CATEGORY 「才能がある」の四字熟語一覧

「か」で始まる四字熟語

懐才不遇【かいさいふぐう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 懐才不遇 【読み方】 かいさいふぐう 【意味】 才能がありながら、世に認められないこと。運がわるく、地位や境遇に恵まれないこと。 【語源由来】 「不遇」は、時に遇わないこと。運がわるく才能にふさわしい地位や…

「ゆ」で始まる四字熟語

有為多望【ゆういたぼう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 有為多望 【読み方】 ゆういたぼう 【意味】 才能があり、将来の可能性にさまざまな希望が持てること。 【語源・由来】 「有為」は、才能があること。役に立つこと。「多望」は、多くの希望が持てること。 【典拠・…

「ゆ」で始まる四字熟語

有脚書厨【ゆうきゃくしょちゅう】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 有脚書厨 【読み方】 ゆうきゃくしょちゅう 【意味】 脚のある本棚という意味から、博学多識の人。 【語源・由来】 「書厨」は、書物を入れるはこ。本棚。 【典拠・出典】 - 有脚書厨(ゆうきゃくしょちゅう)の…

「ふ」で始まる四字熟語

文武兼備【ぶんぶけんび】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 文武兼備 【読み方】 ぶんぶけんび 【意味】 学問と武術の両方の能力を兼ね備えていること。 【語源・由来】 「文武」は、学問と武術。「兼備」は、兼ね備えていること。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・好学尚…

「は」で始まる四字熟語

博学広才【はくがくこうさい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 博学広才 【読み方】 はくがくこうさい 【意味】 広く学問や知識に通じていて、才知のすぐれていること。 【語源・由来】 「博学」は、広く学問に通じていて、多くのことを知っていること。「広才」は、大きく優れた…

「は」で始まる四字熟語

博学能文【はくがくのうぶん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 博学能文 【読み方】 はくがくのうぶん 【意味】 知識が豊富で、文章を作るのがうまいこと。 【語源・由来】 「博学」は、広く学問に通じていて、多くのことを知っていること。「能文」は、文章を書く才能が有ること…

「は」で始まる四字熟語

博学才穎【はくがくさいえい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 博学才穎 【読み方】 はくがくさいえい 【意味】 広く学問に通じていて、才知が非常に優れていること。 【語源・由来】 「博学」は、広く学問に通じていて、多くのことを知っていること。「才穎」は、才知が非常に優…

「な」で始まる四字熟語

南華之悔【なんかのくい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 南華之悔 【読み方】 なんかのくい 【意味】 余計な発言のせいで、上司を怒らせ、才能があるにもかかわらず出世できないこと。 【語源・由来】 唐の温庭インは宰相の質問に答えたが、宰相の怒りに触れることになり、…

「ち」で始まる四字熟語

知恵才覚【ちえさいかく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 知恵才覚 【読み方】 ちえさいかく 【意味】 物事の道理がよく分かり、機転が利くこと。 【語源・由来】 「知恵」は、物事の道理が分かり、適切に処理する心の働き。「才覚」は、才知があって、機転が利くこと。 【…

「ち」で始まる四字熟語

知勇弁力【ちゆうべんりょく】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 知勇弁力 【読み方】 ちゆうべんりょく 【意味】 知恵と勇気をもって、適正に物事を判断し、処理する力。 【語源・由来】 「知勇」は、知恵と勇気。「弁力」は、物事をわきまえ、適正に処理する能力。 【典拠・出典…

「そ」で始まる四字熟語

叢蘭秋風【そうらんしゅうふう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 叢蘭秋風 【読み方】 そうらんしゅうふう 【意味】 芳香を放つ蘭の群生が繁茂しようとするが、冷たい秋風が枯らしてしまう。小人のさまたげによって、りっぱな人が力を発揮できないことのたとえ。 【語源・由来】 蘭…

「せ」で始まる四字熟語

聖人賢者【せいじんけんじゃ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 聖人賢者 【読み方】 せいじんけんじゃ 【意味】 知恵があり徳のすぐれた、理想的な人物。 【語源・由来】 「聖人」は、知恵も徳もすぐれた人。世間の模範と仰がれる人物。「賢者」は、聖人に次ぐすぐれた人。賢い人…

「こ」で始まる四字熟語

光芒万丈【こうぼうばんじょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 光芒万丈 【読み方】 こうぼうばんじょう 【意味】 聖人君主の出現、偉大な功績のたとえ。 【語源・由来】 「光芒」は、光のほさき。すじのように見える光。「万丈」は非常に高いこと。 【典拠・出典】 - 【類義…

「き」で始まる四字熟語

機知奇策【きちきさく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 機知奇策 【読み方】 きちきさく 【意味】 その場に応じて働く才知による奇抜なはかりごと。 【語源由来】 「機知」は、その場に応じて素早く働く才知。「奇策」は、人が驚くような奇抜なはかりごと。 【典拠・出典…

「き」で始まる四字熟語

機知頓才【きちとんさい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 機知頓才 【読み方】 きちとんさい 【意味】 その場その場に応じて才知や知恵がよく働くこと。機転がきくこと。 【語源由来】 「機知」は、その場に応じて素早く働く才知、「頓才」は、その場に応じてうまく働く知恵…