CATEGORY 「は」で始まる四字熟語

「は」で始まる四字熟語

万里一空【ばんりいっくう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 万里一空 【読み方】 ばんりいっくう 【意味】 どこまでも同じ一つの目標を見据え、たゆまず努力を続けるということ。 【語源・由来】 宮本武蔵「五輪書」より。「山水三千世界を万理一空に入れ、満天地ともまとめる…

「は」で始まる四字熟語

跛鼈千里【はべつ(も)せんり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 跛鼈千里 【読み方】 はべつもせんり 【意味】 努力をすれば、能力の劣るものでも成功するというたとえ。 【語源・由来】 『荀子』「脩身」より。「鼈」はすっぽんのことで、「跛鼈」は、足の悪いすっぽんのこと。足…

「は」で始まる四字熟語

白日昇天【はくじつしょうてん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 白日昇天 【読み方】 はくじつしょうてん 【意味】 仙人になること。また、急に富貴になること。卑しいものが急に出世すること。 【語源・由来】 「白日」はひるま、また照り輝く太陽のこと。「昇天」は天に昇るとい…

「は」で始まる四字熟語

白竜魚服【はくりょうぎょふく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 白竜魚服 【読み方】 はくりょうぎょふく 【意味】 身分の高い人が気付かれないように出掛けて、不幸な出来事にあうこと。 【語源・由来】 「説苑」正諫より。「白竜」は白い竜ということから、天帝の使者のこと。「…

「は」で始まる四字熟語

攀竜附鳳【はんりょうふほう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 攀竜附鳳 【読み方】 はんりょうふほう 【意味】 力のある人に付き従うことで、自身も出世すること。 【語源・由来】 「揚子法言」淵騫より。「攀」はすがりつくということ。「鳳」は中国の伝説上の鳥の鳳凰の雄のこ…

「は」で始まる四字熟語

馬牛襟裾【ばぎゅうきんきょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 馬牛襟裾 【読み方】 ばぎゅうきんきょ 【意味】 見識も教養もない人のこと。または、礼儀にはずれた行いをする人のこと。 【語源・由来】 韓愈「符読書城南」より。「襟裾」はえりとすそということから、衣服のこと…

「は」で始まる四字熟語

売剣買牛【ばいけんばいぎゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 売剣買牛 【読み方】 ばいけんばいぎゅう 【意味】 戦争を止め、武器を売り農業を活発にすること。 【語源・由来】 「漢書」より。前漢の宣帝の時代に、民に倹約と農業を奨励して、武器を売って牛を買うことをすすめ…

「は」で始まる四字熟語

杯盤狼藉【はいばんろうぜき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 杯盤狼藉 【読み方】 はいばんろうぜき 【意味】 酒宴で皿や杯が酷く散らかっている様子のこと。または、酒宴が終わった後の酷く散らかっている様子のこと。 【語源・由来】 「史記」より。「杯盤」は杯や皿などの食…

「は」で始まる四字熟語

博聞強記【はくぶんきょうき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 博聞強記 【読み方】 はくぶんきょうき 【意味】 様々なことを聞き知っていて、その内容をしっかりと覚えていること。 【語源・由来】 「韓詩外伝」三より。「博聞」は色々なことを聞き知っていること。「強記」はし…