CATEGORY 「し」で始まる四字熟語

「し」で始まる四字熟語

嘯風弄月【しょうふうろうげつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 嘯風弄月 【読み方】 しょうふうろうげつ 【意味】 自然の風景に親しみ、風流を好んで楽しむこと。 【語源・由来】 「嘯」は口をすぼめて声を長く引いて歌を口ずさむさまで、「嘯風」は風に合わせて歌うこと、「弄月…

「し」で始まる四字熟語

続短断長【ぞくたんだんちょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 続短断長 【読み方】 ぞくたんだんちょう 【意味】 過不足がないよううまい具合に整えること。 【語源・由来】 「続」は継ぐこと。短いものを継ぎ、長いものを断ち切るという意味。 【類義語】 ・採長補短(さいち…

「し」で始まる四字熟語

辛労辛苦【しんろうしんく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 辛労辛苦 【読み方】 しんろうしんく 【意味】 辛い苦労のこと。 【語源・由来】 「労苦」を分けて両方に「辛(つらい)」の字を加えた形の語。「辛労」も「辛苦」も非常な苦しみ。 辛労辛苦(しんろうしんく)の使…

「し」で始まる四字熟語

深厲浅掲【しんれいせんけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 深厲浅掲 【読み方】 しんれいせんけい 【意味】 その場の状況に応じて適切な処理をすること。 【語源・由来】 『詩経』「邶風・匏有苦葉」より。「厲」は高くあげるという意味。「掲」は着物のすそをからげること。…

「し」で始まる四字熟語

蜃楼海市【しんろうかいし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蜃楼海市 【読み方】 しんろうかいし 【意味】 現実性に乏しい考えや理論。また、根拠がなくありもしないこと。 【語源・由来】 『駢字類編』「四六引・隋唐遺事」より。「蜃楼」「海市」ともに蜃気楼のことで、大気…

「し」で始まる四字熟語

深慮遠謀【しんりょえんぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 深慮遠謀 【読み方】 しんりょえんぼう 【意味】 深く考え将来のことまで見通して計画を立てること。また、その計画。 【語源・由来】 賈誼の「過秦論」より。 【類義語】 ・遠謀深慮(えんぼうしんりょ) ・深謀…

「し」で始まる四字熟語

新涼灯火【しんりょうとうか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 新涼灯火 【読み方】 しんりょうとうか 【意味】 初秋の涼しさは読書にふさわしい。 【語源・由来】 「新涼」は秋の初めの涼しさ。「灯火」は灯火の下で読書をするという意味を略した語。 【類義語】 ・灯火可親(…

「し」で始まる四字熟語

迅雷風烈【じんらいふうれつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 迅雷風烈 【読み方】 じんらいふうれつ 【意味】 はげしいかみなりと猛烈な風。 【語源・由来】 『礼記』「玉藻」より。「迅雷」は天地をとどろかす激しい雷。「風烈」は烈風に同じ、暴風のこと。 【類義語】 ・疾…

「し」で始まる四字熟語

人面桃花【じんめんとうか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 人面桃花 【読み方】 じんめんとうか 【意味】 美人の顔と桃の花。かつて美人と出会った場所に行っても、今はもう会えないという場合にいう言葉。また、内心で思いながら会うことのできない女性をいう。 【語源・由来…

「し」で始まる四字熟語

晨夜兼道【しんやけんどう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 晨夜兼道 【読み方】 しんやけんどう 【意味】 昼夜の区別なく急行すること。仕事を急いで行うこと。 【語源・由来】 『資治通鑑』「漢紀」より。「晨」は朝、早朝。「晨夜」は朝と夜、朝早くから夜遅くまで。「兼道…

「し」で始まる四字熟語

瞋目張胆【しんもくちょうたん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 瞋目張胆 【読み方】 しんもくちょうたん 【意味】 大いに勇気をうちふるうさま。 【語源・由来】 『史記』「張耳陳余伝」より。「瞋目」は目玉をむきだすこと。「張胆」は肝っ玉を大きくふくらますこと。恐ろしい場…

「し」で始まる四字熟語

心満意足【しんまんいそく】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 心満意足 【読み方】 しんまんいそく 【意味】 きわめて満ち足りた気分になること。 【語源・由来】 「心満」、「意足」ともに、心が満ち足りること。 【対義語】 ・欲求不満(よっきゅうふまん) 心満意足(しん…

「し」で始まる四字熟語

人面獣身【じんめんじゅうしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 人面獣身 【読み方】 じんめんじゅうしん 【意味】 顔は人間で身体は獣。妖怪を形容する語。 【語源・由来】 『史記』「五帝紀・注」より。「人面」は人の顔。「獣身」はけだもののからだ。 人面獣身(じんめんじゅ…

「し」で始まる四字熟語

脣亡歯寒【しんぼうしかん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 脣亡歯寒 【読み方】 しんぼうしかん 【意味】 密接な関係にあるものの一方が滅びると片方も危うくなること。 【語源・由来】 『春秋左氏伝』「哀公八年」より。唇がなくなると歯が寒くなるという意味から。唇がなく…

「し」で始まる四字熟語

神仏混淆【しんぶつこんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 神仏混淆 【読み方】 しんぶつこんこう 【意味】 神道と仏教をうまく融合し調和させること。 【語源・由来】 「混淆」は入り混じること。 【類義語】 ・神仏習合(しんぶつしゅうごう) ・本地垂迹(ほんちすいじ…

「し」で始まる四字熟語

心頭滅却【しんとうめっきゃく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 心頭滅却 【読み方】 しんとうめっきゃく 【意味】 心の中の雑念を取り去ること。どんな困難に出会っても心の中から雑念を取り去れば苦しさを感じないという意味。 【語源・由来】 杜荀鶴の詩より。「心頭」はこころ…

「し」で始まる四字熟語

塵飯塗羹【じんぱんとこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 塵飯塗羹 【読み方】 じんぱんとこう 【意味】 実際になんの役にも立たないもの、とるに足りないもののこと。 【語源・由来】 『韓非子』「外儲説・左上」より。子供のままごと遊びのちりの飯と泥のあつもの(吸い物…

「し」で始まる四字熟語

神荼鬱塁【しんとうつりつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 神荼鬱塁 【読み方】 しんとうつりつ 【意味】 門を守る神の名前。 【語源・由来】 「神荼」「鬱塁」は古代中国における兄弟の神の名。ともに門を守る神で、百鬼を支配し、従わないものは捕えて、虎に食わさせたとい…

「し」で始まる四字熟語

尽忠報国【じんちゅうほうこく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 尽忠報国 【読み方】 じんちゅうほうこく 【意味】 忠義を尽くして国の恩に報いること。 【語源・由来】 『北史』「顔之儀伝」より。「尽忠」は君主や国家に忠誠心を尽くすこと。「報国」は国の恩に報いるという意味…

「し」で始まる四字熟語

心地光明【しんちこうめい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 心地光明 【読み方】 しんちこうめい 【意味】 心が清らかで正しく広いこと。 【語源・由来】 「心地」は心・精神のこと。「光明」は仏の心身から放つ明るい光のこと。 【類義語】 ・公平無私(こうへいむし) ・…

「し」で始まる四字熟語

身体髪膚【しんたいはっぷ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 身体髪膚 【読み方】 しんたいはっぷ 【意味】 からだ全体のこと。 【語源・由来】 『孝経』「開宗明義賞」より。からだと髪の毛と皮膚で、からだ全体をいう。父母から受けついだ大切なものの意味がこめられている。…

「し」で始まる四字熟語

迅速果断【じんそくかだん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 迅速果断 【読み方】 じんそくかだん 【意味】 物事をすばやく決断し、思いきって行うこと。 【語源・由来】 「迅速」はたいへん速いこと。「果断」は物事を思い切りよく実行するという意味。 【類義語】 ・果断迅…

「し」で始まる四字熟語

尽善尽美【じんぜんじんび】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 尽善尽美 【読み方】 じんぜんじんび 【意味】 完璧で欠けるものがないこと。 【語源・由来】 『論語』「八佾」より。りっぱさと美しさをきわめているという意味から。 【類義語】 ・完全無欠(かんぜんむけつ) …

