CATEGORY 漢検1級の四字熟語一覧

《漢検1級のレベル》
大学・一般程度

「わ」で始まる四字熟語

和羹塩梅【わこうあんばい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 和羹塩梅 【読み方】 わこうあんばい 【意味】 主君の施政を助けて天下をうまく治める大臣、宰相のこと。 【語源・由来】 『書経』「説命・下」より。種々の物をまぜ合わせて、味を調和させてつくった吸い物(あつも…

「ろ」で始まる四字熟語

籠鳥檻猿【ろうちょうかんえん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 籠鳥檻猿 【読み方】 ろうちょうかんえん 【意味】 自由を奪われ自分の思いどおりに生きることのできない境遇のたとえ。 【語源・由来】 白居易の文より。かごの鳥とおりの中の猿。 籠鳥檻猿(ろうちょうかんえん)…

「わ」で始まる四字熟語

矮子看戯【わいしかんぎ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 矮子看戯 【読み方】 わいしかんぎ 【意味】 見識のないことのたとえ。観劇のとき背の低い人が高い人のうしろで芝居を見ること。よく見えないことから、前人の批評や意見を聞き、よく考えずそれに同調すること。 【語…

「ろ」で始まる四字熟語

盧生之夢【ろせいのゆめ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 盧生之夢 【読み方】 ろせいのゆめ 【意味】 人の世の栄華のはかないことのたとえ。 【語源・由来】 沈既済『枕中記』より。唐の盧生という立身出世を望んでいた若者が邯鄲の町で道士の呂翁から枕を借りて寝たところ…

「ろ」で始まる四字熟語

鏤塵吹影【ろうじんすいえい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鏤塵吹影 【読み方】 ろうじんすいえい 【意味】 無駄な努力。やりがいのないことのたとえ。また、とりとめがない。影を吹いたり、細かなちりに刻みほろうとする意。 【語源・由来】 「鏤」はきざむこと。 鏤塵吹影…

「ろ」で始まる四字熟語

老驥伏櫪【ろうきふくれき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 老驥伏櫪 【読み方】 ろうきふくれき 【意味】 人が年老いてもなお大きな志をいだくことのたとえ。 【語源・由来】 曹操の「歩出夏門行」より。年老いた駿馬が用いられることなく、馬屋のねだに伏し横たわっていなが…

「ろ」で始まる四字熟語

螻蟻潰堤【ろうぎかいてい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 螻蟻潰堤 【読み方】 ろうぎかいてい 【意味】 ほんの些細なことが、大きな事件や事故の原因となること。 【語源・由来】 『韓非子』「喩老」より。「螻蟻」はけらとありのこと。「潰堤」は堤防が崩壊する意。けらや…

「れ」で始まる四字熟語

連璧賁臨【れんぺきひりん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 連璧賁臨 【読み方】 れんぺきひりん 【意味】 二人の来客が同時に来るのをいう。 【語源・由来】 「連璧」は客がつづいてくるのを二つ対の玉になぞらえたもので、才徳のすぐれた二人の友の意。「賁臨」は人が訪問し…

「れ」で始まる四字熟語

聯袂辞職【れんぺいじしょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 聯袂辞職 【読み方】 れんぺいじしょく 【意味】 大ぜいが行動を共にして、一斉に職を辞すること。 【語源・由来】 「聯袂」はたもとを連ねる意から、行動を共にすること。「聯」は「連」に同じく、連ねる意。 聯袂…

「れ」で始まる四字熟語

烈士徇名【れっしじゅんめい】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 烈士徇名 【読み方】 れっしじゅんめい 【意味】 道理のとおった正しい行いをする人は名誉のために命をかける。利益や地位などで動かされることなく道理を押し通して名誉を守るということ。 【語源・由来】 『史記』…

「れ」で始まる四字熟語

冷嘲熱罵【れいちょうねつば】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 冷嘲熱罵 【読み方】 れいちょうねつば 【意味】 冷ややかにあざけり熱心になじること。 【語源・由来】 上下二つずつで「あざけりなじる」意の「嘲」「罵」を分け配し、「冷」「熱」という形容の語を対でそれぞれに…

