CATEGORY 「ふ」で始まる四字熟語

「ふ」で始まる四字熟語

分憂之寄【ぶんゆうのき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 分憂之寄 【読み方】 ぶんゆうのき 【意味】 国司(諸国におかれた地方官)のこと。 【語源・由来】 『本朝文粋』「六」より。「分憂」は憂えを分かつ、共に憂えること。「寄」はつとめ・任務のこと。民衆と憂えを分…

「ふ」で始まる四字熟語

分崩離析【ぶんぽうりせき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 分崩離析 【読み方】 ぶんぽうりせき 【意味】 組織がちりぢりばらばらにくずれること。 【語源・由来】 『論語』「季氏」より。「分崩」はばらばらにくずれること。「離析」ははなれ別れる、ばらばらになる、分裂す…

「ふ」で始まる四字熟語

蚊虻之労【ぶんぼうのろう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 蚊虻之労 【読み方】 ぶんぼうのろう 【意味】 取るに足りない技能のこと。 【語源・由来】 『荘子』「天下」より。「蚊虻」は虫の蚊と虻のことで、つまらないことのたとえ。「労」は労力のこと。蚊や虻の労力という…

「ふ」で始まる四字熟語

蚊虻走牛【ぶんぼうそうぎゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 蚊虻走牛 【読み方】 ぶんぼうそうぎゅう 【意味】 小さなものが強大なものを制すること。また、ささいなことが原因となって大事件や災難を引きおこすこと。 【語源・由来】 『説苑』「談叢」より。「蚊虻」は蚊と虻…

「ふ」で始まる四字熟語

聞風喪胆【ぶんぷうそうたん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 聞風喪胆 【読み方】 ぶんぷうそうたん 【意味】 うわさを聞いてびっくりする。 【語源・由来】 「聞風」はうわさを耳にすることで、風聞と同じ意味。「喪胆」は胆をつぶす。びっくりすること。どこからともなく聞こ…

「ふ」で始まる四字熟語

粉白黛墨【ふんぱくたいぼく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 粉白黛墨 【読み方】 ふんぱくたいぼく 【意味】 美人のこと。 【語源・由来】 『戦国策』「楚策」に「粉白墨黒」とあるのにもとづく。「粉白」はおしろい、「黛墨」は眉ずみのこと。おしろいをつけて顔を白くし、眉…

「ふ」で始まる四字熟語

文人墨客【ぶんじんぼっかく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 文人墨客 【読み方】 ぶんじんぼっかく 【意味】 詩文や書画などの優雅なものに携わること。 【語源・由来】 「文人」は詩や文章を書く人。「墨客」は書画にすぐれた人、書家や画家のこと。 【類義語】 ・騒人墨客…

「ふ」で始まる四字熟語

焚書坑儒【ふんしょこうじゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 焚書坑儒 【読み方】 ふんしょこうじゅ 【意味】 思想・学問・言論を弾圧すること。 【語源・由来】 『史記』「秦始皇紀」より。「焚書」は書物を焼き捨てること。「坑」は穴埋めにすること。「儒」は儒者のこと。 …

「ふ」で始まる四字熟語

粉飾決算【ふんしょくけっさん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 粉飾決算 【読み方】 ふんしょくけっさん 【意味】 会社が経営内容を実際よりもよく見せるために、損益計算などの数字を過大もしくは過少表示して決算すること。 【語源・由来】 「粉飾」は、よく見せようとして、う…

「ふ」で始まる四字熟語

文章絶唱【ぶんしょうのぜっしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 文章絶唱 【読み方】 ぶんしょうのぜっしょう 【意味】 きわめてすぐれた文章のこと。 【語源・由来】 『鶴林玉露』「伯夷伝赤壁賦」「絶唱」はこれ以上ないほどにすぐれた文章や詩歌のこと。 文章絶唱(ぶんしょう…

「ふ」で始まる四字熟語

粉粧玉琢【ふんしょうぎょくたく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 粉粧玉琢 【読み方】 ふんしょうぎょくたく 【意味】 女性の器量がよいたとえ。 【語源・由来】 『紅楼夢』「一回」より。「玉琢」は宝を磨くこと。女性が化粧をして玉を磨いたように美しいこと。 粉粧玉琢(ふんし…

「ふ」で始まる四字熟語

文従字順【ぶんじゅうじじゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 文従字順 【読み方】 ぶんじゅうじじゅん 【意味】 文章の筋がとおっていて、表現もよどみなくわかりやすいこと。 【語源・由来】 韓愈「南陽樊紹述墓誌銘」より。「従」「順」はともに、順調にはこぶ、さからわない…

「ふ」で始まる四字熟語

粉愁香怨【ふんしゅうこうえん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 粉愁香怨 【読み方】 ふんしゅうこうえん 【意味】 美人がうらみ悲しむ姿の形容。 【語源・由来】 丁鶴年の「故宮人詩」より。「粉」「香」は化粧した美しい顔のことで、「愁」「怨」はうれいうらむこと。 粉愁香怨…

