CATEGORY 「し」で始まる四字熟語

「し」で始まる四字熟語

雌伏雄飛【しふくゆうひ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雌伏雄飛 【読み方】 しふくゆうひ 【意味】 将来を期して人につき従い、やがて盛んに活躍すること。 【語源・由来】 『後漢書』「趙典伝」より。「雌伏」は雌鳥が雄鳥に従い伏すことから、将来の活躍を期して人につ…

「し」で始まる四字熟語

砥礪切磋【しれいせっさ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 砥礪切磋 【読み方】 しれいせっさ 【意味】 学問に励み、品性を養って、大成することを目指すこと。 【語源・由来】 『言志録』より。「砥」と「礪」と「磋」は、ときみがくという意味。「切」は骨などをたちきると…

「し」で始まる四字熟語

十年磨剣【じゅうねんまけん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 十年磨剣 【読み方】 じゅうねんまけん 【意味】 長い期間武術の修練を積むこと。また、武術の修練を積み、力を発揮する機会を待つこと。十年の間、一振りの剣を磨くという意味から。「十年、一剣を磨く」を略した言葉…

「し」で始まる四字熟語

櫛風浴雨【しっぷうよくう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 櫛風浴雨 【読み方】 しっぷうよくう 【意味】 非常に苦労することのたとえ。風雨にめげずによく働くこと。 【語源・由来】 「櫛風」は風が髪をくしけずり、「浴雨」は雨で体を洗うという意味で、風雨にさらされなが…

「し」で始まる四字熟語

櫛風沐雨【しっぷうもくう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 櫛風沐雨 【読み方】 しっぷうもくう 【意味】 非常に苦労することのたとえ。風雨にもめげずよく働くこと。 【語源・由来】 『晋書』「文帝紀」、『荘子』「天下」より。「櫛風」は風が髪をくしけずり、「沐雨」は雨…

「し」で始まる四字熟語

漆身呑炭【しっしんどんたん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 漆身呑炭 【読み方】 しっしんどんたん 【意味】 仇討ちのために、さまざまな苦労をすること。 【語源・由来】 『史記』「刺客・予譲伝」より。「漆身」は漆を身体に塗ること。「呑炭」は炭を呑むという意味。中国春…

「し」で始まる四字熟語

死生契闊【しせいけっかつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 死生契闊 【読み方】 しせいけっかつ 【意味】 生死を共にすることを約束し、共に苦労し努力すること。 【語源・由来】 『詩経』「邶風・撃鼓」より。「契闊」はつとめ苦しむこと。久しく会わないこと。 【スポンサ…

「し」で始まる四字熟語

笑裏蔵刀【しょうりぞうとう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 笑裏蔵刀 【読み方】 しょうりぞうとう 【意味】 外見はやさしそうでおだやかでありながら、内心は陰険なものをもつこと。 【語源・由来】 「笑裏」は笑顔の内側、中のこと。「蔵刀」は刀を隠して持っていること。表…