CATEGORY 「成功・出世」の四字熟語一覧

「み」で始まる四字熟語

水滴穿石【みずしたたりていしをうがつ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 水滴穿石 【読み方】 みずしたたりていしをうがつ 【意味】 したたり落ちる水のしずくが固い石に穴をあける。小さな力でも根気よく続ければ、大きなことを成し遂げることのたとえ。 【語源・由来】 「水滴」は、した…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

八方画策【はっぽうかくさく】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 八方画策 【読み方】 はっぽうかくさく 【意味】 あらゆる方面に働きかけて、計画の実現させること. 【語源・由来】 「八方」は、あらゆる方面。多方面。「画策」は、計画を立てること。実現をめざして、いろいろと…

「に」で始まる四字熟語

如意宝珠【にょいほうじゅ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 如意宝珠 【読み方】 にょいほうじゅ 【意味】 一切の願望が自らの意に添ってかなえられるという、不思議な玉のこと。 【語源・由来】 「如意」は、思い通りになる。如意輪観音が手に持ち、民衆の願いを成就させてく…

「な」で始まる四字熟語

南華之悔【なんかのくい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 南華之悔 【読み方】 なんかのくい 【意味】 余計な発言のせいで、上司を怒らせ、才能があるにもかかわらず出世できないこと。 【語源・由来】 唐の温庭インは宰相の質問に答えたが、宰相の怒りに触れることになり、…

「な」で始まる四字熟語

南柯之夢【なんかのゆめ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 南柯之夢 【読み方】 なんかのゆめ 【意味】 世の中の栄枯盛衰がはかないことのたとえ。 【語源・由来】 中国唐の時代、淳于棼という人が酔って自宅にある槐の木の下で居眠りをし、次のような夢を見た。二人の使者に…

「せ」で始まる四字熟語

盛衰栄枯【せいすいえいこ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 盛衰栄枯 【読み方】 せいすいえいこ 【意味】 栄えることと衰えること。栄えたり衰えたりを繰り返す人の世のはかなさをいう 【語源・由来】 「栄枯」は草木が茂り盛んなことと枯れしぼむこと。転じて、人や家門など…

「し」で始まる四字熟語

支葉碩茂【しようせきも】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 支葉碩茂 【読み方】 しようせきも 【意味】 支族まで繁栄する。本家はもとより分家まで栄えること。 【語源・由来】 「支葉」は枝葉。幹の対語。「碩」は大きいという意味。 【典拠・出典】 『漢書』「叙伝」 支…

「し」で始まる四字熟語

消長盛衰【しょうちょうせいすい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 消長盛衰 【読み方】 しょうちょうせいすい 【意味】 栄えることと、衰えること。 【語源・由来】 「消長」は、消えることと生ずること。「盛衰」は、栄えることと衰えること。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・…

「し」で始まる四字熟語

消長遷移【しょうちょうせんい】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 消長遷移 【読み方】 しょうちょうせんい 【意味】 衰退と繁栄、情勢がうつりかわること。 【語源・由来】 「消長」は、衰えることと盛んになること。「遷移」は、うつりかわること。 【典拠・出典】 - 消長遷移…

「さ」で始まる四字熟語

山溜穿石 【さんりゅうせんせき】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 山溜穿石 【読み方】 さんりゅうせんせき 【意味】 小さな水滴でも、長く落ち続ければ石に穴を開けることができるということ。転じてわずかな力でも積み重なれば、大きな仕事が成し遂げられるということ。 【典拠・出…

「こ」で始まる四字熟語

光芒万丈【こうぼうばんじょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 光芒万丈 【読み方】 こうぼうばんじょう 【意味】 聖人君主の出現、偉大な功績のたとえ。 【語源・由来】 「光芒」は、光のほさき。すじのように見える光。「万丈」は非常に高いこと。 【典拠・出典】 - 【類義…

「こ」で始まる四字熟語

鴻漸之翼【こうぜんのつばさ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 鴻漸之翼 【読み方】 こうぜんのつばさ 【意味】 異例の出世をする優秀な人材、また、大きな事業が成功する人物のこと。 【語源・由来】 ひとたび飛翔すれば千里をすすむといわれる鴻の翼から転じた語。 【典拠・出…

「け」で始まる四字熟語

権貴栄達【けんきえいだつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 権貴栄達 【読み方】 けんきえいだつ 【意味】 栄えて権力を手にして、高い地位に進むこと。 【語源・由来】 「権貴」は、権勢があって高い地位にあること。また、その人。「栄達」は、栄えて高い地位に進むこと。 …

「ろ」で始まる四字熟語

盧生之夢【ろせいのゆめ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 盧生之夢 【読み方】 ろせいのゆめ 【意味】 人の世の栄華のはかないことのたとえ。 【語源・由来】 唐の盧生という立身出世を望んでいた若者が邯鄲の町で道士の呂翁から枕を借りて寝たところ、栄華に満ちた一生の夢…

「り」で始まる四字熟語

両鳳連飛【りょうほうれんぴ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 両鳳連飛 【読み方】 りょうほうれんぴ 【意味】 二羽の鳳凰が並び飛ぶ。兄弟がそろって栄達することのたとえ。 【語源・由来】 「鳳」はおおとり。聖天子の世にあらわれるという想像上の鳥で、めでたい鳥とされる。…

「り」で始まる四字熟語

凌霄之志【りょうしょうのこころざし】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 凌霄之志 【読み方】 りょうしょうのこころざし 【意味】 俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。 【典拠・出典】 『漢書』「揚雄伝」 【類義語】 ・凌…

「り」で始まる四字熟語

凌雲之志【りょううんのこころざし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語 )

【四字熟語】 凌雲之志 【読み方】 りょううんのこころざし 【意味】 俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。 【語源・由来】 「凌雲」は雲を高くしのいで上る意。転じ…