「ふ」で始まる四字熟語

文質彬彬【ぶんしつひんぴん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 文質彬彬 【読み方】 ぶんしつひんぴん 【意味】 外見の美しさと内面の実質がよく調和していること。人の文雅であってしかも飾りけの無いことの形容。 【語源・由来】 『論語』「雍也」より。「文」は表面の美しさ・…

「ふ」で始まる四字熟語

蚊子咬牛【ぶんしこうぎゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蚊子咬牛 【読み方】 ぶんしこうぎゅう 【意味】 痛くもかゆくもないこと。また、自分の実力をわきまえずに行動すること。 【語源・由来】 「子」は接尾語。蚊が牛を咬むということから。 【類義語】 ・螳螂之斧(…

「ふ」で始まる四字熟語

分合集散【ぶんごうしゅうさん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 分合集散 【読み方】 ぶんごうしゅうさん 【意味】 離れたり集まったりすること。また、協力したり反目したりすること。 【語源・由来】 「集散」は集まることと散ること。 【類義語】 ・離合集散(りごうしゅうさ…

「ふ」で始まる四字熟語

文芸復興【ぶんげいふっこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 文芸復興 【読み方】 ぶんげいふっこう 【意味】 十四世紀末から十六世紀初めにかけてイタリアを中心として全ヨーロッパにひろがった、ギリシャ・ローマ・の古典文化を手本とする学術上・芸術上の革新運動のこと。ルネ…

「ふ」で始まる四字熟語

刎頸之交【ふんけいのまじわり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 刎頸之交 【読み方】 ふんけいのまじわ 【意味】 心を許しあったきわめて親密な交際。 【語源・由来】 『史記』「簾頗藺相如伝」より。「刎頸」は刀で頸(首)を刎ねること。たとえ首を刎ねられても後悔しないほど深…

「ふ」で始まる四字熟語

武陵桃源【ぶりょうとうげん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 武陵桃源 【読み方】 ぶりょうとうげん 【意味】 俗世間から離れた別天地。理想郷のこと。 【語源・由来】 陶潜の「桃花源記」より、「武陵」は中国の地名。「桃源」は俗世間を離れた別天地のこと。 武陵の漁師が、…

「ふ」で始まる四字熟語

不埒千万【ふらちせんばん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 不埒千万 【読み方】 ふらちせんばん 【意味】 このうえなくふとどきなこと。非常にけしからぬさま。 【語源・由来】 「不埒」はけしからぬこと。ふとどきなこと。「埒」はもと乗馬などの囲いのこと。「千万」は形容…

「ふ」で始まる四字熟語

蜉蝣一期【ふゆうのいちご】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蜉蝣一期 【読み方】 ふゆうのいちご 【意味】 人生の短くはかないことのたとえ。 【語源・由来】 「蜉蝣」はかげろう、「一期」は一生のこと。かげろうの成虫は、数時間から数日の命と短いことから、はかないことに…

「ふ」で始まる四字熟語

不毛之地【ふもうのち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不毛之地 【読み方】 ふもうのち 【意味】 草木や穀物が生じないやせた土地のこと。また、新しい発見もよい結果も得られないこと。 【語源・由来】 「毛」は地上に生える草木や穀物のこと。文化や人間が育たないこと…

「ふ」で始まる四字熟語

舞文弄法【ぶぶんろうほう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 舞文弄法 【読み方】 ぶぶんろうほう 【意味】 法を都合のいいように解釈すること。法の条文を曲解して濫用すること。 【語源・由来】 『史記』「貨殖伝」より。「舞」「弄」ともに、もてあそぶ、思うように動かすこ…

「ふ」で始まる四字熟語

不抜之志【ふばつのこころざし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 不抜之志 【読み方】 ふばつのこころざし 【意味】 物事にくじけない強い意志のこと。 【語源・由来】 『南史』「沈約伝」より。「不抜」は抜きとることができない、堅くて動かないこと。堅固な意志のこと。 【類義…

「ふ」で始まる四字熟語

釜底抽薪【ふていちゅうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 釜底抽薪 【読み方】 ふていちゅうしん 【意味】 問題を解決するためには根本の原因を取り除かなければならないというたとえ。 【語源・由来】 魏収の文より。釜の湯の煮えたぎるのを止めるためには釜の下のたきぎを…

「ふ」で始まる四字熟語

物論囂囂【ぶつろんごうごう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 物論囂囂 【読み方】 ぶつろんごうごう 【意味】 世間のうわさが騒がしいこと。 【語源・由来】 「物論」は世の中のうわさ・世間の評判のこと。「囂囂」は多くの声が騒がしいという意味。 【類義語】 ・物議騒然(…

「ふ」で始まる四字熟語

仏足石歌【ぶっそくせきか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 仏足石歌 【読み方】 ぶっそくせきか 【意味】 仏足石の歌碑にきざまれた和歌の形式で、三十一音の短歌の末尾にさらに七音加えた形。 【語源・由来】 奈良の薬師寺の仏足石碑に二十一首、『古事記』『万葉集』にも一…

