CATEGORY 漢検5級の四字熟語一覧

《漢検5級のレベル》
小学校6年生修了程度

「き」で始まる四字熟語

帰馬放牛【きばほうぎゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 帰馬放牛 【読み方】 きばほうぎゅう 【意味】 戦争が終わって平和になることのたとえ。または、二度と戦争をしないことのたとえ。「馬を帰し牛を放つ」とも読む。 【語源・由来】 「書経」武成より。殷の紂王を討ち…

「き」で始まる四字熟語

疑事無功【ぎじむこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 疑事無功 【読み方】 ぎじむこう 【意味】 信じることができずに、疑いながら行動しても、よい結果が期待できないということ。「疑事功無し」とも読む。 【語源・由来】 「戦国策」趙策より。一度やると決めたことは…

「か」で始まる四字熟語

顔常山舌【がんじょうざんのした】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 顔常山舌 【読み方】 がんじょうざんのした 【意味】 辛い処罰を受けても、君主や国への忠義を貫き通すこと。「顔常山」は顔杲卿という人の名前。 【語源・由来】 文天祥「正気歌」より。中国の唐の顔杲卿は、反乱を…

「か」で始まる四字熟語

官官接待【かんかんせったい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 官官接待 【読み方】  かんかんせったい 【意味】 地方の公務員が公費を使って、中央の公務員を接待すること。「官」は公務員同士という意味。 【語源・由来】 地方の公務員が中央の役人を接待して、予算の便宜を図…

「え」で始まる四字熟語

円首方足【えんしゅほうそく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 円首方足 【読み方】 えんしゅほうそく 【意味】 人間のこと。「円首」は丸い頭。「方足」は四角い足。 【語源・由来】 「淮南子」精神より。天と頭はどちらも丸く、大地と足はどちらも四角いために、人と天地が似て…

「い」で始まる四字熟語

一徳一心【いっとくいっしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一徳一心 【読み方】 いっとくいっしん 【意味】 目的や利益が同じ者同士が心を一つにして事にあたること。または、君主と臣下が協力して物事を行うこと。「徳を一にし心を一にす」とも読む。 【語源・由来】 「書経…