CATEGORY 「詩文」の四字熟語一覧

「ゆ」で始まる四字熟語

雄健蒼勁【ゆうけんそうけい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雄健蒼勁 【読み方】 ゆうけんそうけい 【意味】 勢いが盛んで力強いこと。詩文書画などにおいて、そのできばえがすぐれていて、力強いこと。 【語源・由来】 「雄健」は、詩文書画などのすぐれて力強いこと。「蒼勁…

「み」で始まる四字熟語

脈絡通徹【みゃくらくつうてつ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 脈絡通徹 【読み方】 みゃくらくつうてつ 【意味】 筋道が、初めから終わりまで一貫していて意味のよく通じること。矛盾がないこと。 【語源・由来】 「脈絡」は、筋道、続きぐあい。「通徹」は、一貫していて、矛盾…

「は」で始まる四字熟語

博学能文【はくがくのうぶん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 博学能文 【読み方】 はくがくのうぶん 【意味】 知識が豊富で、文章を作るのがうまいこと。 【語源・由来】 「博学」は、広く学問に通じていて、多くのことを知っていること。「能文」は、文章を書く才能が有ること…

「な」で始まる四字熟語

内典外典【ないてんげてん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 内典外典 【読み方】 ないてんげてん 【意味】 仏教で、仏教の書物とそれ以外の書物。書籍全般のこと。 【語源・由来】 仏教のことば。「典」は、書物・書籍。「内典」は、仏教関係の書籍で、仏典のこと。「外典」は…

「そ」で始まる四字熟語

俗談平話【ぞくだんへいわ】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 俗談平話 【読み方】 ぞくだんへいわ 【意味】 蕉風の俳論で、俳諧は日常の俗語・話し言葉を用い、それを雅語に匹敵するものに高めて風雅を表すべきだとするもの。 【典拠・出典】 『芭蕉翁廿五箇条』松尾芭蕉 【類…

「じっくり考える」の四字熟語一覧

咀嚼玩味【そしゃくがんみ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 咀嚼玩味 【読み方】 そしゃくがんみ 【意味】 食べ物をよくかみこなし、よく味わう。詩文などをよく読んで、その意味・道理・趣などを考え味わうことのたとえ。 【語源・由来】 「咀嚼」は、食物をよくかみこなすこ…

「し」で始まる四字熟語

熟読三思【じゅくどくさんし】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 熟読三思 【読み方】 じゅくどくさんし 【意味】 文章を繰り返し読んで、内容を幾度も考えてじっくり思案すること。 【語源・由来】 「熟読」は、繰り返し詳しく読むこと。内容をよく味わって読むこと。「三思」は、…

「し」で始まる四字熟語

春蕪秋野【しゅんぶしゅうや】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 春蕪秋野 【読み方】 しゅんぶしゅうや 【意味】 春の雑草と秋の野原のこと。転じて、現実離れした風雅な文人をからかう語。 【語源・由来】 「春蕪」は、春の雑草。「秋野」は、秋の野原。 【典拠・出典】 『楚辞…

「し」で始まる四字熟語

常山蛇勢【じょうざんのだせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 常山蛇勢 【読み方】 じょうざんのだせい 【意味】 統一がとれていて、欠陥やすきがまったくないこと。どこをとっても整然として、うまく組み立てられている文章や態勢のこと。また、先陣・後陣と右陣・左陣のどれもが…

「さ」で始まる四字熟語

作文三上【さくぶんさんじょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 作文三上 【読み方】 さくぶんさんじょう 【意味】 文章を作る工夫をするのに、適した三つの場所。馬上(馬に乗っているとき)・枕上(寝床に入っているとき)・厠上(便所にいるとき)をいう。 【語源・由来】 宋の…

「こ」で始まる四字熟語

口誅筆伐【こうちゅうひつばつ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 口誅筆伐 【読み方】 こうちゅうひつばつ 【意味】 言葉や文章で、相手を責めて攻撃すること。 【語源・由来】 「誅」は、罪をせめること。罪あるものを殺すこと。「伐」は、敵を切り殺す。うつ。 【典拠・出典】 …

「よどみない」の四字熟語一覧

驪竜之珠【りりょうのたま】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 驪竜之珠 【読み方】 りりょうのたま 【意味】 命懸けで求めなければ得られない貴重な物のたとえ。また、危険を冒して大きな利益を得ることのたとえ。黒い竜のあごの下にあるという宝玉の意。また、要領を得たすばらし…

「り」で始まる四字熟語

流觴曲水【りゅうしょうきょくすい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 流觴曲水 【読み方】 りゅうしょうきょくすい 【意味】 曲折した水の流れに杯を浮かべ、それが自分の前を流れ過ぎないうちに詩を作り、杯の酒を飲むという風雅な遊びのこと。 【語源・由来】 「觴」は杯の意。「曲水…

「り」で始まる四字熟語

六韜三略【りくとうさんりゃく】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 六韜三略 【読み方】 りくとうさんりゃく 【意味】 中国の有名な兵法書である『六韜』と『三略』のこと。 【語源・由来】 『六韜』は周の太公望呂尚の作とされ、文・武・竜・虎・豹・犬の六巻。『三略』は前漢の功臣…