CATEGORY 「は」で始まる四字熟語

「は」で始まる四字熟語

万里一空【ばんりいっくう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 万里一空 【読み方】 ばんりいっくう 【意味】 どこまでも同じ一つの目標を見据え、たゆまず努力を続けるということ。 【語源・由来】 宮本武蔵「五輪書」より。「山水三千世界を万理一空に入れ、満天地ともまとめる…

「は」で始まる四字熟語

跛鼈千里【はべつ(も)せんり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 跛鼈千里 【読み方】 はべつもせんり 【意味】 努力をすれば、能力の劣るものでも成功するというたとえ。 【語源・由来】 『荀子』「脩身」より。「鼈」はすっぽんのことで、「跛鼈」は、足の悪いすっぽんのこと。足…

「は」で始まる四字熟語

白日昇天【はくじつしょうてん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 白日昇天 【読み方】 はくじつしょうてん 【意味】 仙人になること。また、急に富貴になること。卑しいものが急に出世すること。 【語源・由来】 「白日」はひるま、また照り輝く太陽のこと。「昇天」は天に昇るとい…

「は」で始まる四字熟語

白竜魚服【はくりょうぎょふく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 白竜魚服 【読み方】 はくりょうぎょふく 【意味】 身分の高い人が気付かれないように出掛けて、不幸な出来事にあうこと。 【語源・由来】 「説苑」正諫より。「白竜」は白い竜ということから、天帝の使者のこと。「…

「は」で始まる四字熟語

攀竜附鳳【はんりょうふほう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 攀竜附鳳 【読み方】 はんりょうふほう 【意味】 力のある人に付き従うことで、自身も出世すること。 【語源・由来】 「揚子法言」淵騫より。「攀」はすがりつくということ。「鳳」は中国の伝説上の鳥の鳳凰の雄のこ…

「は」で始まる四字熟語

馬牛襟裾【ばぎゅうきんきょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 馬牛襟裾 【読み方】 ばぎゅうきんきょ 【意味】 見識も教養もない人のこと。または、礼儀にはずれた行いをする人のこと。 【語源・由来】 韓愈「符読書城南」より。「襟裾」はえりとすそということから、衣服のこと…

「は」で始まる四字熟語

売剣買牛【ばいけんばいぎゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 売剣買牛 【読み方】 ばいけんばいぎゅう 【意味】 戦争を止め、武器を売り農業を活発にすること。 【語源・由来】 「漢書」より。前漢の宣帝の時代に、民に倹約と農業を奨励して、武器を売って牛を買うことをすすめ…

「は」で始まる四字熟語

杯盤狼藉【はいばんろうぜき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 杯盤狼藉 【読み方】 はいばんろうぜき 【意味】 酒宴で皿や杯が酷く散らかっている様子のこと。または、酒宴が終わった後の酷く散らかっている様子のこと。 【語源・由来】 「史記」より。「杯盤」は杯や皿などの食…

「は」で始まる四字熟語

博聞強記【はくぶんきょうき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 博聞強記 【読み方】 はくぶんきょうき 【意味】 様々なことを聞き知っていて、その内容をしっかりと覚えていること。 【語源・由来】 「韓詩外伝」三より。「博聞」は色々なことを聞き知っていること。「強記」はし…

「は」で始まる四字熟語

万緑一紅【ばんりょくいっこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 万緑一紅 【読み方】 ばんりょくいっこう 【意味】 たくさんのものの中に、一つだけすぐれたものがあることのたとえ。または、大勢の男の中に一人だけ女がいること。緑一色の草むらの中に、一つだけ赤い花が咲いている…

「は」で始まる四字熟語

反面教師【はんめんきょうし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 反面教師 【読み方】 はんめんきょうし 【意味】 真似をしてはいけないが、悪い見本として反省の材料や、教訓になる事や人のこと。「反面」は正しい面の反対の面ということから、悪い面のこと。 【語源・由来】 中国…

「は」で始まる四字熟語

伴食宰相【ばんしょくさいしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 伴食宰相 【読み方】 ばんしょくさいしょう 【意味】 持っている地位に見合った能力がないこと。または、言いなりになるだけの無能な大臣のこと。「伴食」は主客のお供をして、食事をご馳走になること。または、仕事を…

「は」で始まる四字熟語

万死一生【ばんしいっせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 万死一生 【読み方】 ばんしいっせい 【意味】 死ぬ覚悟で事に当たること。または、非常に危険な状況からなんとか助かること。「万死」は命が助かりそうにない危険な状況。 【語源・由来】 「史記」張耳陳余伝、「貞…

「は」で始まる四字熟語

盤根錯節【ばんこんさくせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 盤根錯節 【読み方】 ばんこんさくせつ 【意味】 事情が複雑で解決することが難しいこと。 【語源・由来】 「盤根」は曲がりくねった木の根のこと。「錯節」は入り組んだ木の節のこと。 「後漢書」より。 【類義語…

