CATEGORY 「た」で始まる四字熟語

「た」で始まる四字熟語

嘆息嗟嘆【たんそくさたん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 嘆息嗟嘆 【読み方】 たんそくさたん 【意味】 ため息をついてひどく嘆くこと。 【語源・由来】 「嘆息」は、なげいてため息をつくこと。「嗟嘆」は、声を長く引いて嘆くこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・…

「た」で始まる四字熟語

単樸浅近【たんぼくせんきん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 単樸浅近 【読み方】 たんぼくせんきん 【意味】 単純で素朴すぎて、あさはかで俗っぽいこと。 【語源・由来】 「単樸」は、単純で素朴なこと。「浅近」は、浅薄で卑近なこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

大悪無道【たいあくむどう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 大悪無道 【読み方】 たいあくむどう 【意味】 道徳にそむく、きわめてひどい悪い行い。 【語源・由来】 「大悪」は、きわめて悪いこと。「無道」は、道徳にそむくこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・悪逆非…

「た」で始まる四字熟語

大喝一番【だいかついちばん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 大喝一番 【読み方】 だいかついちばん 【意味】 最初に大きな声で怒鳴りつけて。 【語源・由来】 「大喝」は、大声で怒鳴りつけること。「一番」は、真っ先に。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・大喝一声(だい…

「た」で始まる四字熟語

大官貴顕【たいかんきけん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 大官貴顕 【読み方】 たいかんきけん 【意味】 地位や身分が高く、世に知られている人。 【語源・由来】 「大官」は、地位の高い官僚。「貴顕」は、身分が高く、世に知られていること。また、その人。 【典拠・出典…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

大逆非道【たいぎゃくひどう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 大逆非道 【読み方】 たいぎゃくひどう 【意味】 たいへん人道にそむき、道理を無視した行為。 【語源・由来】 「大逆」は、人道に非常に反した罪悪。主君や父の殺害。墓地の破壊などをいう。「非道」「無道」は、道…

「た」で始まる四字熟語

泰山府君【たいざんふくん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 泰山府君 【読み方】 たいざんふくん 【意味】 中国の泰山に住むという神。道教では人の生死をつかさどる神で、日本では素戔嗚尊 (すさのおのみこと) に配され、また仏家では、閻魔王 (えんまおう) の侍者とし…

「た」で始まる四字熟語

大胆奔放【だいたんほんぽう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 大胆奔放 【読み方】 だいたんほんぽう 【意味】 度胸があり、周囲にとらわれずに思い通りにふるまうこと。 【語源・由来】 「大胆」は、度胸があること。「奔放」は、勢いがよいこと。転じて、周囲にとらわれず、思…

「た」で始まる四字熟語

大政復古【たいせいふっこ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 大政復古 【読み方】 たいせいふっこ 【意味】 昔のように、天皇が行う政治体制にかえすこと。 【語源・由来】 「大政」は天下の政治。特に天皇が行う政治をいう。「復古」は、過去の思想や伝統などに根拠を求め、昔…

「た」で始まる四字熟語

大兵肥満【だいひょうひまん】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 大兵肥満 【読み方】 だいひょうひまん 【意味】 大きなからだで太っていること。また、そのような人。 【語源・由来】 「大兵」は大きくたくましいからだ。また、その人。「肥満」はからだが肥え太っていること。 …

「た」で始まる四字熟語

太平無事【たいへいぶじ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 太平無事 【読み方】 たいへいぶじ 【意味】 世の中が平和で、変わった事件などがないこと。 【語源・由来】 「太平」は、世の中がよく治まること。「無事」は、変わった事件などがないこと。 【典拠・出典】 - …

「た」で始まる四字熟語

多岐多端【たきたたん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 多岐多端 【読み方】 たきたたん 【意味】 多方面にわたって、仕事が多くて忙しいこと。 【語源・由来】 「多岐」は枝道が多いこと。転じて多方面。「多端」は、仕事が多いこと。「端」は、糸口。「岐」「端」それぞ…

「た」で始まる四字熟語

多感多愁【たかんたしゅう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 多感多愁 【読み方】 たかんたしゅう 【意味】 物事に感じやすく、憂いが多いこと。 【語源・由来】 「多感」は、物事に感じやすいこと。「多愁」は、憂いが多いこと。「感」「愁」それぞれに「多」を添えて意味を強…

「た」で始まる四字熟語

多岐多様【たきたよう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 多岐多様 【読み方】 たきたよう 【意味】 多方面にわたって、さまざまな趣があること。 【語源・由来】 「多岐」は枝道が多いこと。「多様」は、種々のおもむき、ありさまであること。「岐」「様」それぞれに「多」…

「た」で始まる四字熟語

拓落失路【たくらくしつろ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 拓落失路 【読み方】 たくらくしつろ 【意味】 落ちぶれて失意の底にあること。また、しりぞけられて出世の道を失うこと。 【語源・由来】 「拓落」は役人などが落ちぶれるさま、不遇なさま。「失路」は出世の道を失…

「いろいろな動作」の四字熟語一覧

蛇行匍匐【だこうほふく】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 蛇行匍匐 【読み方】 だこうほふく 【意味】 蛇のように身体を曲げて、腹ばいになって進むこと。 【語源・由来】 「蛇行」は、蛇のように曲がりくねること。転じて、身体を曲げて進むこと。「匍匐」は、腹ばいになる…