CATEGORY 「こ」で始まる四字熟語

「こ」で始まる四字熟語

甲論乙駁【こうろんおつばく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 甲論乙駁 【読み方】 こうろんおつばく 【意味】 いろいろな意見が出たり、お互いがあれこれ主張して意見がまとまらないこと。 【語源・由来】 甲の人が論ずると、乙の人がそれに反駁(はんばく)するというように、…

「こ」で始まる四字熟語

高論卓説【こうろんたくせつ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来)

【四字熟語】 高論卓説 【読み方】 こうろんたくせつ 【意味】 すぐれた意見や議論のこと。 【語源・由来】 「高」とは、非常に程度が高いこと。 「卓」とは、他に抜き出てすぐれていること。 【類義語】 ・高論名説(こうろん…

「こ」で始まる四字熟語

狐疑逡巡【こぎしゅんじゅん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来)

【四字熟語】 狐疑逡巡 【読み方】 こぎしゅんじゅん 【意味】 疑ったり、ためらったりして、なかなか決断がつかずにぐずぐずしていること。 優柔不断なこと。 【語源・由来】 「狐疑(こぎ)」とは、疑い深いきつねのように、疑…

「こ」で始まる四字熟語

呉牛喘月【ごぎゅうぜんげつ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来)

【四字熟語】 呉牛喘月 【読み方】 ごぎゅうぜんげつ 【意味】 過度におびえることのたとえ。 また、疑いの心があると、なんでもないことにも恐れたり、疑ったりしてしまうことのたとえ。 【語源・由来】 「呉」とは、中国南方の…

「こ」で始まる四字熟語

極悪非道【ごくあくひどう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 極悪非道 【読み方】 ごくあくひどう 【意味】 この上ないほど悪く、道理にはずれていること。また、そのさま。 【語源・由来】 「極悪(ごくあく)」とは、悪逆極まりないこと。 「非道(ひどう)」とは、道理や人…

「こ」で始まる四字熟語

国士無双【こくしむそう】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】 国士無双 【読み方】 こくしむそう 【意味】 国の中で並ぶものがいないほど、すぐれた人のこと。 【語源・由来】 「国士(こくし)」とは、国の中で傑出したひとのこと。 「無双(むそう)」とは、この世に二つとな…

「こ」で始まる四字熟語

荒涼索莫【こうりょうさくばく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 荒涼索莫 【読み方】 こうりょうさくばく 【意味】 心を満たすものがなく、もの寂しく感じるさま。荒涼として気のめいるさま。 【語源・由来】 「荒涼」も「索莫」も、もの寂しくて気のめいるさまから。 【類義語】…

「こ」で始まる四字熟語

紅毛碧眼【こうもうへきがん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 紅毛碧眼 【読み方】 こうもうへきがん 【意味】 西洋人のこと。 【語源・由来】 「紅毛」は赤色の髪の毛、「碧眼」は青色の目。江戸時代は、ポルトガル人やスペイン人のことを「南蛮人」と言っていたのに対して、オ…

「こ」で始まる四字熟語

孔明臥竜【こうめいがりょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 孔明臥竜 【読み方】 こうめいがりょう 【意味】 民間に隠れている優れた人物。 【語源・由来】 中国三国時代、蜀(しょく)の諸葛亮孔明が隠れ住んでいたとき、潜んでいる竜のように優れた人物であると世間の評判だ…