「し」で始まる四字熟語

神仙思想【しんせんしそう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 神仙思想 【読み方】 しんせんしそう 【意味】 俗世から抜け出して不老・長生の世界に生きようという考え。 【語源・由来】 「神仙」は神通力を持っている仙人。仙人の住む世界を「仙境」と呼び人間の理想郷とした。…

「し」で始まる四字熟語

鐘鳴鼎食【しょうめいていしょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鐘鳴鼎食 【読み方】 しょうめいていしょく 【意味】 富貴の人の生活。 【語源・由来】 王勃の文から。「鐘鳴」は鐘を鳴らして時を告げること。「鼎食」はかなえを並べて食事をすること。富貴な家では大勢の人に食事…

「し」で始まる四字熟語

生滅滅已【しょうめつめつい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 生滅滅已 【読み方】 しょうめつめつい 【意味】 生と滅、生きることと死ぬことがなくなって、ともに存しないこと。生滅無常の現世を離れて生死を超越した涅槃に入ること。 【語源・由来】 『涅槃経』「一四」より。…

「し」で始まる四字熟語

笑面夜叉【しょうめんやしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 笑面夜叉 【読み方】 しょうめんやしゃ 【意味】 顔は笑っていても心の底に一物あること。陰険な人や裏表のある人にいう。 【語源・由来】 『説郛』「四引『老学庵続筆記』」より。「笑面」は笑顔。「夜叉」は人を害…

「し」で始まる四字熟語

将門有将【しょうもんゆうしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 将門有将 【読み方】 しょうもんゆうしょう 【意味】 立派な家柄からは必ずすぐれた人材が出るということ。 【語源・由来】 『史記』「孟嘗君伝」より。「将門」は代々将軍が出る家柄のこと。「有将」は将軍があらわ…

「し」で始まる四字熟語

逍遥自在【しょうようじざい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 逍遥自在 【読み方】 しょうようじざい 【意味】 俗事をはなれて気ままに楽しむこと。 【語源・由来】 「逍遥」はぶらつくという意味から、気ままに楽しむこと。「自在」は束縛や支障がなく思いのままであるという意…

「し」で始まる四字熟語

従容就義【しょうようしゅうぎ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 従容就義 【読み方】 しょうようしゅうぎ 【意味】 ゆったりと落ち着いて、恐れることなく正義のために身を投げ出すこと。 【語源・由来】 「従容」はゆったりと落ち着いていること。「就義」は身を殺しても正義に従…

「し」で始まる四字熟語

従容不迫【しょうようふはく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 従容不迫 【読み方】 しょうようふはく 【意味】 ゆったりと落ち着いていて、あわてないこと。 【語源・由来】 「従容」はゆったりと落ち着いていること。「不迫」はあわてないという意味。 従容不迫(しょうようふ…

「し」で始まる四字熟語

晨星落落【しんせいらくらく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 晨星落落 【読み方】 しんせいらくらく 【意味】 しだいに仲のよい友人がいなくなること。また、友人が年とともにだんだん死んでいなくなること。 【語源・由来】 劉禹錫の詩より。明け方の空に残っていた星が一つ一…

「し」で始まる四字熟語

逍遥法外【しょうようほうがい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 逍遥法外 【読み方】 しょうようほうがい 【意味】 法律を犯した者が罰を受けないで自由に生活していること。 【語源・由来】 「逍遥」はぶらつく、気ままに歩くこと。「法外」は法律の外という意味。法律の外側を自…

「し」で始まる四字熟語

乗輿車駕【じょうよしゃが】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 乗輿車駕 【読み方】 じょうよしゃが 【意味】 天子の乗る車。天子の使う物。転じて、天子のこと。 【語源・由来】 『独断』「上」より。「乗輿」と「車駕」とも天子の行幸中に乗る車の称。 乗輿車駕(じょうよしゃ…

「し」で始まる四字熟語

薪水之労【しんすいのろう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 薪水之労 【読み方】 しんすいのろう 【意味】 人に仕えて骨身を惜しまず働くこと。また、たきぎをとったり水を汲んだりするというような日常の雑事を指す場合もある。 【語源・由来】 『南史』「陶潜伝」より。たき…

「し」で始まる四字熟語

乗輿播越【じょうよはえつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 乗輿播越 【読み方】 じょうよはえつ 【意味】 天子が都を落ち延びて他国をさすらうこと。 【語源・由来】 『資治通鑑」「漢紀」より。「乗輿」は君主が乗る馬車、天子の乗り物。「播越」は移り逃れること。居場所を…

「し」で始まる四字熟語

常鱗凡介【じょうりんぼんかい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 常鱗凡介 【読み方】 じょうりんぼんかい 【意味】 ごくありふれた人のたとえ。普通の魚やごくありふれた貝類。 【語源・由来】 韓愈の文より。 常鱗凡介(じょうりんぼんかい)の使い方 常鱗凡介(じょうりんぼん…

「し」で始まる四字熟語

上漏下湿【じょうろうかしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 上漏下湿 【読み方】 じょうろうかしゅう 【意味】 貧乏なあばら家のさま。屋根からは雨が漏り、床からは湿気が上がってくるという意味。 【語源・由来】 『荘子』「譲王」より。 【類義語】 ・上漏旁風(じょうろ…

「し」で始まる四字熟語

杵臼之交【しょきゅうのまじわり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 杵臼之交 【読み方】 しょきゅうのまじわり 【意味】 身分にこだわらない交際。主人と使用人との身分の違いを超えた交際。 【語源・由来】 『後漢書』「呉祐伝」より。「杵臼」はきねとうす。後漢の公孫穆が学費がな…

「し」で始まる四字熟語

嗇夫利口【しょくふりこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 嗇夫利口 【読み方】 しょくふりこう 【意味】 身分は低いが、口が達者な男のこと。 【語源・由来】 『史記』「張釈之伝」より。「嗇夫」は下級役人のこと。張釈之が、前漢の文帝の供をして虎圏(上林苑の中の動物園…

「し」で始まる四字熟語

諸子百家【しょしひゃっか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 諸子百家 【読み方】 しょしひゃっか 【意味】 中国の春秋戦国時代に活躍した多くの学者や学派、またその書物の総称。代表的な思想家は儒家の孔子・孟子、道家の老子・荘子、墨家の墨翟、法家の韓非などである。 【語…

「し」で始まる四字熟語

処女脱兎【しょじょだっと】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 処女脱兎 【読み方】 しょじょだっと 【意味】 始めはたいしたことのないように見せかけて、後には見違えるほどの力を発揮するたとえ。始めは少女のようにしとやかに弱々しくみせかけて相手を油断させ、後にはうさぎの…

「し」で始まる四字熟語

助長抜苗【じょちょうばつびょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 助長抜苗 【読み方】 じょちょうばつびょう 【意味】 成長を助けようとして力をかすことがかえって成長を妨げること。 【語源・由来】 『孟子』「公孫丑・上」より。宋の農夫が稲の成長を助けようとして苗をひっぱた…

「し」で始まる四字熟語

初転法輪【しょてんぼうりん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 初転法輪 【読み方】 しょてんぼうりん 【意味】 釈尊が悟りを開いたのち、初めて行った鹿野苑の説法のこと。 【語源・由来】 「転法輪」は仏の教えを説くこと。 初転法輪(しょてんぼうりん)の使い方 初転法輪(…

「し」で始まる四字熟語

黍離之歎【しょりのたん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黍離之歎 【読み方】 しょりのたん 【意味】 国が滅んだことの嘆き。 【語源・由来】 『詩経』「王風・黍離」より。「黍離」は『詩経』「王風」の詩篇の名。東周の大夫が西周の王宮の跡が黍畑となって荒れ果てている…

「し」で始まる四字熟語

芝蘭玉樹【しらんぎょくじゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 芝蘭玉樹 【読み方】 しらんぎょくじゅ 【意味】 すぐれた人材。すぐれた子弟。また、すぐれた人材を輩出すること。 【語源・由来】 『世説新語』「言語」より。「芝」は瑞兆とされた霊芝。「蘭」はふじばかまで香草…

「し」で始まる四字熟語

芝蘭結契【しらんけっけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 芝蘭結契 【読み方】 しらんけっけい 【意味】 美しくうるわしい交際。君子や善人などすぐれた人の交際にいう。 【語源・由来】 「芝」は霊芝。「蘭」はふじばかま。ともに香気高い草で、君子や善人にたとえる。 【…

