CATEGORY 「と」で始まる四字熟語

「と」で始まる四字熟語

桃源洞裡【とうげんどうり】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 桃源洞裡 【読み方】 とうげんどうり 【意味】 桃源郷のある洞窟の内側。俗世や時代の流れから隔絶して、小さく理想的な共同体の中でのんびりと生きている世界のたとえ。 【語源・由来】 「桃源」は、東晋の陶淵明が…

「と」で始まる四字熟語

道心堅固【どうしんけんご】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 道心堅固 【読み方】 どうしんけんご 【意味】 仏教のことばで、悟りを求め、道心が強くてしっかりしていること。 【語源・由来】 「道心」は、他人を悟らせる心。 【典拠・出典】 『十住毘婆沙論』「一三」 【類…

「と」で始まる四字熟語

当代第一【とうだいだいいち】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 当代第一 【読み方】 とうだいだいいち 【意味】 今の世、またはその時代において最も優れていること。 【語源・由来】 「当代」は、今の世。現代。また、過去のある時代。「第一」は、最も優れたもの。 【典拠・出…

「と」で始まる四字熟語

当代無双【とうだいむそう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 当代無双 【読み方】 とうだいむそう 【意味】 今の世、またはその時代において、並ぶ者がないほど優れていること。 【語源・由来】 「当代」は、今の世。現代。また、過去のある時代。「無双」は、並ぶ者がない。ま…

「と」で始まる四字熟語

独立独行【どくりつどっこう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 独立独行 【読み方】 どくりつどっこう 【意味】 他人にたよらず、自力で自分の信じるところを行うこと。 【語源・由来】 「独立」は、他の力を借りないこと。「独行」は、他人に頼らず自分の力だけで行うこと。また…

「と」で始まる四字熟語

塗炭之苦【とたんのくるしみ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 塗炭之苦 【読み方】 とたんのくるしみ 【意味】 耐えがたい苦痛。またきわめて厳しく、苦しい境遇にあるたとえ。 【語源・由来】 「塗炭」は、泥にまみれることと、炭火で焼かれること。 【典拠・出典】 『書経』…

「と」で始まる四字熟語

東走西馳【とうそうせいち】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 東走西馳 【読み方】 とうそうせいち 【意味】 東に西に、あちこち忙しく走り回ること。 【語源・由来】 東西走馳」の「西」と「走」を入れ替えた表現。「東西」は、東と西。あちこち。「走馳」は、走り回ること。 …

「と」で始まる四字熟語

左見右見【とみこうみ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 左見右見 【読み方】 とみこうみ 【意味】 あっちを見たりこっちを見たりすること。また、あちらこちらに気を配ること。 【語源・由来】 左を見たり、右を見たりという意味。「と」「こう(「かく」の転)」はともに…

「こだわらない」の四字熟語一覧

敦篤虛靜【とんとくきょせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 敦篤虛靜 【読み方】 とんとくきょせい 【意味】 人情に厚くて心にわだかまりがなく、静かに落ち着いていること。 【語源・由来】 「敦篤」は人情が厚いこと。「虚静」は心がすなおで静かという意味。 【典拠・出典…

「と」で始まる四字熟語

呑刀刮腸【どんとうかっちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 呑刀刮腸 【読み方】 どんとうかっちょう 【意味】 心を入れ替えて善になることのたとえ。 【語源・由来】 「刮腸」は小刀で内臓を抉り取るということ。刀を吞んで、腸をけずり汚れを除き去るという意味。「刮」はけ…

「と」で始まる四字熟語

豚蹄穣田【とんていじょうでん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 豚蹄穣田 【読み方】 とんていじょうでん 【意味】 わずかなものから大きな利益を得ようとすること。 【語源・由来】 「豚蹄」は豚のひづめ。「穣田」は田んぼの豊作を祈るという意味。豚のひづめを供えて、豊作を神…

「と」で始まる四字熟語

呑炭漆身【どんたんしっしん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 呑炭漆身 【読み方】 どんたんしっしん 【意味】 復讐のために、仇を討ったり、どんな苦しみや苦労もいとわないこと。 【語源・由来】 「呑炭」は、炭を呑むこと。「漆身」は、身体に漆を塗りつけること。 【典拠・…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

頓首再拝【とんしゅさいはい】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 頓首再拝 【読み方】 とんしゅさいはい 【意味】 頭を下げてうやうやしく礼をすること。 【語源・由来】 「頓首」は頭を地面に打ちつけるおじぎ。「再拝」は再び拝むという意味。手紙の最後に書いて、相手への敬意を…

「と」で始まる四字熟語

敦煌五竜【とんこうごりょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 敦煌五竜 【読み方】 とんこうごりょう 【意味】 晋代に敦煌の人で太学(朝廷の大学)で名声のあった五人の称。索靖、索紒、索永、氾衷、張甝。 【語源・由来】 「敦煌」は甘粛省北西部の地で、西域との交通の要衝。…

「と」で始まる四字熟語

呑花臥酒【どんかがしゅ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 呑花臥酒 【読み方】 どんかがしゅ 【意味】 春の行楽をつくすことをいう。 【語源・由来】 「呑花」は花をめでて酒を酌むという意味。「臥酒」は酒を飲んで気持ちよくなり横になること。 【典拠・出典】 『雲仙雑…

「と」で始まる四字熟語

屠竜之技【とりょうのぎ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 屠竜之技 【読み方】 とりょうのぎ 【意味】 学んでも実際には役立たない技術。 【語源・由来】 竜を殺す技を練習しても、現実には竜はいないのでその技は役立たないこと。 【典拠・出典】 『荘子』「列禦寇」 屠…

「と」で始まる四字熟語

斗量帚掃【とりょうそうそう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 斗量帚掃 【読み方】 とりょうそうそう 【意味】 自分のことを謙遜していう語。また、人や者があり余るほどあること。 【語源・由来】 「斗量」はますで量る。「帚掃」はほうきで掃くこと。ますで量り、ほうきで掃き…