「ふ」で始まる四字熟語

物換星移【ぶっかんせいい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 物換星移 【読み方】 ぶっかんせいい 【意味】 自然界の眺めや時世が変わり改まること。 【語源・由来】 王勃の詩より。「物換」は物事が変わること。「星移」は歳月が経過すること。 物換星移(ぶっかんせいい)の…

「ふ」で始まる四字熟語

二股膏薬【ふたまたこうやく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 二股膏薬 【読み方】 ふたまたこうやく 【意味】 定見がなく、あっちへついたり、こっちへついたりすること。 【語源・由来】 「二股」は内股のこと。「膏薬」は練り薬のこと。股の間に塗った薬は、歩いているうちに…

「ふ」で始まる四字熟語

浮石沈木【ふせきちんぼく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 浮石沈木 【読み方】 ふせきちんぼく 【意味】 大衆の理に反した無責任な言論が威力をもつこと。 【語源・由来】 『三国志』「魏書・孫礼伝」より。水に沈むはずの石を浮かせ、水に浮くはずの木を沈めるような道理に…

「ふ」で始まる四字熟語

附贅懸疣【ふぜいけんゆう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 附贅懸疣 【読み方】 ふぜいけんゆう 【意味】 無用なもののこと。 【語源・由来】 『荘子』「駢拇」より。「贅」「疣」はともにこぶ・いぼのこと。ついてぶらさがっているこぶやいぼということ。 附贅懸疣(ふぜい…

「ふ」で始まる四字熟語

負薪之病【ふしんのへい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 負薪之病 【読み方】 ふしんのへい 【意味】 自分の病気の称。 【語源・由来】 『礼記』「曲礼・下」より。「負薪」は薪を背負うこと。「憂」は病気のこと。薪を背負った疲れで病気になること。また、病気で薪を背負…

「ふ」で始まる四字熟語

負薪之憂【ふしんのうれい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 負薪之憂 【読み方】 ふしんのうれい 【意味】 自分の病気の称。 【語源・由来】 『礼記』「曲礼・下」より。「負薪」は薪を背負うこと。「憂」は病気という意味。薪を背負った疲れで病気になること。また、病気で薪…

「ふ」で始まる四字熟語

負薪汲水【ふしんきゅうすい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 負薪汲水 【読み方】 ふしんきゅうすい 【意味】 自然の中で簡素な生活を営むこと。 【語源・由来】 たきぎを採り、谷川の水を汲むということから。 【類義語】 ・採薪汲水(さいしんきゅうすい) ・一竿風月(い…

「ふ」で始まる四字熟語

不将不迎【ふしょうふげい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不将不迎 【読み方】 ふしょうふげい 【意味】 過ぎ去ったできごとをくよくよと悔やみ、まだ来ないことにあれこれ心を悩ますことをしないこと。 【語源・由来】 『荘子』「応帝王」より。去るものを送ったり、来るも…

「ふ」で始まる四字熟語

膚受之愬【ふじゅのうったえ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 膚受之愬 【読み方】 ふじゅのうったえ 【意味】 身にさしせまった痛切な訴えのこと。 【語源・由来】 『論語』「顔淵」より。「膚受」は肌身にしみるような痛切なこと。「愬」は困難や不平を申し立てるという意味。…

「ふ」で始まる四字熟語

俛首帖耳【ふしゅちょうじ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 俛首帖耳 【読み方】 ふしゅちょうじ 【意味】 人にこびへつらう卑しい態度のこと。 【語源・由来】 韓愈の文より。「俛」は伏せるという意味。「帖耳」は頭を伏せること。「帖」は垂れるという意味で、「帖耳」は耳…

「ふ」で始まる四字熟語

不失正鵠【ふしつせいこく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 不失正鵠 【読み方】 ふしつせいこく 【意味】 物事の重要な点を正確にとらえること。的をはずさず急所をつくこと。 【語源・由来】 『礼記』「射義」より。「正鵠」は弓の的の真ん中の黒い星(図星)のこと。 不失…

「ふ」で始まる四字熟語

父子相伝【ふしそうでん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 父子相伝 【読み方】 ふしそうでん 【意味】 学術や技芸などの奥義を父からわが子だけ伝えること。 【類義語】 ・一子相伝(いっしそうでん) 父子相伝(ふしそうでん)の使い方 父子相伝(ふしそうでん)の例文 …

「ふ」で始まる四字熟語

巫山之夢【ふざんのゆめ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 巫山之夢 【読み方】 ふざんのゆめ 【意味】 男女の情交をいう。 【語源・由来】 宋玉の「高唐腑」より。「巫山」は一説に中国、湖北省の山の名。ここに神女が住んでいたとされる。 戦国時代、楚の壊王が高唐に遊び…

「ふ」で始まる四字熟語

巫山雲雨【ふざんうんう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 巫山雲雨 【読み方】 ふざんうんう 【意味】 男女の情交をいう。 【語源・由来】 宋玉の「高唐腑」より。「巫山」は一説に中国、湖北省の山の名。ここに神女が住んでいたとされる。 戦国時代、楚の壊王が高唐に遊び…