「し」で始まる四字熟語

芝蘭之交【しらんのまじわり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 芝蘭之交 【読み方】 しらんのまじわり 【意味】 美しくうるわしい交際。君子や善人などすぐれた人の交際にいう。 【語源・由来】 「芝」は霊芝。「蘭」はふじばかま。ともに香気高い草で、君子や善人にたとえる。 …

「し」で始まる四字熟語

緇林杏壇【しりんきょうだん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 緇林杏壇 【読み方】 しりんきょうだん 【意味】 学問所、講堂のこと。 【語源・由来】 『荘子』「漁父」より。「緇林」は樹木がおい茂った林のこと。孔子が黒いとばりのような緇帷の林に遊び、杏の花が咲く木の下の…

「し」で始まる四字熟語

眥裂髪指【しれつはっし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 眥裂髪指 【読み方】 しれつはっし 【意味】 激しくいきどおるさま。まなじりが裂け髪が天をつくという意味。 【語源・由来】 「眥裂」は怒りで眼を大きく見開くこと。「髪指」は怒りで髪の毛が逆立って天を突き上げ…

「し」で始まる四字熟語

指鹿為馬【しろくいば】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 指鹿為馬 【読み方】 しろくいば 【意味】 道理の通らないことを無理に押し通すこと。また、間違いを認めず押し通すこと。鹿を指差し馬とするという意味。 【語源・由来】 『史記』「秦始皇紀」より。秦の趙高は始皇…

「し」で始まる四字熟語

四六駢儷【しろくべんれい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 四六駢儷 【読み方】 しろくべんれい 【意味】 四字句と六字句の対句を多く用いた修辞的な文体。四六駢儷文のこと。 【語源・由来】 「駢」は馬を二頭並べて車につなぐこと。「儷」は一対になって並ぶことの意から。…

「し」で始まる四字熟語

神韻縹渺【しんいんひょうびょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 神韻縹渺 【読み方】 しんいんひょうびょう 【意味】 芸術作品のもつたいそう奥深くすぐれた趣のこと。 【語源・由来】 「神韻」は人間わざとは思えないようなすぐれた趣のこと。「縹渺」は遠くはるかという意味。 …

「し」で始まる四字熟語

心願成就【しんがんじょうじゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 心願成就 【読み方】 しんがんじょうじゅ 【意味】 神仏などに心から念じていると願いはかなえられる。 【語源・由来】 「心願」は神仏などに心の中でかける願(がん)。心からの願い。 心願成就(しんがんじょうじ…

「し」で始まる四字熟語

人間青山【じんかんせいざん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 人間青山 【読み方】 じんかんせいざん 【意味】 世の中は広いので、志を貫くには故郷を離れてどこに死に場所を求めようともかまわないということ。 【語源・由来】 釈月性の「将東遊題壁-詩」より。「人間」は世の…

「し」で始まる四字熟語

心悸亢進【しんきこうしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 心悸亢進 【読み方】 しんきこうしん 【意味】 心臓の鼓動が速く激しくなること。 【語源・由来】 「心悸」は心臓の鼓動、動悸。「亢進」はたかぶること。心臓病や精神的興奮によって心臓の動悸が激しく急速になるさ…

「し」で始まる四字熟語

晨去暮来【しんきょぼらい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 晨去暮来 【読み方】 しんきょぼらい 【意味】 朝方に去って夕暮れにもどる。 【語源・由来】 『漢書』「朱博伝」より。野鳥が朝に巣を飛び立ち餌を求め、夕暮れに巣にもどることをいう。「晨」は朝、早朝の意味。 …

「し」で始まる四字熟語

身軽言微【しんけいげんび】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 身軽言微 【読み方】 しんけいげんび 【意味】 身分が低くて、言うことが人に重んじられないこと。 【語源・由来】 『後漢書』「盲嘗伝」より。「微」は卑しいという意味。身分が卑しくて、言葉が軽んじられるという…

「し」で始まる四字熟語

人権蹂躙【じんけんじゅうりん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 人権蹂躙 【読み方】 じんけんじゅうりん 【意味】 国家が国民の基本的人権を侵害すること。また、強い立場の者が弱い立場の者の人権を侵犯すること。「蹂躙」は踏みにじること。 【類義語】 ・人権侵害(じんけんし…

「し」で始まる四字熟語

身言書判【しんげんしょはん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 身言書判 【読み方】 しんげんしょはん 【意味】 人物を重用するときの基準とするもの。容姿と言葉と文字の文章。唐代の官吏登用試験でも人物鑑定の基準。 【語源・由来】 『新唐書』「選挙志」より。 身言書判(し…

「し」で始まる四字熟語

心慌意乱【しんこういらん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 心慌意乱 【読み方】 しんこういらん 【意味】 あわてふためいて何がなんだかわからなくなる。 【語源・由来】 「心慌」はあせってあわてふためくこと。「意乱」は精神が錯乱すること。 【類義語】 ・周章狼狽(し…

「し」で始まる四字熟語

真人大観【しんじんたいかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 真人大観 【読み方】 しんじんたいかん 【意味】 道理を極めた人は、物事の全体を見通すので判断を誤らないということ。 【語源・由来】 「真人」は物事に深く通じて道理をわきまえた人、「大観」は大局から判断する…

「し」で始まる四字熟語

人心収攬【じんしんしゅうらん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 人心収攬 【読み方】 じんしんしゅうらん 【意味】 多くの人の気持ちをうまくつかんでまとめること。また、人々の信頼を得ること。 【語源・由来】 「人心」は多くの人の心のこと、「攬」は「持」と同じで、「収攬」…

「し」で始まる四字熟語

心神耗弱【しんしんこうじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 心神耗弱 【読み方】 しんしんこうじゃく 【意味】 精神が衰弱して判断力が乏しくなり正常な行動ができないこと。心神喪失よりは軽い状態。 【語源・由来】 「耗弱」はすり減って弱くなること。 心神耗弱(しんしん…

「し」で始まる四字熟語

人心洶洶【じんしんきょうきょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 人心洶洶 【読み方】 じんしんきょうきょう 【意味】 世界の人々の心が騒ぎ動揺すること。 【語源・由来】 『唐書』「陸贄伝」より。「人心」は多くの人の心のこと、「洶洶」はどよめき騒ぐさま。 人心洶洶(じんし…

「し」で始まる四字熟語

身心一如【しんしんいちにょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 身心一如 【読み方】 しんしんいちにょ 【意味】 仏教で、肉体と精神は分けることができないもので、一つのものの両面であるということ。 【語源・由来】 「身心」はからだと心のこと。「一如」は真理の現れ方は違っ…

「し」で始まる四字熟語

薪尽火滅【しんじんかめつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 薪尽火滅 【読み方】 しんじんかめつ 【意味】 人が死ぬこと。 【語源・由来】 『法華経』「序品」より。「薪尽」はたきぎが尽きること。「火滅」は火が消えること。仏教で、釈迦の入滅のことをいった語で、転じて、…

「し」で始まる四字熟語

心織筆耕【しんしょくひっこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 心織筆耕 【読み方】 しんしょくひっこう 【意味】 文筆で生活すること。 【語源・由来】 『雲仙雑記』「九」より。心で機を織り、筆で田を耕して生活するという意味。唐の王勃が人に頼まれて文を作り、謝礼の金帛で…

「し」で始まる四字熟語

神色自若【しんしょくじじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 神色自若 【読み方】 しんしょくじじゃく 【意味】 落ち着いて顔色一つ変えないさま。 【語源・由来】 『晋書』「王戎伝」より。「神色」は精神と顔色。「自若」は心が落ち着いて動じないこと。 【類義語】 ・泰然…

「し」で始まる四字熟語

参商之隔【しんしょうのへだて】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 参商之隔 【読み方】 しんしょうのへだて 【意味】 遠く離れて会うことのないたとえ。また夫婦や兄弟の別離や仲たがいのたとえ。 【語源・由来】 杜甫の詩より。「参」は参星(しんせい)(オリオン座の星)。「商」…

「し」で始まる四字熟語

尋章摘句【じんしょうてきく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 尋章摘句 【読み方】 じんしょうてきく 【意味】 こまかいところに気をとられ、大局的なものの見方ができないこと。 【語源・由来】 『三国志』「呉書・呉主権伝・注」より。「尋章」は一章のことを考えるという意味…