「は」で始まる四字熟語

罵詈雑言【ばりぞうごん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 罵詈雑言 【読み方】 ばりぞうごん 【意味】 乱暴で品のない言葉を使って、相手のことを悪く言うこと。または、その言葉のこと。「罵詈」は汚い言葉で相手の悪口を言うこと。「雑言」は様々な悪口のこと。 【語源・由…

「は」で始まる四字熟語

跋山渉水【ばつざんしょうすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 跋山渉水 【読み方】 ばつざんしょうすい 【意味】 苦しく辛いことを克服しながら長い旅をすること。「跋山」は山を越えること。「渉水」は河を渡ること。「山を跋み水を渉る」とも読む。 【語源・由来】 「詩経」よ…

「は」で始まる四字熟語

抜山蓋世【ばつざんがいせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 抜山蓋世 【読み方】 ばつざんがいせい 【意味】 気力が充実していて、盛んな勢いがあること。山を引き抜いて、世界を覆いつくすほどの力という意味から。古代中国の戦国時代、楚の項羽が漢の軍に包囲されたときに、虞…

「は」で始まる四字熟語

八面六臂【はちめんろっぴ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 八面六臂 【読み方】 はちめんはちめんろっぴ 【意味】 一人で何人分もの働きをして素晴らしい結果を出すこと。または、様々な分野で素晴らしい結果を出すこと。「八面」は八つの顔。「六臂」は六つの腕。三つの顔と六…

「は」で始まる四字熟語

八面玲瓏【はちめんれいろう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 八面玲瓏 【読み方】 はちめんれいろう 【意味】 どの方向からみても曇りの一つもなく透き通っていること。または、心に不信や疑念などがなく、すっきりと澄んでいること。 または、人付き合いがうまく、誰とでも円満…

「は」で始まる四字熟語

破綻百出【はたんひゃくしゅつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 破綻百出 【読み方】 はたんひゃくしゅつ 【意味】 喋れば喋るほどぼろが出ること。 【語源・由来】 「破綻」は布の破れとほころび。「百」は数が多いことのたとえ。破れやほころびがたくさん出てくるという意味から…

「は」で始まる四字熟語

薄志弱行【はくしじゃっこう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 薄志弱行 【読み方】 はくしじゃっこう 【意味】 何かを成そうとする気持ちが弱く、決断力や実行力が乏しいこと。「薄志」は何かを成そうとする志が弱いこと。「弱行」は決断力や実行力に欠けること。 【類義語】 ・…

「は」で始まる四字熟語

博引旁証【はくいんぼうしょう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 博引旁証 【読み方】 はくいんぼうしょう 【類義語】 ・考証該博(こうしょうがいはく) 【意味】 たくさんの資料や例を引用して、しっかりとした証拠を出して議論すること。「博引」はたくさんの資料や事例を用いて…

「は」で始まる四字熟語

半死半生【はんしはんしょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 半死半生 【読み方】 はんしはんしょう 【意味】 ほとんど死にかかっていること。今にも死にそうで、やっと生きている状態。 【由来】 「半死」は半ば死ぬ。「半生」は半ば生きていることが由来。 【類義語】 ・気…

「は」で始まる四字熟語

博覧強記【はくらんきょうき】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 博覧強記 【読み方】 はくらんきょうき 【意味】 広く物事を見知って、よく覚えていること。 【由来】 「博覧」は広く書物を読んで、多くの物事を知っていること。「強記」は記憶力のすぐれていること。「強」は「彊…

「は」で始まる四字熟語

破顔一笑【はがんいっしょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 破顔一笑 【読み方】 はがんいっしょう 【意味】 にっこり笑うこと。 【由来】 「破顔」は顔をほころばせること。ほほえむこと。「一笑」はちょっと笑うこと。 【類義語】 ・嫣然一笑(えんぜんいっしょう) ・破…

「は」で始まる四字熟語

半信半疑【はんしんはんぎ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 半信半疑 【読み方】 はんしんはんぎ 【意味】 半分は信じ、半分はうたがうこと。 うそか本当か決めかねて迷うようす。 【由来】 「半信」は半分信じること、「半疑」は半分疑うこと。 半分は信じられるが、半分は…

「は」で始まる四字熟語

波乱万丈(波瀾万丈)【はらんばんじょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 波乱万丈(波瀾万丈) 【読み方】 はらんばんじょう 【意味】 波の起伏のはげしいように、変化のはげしいようす。 変化がはげしく、劇的であること。 【由来】 「波乱」 大小の波のことで、変化・曲折・起伏。また…

「は」で始まる四字熟語

八方美人【はっぽうびじん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 八方美人 【読み方】 はっぽうびじん 【意味】 ①どの点からみても欠点のない美人。 ②誰に対しても如才なくふるまう人。(如才ないとは、てぬかりがない・気がきく・愛想がいいという意味) 【由来】 &#8211…

「は」で始まる四字熟語

馬耳東風【ばじとうふう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 馬耳東風 【読み方】 ばじとうふう 【意味】 人の意見や批評を心に留めず、聞き流すこと。 また、何を言っても反応がないこと。 【語源由来】 李白の『答王十二寒夜独有懐』の中にある「世人之を聞けば皆頭を掉り、…