「ふ」で始まる四字熟語

俯察仰観【ふさつぎょうかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 俯察仰観 【読み方】 ふさつぎょうかん 【意味】 仰いで天文を見、うつむいて地理を知ること。 【語源・由来】 『易経』「繋辞・上」より。仰いだり、うつむいたりして観察すること。 【類義語】 ・仰観俯察(ぎょ…

「ふ」で始まる四字熟語

夫妻牉合【ふさいはんごう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 夫妻牉合 【読み方】 ふさいはんごう 【意味】 夫婦は一つの物の半分ずつで、両方を合わせて初めて完全になるということ。 【語源・由来】 『儀礼』「喪服」より。「牉」は半ば・わかれるという意味。「牉合」は二つ…

「ふ」で始まる四字熟語

富国強兵【ふこくきょうへい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 富国強兵 【読み方】 ふこくきょうへい 【意味】 国の経済力を高め、軍事力を増強すること。国を冨まし兵を強くするという意味。 【語源・由来】 『戦国策』「秦策」より。 富国強兵(ふこくきょうへい)の使い方 …

「ふ」で始まる四字熟語

不耕不織【ふこうふしょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 不耕不織 【読み方】 ふこうふしょく 【意味】 生産的な仕事をしないこと。またはそのような身分。武士。 【語源・由来】 「不耕」は耕さない。「不織」は織らないという意味。 封建時代、農民は耕して作物を得ても…

「ふ」で始まる四字熟語

不言之教【ふげんのおしえ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 不言之教 【読み方】 ふげんのおしえ 【意味】 言葉にして言わずに、相手に体得させることができる教えのこと。 【語源・由来】 『老子』「二章」より。「不言」は言葉に出してとやかく言わないこと。特に、老荘の「…

「ふ」で始まる四字熟語

不虞之誉【ふぐのほまれ】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 不虞之誉 【読み方】 ふぐのほまれ 【意味】 思いがけなく得た名誉のこと。 【語源・由来】 『孟子』「離婁・上」より。「不虞」は思いがけない・意外ということ。 【対義語】 ・求全之毀(きゅうぜんのそしり) …

「ふ」で始まる四字熟語

覆水不返【ふくすいふへん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 覆水不返 【読み方】 ふくすいふへん 【意味】 一度犯した誤りはもとどおりにはならないということ。また離婚した夫婦の仲はもとにもどらないということ。 【語源・由来】 「覆水」はこぼれた水。「覆水盆に返らず」…

「ふ」で始まる四字熟語

覆車之戒【ふくしゃのいましめ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 覆車之戒 【読み方】 ふくしゃのいましめ 【意味】 先人の失敗を学び、今の戒めにすること。 【語源・由来】 『漢書』「賈誼伝」より。「覆車」は車がひっくりかえること。前の車がひっくりかえるのを見て、後から行…

「ふ」で始まる四字熟語

伏寇在側【ふくこうざいそく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 伏寇在側 【読み方】 ふくこうざいそく 【意味】 身辺の注意を怠らず、言動も慎むべきだということ。 【語源・由来】 『管子』「君臣・下」「牆に耳あり、伏寇側(かたわ)らに在り」より。「伏寇」は隠れている盗賊…

「ふ」で始まる四字熟語

覆雨翻雲【ふくうほんうん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 覆雨翻雲 【読み方】 ふくうほんうん 【意味】 世の人の態度や人情がうつろいやすいことのたとえ。 【語源・由来】 手のひらを上に向けると雲になり、下に向けると雨になるという意味で、人の心が簡単に変わることを…

「ふ」で始まる四字熟語

俯仰之間【ふぎょうのかん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 俯仰之間 【読み方】 ふぎょうのかん 【意味】 ほんのわずかな間のこと。 【語源・由来】 『漢書』「鼂錯伝」より。「俯」はうつむくこと、「仰」はあおむけになること。うつむいたり、仰いだりするごくわずかな時間…

「ふ」で始まる四字熟語

不羈奔放【ふきほんぽう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不羈奔放 【読み方】 ふきほんぽう 【意味】 なにものにもとらわれることなく、自分の思うままに振る舞うこと。 【語源・由来】 「奔放」は束縛されず思うままに振る舞うこと。「羈」はつなぎとめることで、「不羈」…

「ふ」で始まる四字熟語

不刊之書【ふかんのしょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不刊之書 【読み方】 ふかんのしょ 【意味】 永久に滅びることなく伝わる書物。不朽の名著。 【語源・由来】 揚雄の「答劉歆書」より。「刊」はけずるという意味。昔は文字を木簡や竹簡に書き、誤りなどは刀で削った…

「ふ」で始まる四字熟語

不解衣帯【ふかいいたい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不解衣帯 【読み方】 ふかいいたい 【意味】 あることに不眠不休で専念すること。衣服を着替えることもしないで仕事に熱中すること。 【語源由来】 『漢書』「王莽伝・上」より。 【類義語】 ・昼夜兼行(ちゅうや…