「し」で始まる四字熟語

尋常一様【じんじょういちよう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 尋常一様 【読み方】 じんじょういちよう 【意味】 他と変わりなく、ごくあたりまえなさま。 【語源・由来】 「尋常」はあたりまえ、「一様」は行動・状態などが他と変わらないこと。 尋常一様(じんじょういちよう…

「し」で始まる四字熟語

浸潤之譖【しんじゅんのそしり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 浸潤之譖 【読み方】 しんじゅんのそしり 【意味】 水が次第に物にしみこむように、中傷の言葉が徐々に深く信じられるようになること。 【語源・由来】 『論語』「顔淵」より。「譖」は悪口、讒言という意味。 【類…

「し」で始まる四字熟語

人主逆鱗【じんしゅげきりん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 人主逆鱗 【読み方】 じんしゅげきりん 【意味】 君主や権力者のひどい怒りを買うことのたとえ。 【語源・由来】 『韓非子』「説難」より。「人主」は君主。「逆鱗」は触れると怒り、人を食いころすという竜ののどに…

「し」で始まる四字熟語

仁者楽山【じんしゃらくざん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 仁者楽山 【読み方】 じんしゃらくざん 【意味】 『論語』「雍也」より。仁徳者は安らかにゆったりとして心が動くことがないから、どっしりと安定して動かない山を愛するということ。 【類義語】 ・智者楽水(ちしゃ…

「し」で始まる四字熟語

仁者無敵【じんしゃむてき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 仁者無敵 【読み方】 じんしゃむてき 【意味】 仁徳者には天下に敵対する者のないことをいう。 【語源・由来】 『孟子』「梁恵王・下」より。仁徳者が為政者の位にあれば仁愛の政治を施し、人民を分け隔てることなく…

「し」で始まる四字熟語

仁者不憂【じんしゃふゆう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 仁者不憂 【読み方】 じんしゃふゆう 【意味】 仁徳者は常に正しい道を行くので悩むことがない。 【語源・由来】 『論語』「子罕」より。「知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼れず」による。仁徳者は常に道理に従…

「し」で始まる四字熟語

斟酌折衷【しんしゃくせっちゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 斟酌折衷 【読み方】 しんしゃくせっちゅう 【意味】 事情をくみとってほどよくはからい、その中をとること。 【語源・由来】 「斟酌」は事情をくみとりはからうこと。「折衷」は過不足を調節して、その中をとるとい…

「し」で始まる四字熟語

脣歯輔車【しんしほしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 脣歯輔車 【読み方】 しんしほしゃ 【意味】 お互いに助け合う密接な関係。 【語源・由来】 『春秋左氏伝』「僖公五年」より。「輔車」は車のそえ木と荷台。また、頬骨(輔)と下顎の骨(車)という説もある。「脣歯…

「し」で始まる四字熟語

人事天命【じんじてんめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 人事天命 【読み方】 じんじてんめい 【意味】 人間として最善の努力を尽くして、結果は静かに運命にまかせること。 【語源・由来】 『読史管見』より。「人事」は人間のなしうる事柄。 「天命」は自然に身に備わっ…

「し」で始まる四字熟語

進取果敢【しんしゅかかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 進取果敢 【読み方】 しんしゅかかん 【意味】 物事に積極的に取り組み、決断力に富んでいること。 【語源・由来】 「進取」は物事に進んで取り組むこと。「果敢」は決断力に富んでいるということ。 【類義語】 ・…

「し」で始まる四字熟語

参差錯落【しんしさくらく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 参差錯落 【読み方】 しんしさくらく 【意味】 ふぞろいな物が入り混じっている様。 【語源・由来】 「参差」は長短ふぞろいのさま。「錯落」は入り混じること。 【類義語】 ・参差不斉(しんしふせい) 参差錯落…

「し」で始まる四字熟語

慎始敬終【しんしけいしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 慎始敬終 【読み方】 しんしけいしゅう 【意味】 物事を始めから終わりまで気を引き締めてやりとおすこと。また、物事をするには始めと終わりが肝心だということ。 【語源・由来】 『礼記』「表記」より。「慎」と「…

「し」で始まる四字熟語

神算鬼謀【しんさんきぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 神算鬼謀 【読み方】 しんさんきぼう 【意味】 人間離れした巧みな計略のこと。 【語源・由来】 「算」と「謀」はともに、はかりごとのこと。神や鬼がめぐらしたはかりごとという意味から。 【類義語】 ・神機妙算…

「し」で始まる四字熟語

神采英抜【しんさいえいばつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 神采英抜 【読み方】 しんさいえいばつ 【意味】 心も風采も人にぬきん出てすぐれていること。 【語源・由来】 『陳書』「江総伝」より。「神采」は精神と風采のこと。 神采英抜(しんさいえいばつ)の使い方 神采…

「し」で始まる四字熟語

深根固柢【しんこんこてい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 深根固柢 【読み方】 しんこんこてい 【意味】 物事の基礎をしっかり固めること。 【語源・由来】 『老子』「五九章」より。「根」「柢」はともに木の根のことで、物事の基本・基礎のたとえ。木の根を深く強固なもの…

「し」で始まる四字熟語

人口稠密【じんこうちゅうみつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 人口稠密 【読み方】 じんこうちゅうみつ 【意味】 人や家がびっしりとすきまなく集まっていること。 【語源・由来】 「稠密」は込み合っていること。密集していること。 人口稠密(じんこうちゅうみつ)の使い方 …

「し」で始まる四字熟語

心広体胖【しんこうたいはん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 心広体胖 【読み方】 しんこうたいはん 【意味】 心が広く穏やかであれば、外見上の体もゆったりと落ち着いて見えるということ。 【語源・由来】 『大学』より。「心広」は心が広く大きいこと。「胖」はゆたか・のび…

「し」で始まる四字熟語

深溝高塁【しんこうこうるい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 深溝高塁 【読み方】 しんこうこうるい 【意味】 深い掘割と高いとりで。堅固な城塞。また、守りの堅牢なこと。 【語源・由来】 『六韜』「竜韜・奇兵」より。「溝」はみぞで、ここではお堀という意味。「塁」は土石…

「し」で始まる四字熟語

神工鬼斧【しんこうきふ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 神工鬼斧 【読み方】 しんこうきふ 【意味】 人間わざとは思えないほどすぐれた細工や作品のこと。 【語源・由来】 『荘子』「達生」より。「神工」は神の細工のこと。「鬼斧」は鬼が斧をふるった細工という意味。神…

「し」で始まる四字熟語

人口膾炙【じんこうかいしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 人口膾炙 【読み方】 じんこうかいしゃ 【意味】 広く世間の評判となり、もてはやされること。 【語源・由来】 林嵩の「周朴詩集序」より。「膾」はなますで、生の肉を細かく刻んだもの。「炙」はあぶり肉のこと。ど…

「し」で始まる四字熟語

漿酒霍肉【しょうしゅかくにく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 漿酒霍肉 【読み方】 しょうしゅかくにく 【意味】 非常にぜいたくなことのたとえ。酒を水のように肉を豆の葉のようにみるという意味。 【語源・由来】 『漢書』「鮑宣伝」より。「漿」は沸かして冷ました水。また、…

「し」で始まる四字熟語

常住不断【じょうじゅうふだん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 常住不断 【読み方】 じょうじゅうふだん 【意味】 ずっと続いていて絶えないこと。 【語源・由来】 「常住」は仏教語で、過去・現在・未来にわたって生滅変化することなく、常に存在するという意味。「不断」も絶え…

「し」で始まる四字熟語

銷鑠縮栗【しょうしゃくしゅくりつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 銷鑠縮栗 【読み方】 しょうしゃくしゅくりつ 【意味】 意気が阻喪して縮み上がっておそれること。 【語源・由来】 韓愈の文より。「銷鑠」はとろけるという意味から、意気消沈すること。「縮栗」は縮み上がっておそ…

「し」で始まる四字熟語

商山四皓【しょうざんのしこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 商山四皓 【読み方】 しょうざんのしこう 【意味】 商山に隠れた四人の老人。 【語源・由来】 『漢書』「王貢両龔鮑伝序」より。「商山」は陝西省商県にある山の名。「四皓」はあごひげと眉がみな白かったので、「皓…

