CATEGORY 漢検4級の四字熟語一覧

《漢検4級のレベル》
中学校在学程度

「こ」で始まる四字熟語

国色天香【こくしょくてんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 国色天香 【読み方】 こくしょくてんこう 【意味】 すばらしい香りと国一番の美しさ。牡丹の別名。のちに、美人の形容。 【語源・由来】 『松窓雑録』より。「天香」は天から下る香り、非常によい香りのこと。「国色…

「こ」で始まる四字熟語

刻舟求剣【こくしゅうきゅうけん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 刻舟求剣 【読み方】 こくしゅうきゅうけん 【意味】 時勢の推移を知らず、古い考えや習慣を固守する愚かさのたとえ。 【語源・由来】 『呂氏春秋』「察今」より。中国の春秋時代、楚の人が舟で川を渡っているときに…

「こ」で始まる四字熟語

項背相望【こうはいそうぼう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 項背相望 【読み方】 こうはいそうぼう 【意味】 人の往来がはげしいことの形容。 【語源・由来】 『後漢書』「左雄伝」より。「項背」は背中と首筋のこと。「相望」はお互いに見ること。 【スポンサーリンク】 項…

「こ」で始まる四字熟語

口中雌黄【こうちゅうのしおう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 口中雌黄 【読み方】 こうちゅうのしおう 【意味】 一度口にしたことをすぐに取り消して訂正するたとえ。転じてでまかせをいうこと。 【語源・由来】 『晋書』「王衍伝」より。「雌黄」は黄色の顔料のこと。昔の中国…

「こ」で始まる四字熟語

高談雄弁【こうだんゆうべん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 高談雄弁 【読み方】 こうだんゆうべん 【意味】 声高に談論すること。とうとうと議論すること。 【語源・由来】 杜甫「飲中八仙歌」より。「高談」は盛んに談論をすること。「雄弁」は力強く説得力のある弁舌のこと…

「こ」で始まる四字熟語

攻城野戦【こうじょうやせん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 攻城野戦 【読み方】 こうじょうやせん 【意味】 野原や平地で戦闘をして、城を攻めること。最前線で奮闘すること。 【語源・由来】 「史記」廉頗藺如伝より。「攻城」は城を攻めること。「野戦」は野外で戦うこと。…

「こ」で始まる四字熟語

向上機縁【こうじょうのきえん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 向上機縁 【読み方】 こうじょうのきえん 【意味】 昇天することの出来る機会のこと。 【語源・由来】 「桃花扇」入道より。「向上」は天に向かうという意味から、昇天するという意味。「機縁」は機会という意味。 …

「こ」で始まる四字熟語

光彩陸離【こうさいりくり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 光彩陸離 【読み方】 こうさいりくり 【意味】 きらびやかな光がまともに見られないほど美しく輝く様子。または、物事が、他を圧してすばらしい様子。 【語源・由来】 「光彩」は美しい光や鮮やかな彩りのこと。「陸…

「け」で始まる四字熟語

言文一致【げんぶんいっち】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 言文一致 【読み方】 げんぶんいっち 【意味】 いつも使っている話し言葉で文章を書くこと。または、明治時代の言論界や文学界に行われた、文体の改革運動のこと。 【語源・由来】 「言文」は口語と文語のこと。文学…