「ふ」で始まる四字熟語

不壊金剛【ふえこんごう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不壊金剛 【読み方】 ふえこんごう 【意味】 きわめて堅固でこわれないこと。また、志をかたく守って変えないたとえ。 【語源・由来】 「金剛」は梵語(古代インド語)の漢訳で堅固という意味。「不壊」はこわれない…

「ふ」で始まる四字熟語

浮雲之志【ふうんのこころざし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 浮雲之志 【読み方】 ふうんのこころざし 【意味】 不正な手段で得た財産や地位は、自分とは関係がないはかないものだという考え方。 【語源・由来】 『論語』「述而」より。「浮雲」は空に浮かぶ雲のことで、すぐに…

「ふ」で始まる四字熟語

浮雲朝露【ふうんちょうろ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 浮雲朝露 【読み方】 ふうんちょうろ 【意味】 たよりなくはかないもののたとえ。 【語源・由来】 『周書』「蕭大圜伝」より。「浮雲」は空に浮かぶ雲のことで、たよりなく定まらないことのたとえ。「朝露」は朝方に…

「ふ」で始まる四字熟語

巫雲蜀雨【ふうんしょくう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 巫雲蜀雨 【読み方】 ふうんしょくう 【意味】 遠く離れ離れになっている夫婦がお互いを思い合っていることのたとえ。 【語源・由来】 李賀の「琴曲歌辞」より。巫山の雲と蜀の雨。 巫雲蜀雨(ふうんしょくう)の使…

「ふ」で始まる四字熟語

浮雲驚竜【ふうんきょうりょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 浮雲驚竜 【読み方】 ふうんきょうりゅう 【意味】 筆勢がきわめて自由闊達で勢いがあるさま。 【語源・由来】 『晋書』「王羲之伝」より。浮き雲のように自由でのびのびしており、天に昇る竜のように勢いのあること…

「ふ」で始まる四字熟語

浮雲翳日【ふうんえいじつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 浮雲翳日 【読み方】 ふうんえいじつ 【意味】 悪人が政権を握って世の中が暗くなることのたとえ。また、邪悪な家臣が君主の英明をおおい善政が行われないこと。 【語源・由来】 孔融の「臨終-詩」より。浮雲が日光…

「ふ」で始まる四字熟語

風流韻事【ふうりゅういんじ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風流韻事 【読み方】 ふうりゅういんじ 【意味】 詩歌や書画などの風流な遊び。また、自然を友とするような優雅な趣味。 【語源・由来】 「風流」は上品で趣があること。「韻事」は詩歌や書画など風流な遊びのこと。…

「ふ」で始まる四字熟語

風木之悲【ふうぼくのかなしみ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風木之悲 【読み方】 ふうぼくのかなしみ 【意味】 父母が亡くなってしまって、孝行を尽くすことができない嘆き。 【語源・由来】 『韓詩外伝』「九」「風木」は風にゆれる木のこと。木が静止したいと思っても、風が…

「ふ」で始まる四字熟語

風俗壊乱【ふうぞくかいらん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風俗壊乱 【読み方】 ふうぞくかいらん 【意味】 世の中の健全な風俗や習慣が乱れること。 【語源・由来】 「風俗」はしきたり・習慣のこと。「壊乱」はこわれ乱れること。 【類義語】 ・傷風敗俗(しょうふうはい…

「ふ」で始まる四字熟語

風霜之任【ふうそうのにん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風霜之任 【読み方】 ふうそうのにん 【意味】 司法官のこと。 【語源・由来】 『文献通号』「職官」より。「風霜」は風と霜で、峻厳・峻烈なさまのたとえ。「任」は任務という意味。不法を糾弾することが峻烈な任務…

「ふ」で始まる四字熟語

風霜高潔【ふうそうこうけつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風霜高潔 【読み方】 ふうそうこうけつ 【意味】 清らかに澄んだ秋の景色のたとえ。 【語源・由来】 欧陽脩の「酔翁亭記」より。「風霜」は風と霜のこと。風は高く吹き、霜は白く清らかであること。 【類義語】 ・…

「ふ」で始まる四字熟語

風樹之歎【ふうじゅのたん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風樹之歎 【読み方】 ふうじゅのたん 【意味】 父母が亡くなってしまって、孝行を尽くすことができない嘆き。 【語源・由来】 『韓詩外伝』「九」より。「風樹」は風に揺れる木のこと。木が静止したいと思っても、風…

「ふ」で始まる四字熟語

風餐露宿【ふうさんろしゅく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風餐露宿 【読み方】 ふうさんろしゅく 【意味】 野宿をすること。 【語源・由来】 范成大の「元日-詩」より。「餐」は食べたり飲んだりすることで、「風餐」は風にさらされて食事をすること。「露宿」は露に濡れな…

「ふ」で始まる四字熟語

風餐雨臥【ふうさんうが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風餐雨臥 【読み方】 ふうさんうが 【意味】 旅の苦しみや野外での仕事の苦しみ。また、野宿をすること。 【語源・由来】 杜甫の詩より。「風餐」は風に吹かれて食事をすること。「雨臥」は雨にうたれながら寝ること…