「し」で始まる四字熟語

小国寡民【しょうこくかみん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 小国寡民 【読み方】 しょうこくかみん 【意味】 国土が小さくて、人口が少ないこと。 【語源・由来】 『老子』「八〇章」より。 「寡民」は人民が少ないこと。老子が唱えた国家の理想像として有名な言葉。 小国寡…

「し」で始まる四字熟語

上行下効【じょうこうかこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 上行下効 【読み方】 じょうこうかこう 【意味】 上の者がすると、下の者がそれを見習うこと。 【語源・由来】 『旧唐書』<賈曾伝>より。「効」はならう・まねるという意味。 【類義語】 ・上行下従(じょうこう…

「し」で始まる四字熟語

笙磬同音【しょうけいどうおん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 笙磬同音 【読み方】 しょうけいどうおん 【意味】 人が心を合わせて仲良くするたとえ。各楽器の音が調和するという意味。 【語源・由来】 『詩経』「小雅・鼓鐘」より。「笙」は管楽器の名。「磬」は打楽器の名で、…

「し」で始まる四字熟語

上求菩提【じょうぐぼだい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 上求菩提 【読み方】 じょうぐぼだい 【意味】 菩薩が上に向かって悟りの道を求めること。菩薩が行う自利の行。 【語源・由来】 『摩訶止観』<一・上>より。「上求」は上に求めること。「菩提」は煩悩を断ち切って…

「し」で始まる四字熟語

小家碧玉【しょうかへきぎょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 小家碧玉 【読み方】 しょうかへきぎょく 【意味】 貧しい家庭に育った美しい娘のこと。また、とるにたらないような家の大事な宝物のこと。 【語源・由来】 『楽府詩集』<四五・碧玉歌>より。「小家」は貧しい家、…

「し」で始まる四字熟語

上下天光【しょうかてんこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 上下天光 【読み方】 しょうかてんこう 【意味】 空も水も一様に光り輝くこと。 【語源・由来】 范仲淹の「岳陽楼記」より。「上下」はさまざまな意味をもつが、ここでは天地。なかでも空と水という意味。「天光」は…

「し」で始まる四字熟語

上下一心【しょうかいっしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 上下一心 【読み方】 しょうかいっしん 【意味】 身分の上下にかかわらず一致団結すること。身分の上の者も下の者も心を一つにする。また心を一つにして事に当たること。 【語源・由来】 『淮南子』<詮言訓>より。…

「し」で始まる四字熟語

硝煙弾雨【しょうえんだんう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 硝煙弾雨 【読み方】 しょうえんだんう 【意味】 戦闘が非常に激しいこと。 【語源・由来】 「硝煙」は火薬の煙、「弾雨」は銃弾が雨が降るように撃ち込まれるさま。 【類義語】 ・砲煙弾雨(ほうえんだんう) 硝…

「し」で始まる四字熟語

上援下推【じょうえんかすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 上援下推 【読み方】 じょうえんかすい 【意味】 適任者として上から引き立てられ、下からも推されること。 【語源・由来】 「援」は引き上げること。「推」はすすめる、おすという意味。 上援下推(じょうえんかす…

「し」で始まる四字熟語

冗員淘汰【じょういんとうた】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 冗員淘汰 【読み方】 じょういんとうた 【意味】 官庁などで無駄な人員を整理すること。 【語源・由来】 「冗員」はむだな人員。いなくてもよい人員。 【類義語】 ・人員整理(じんいんせいり) ・定員削減(てい…

「し」で始まる四字熟語

情意投合【じょういとうごう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 情意投合 【読み方】 じょういとうごう 【意味】 お互いの気持ちがよく通じ合うこと。 【語源・由来】 「情意」は感情と意志。「投合」は「投」も「合」も合う、ぴったり合うこと。 【類義語】 ・意気投合(いきと…

「し」で始まる四字熟語

宵衣旰食【しょういかんしょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 宵衣旰食 【読み方】 しょういかんしょく 【意味】 天子が朝早くから夜遅くまで熱心に政治にはげむこと。夜明け前から正服を着て政治にはげみ、太陽が沈んでから夕食をとること。 【語源・由来】 徐陵の「陳文皇帝哀…

「し」で始まる四字熟語

叙位叙勲【じょいじょくん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 叙位叙勲 【読み方】 じょいじょくん 【意味】 位を授けたり、勲等により勲記・勲章を授けたりすること。また、位を与えられたり、勲記・勲章を与えられたりすること。 【語源・由来】 「叙」は授けるという意味。 …

「し」で始まる四字熟語

春和景明【しゅんわけいめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 春和景明 【読み方】 しゅんわけいめい 【意味】 穏やかでひざしが明るい春の陽気のこと。 【語源・由来】 范仲淹「岳陽楼記」より。「春和」は和らいだ春という意味。「景明」はひざしが明るいこと。 春和景明(し…

「し」で始まる四字熟語

醇風美俗【じゅんぷうびぞく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 醇風美俗 【読み方】 じゅんぷうびぞく 【意味】 人情が厚くうるわしい風俗や習慣。 【語源・由来】 「醇風」は善良で人情の厚い風俗のこと。「美俗」は美しい風俗のこと。 【類義語】 ・良風美俗(りょうふうびぞ…

「し」で始まる四字熟語

駿足長阪【しゅんそくちょうはん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 駿足長阪 【読み方】 しゅんそくちょうはん 【意味】 すぐれた人物が、困難を恐れずに自分の才能を試してみたいと思うこと。 【語源・由来】 陸厥の文より。「駿足」は足の速いすぐれた馬のこと。「長阪」は長い坂道…

「し」で始まる四字熟語

春愁秋思【しゅんしゅうしゅうし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 春愁秋思 【読み方】 しゅんしゅうしゅうし 【意味】 春の日の物憂さと秋の日の物思い。気候のいいときになんとなく気がふさぐこと。また、いつも心に悲しみや悩みを抱いていること。 【語源・由来】 白居易「陵園妾…

「し」で始まる四字熟語

蓴羹鱸膾【じゅんこうろかい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蓴羹鱸膾 【読み方】 じゅんこうろかい 【意味】 故郷を懐かしく思う情。 【語源・由来】 『晋書』「張翰伝」より。「蓴羹」は蓴菜(じゅんさい)の吸い物(羹あつもの)。「鱸膾」は鱸の切り身料理(膾なます)。晋…

「し」で始まる四字熟語

純一無雑【じゅんいつむざつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 純一無雑 【読み方】 じゅんいつむざつ 【意味】 まったく混じりけがないこと。また、性質がすなおで偽りや邪心がない人物のこと。 【語源・由来】 「純一」「無雑」はともに純粋で混じりけがないこと。 純一無雑(…

「し」で始まる四字熟語

春蛙秋蝉【しゅんあしゅうぜん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 春蛙秋蝉 【読み方】 しゅんあしゅうぜん 【意味】 無用の言論。 【語源・由来】 『物理論』より。春のかえると秋のせみ。どちらもやかましく鳴きわめく。人間のわめきちらすのも春のかえるや秋のせみのようなものだ…

「し」で始まる四字熟語

株連蔓引【しゅれんまんいん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 株連蔓引 【読み方】 しゅれんまんいん 【意味】 株やつるがつらなっているように、関係した者が残らず罰せられること。 【語源・由来】 蘇轍の文より。 「株連」は一人の罪の罰が数人をまきぞえにすること。「蔓引…

「し」で始まる四字熟語

珠聯璧合【しゅれんへきごう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 珠聯璧合 【読み方】 しゅれんへきごう 【意味】 りっぱな才能のある人々が集まるたとえ。転じて、新婚を祝う語として用いられる。 【語源・由来】 庾信(ゆしん)の文より。「珠」と「璧」が連合するという意味。「…

「し」で始まる四字熟語

儒林棟梁【じゅりんのとうりょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 儒林棟梁 【読み方】 じゅりんのとうりょう 【意味】 儒学者の世界で、重任にある人のこと。 【語源・由来】 「儒林」は儒学者の仲間のこと、「棟梁」は統率者・かしらという意味。 儒林棟梁(じゅりんのとうりょう…

「し」で始まる四字熟語

朱墨爛然【しゅぼくらんぜん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 朱墨爛然 【読み方】 しゅぼくらんぜん 【意味】 学問や研究に専念することのたとえ。 【語源・由来】 『国朝漢学師承記』「七」より。読書するのに朱色の墨で書き入れするので本が真っ赤になる。「朱墨」は朱色の墨…

