CATEGORY 「け」で始まる四字熟語

「け」で始まる四字熟語

経国大業【けいこくのたいぎょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 経国大業 【読み方】 けいこくのたいぎょう 【意味】 国家を安定して治めるための大きな仕事のこと。または、立派な文章のこと。 【語源・由来】 『文選』曹丕「典論」より。「経国」は国家を治めること。「大業」は…

「け」で始まる四字熟語

堅苦卓絶【けんくたくぜつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 堅苦卓絶 【読み方】 けんくたくぜつ 【意味】 苦しみに耐え抜く根性があること。人並み以上に、抜きん出て忍耐心に富むこと。 【語源・由来】 「卓絶」は、圧倒的にすぐれていること。 比肩するもののないほどに立…

「け」で始まる四字熟語

蛍雪之功【けいせつのこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蛍雪之功 【読み方】 けいせつのこう 【意味】 苦労して勉学に励むこと。 【語源・由来】 『初学記』二引き『宋斉語』、『晋書』「車胤伝」、『蒙求』「孫康映雪・車胤聚蛍」より。 【類義語】 ・苦学力行(くがく…

「け」で始まる四字熟語

懸腕枕腕【けんわんちんわん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 懸腕枕腕 【読み方】 けんわんちんわん 【意味】 書道の基本的な筆の使い方のこと。懸腕法と枕腕法のこと。 【語源・由来】 「古今法書苑」より。「懸腕法」は、姿勢を整えて、肘を脇から離して腕を水平に上げ、筆を…

「け」で始まる四字熟語

懸腕直筆【けんわんちょくひつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 懸腕直筆 【読み方】 けんわんちょくひつ 【意味】 書道の基本的な筆の使い方のこと。姿勢を整えて、肘を脇から離して腕を水平に上げ、筆を垂直に持つ書き方をいう。 【語源・由来】 「懸腕」は腕をつけずに浮かせる…

「け」で始まる四字熟語

堅牢堅固【けんろうけんご】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 堅牢堅固 【読み方】 けんろうけんご 【意味】 守りが非常に固くて、容易に破れたり壊れたりしないこと。または、極めて丈夫なこと。 【語源・由来】 「堅牢」と「堅固」はどちらも非常に硬いという意味で、同じ意味…

「け」で始まる四字熟語

牽攣乖隔【けんれんかいかく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 牽攣乖隔 【読み方】 けんれんかいかく 【意味】 心はお互いに惹かれあっていても、遠くに離れていること。 【語源・由来】 白居易「与微之書」より。「牽攣」はお互いに心が惹かれあうこと。「乖隔」は遠く離れてい…

「け」で始まる四字熟語

彦倫鶴怨【げんりんかくえん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 彦倫鶴怨 【読み方】 げんりんかくえん 【意味】 偽善者を批判する言葉。 【語源・由来】 「文選」孔稚珪「北山移文」より。「彦倫」は中国の南斉の人の名前。俗世を離れて鐘山に隠遁していた彦倫が、俗世に戻って県…