「ふ」で始まる四字熟語

風月玄度【ふうげつげんたく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風月玄度 【読み方】 ふうげつげんたく 【意味】 人と長いあいだ会っていないこと。また、心が清く私欲のない人を思うこと。 【語源・由来】 『世説新語』「言語」より。「風月」はすがすがしい風と美しい月。「玄度…

「ふ」で始まる四字熟語

富貴浮雲【ふうきふうん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 富貴浮雲 【読み方】 ふうきふうん 【意味】 財産や地位ははかなく頼りにならないものだということ。また。名利に心を動かされることなく、名利など関係がないということ。また、不正をして得た地位は、浮雲のようには…

「ふ」で始まる四字熟語

富貴栄華【ふうきえいが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 富貴栄華 【読み方】 ふうきえいが 【意味】 富んで位高く栄えときめくこと。 【語源・由来】 「栄華」は草木が栄え茂ることから、栄ときめくこと。 【類義語】 ・栄耀栄華(えいようえいが) 富貴栄華(ふうきえ…

「ふ」で始まる四字熟語

風岸孤峭【ふうがんこしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風岸孤峭 【読み方】 ふうがんこしょう 【意味】 いかめしくて厳しく、角立って人と融和しないために孤独なこと。 【語源・由来】 『続通鑑綱目』「二三」より。「風岸」は性質が角立って人と融和しないこと。「孤峭…

「ふ」で始まる四字熟語

風鬟雨鬢【ふうかんうびん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風鬟雨鬢 【読み方】 ふうかんうびん 【意味】 風にくじけずり雨に洗われる。風雨にさらされ苦労して勤労すること。 【語源・由来】 『柳毅伝』より。「鬟」はわげ、頭の上に束ね輪にした髪型。「鬢」はびん、耳ぎわ…

「ふ」で始まる四字熟語

風雲月露【ふううんげつろ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風雲月露 【読み方】 ふううんげつろ 【意味】 なんの役にも立たない、自然の風景を詠んだだけの詩文のこと。 【語源・由来】 『隋書』「李諤伝」より。風に吹かれる雲と月光にひかる露の玉という意味で、自然の美し…

「ふ」で始まる四字熟語

風雨対牀【ふううたいしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風雨対牀 【読み方】 ふううたいしょう 【意味】 兄弟が会うこと。 【語源・由来】 蘇軾の詩より。「牀」は床に同じで、兄弟が床を並べて夜の雨音をたがいに心静かに聞くことから転じた。 唐の韋王物の詩に「風雪夜…

「ふ」で始まる四字熟語

風雨凄凄【ふううせいせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風雨凄凄 【読み方】 ふううせいせい 【意味】 風が吹き雨が降って、寒く冷たいさま。 【語源・由来】 『詩経』「鄭風・風雨」より。「風雨」は風と雨・あらしのこと。「淒淒」は寒く冷たくて底冷えがすること。乱世…

「ふ」で始まる四字熟語

馮異大樹【ふういたいじゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 馮異大樹 【読み方】 ふういたいじゅ 【意味】 おごりたかぶらない人のたとえ。 【語源・由来】 『蒙求』「馮異大樹」より。「馮異」は後漢の将軍。馮異は謙譲の徳をもち、所掌が手柄話をするときはいつも大樹の下に…

「ふ」で始まる四字熟語

布衣之交【ふいのまじわり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 布衣之交 【読み方】 ふいのまじわり 【意味】 身分や地位などを問題にしない心からの交際。また、庶民的なつきあい。 【語源・由来】 『史記』「廉頗藺相如伝」より。「布衣」は麻の布で作った庶民の衣服のことで、…

「ふ」で始まる四字熟語

奮闘努力【ふんとうどりょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 奮闘努力 【読み方】 ふんとうどりょく 【意味】 気を奮い起こし、努め励むこと。 【語源・由来】 「奮闘」は力を出して戦うこと。「努力」は力を尽くし励むこと。 【類義語】 ・精励恪勤(せいれいかっきん) ・…

「ふ」で始まる四字熟語

風櫛雨沐【ふうしつうもく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風櫛雨沐 【読み方】 ふうしつうもく 【意味】 非常に苦労をすることのたとえ。 【語源・由来】 『晋書』「文帝紀」、『荘子』「天下」より。「風櫛」は風が髪をくしけずり、「雨沐」は雨が体を洗うこと。風雨にさら…

「ふ」で始まる四字熟語

釜底游魚【ふていのゆうぎょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 釜底游魚 【読み方】 ふていのゆうぎょ 【意味】 死が目の前に近づいていることのたとえ。 【語源・由来】 「後漢書」張綱伝より。火に掛けられ、煮られる寸前の釜の中を泳いでいる魚ということから。 【類義語】 …

「ふ」で始まる四字熟語

釜中之魚【ふちゅうのうお】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 釜中之魚 【読み方】 ふちゅうのうお 【意味】 死が迫っていること。危険が迫っているのを知らずに、のんびりしていることをたとえていう。 【語源・由来】 釜の中で料理されるのを待つ魚という意味から。 【類義語…

