CATEGORY 漢検1級の四字熟語一覧

《漢検1級のレベル》
大学・一般程度

「さ」で始まる四字熟語

左顧右眄【さこうべん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 左顧右眄 【読み方】 さこうべん 【意味】 周りを気にして、なかなか決断を下さないこと。他人の様子をうかがって、決断をためらうこと。左を見たり右を見たりする意から。もとは、ゆったりと得意で余裕のある様子をい…

「し」で始まる四字熟語

牀上施牀【しょうじょうししょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 牀上施牀 【読み方】 しょうじょうししょう 【意味】 無意味な重複、新味のないこと、独創性のないことのたとえ。 【語源・由来】 床の上に床を張るという意味から。 【典拠・出典】 『顔氏家訓』「序致」 【類義…

「し」で始まる四字熟語

畳牀架屋【じょうしょうかおく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 畳牀架屋 【読み方】 じょうしょうかおく 【意味】 重複して、無駄なことをすること。床の上に床を張り、屋根の上にさらに屋根を作るという意味。また、真似ばかりしていることもいう。 【語源・由来】 「畳」は、重…

「ずうずうしい」の四字熟語一覧

無慙無愧【むざんむき】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 無慙無愧 【読み方】 むざんむき 【意味】 悪事を働いても、それを恥じることなく平気でいること。仏教語。 【語源・由来】 「無慙」は自分の犯した罪を、仏の教えを破りながらもそれを恥じない心。「無愧」は自分の…

「ふ」で始まる四字熟語

不屈不撓【ふくつふとう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・対義語)

【四字熟語】 不屈不撓 【読み方】 ふくつふとう 【意味】 決してくじけないこと。 【語源・由来】 「不屈」「不撓」ともに、くじけないこと。「撓」は、くじける。 【典拠・出典】 『漢書』「叙伝」 【類義語】 ・独立不撓(…

「せ」で始まる四字熟語

戦戦兢兢【せんせんきょうきょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 戦戦兢兢 【読み方】 せんせんきょうきょう 【意味】 恐れてびくびくしている様子。何かに恐れて気をつけ慎む様子。 【語源・由来】 「戦戦」は震えて恐れること。「兢兢」は緊張して恐れるさま、恐れて戒め慎むさま…

「し」で始まる四字熟語

焦頭爛額【しょうとうらんがく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 焦頭爛額 【読み方】 しょうとうらんがく 【意味】 事前の予防を考えた者を賞さず、末端の些末なものを重視するたとえ。根本を忘れ、些末なことを重視するたとえ。また、処理に手こずりせっぱつまって苦労することのた…

「し」で始まる四字熟語

常山蛇勢【じょうざんのだせい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 常山蛇勢 【読み方】 じょうざんのだせい 【意味】 統一がとれていて、欠陥やすきがまったくないこと。どこをとっても整然として、うまく組み立てられている文章や態勢のこと。また、先陣・後陣と右陣・左陣のどれもが…

「こ」で始まる四字熟語

五行相剋【ごぎょうそうこく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語・対義語)

【四字熟語】 五行相剋 【読み方】 ごぎょうそうこく 【意味】 水・火・金・木・土の五つの根元要素が互いに力を減じ合い、水は火に、火は金に、金は木に、木は土に、土は水に勝つという考え方。五行の徳を歴代の王朝にあてはめて変…

「こ」で始まる四字熟語

狡兎良狗【こうとりょうく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 狡兎良狗 【読み方】 こうとうりょうく 【意味】 戦ってきた敵国が滅びると、戦闘に功績のあった家臣が有害無用として殺されることのたとえ。転じて、役に立つときはさんざん利用され、不要になると見捨てられることの…

「わ」で始まる四字熟語

和羹塩梅【わこうあんばい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 和羹塩梅 【読み方】 わこうあんばい 【意味】 主君の施政を助けて天下をうまく治める大臣、宰相のこと。 【語源・由来】 種々の物をまぜ合わせて、味を調和させてつくった吸い物(あつもの)は、塩と、酸味をつける…

「ろ」で始まる四字熟語

籠鳥檻猿【ろうちょうかんえん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 籠鳥檻猿 【読み方】 ろうちょうかんえん 【意味】 自由を奪われ自分の思いどおりに生きることのできない境遇のたとえ。 【語源・由来】 かごの鳥とおりの中の猿。 【典拠・出典】 白居易「山中与元九書因題書後」…

「はっきりしない」の四字熟語一覧

矮子看戯【わいしかんぎ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 矮子看戯 【読み方】 わいしかんぎ 【意味】 見識のないことのたとえ。観劇のとき背の低い人が高い人のうしろで芝居を見ること。よく見えないことから、前人の批評や意見を聞き、よく考えずそれに同調すること。 【語…

「ろ」で始まる四字熟語

盧生之夢【ろせいのゆめ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 盧生之夢 【読み方】 ろせいのゆめ 【意味】 人の世の栄華のはかないことのたとえ。 【語源・由来】 唐の盧生という立身出世を望んでいた若者が邯鄲の町で道士の呂翁から枕を借りて寝たところ、栄華に満ちた一生の夢…