CATEGORY 漢検3級の四字熟語一覧

《漢検3級のレベル》
中学校卒業程度

「こ」で始まる四字熟語

黒歯彫題【こくしちょうだい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黒歯彫題 【読み方】 こくしちょうだい 【意味】 おはぐろをした歯と入れ墨をした額のこと。 【語源・由来】 『楚辞』「招魂」より。「黒歯」は黒くそめた歯のこと。「題」は額のこと。「彫題」は、入れ墨をした額の…

「こ」で始まる四字熟語

功徳兼隆【こうとくけんりゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 功徳兼隆 【読み方】 こうとくけんりゅう 【意味】 成し遂げた事績と備わっている人徳とがきわめて盛んなこと。 【語源・由来】 『新唐書』「太宋紀」より。「功徳」は功績と人徳。「兼隆」は盛んな様子。中国の唐の…

「こ」で始まる四字熟語

黄道吉日【こうどうきちにち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黄道吉日 【読み方】 こうどうきちにち 【意味】 日がらのよい日。吉日。 【語源・由来】 「黄道」は地球から見て、太陽が地球を中心に運行するように見える軌道を表す大きな円のこと。陰陽道の言葉で、全てがうまく…

「こ」で始まる四字熟語

黄中内潤【こうちゅうないじゅん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 黄中内潤 【読み方】 こうちゅうないじゅん 【意味】 才能や徳を表に出さず、内に秘めていること。 【語源・由来】 『魏書』「高允伝」より。「黄」は五色(青、赤、黄、白、黒)の真ん中にあることから、中央を表す…

「こ」で始まる四字熟語

考績幽明【こうせきゆうめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 考績幽明 【読み方】 こうせきゆうめい 【意味】 成績を調べて賢明な者を進め、暗愚なものを退けること。 【語源・由来】 「書経」舜典より。「考績」は官吏の成績を調べることで、考課の意味。「幽明」は暗愚と賢明…

「こ」で始まる四字熟語

孔席墨突【こうせきぼくとつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孔席墨突 【読み方】 こうせきぼくとつ 【意味】 物事に忙しく奔走して休む暇のないたとえ。「孔席暖まらず墨突黔まず」を略した言葉。 【語源・由来】 「文選」班固「答賓戯」より。「孔」は儒家の孔子。「席」は座…

「こ」で始まる四字熟語

功成名遂【こうせいめいすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 功成名遂 【読み方】 こうせいめいすい 【意味】 りっぱな業績をあげて、世間から高い評価を受けること。「功成り名を遂ぐ」の形で用いることが多い言葉。 【語源・由来】 「老子」九章より。 【スポンサーリンク】…

「こ」で始まる四字熟語

好事多魔【こうじたま】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 好事多魔 【読み方】 こうじたま 【意味】 よい出来事には邪魔が入ることが多いということ。 【語源・由来】 「西廂記」一より。「魔」は邪魔や災難、災いのこと。男女の交際などで邪魔が入ったり、もめごとが起きた…

「こ」で始まる四字熟語

光彩奪目【こうさいだつもく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 光彩奪目 【読み方】 こうさいだつもく 【意味】 とても鮮やかで、目を見開いてみとれるほど美しいこと。 【語源・由来】 「奪目」は目を奪うという意味から、見とれさせること。 【類義語】 ・光彩陸離(こうさい…

「こ」で始まる四字熟語

巧言乱徳【こうげんらんとく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 巧言乱徳 【読み方】 こうげんらんとく 【意味】 口先だけの奇麗事を言うことは、人の心を惑わし、徳を乱すことになるという意味。 【語源・由来】 「論語」衛霊公より。「巧言」は相手に気に入られるように飾った言…