「ふ」で始まる四字熟語

釜魚甑塵【ふぎょそうじん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 釜魚甑塵 【読み方】 ふぎょそうじん 【意味】 とても貧しいことのたとえ。 【語源・由来】 「魚」は蚊の幼虫のボウフラのこと。「甑」は蒸すための調理器具で、こしきやせいろのこと。鍋にはボウフラが沸き、こしき…

「ふ」で始まる四字熟語

風魚之災【ふうぎょのわざわい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風魚之災 【読み方】 ふうぎょのわざわい 【意味】 海上で受ける嵐などの災難のこと。または、外敵や海賊などによる災いのこと。 【語源・由来】 「風」は嵐、「魚」は鰐魚などの災いをもたらす悪魚のこと。 風魚之…

「ふ」で始まる四字熟語

焚琴煮鶴【ふんきんしゃかく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 焚琴煮鶴 【読み方】 ふんきんしゃかく 【意味】 風流を理解する心を持っていないこと。または、趣のないも飾り気もない単調な景色のこと。殺風景。「琴を焚き鶴を煮る」とも読む。 【語源・由来】 「山雑纂」李商隠…

「ふ」で始まる四字熟語

鳧趨雀躍【ふすうじゃくやく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鳧趨雀躍 【読み方】 ふすうじゃくやく 【意味】 大いに喜んで小躍りすること。 【語源・由来】 盧照鄰「窮魚賦」より。「鳧趨」は鳥のかもが小走りに走ることで、かもは体を左右に揺らしながら小走りするということ…

「ふ」で始まる四字熟語

不易流行【ふえきりゅうこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不易流行 【読み方】 ふえきりゅうこう 【意味】 絶対に変わることがない部分を忘れずに、新しく変化を続けているものを取り入れていくこと。または、新しいものを取り入れていくことそのものが、永遠に変わらないこと…

「ふ」で始まる四字熟語

奮励努力【ふんれいどりょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 奮励努力 【読み方】 ふんれいどりょく 【意味】 気力を充実させ、力を尽くして取り組むこと。 【語源・由来】 「奮励」は気力を奮い立たせることを意味し、似た意味の言葉を重ねて強調したもので、目的を果たすため…

「ふ」で始まる四字熟語

文明開化【ぶんめいかいか】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 文明開化 【読み方】 ぶんめいかいか 【意味】 科学力や技術力が上がることにより文化が進歩し、生活の水準が上がること。「文明」は人の創った文化。「開化」は新たな知識や文化を取り入れて進歩すること。特に日本の…

「ふ」で始まる四字熟語

不立文字【ふりゅうもんじ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 不立文字 【読み方】 ふりゅうもんじ 【意味】 経典に書かれている教義や教条だけではなく、体験によって伝えることが最も大切であるということ。禅宗の言葉で、悟りの境地は文字や言葉では表現できないという意味から…

「ふ」で始まる四字熟語

不偏不党【ふへんふとう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不偏不党 【読み方】 ふへんふとう 【意味】 主義や思想にこだわることなく、また特定の党に所属することなく、公平で中立の立場をとること。「不偏」はかたよらないこと。「不党」は特定の主義や主張を持つ党派に所属…

「ふ」で始まる四字熟語

舞文曲筆【ぶぶんきょくひつ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 舞文曲筆 【読み方】 ぶぶんきょくひつ 【意味】 必要以上に言葉を飾りつけるために、事実を曲げて文章を書くこと。「舞文」は文章を飾るために、好き勝手に文章をいじること。「曲筆」は事実を捻じ曲げて文章を書くこ…

「ふ」で始まる四字熟語

不撓不屈【ふとうふくつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不撓不屈 【読み方】 ふとうふくつ 【意味】 苦労や困難があっても決して諦めることがないこと。「不撓」は心が折れないこと。「撓」は固いものが強い力で曲がるという意味。「不屈」は屈しないこと。決して諦めないと…

「ふ」で始まる四字熟語

物情騒然【ぶつじょうそうぜん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 物情騒然 【読み方】 ぶつじょうそうぜん 【意味】 世の中が騒々しく、人の心が落ち着かないこと。「物情」は世の中の人の心情。「騒然」は騒がしくて落ち着きのない様子。 【類義語】 ・物議騒然(ぶつぎそうぜん)…

「ふ」で始まる四字熟語

夫唱婦随【ふしょうふずい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 夫唱婦随 【読み方】 ふしょうふずい 【意味】 夫婦の仲がよいことのたとえ。「夫唱」は夫が考えを主張すること。「婦随」は妻が従うこと。 【語源・由来】 「関尹子」三極より。夫の考えに妻が従うと夫婦関係がうま…

「ふ」で始まる四字熟語

不惜身命【ふしゃくしんみょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 不惜身命 【読み方】 ふしゃくしんみょう 【意味】 命や体を惜しむことなく、全力で事に当たること。「不惜」は使うことにためらわないこと。「身命」は体と命。 【語源・由来】 「法華経」譬喩品より。仏教語で、仏…

