【語源・由来】 一滴一滴がわずかな量の水滴でも、長い年月の間には固い石に穴を開けることがで…

「て」で始まる四字熟語

輾転反側【てんてんはんそく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 輾転反側 【読み方】 てんてんはんそく 【意味】 何度も寝返りをうつこと。 【語源・由来】 心配事や悩み事を抱えていたり、恋する人を思ったりして、なかなか眠れない様子を表わす語。 「輾転」「反側」は、どちら…

「て」で始まる四字熟語

天然自然【てんねんしぜん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天然自然 【読み方】 てんねんしぜん 【意味】 人が手を加えないで、物事がそのまま存在することを表す語。 【語源・由来】 天が作ったそのままの状態のこと。 ひとりでに物事が起こること。 「天然」も「自然」も…

「て」で始まる四字熟語

田夫野人【でんぷやじん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 田夫野人 【読み方】 でんぷやじん 【意味】 教養がなくて、礼儀を知らない粗野な人のこと。 【語源・由来】 「田夫(でんぷ)」とは、農夫のこと。 「野人(やじん)」とは、庶民や田舎者ということ。 【類義語】…

「て」で始まる四字熟語

天歩艱難【てんぽかんなん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天歩艱難 【読み方】 てんぽかんなん 【意味】 天の運行に支障が生じること。 転じて、時運に恵まれずに非常に苦労すること。 【語源・由来】 「天歩(てんぽ)」とは、天体の運行のこと。また、天命や時運のこと。…

「て」で始まる四字熟語

天網恢恢【てんもうかいかい】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 天網恢恢 【読み方】 てんもうかいかい 【意味】 天が張り巡らしている網は広く、目が粗いようだが、悪人や悪事は決して取り逃さないということ。 【語源・由来】 天道は厳正であり、悪は早晩罰を受けるということで…

「て」で始まる四字熟語

天罰覿面【てんばつてきめん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 天罰覿面 【読み方】 てんばつてきめん 【意味】 悪事を働くと、その報いとしてすぐさま天が罰を下すこと。 【語源・由来】 「天罰」は、天の下す罰。悪事の報いとして自ずから受ける罰。 「覿面」は、ある物事の結…

「て」で始まる四字熟語

天衣無縫【てんいむほう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 天衣無縫 【読み方】 てんいむほう 【意味】 詩や文章などに、技巧のあとが見えず自然であって、しかも完全無欠で美しいこと。 また、人柄が無邪気で、何の飾りもないこと。 【語源・由来】 天人の衣には縫い目のあ…

「て」で始まる四字熟語

徹頭徹尾【てっとうてつび】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 徹頭徹尾 【読み方】 てっとうてつび 【意味】 最初から最後まで。あくまでも。終始。 【語源・由来】 - 【類義語】 一伍一什/一五一十(いちごいちじゅう) 一部始終(いちぶしじゅう) 首尾一貫(しゅびいっ…

「て」で始まる四字熟語

天変地異【てんぺんちい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 天変地異 【読み方】 てんぺんちい 【意味】 自然界に起こる異変、台風・地震・洪水など。変わった出来事のこと。 【由来】 「天変」は天空に起こる変動のこと。 異常気象や災害で日食・隕石・彗星・暴風・大雨など…

「て」で始まる四字熟語

適材適所【てきざいてきしょ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 適材適所 【読み方】 てきざいてきしょ 【意味】 能力に適した地位や任務につけること。 【由来】 「適材」は、ふさわしい才能のある人材のこと。「適所」はふさわしい地位や業務。 【類義語】 ・適才適処(てきざ…

「て」で始まる四字熟語

電光石火【でんこうせっか】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 電光石火 【読み方】 でんこうせっか 【意味】 非常に短い時間や行動が敏速に行われるたとえ。 動作やふるまいが非常にすばやいこと。 【由来】 五灯会元(ごとうえげん:中国南宋代に成立した禅宗の歴史書)より …