「し」で始まる四字熟語

手舞足踏【しゅぶそくとう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 手舞足踏 【読み方】 しゅぶそくとう 【意味】 うれしくて思わず小躍りすることのたとえ。躍り上がって大喜びすることの形容。両手で舞い、両足で飛び跳ねるという意味。 【語源・由来】 『詩経』「周南・関雎・序」…

「し」で始まる四字熟語

酒嚢飯袋【しゅのうはんたい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 酒嚢飯袋 【読み方】 しゅのうはんたい 【意味】 無知無能の人。 【語源・由来】 『晋書』〈左思伝〉より。「酒嚢」は酒を入れるかめ。「飯袋」はめしを入れる袋。人間もただ酒を飲むだけ、飯を食うだけでは酒がめや…

「し」で始まる四字熟語

殊塗同帰【しゅとどうき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 殊塗同帰 【読み方】 しゅとどうき 【意味】 帰着するところは同じだが、そこに至る道が異なること。 【語源・由来】 『易経』「繋辞伝・下」より。「同帰」は同じところに行きつくこと。「殊」は異なるという意味。…

「し」で始まる四字熟語

出将入相【しゅっしょうにゅうしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 出将入相 【読み方】 しゅっしょうにゅうしょう 【意味】 文武の才を兼ね備えた人物のたとえ。朝廷から出れば将軍として軍を指揮し、朝廷の中にいれば宰相として力を発揮する。 【語源・由来】 『旧唐書』「李徳裕伝…

「し」で始まる四字熟語

出谷遷喬【しゅっこくせんきょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 出谷遷喬 【読み方】 しゅっこくせんきょう 【意味】 出世すること。 【語源・由来】 『詩経』「小雅・伐木」より。春になって鳥が谷から出て(出谷)、高い木に移る(遷喬)という意味。転じて人が低い地位から高い…

「し」で始まる四字熟語

朮羹艾酒【じゅっこうがいしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 朮羹艾酒 【読み方】 じゅっこうがいしゅ 【意味】 朮でつくった羹(吸い物)とよもぎがはいった酒のこと。 【語源・由来】 「朮」は薬草の名。また、「艾」はよもぎ。昔、洛陽の人たちが五月の節句を祝うためにつく…

「し」で始まる四字熟語

寿則多辱【じゅそくたじょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 寿則多辱 【読み方】 じゅそくたじょく 【意味】 長生きをするということは、それだけ恥をかくことも多いということ。 【語源・由来】 『荘子』「天地」より。「寿」は長生き、長生きをすること。 寿則多辱(じゅそ…

「し」で始まる四字熟語

衆生済度【しゅじょうさいど】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 衆生済度 【読み方】 しゅじょうさいど 【意味】 仏道によって生きているものすべてを迷いから救い、悟りの境地へ導くこと。 【語源・由来】 「衆生」はすべての生きもの、「済度」は仏道によって苦海から救い出し、…

「し」で始まる四字熟語

珠襦玉匣【しゅじゅぎょっこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 珠襦玉匣 【読み方】 しゅじゅぎょっこう 【意味】 美しいもののたとえ。黄金の糸で珠玉を縫い合わせて作った短衣と玉を飾りつけた美しい箱の意味。昔、帝王や諸侯など高貴な人の死を送るのに用いた。 【語源・由来】…

「し」で始まる四字熟語

輸攻墨守【しゅこうぼくしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 輸攻墨守 【読み方】 しゅこうぼくしゅ 【意味】 攻める方も守る方も知略を尽くすたとえ。公輸般(盤ともいう)が強く攻め墨子が固く守るという意味。「輸」は魯国の名工で城を攻める兵器の雲梯(雲まで届くはしご)を…

「し」で始まる四字熟語

夙夜夢寐【しゅくやむび】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 夙夜夢寐 【読み方】 しゅくやむび 【意味】 朝早くから夜おそくまで。また、寝てもさめても、終日絶えずということ。 【語源・由来】 『後漢書』「朗顗伝」より。朝早くから夜寝て夢の中でも思うという意味から。「…

「し」で始まる四字熟語

縮地補天【しゅくちほてん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 縮地補天 【読み方】 しゅくちほてん 【意味】 政治上の改革を行うこと。 【語源・由来】 『旧唐書』「音楽志」より。「地」は実際の政治、「天」は政治理念のたとえ。政治を正して、政治理念の不足を補うということ…

「し」で始まる四字熟語

熟思黙想【じゅくしもくそう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 熟思黙想 【読み方】 じゅくしもくそう 【意味】 物事を沈黙してじっくりと考えること。 【語源・由来】 「熟思」はよくよく考えること。「黙想」はだまって思いにふけるという意味。 【類義語】 ・沈思凝想(ちん…

「し」で始まる四字熟語

夙興夜寝【しゅくこうやしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 夙興夜寝 【読み方】 しゅくこうやしん 【意味】 朝は早く起き、夜は遅く寝て、日夜、職務に精励すること。 【語源・由来】 『詩経』「衛風・氓」より。「夙興」は朝早く起きること。「夜寝」は夜中になって就寝する…

「し」で始まる四字熟語

縮衣節食【しゅくいせっしょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 縮衣節食 【読み方】 しゅくいせっしょく 【意味】 節約・倹約すること。衣服や食事をはぶき倹約するという意味。 【語源・由来】 陸游の詩より。「節」ははぶく、倹約するという意味。 【類義語】 ・悪衣悪食(あ…

「し」で始まる四字熟語

酒甕飯嚢【しゅおうはんのう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 酒甕飯嚢 【読み方】 しゅおうはんのう 【意味】 無知無能の人。 【語源・由来】 『晋書』「左思伝」より。「酒甕」は酒を入れるかめ。「飯嚢」はめしを入れる袋。人間もただ酒を飲むだけ、飯を食うだけでは酒がめや…

「し」で始まる四字熟語

戢鱗潜翼【しゅうりんせんよく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 戢鱗潜翼 【読み方】 しゅうりんせんよく 【意味】 志を抱いて時機の到来をじっと待つたとえ。 【語源・由来】 『晋書』<宣帝記>より。「戢」はおさめるという意味で、「戢鱗」は竜がうろこをつぼめてじっとしてい…

「し」で始まる四字熟語

襲名披露【しゅうめいひろう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 襲名披露 【読み方】 しゅうめいひろう 【意味】 親または師匠の名前を継いだことを公表すること。 【語源・由来】 「襲名」は名前や受け継ぐこと、「披露」は公に発表すること。 襲名披露(しゅうめいひろう)の使…

「し」で始まる四字熟語

衆妙之門【しゅうみょうのもん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 衆妙之門 【読み方】 しゅうみょうのもん 【意味】 万物の出てくる根源。 【語源・由来】 『老子』「一章」より。「衆」は多くの意味。「妙」はすぐれた、ふしぎ、神妙という意味。「衆妙」は多くのすぐれた道理の意…

「し」で始まる四字熟語

十万億土【じゅうまんおくど】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 十万億土 【読み方】 じゅうまんおくど 【意味】 極楽浄土のこと。 【語源・由来】 仏教語で、この世から西方の阿弥陀仏がいる極楽浄土に至るまでの非常に遠い道のりのこと。 【類義語】 ・極楽浄土(ごくらくじょ…

「し」で始まる四字熟語

聚蚊成雷【しゅうぶんせいらい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 聚蚊成雷 【読み方】 しゅうぶんせいらい 【意味】 小さなものも、たくさん集まると大きな力になるということ。また、多くの人が口をそろえて言いたてて、害悪を生じること。 【語源・由来】 『漢書』「景十三王伝」…

「し」で始まる四字熟語

秋風落莫【しゅうふうらくばく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 秋風落莫 【読み方】 しゅうふうらくばく 【意味】 勢いが衰えてものさびしいさま。秋風がものさびしく吹くさま。 【語源・由来】 「落莫」はむなしくものさびしいという意味。夏の盛りのあとの、秋風が吹いてものさ…

「し」で始まる四字熟語

戎馬倥偬【じゅうばこうそう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 戎馬倥偬 【読み方】 じゅうばこうそう 【意味】 戦場にあって忙しく軍務を行うこと。 【語源・由来】 「戎馬」は武器と軍馬のことから戦争という意味。「倥偬」はあわただしいこと。軍人の生活をいう。 【類義語】…