「ふ」で始まる四字熟語

伏竜鳳雛【ふくりょうほうすう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 伏竜鳳雛 【読み方】 ふくりょうほうすう 【意味】 能力を発揮する機会がないために人に知られていない英雄。または、将来的な活躍が期待されている若者のこと。「伏竜」は地面の中に潜って隠れている竜。「鳳雛」は中…

「ふ」で始まる四字熟語

福徳円満【ふくとくえんまん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 福徳円満 【読み方】 ふくとくえんまん 【意味】 幸福と財産が、十分に備わっていること。様々なものに恵まれていて、何一つ不満がないこと。「福徳」は幸福と財産があって、不自由しないこと。 【類義語】 ・円満具…

「ふ」で始まる四字熟語

複雑多岐【ふくざつたき】の意味と使い方の例文(類義語・対義語)

【四字熟語】 複雑多岐 【読み方】 ふくざつたき 【意味】 様々な要素が絡み合っている上に、様々なものに関わっていて分かりにくいこと。「多岐」は道がいくつにも分岐していること。 【類義語】 ・紆余曲折(うよきょくせつ) …

「ふ」で始まる四字熟語

複雑怪奇【ふくざつかいき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 複雑怪奇 【読み方】 ふくざつかいき 【意味】 非常にわかりにくく、あやしく不思議なこと。様々な要素が絡み合っていて、理由や原因などがよくわからないこと。またはその様子。 【語源・由来】 「複雑」は物事の関…

「ふ」で始まる四字熟語

不協和音【ふきょうわおん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 不協和音 【読み方】 ふきょうわおん 【意味】 意見が揃わなかったりして、釣り合いが取れない状態のこと。関係がうまくまとまっていないこと。 【語源・由来】 元は調和が取れず、不安定で耳障りな和音のこと。 不…

「ふ」で始まる四字熟語

不可思議【ふかしぎ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不可思議 【読み方】 ふかしぎ 【意味】 ①人間の持っている知識では理解することができない出来事やその様子。または、常識では考えることすらできないおかしな出来事やその様子。 ②数の単位。10の64乗。一説に…

「ふ」で始まる四字熟語

風林火山【ふうりんかざん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風林火山 【読み方】 ふうりんかざん 【意味】 時勢や情勢に合わせた対処の方法のこと。もとは軍を指揮するときの四つの心構えのこと。風のように速く行動して、林のように静かに機会を待ち、火のように激しく襲い掛か…

「ふ」で始まる四字熟語

風流三昧【ふうりゅうざんまい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 風流三昧 【読み方】 ふうりゅうざんまい 【意味】 自然を親しんで、詩歌や書画などの高尚な遊びに夢中になること。「風流」は上品で風情があること。「三昧」はほかのことを忘れて熱中すること。 【類義語】 ・花鳥…

「ふ」で始まる四字熟語

風声鶴唳【ふうせいかくれい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 風声鶴唳 【読み方】 ふうせいかくれい 【意味】 風の音や鶴の鳴き声のような、少しのことでも驚いて、恐れて怯えることのたとえ。「風声」は風の音。「鶴唳」は鶴の鳴き声。 前秦の符堅の軍が東晋の軍に敗れて、敗走…

「ふ」で始まる四字熟語

付和雷同【ふわらいどう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 付和雷同 【読み方】 ふわらいどう 【意味】 自分にしっかりとした考えがなく、他人の言動にすぐ同調すること。 【語源・由来】 「付和」は定見をもたず、すぐ他人の意見に賛成すること。「雷同」は雷が鳴ると万物が…

「ふ」で始まる四字熟語

不老長寿【ふろうちょうじゅ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 不老長寿 【読み方】 ふろうちょうじゅ 【意味】 いつまでも年をとらず、長生きすること。 【語源・由来】 「不老」は老いないこと、「長寿」は長生き・長命なことから。 【類義語】 ・不老不死(ふろうふし) ・…

「ふ」で始まる四字熟語

不眠不休【ふみんふきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 不眠不休 【読み方】 ふみんふきゅう 【意味】 眠ったり休んだりしないこと。休まず事に当たることをいう。 【語源・由来】 睡眠をとることもなく、休憩することもなく物事を行い続けるということから。 【類義語】…

「ふ」で始まる四字熟語

不即不離【ふそくふり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 不即不離 【読み方】 ふそくふり 【意味】 二つのものの関係が深すぎもせず、離れすぎもしないこと。つかず離れず、ちょうどよい関係にあること。 【語源・由来】 「即」はつく、くっつく意。「即(つかず)離(はな…

「ふ」で始まる四字熟語

粉骨砕身【ふんこつさいしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 粉骨砕身 【読み方】 ふんこつさいしん 【意味】 力の限り懸命に働くこと、力の限り努力すること。 【語源由来】 骨を粉にし、身を砕くほど、力を尽くすということから。精一杯努力することをちかったりするときに、…

「ふ」で始まる四字熟語

不言実行【ふげんじっこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 不言実行 【読み方】 ふげんじっこう 【意味】 あれこれ言わず黙って、しなければならないことを行うこと。 【語源由来】 「不言」は、ことさら何も言わないこと。しなければならないことを黙って実行する人は、いち…