CATEGORY 「ふ」で始まる四字熟語

「ふ」で始まる四字熟語

文明開化【ぶんめいかいか】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 文明開化 【読み方】 ぶんめいかいか 【意味】 科学力や技術力が上がることにより文化が進歩し、生活の水準が上がること。「文明」は人の創った文化。「開化」は新たな知識や文化を取り入れて進歩すること。特に日本の…

「ふ」で始まる四字熟語

不立文字【ふりゅうもんじ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 不立文字 【読み方】 ふりゅうもんじ 【意味】 経典に書かれている教義や教条だけではなく、体験によって伝えることが最も大切であるということ。禅宗の言葉で、悟りの境地は文字や言葉では表現できないという意味から…

「ふ」で始まる四字熟語

不偏不党【ふへんふとう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不偏不党 【読み方】 ふへんふとう 【意味】 主義や思想にこだわることなく、また特定の党に所属することなく、公平で中立の立場をとること。「不偏」はかたよらないこと。「不党」は特定の主義や主張を持つ党派に所属…

「ふ」で始まる四字熟語

舞文曲筆【ぶぶんきょくひつ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 舞文曲筆 【読み方】 ぶぶんきょくひつ 【意味】 必要以上に言葉を飾りつけるために、事実を曲げて文章を書くこと。「舞文」は文章を飾るために、好き勝手に文章をいじること。「曲筆」は事実を捻じ曲げて文章を書くこ…

「ふ」で始まる四字熟語

不撓不屈【ふとうふくつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不撓不屈 【読み方】 ふとうふくつ 【意味】 苦労や困難があっても決して諦めることがないこと。「不撓」は心が折れないこと。「撓」は固いものが強い力で曲がるという意味。「不屈」は屈しないこと。決して諦めないと…

「ふ」で始まる四字熟語

物情騒然【ぶつじょうそうぜん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 物情騒然 【読み方】 ぶつじょうそうぜん 【意味】 世の中が騒々しく、人の心が落ち着かないこと。「物情」は世の中の人の心情。「騒然」は騒がしくて落ち着きのない様子。 【類義語】 ・物議騒然(ぶつぎそうぜん)…