「し」で始まる四字熟語

十年一剣【じゅうねんいっけん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 十年一剣 【読み方】 じゅうねんいっけん 【意味】 長年武芸の修養をつんで、力を発揮する機会を待つこと。 【語源・由来】 賈島「剣客-詩」より。十年の間、一ふりの剣を磨き続けるという意味から。 十年一剣(じ…

「し」で始まる四字熟語

終南捷径【しゅうなんしょうけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 終南捷径 【読み方】 しゅうなんしょうけい 【意味】 終南山には仕官への近道がある。また、正規の段階をふむことなく官職につく法をいう。終南山に隠居して隠者のふりをすると名を世に知られ士官の道が得やすいという…

「し」で始まる四字熟語

縦塗横抹【じゅうとおうまつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 縦塗横抹 【読み方】 じゅうとおうまつ 【意味】 乱暴に書きなぐること。 【語源・由来】 「抹」は塗り消すという意味。縦に塗り横に塗り消すという意味から、縦横に書いたり消したりすること。 縦塗横抹(じゅうと…

「し」で始まる四字熟語

獣蹄鳥跡【じゅうていちょうせき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 獣蹄鳥跡 【読み方】 じゅうていちょうせき 【意味】 世の中が乱れてけものや鳥が横行すること。 【語源・由来】 『孟子』「滕文公・上」より。「獣蹄」はけもののあしあと。「鳥跡」は鳥のあしあと。 獣蹄鳥跡(じ…

「し」で始まる四字熟語

舟中敵国【しゅうちゅうてきこく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 舟中敵国 【読み方】 しゅうちゅうてきこく 【意味】 自分の味方だと思っていた側近や親近者がそむき離れるたとえ。味方でも敵になることがあるということ。 【語源・由来】 『史記』「呉起伝」より。同じ舟に乗って…

「し」で始まる四字熟語

秋霜三尺【しゅうそうさんじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 秋霜三尺 【読み方】 しゅうそうさんじゃく 【意味】 研ぎすました刀剣。 【語源・由来】 「秋霜」は秋の霜が冷ややかに厳しく光るので剣のたとえ。また「三尺」は刀剣の長さからいう。 【類義語】 ・三尺秋水(さ…

「し」で始まる四字熟語

十全十美【じゅうぜんじゅうび】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 十全十美 【読み方】 じゅうぜんじゅうび 【意味】 全てが完全で整っていること。欠点がまったくなく完全なこと。 【類義語】 ・尽善尽美(じんぜんじんび) ・完全無欠(かんぜんむけつ) 十全十美(じゅうぜんじ…

「し」で始まる四字熟語

衆酔独醒【しゅうすいどくせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 衆酔独醒 【読み方】 しゅうすいどくせい 【意味】 周囲の人はみな道をはずれており、自分だけが正しいということ。 【語源・由来】 『史記』「屈原伝」より。多くの人が酔っぱらっているが、自分独りだけ醒めている…

「し」で始まる四字熟語

修身斉家【しゅうしんせいか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 修身斉家 【読み方】 しゅうしんせいか 【意味】 自身の身を修め行いを正し円満な家庭を築くこと。 【語源・由来】 『大学』より。「修身」は心がけや身の行いを正しくする。「斉家」は家を整え治める。「斉」はとと…

「し」で始まる四字熟語

袖手傍観【しゅうしゅぼうかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 袖手傍観 【読み方】 しゅうしゅぼうかん 【意味】 何もしないでそばで見ていること。ただ傍らで見ているだけで成り行きにまかせるという意味。また、思案にくれるさま。 【語源・由来】 韓愈の「祭柳子厚文」より。…

「し」で始まる四字熟語

獣聚鳥散【じゅうしゅうちょうさん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 獣聚鳥散 【読み方】 じゅうしゅうちょうさん 【意味】 統率や規律のとれていない集まりのたとえ。けもののように集まり、鳥のように散り行くという意味。 【語源・由来】 『漢書』「主父偃伝」より。鳥やけものは集…

「し」で始まる四字熟語

聚散十春【しゅうさんじっしゅん 】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 聚散十春 【読み方】 しゅうさんじっしゅん 【意味】 別離のあとまたたくまに歳月が経過したということ。 【語源・由来】 杜甫の詩より。「聚」は人々の集まり・なかまという意味。「十春」は十年という意味。 聚散…

「し」で始まる四字熟語

修己治人【しゅうこちじん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 修己治人 【読み方】 しゅうこちじん 【意味】 自分に徳を積んで世を治めること。自己を修養して徳を積み、その徳で人々を感化して世を安らかに治めること。 【語源・由来】 朱熹「大学章句」<序>より。 修己治人…

「し」で始まる四字熟語

十五志学【じゅうごしがく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 十五志学 【読み方】 じゅうごしがく 【意味】 十五歳で学問の道にこころざす。 【語源・由来】 『論語』「為政」より。「志学」は学問をしようと決意すること。孔子が自分の生涯を述懐した語。孔子のこの語から、「…

「し」で始まる四字熟語

秋高馬肥【しゅうこうばひ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 秋高馬肥 【読み方】 しゅうこうばひ 【意味】 空高く澄み渡ったさわやかな秋の季節をいう。秋の空が高く澄み渡り、馬も食欲が盛んでよく肥えるという意味。 【語源・由来】 『漢書』「趙充国伝」より。もとは中国北…

「し」で始まる四字熟語

秋毫之末【しゅうごうのすえ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 秋毫之末 【読み方】 しゅうごうのすえ 【意味】 ほんの少し。ごく小さい微細なものをいう。 【語源・由来】 『孟子』「梁恵王・上」より。「秋毫」は秋に生えかわって出てくる動物の細い毛、「末」はその細い毛の末…

「し」で始まる四字熟語

重厚長大【じゅうこうちょうだい】の意味と使い方の例文(対義語)

【四字熟語】 重厚長大 【読み方】 じゅうこうちょうだい 【意味】 どっしりとして大きいさま。人の性格や構造物などについていう。 【対義語】 ・軽薄短小(けいはくたんしょう) 重厚長大(じゅうこうちょうだい)の使い方 重…

「し」で始まる四字熟語

衆口一致【しゅうこういっち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 衆口一致 【読み方】 しゅうこういっち 【意味】 全員の言うことがぴったり合うこと。 【語源・由来】 「衆口」は多くの人の口から出る言葉・多くの人の評判のこと。「一致」は全体が一つになるという意味。 【類義…

「し」で始まる四字熟語

衆賢茅茹【しゅうけんぼうじょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 衆賢茅茹 【読み方】 しゅうけんぼうじょ 【意味】 多くの賢人が協力しあうこと。 【語源・由来】 『易経』「泰」より。「衆賢」はたくさんの賢者のこと。「茅茹」は茅の根が連なっているさまをいう語。賢人は自分だ…

「し」で始まる四字熟語

羞月閉花【しゅうげつへいか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 羞月閉花 【読み方】 しゅうげつへいか 【意味】 美しい女性のこと。 【語源・由来】 「羞」は恥らうという意味。あまりの美しさに、月も羞じらい花も閉じてしまうという意味。 【類義語】 ・羞花閉月(しゅうかへ…

「し」で始まる四字熟語

愁苦辛勤【しゅうくしんきん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 愁苦辛勤 【読み方】 しゅうくしんきん 【意味】 非常に憂え苦しむこと。また、その苦しみ。 【語源・由来】 白居易の「王昭君・詩」より。「愁苦」は憂え苦しむという意味。 愁苦辛勤(しゅうくしんきん)の使い方…

「し」で始まる四字熟語

羞花閉月【しゅうかへいげつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 羞花閉月 【読み方】 しゅうかへいげつ 【意味】 美しい女性のこと。 【語源・由来】 「羞」ははじらうという意味。あまりの美しさに、月も羞じらい花も閉じてしまうという意味。 【類義語】 ・羞月閉花(しゅうげ…

「し」で始まる四字熟語

衆寡不敵【しゅうかふてき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 衆寡不敵 【読み方】 しゅうかふてき 【意味】 少数は多数にかなわない。戦争の勝負では人数が多いほうが有利であるということ。 【語源・由来】 『三国志』「魏志・張範伝」より。「衆」は多数、「寡」は少数という…

「し」で始まる四字熟語

秀外恵中【しゅうがいけいちゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 秀外恵中 【読み方】 しゅうがいけいちゅう 【意味】 容姿が美しく心もやさしいこと。また、外見が立派で心もさといこと。女性についていう語。 【語源・由来】 韓愈の文より。「秀外」は外にあらわれた容貌が美しい…

「し」で始まる四字熟語

拾遺補闕【しゅういほけつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 拾遺補闕 【読み方】 しゅういほけつ 【意味】 見逃している過失をみつけて、それを正し補うこと。 【語源・由来】 司馬遷の「報任少卿書」より。「拾遺」は君主が気づかない過失を見つけること。「補闕」は天子の過…

「し」で始まる四字熟語

醜悪奸邪【しゅうあくかんじゃ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 醜悪奸邪 【読み方】 しゅうあくかんじゃ 【意味】 非常にみにくくよこしまなこと。また、そういう人。 【語源・由来】 「醜悪」はみにくい、見苦しいという意味。「奸邪」はよこしまなこと。 醜悪奸邪(しゅうあく…

「し」で始まる四字熟語

舎本逐末【しゃほんちくまつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 舎本逐末 【読み方】 しゃほんちくまつ 【意味】 物事の根幹となる事をおろそかにして、つまらないことに関心をもつこと。 【語源・由来】 「舎」は「捨」と同じで「舎本」は根本を捨てるという意味。「逐末」は瑣末…

「し」で始まる四字熟語

煮豆燃萁【しゃとうねんき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 煮豆燃萁 【読み方】 しゃとうねんき 【意味】 兄弟の仲が悪く、争い合うこと。 【語源・由来】 曹植の「七歩詩」より。「煮豆」は豆殻のことで、「燃萁」は豆殻を燃やす意味。中国三国時代、魏の曹丕・曹植の兄弟は…

「し」で始まる四字熟語

寂光浄土【じゃっこうじょうど】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 寂光浄土 【読み方】 じゃっこうじょうど 【意味】 仏の住んでいる世界。また、仏道に励んで究極の悟りに達した境界のこと。 「寂」は真理の静寂、「光」は真知の光照。「浄土」は汚れのない国。 【語源・由来】 『…

「し」で始まる四字熟語

舎短取長【しゃたんしゅちょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 舎短取長 【読み方】 しゃたんしゅちょう 【意味】 短所や欠点をすてて、長所を伸ばすこと。また、つまらないものを排除して、よいものを取りあげること。 【語源・由来】 『漢書』「芸文志」より。「舎」は「捨」と…

「し」で始まる四字熟語

射石飲羽【しゃせきいんう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 射石飲羽 【読み方】 しゃせきいんう 【意味】 精神を集中して必死の思いで事にのぞめば、どんな困難なことでもできるということ。 【語源・由来】 『韓詩外伝』「六」より。「射石」は矢で石を射ること。「飲羽」は…

「し」で始まる四字熟語

車水馬竜【しゃすいばりょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 車水馬竜 【読み方】 しゃすいばりょう 【意味】 車馬の往来のにぎやかなさま。非常ににぎわっているさま。 【語源・由来】 『後漢書』「明徳馬皇后紀」より。車は流れる水のようにとめどなく、馬は竜のようにつらな…

「し」で始まる四字熟語

社稷之守【しゃしょくのまもり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 社稷之守 【読み方】 しゃしょくのまもり 【意味】 国家の守りとなる臣。 【語源・由来】 『国語』「晋語」より。「社稷」は土地の神と五穀の神。昔、天子は宮殿の右にその二神を、左に先祖のみたまを祭ったことから…

「し」で始まる四字熟語

社稷之臣【しゃしょくのしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 社稷之臣 【読み方】 しゃしょくのしん 【意味】 国家の重臣。 【語源・由来】 論語「季氏」より。「社」は土地の神、「稷」は五穀の神で、ともに国家の重要な守り神。「社稷」は転じて国家という意味。 社稷之臣(…

「し」で始まる四字熟語

射将先馬【しゃしょうせんば】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 射将先馬 【読み方】 しゃしょうせんば 【意味】 目的を達成するためには、まず相手がよりどころとしているものを攻めるのがよいということ。 【語源・由来】 杜甫の「前出塞・詩」より。 馬上の武将を射とめるには…

「し」で始まる四字熟語

奢侈文弱【しゃしぶんじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 奢侈文弱 【読み方】 しゃしぶんじゃく 【意味】 おごり、ぜいたくをつくし、文事ばかりにふけって、おとなしく、気が弱いこと。 【語源・由来】 「奢侈」は分限を超えた暮らしをすること。「奢」も「侈」もおごる、…

「し」で始まる四字熟語

奢侈淫佚【しゃしいんいつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 奢侈淫佚 【読み方】 しゃしいんいつ 【意味】 度をこしたぜいたくをし、不道徳な楽しみにふけること。 【語源・由来】 「奢侈」は必要以上のぜいたくのこと。「淫佚」はみだらでだらしがないという意味。 【類義語…

「し」で始まる四字熟語

車載斗量【しゃさいとりょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 車載斗量 【読み方】 しゃさいとりょう 【意味】 人や物の数や量が多くてはかりきれないことのたとえ。 【語源・由来】 『三国志』「呉書・呉主権伝・注」より。車に載せ、ますで量るという意味。「斗」はます、「量…

「し」で始まる四字熟語

捨根注枝【しゃこんちゅうし】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 捨根注枝 【読み方】 しゃこんちゅうし 【意味】 大切でない部分に心を奪われて、物事の根本を忘れること。また、本質的な原因を探求しないで結果だけを問題にすること。 【類義語】 ・釈根灌枝(しゃくこんかんし)…

「し」で始まる四字熟語

車蛍孫雪【しゃけいそんせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 車蛍孫雪 【読み方】 しゃけいそんせつ 【意味】 苦学のたとえ。 【語源・由来】 車胤は蛍の光で読書し、孫康は月明かりの下で雪に照らして書物を読んだ。 【類義語】 ・蛍雪之功(けいせつのこう) ・車胤聚蛍(…

「し」で始まる四字熟語

寂滅為楽【じゃくめついらく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 寂滅為楽 【読み方】 じゃくめついらく 【意味】 迷いから解放された悟りの境地に、真の安楽があるということ。 【語源・由来】 『涅槃経』より。仏教語。「寂滅」は「涅槃」と同義で、煩悩を捨て去った悟りの境地の…

「し」で始まる四字熟語

杓子果報【しゃくしかほう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 杓子果報 【読み方】 しゃくしかほう 【意味】 運に恵まれること。 【語源・由来】 「杓子」は菜・汁を盛る具、「果報」はしあわせ。食べ物が杓子に山盛りに配られるしあわせという意味から。 杓子果報(しゃくしか…

「し」で始まる四字熟語

釈根灌枝【しゃくこんかんし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 釈根灌枝 【読み方】 しゃくこんかんし 【意味】 大切でない部分に心を奪われて、物事の根本を忘れること。また、本質的な原因を探求しないで結果だけを問題にすること。 【語源・由来】 『淮南子』「泰族訓」より。…

「し」で始まる四字熟語

舎近求遠【しゃきんきゅうえん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 舎近求遠 【読み方】 しゃきんきゅうえん 【意味】 身近に良いものがあることがわからず、遠くまでさがし求めること。 【語源・由来】 「舎」は「捨」と同じで、「舎近」は近くにあるものを捨てること。「求遠」は遠…

「し」で始まる四字熟語

社燕秋鴻【しゃえんしゅうこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 社燕秋鴻 【読み方】 しゃえんしゅうこう 【意味】 出会ったかと思うとまたすぐ別れることのたとえ。 【語源・由来】 蘇軾の詩より。「社燕」は春の社日(立春から五番目の戊の日)に来て、秋の社日(立春から五番目…

「し」で始まる四字熟語

車胤聚蛍【しゃいんしゅうけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 車胤聚蛍 【読み方】 しゃいんしゅうけい 【意味】 苦学のたとえ。 【語源・由来】 『蒙求』「車胤聚蛍」より。車胤は蛍を集めてその光で読書した。「車胤」は東晋の人。「聚」は集める。車胤は若いとき勤勉であった…