「れ」で始まる四字熟語

藜杖韋帯【れいじょういたい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 藜杖韋帯 【読み方】 れいじょういたい 【意味】 あかざの杖となめし皮の帯。質素なことの形容。 【語源・由来】 『陳書』「宣帝紀」より。「藜」はあかざ。この茎で杖を作る。「韋」はなめし皮。いずれも粗末なもの…

「り」で始まる四字熟語

竜虎相搏【りょうこそうはく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜虎相搏 【読み方】 りょうこそうはく 【意味】 強い者どうしが激しく戦うこと。竜と虎が戦う意から。 【語源・由来】 李白の詩より。 【類義語】 ・竜攘虎搏(りょうじょうこはく) ・竜拏虎擲(りょうだこてき…

「り」で始まる四字熟語

戮力同心【りくりょくどうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 戮力同心 【読み方】 りくりょくどうしん 【意味】 心を一つにして力を合わせ一致協力すること。 【語源・由来】 『春秋左氏伝』「成公一三年」より。「同心」は心を合わせること。「戮力」は力を合わせること、努力…

「れ」で始まる四字熟語

鴒原之情【れいげんのじょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鴒原之情 【読み方】 れいげんのじょう 【意味】 兄弟の深い情愛のこと。 【語源・由来】 『詩経』「小雅・常棣」より。「鴒」は水鳥の鶺鴒(せきれい)のこと。「鴒原」は水鳥である鶺鴒がいま高原で鳴いていること…

「れ」で始まる四字熟語

零絹尺楮【れいけんせきちょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 零絹尺楮 【読み方】 れいけんせきちょ 【意味】 書画の小片・絹や紙のきれはし。 【語源・由来】 「零」はあまり・はした・わずか。「尺楮」は手紙のこと。「楮」は製紙の原料のこうぞのこと。 零絹尺楮(れいけん…

「る」で始まる四字熟語

鏤塵吹影【るじんすいえい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鏤塵吹影 【読み方】 るじんすいえい 【意味】 無駄な努力。やりがいのないことのたとえ。また、とりとめがない、つかみどころがないことのたとえ。 【語源・由来】 『関尹子』より。影を吹いたり、細かなちりに刻み…

「り」で始まる四字熟語

琳琅満目 【りんろうまんもく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 琳琅満目 【読み方】 りんろうまんもく 【意味】 美しいもの、すばらしいものが満ち溢れていることのたとえ。 【語源・由来】 美しい玉が目の前に満ち溢れている意。「琳琅」は美しい玉。 琳琅満目(りんろうまんも…

「り」で始まる四字熟語

琳琅珠玉【りんろうしゅぎょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 琳琅珠玉 【読み方】 りんろうしゅぎょく 【意味】 非常に美しい玉。すぐれた人物や美しい詩文のたとえ。 【語源・由来】 『世説新語』「容止」より。「琳琅」は美しい玉。 琳琅珠玉(りんろうしゅぎょく)の使い方…

「り」で始まる四字熟語

輪奐一新【りんかんいっしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 輪奐一新 【読み方】 りんかんいっしん 【意味】 建物が新しくなり、壮大で美麗なことの形容。 【語源・由来】 『宋史』「礼志」より。「輪」は曲折して高大な意、「奐」は光り輝くさま。「一新」は全く新しくなるこ…

「り」で始まる四字熟語

驪竜之珠【りりょうのたま】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驪竜之珠 【読み方】 りりょうのたま 【意味】 命懸けで求めなければ得られない貴重な物のたとえ。また、危険を冒して大きな利益を得ることのたとえ。黒い竜のあごの下にあるという宝玉の意。また、要領を得たすばらし…

「り」で始まる四字熟語

竜蟠蚖肆【りょうばんげんし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 竜蟠蚖肆 【読み方】 りょうばんげんし 【意味】 聖人も民間にあれば俗人にあなどられるたとえ。 【語源・由来】 『法言』「問神」より。「蟠」はわだかまる意。「蚖」はいもり。「肆」はほしいまま。 竜蟠蚖肆(り…

「り」で始まる四字熟語

遼東之豕【りょうとうのいのこ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 遼東之豕 【読み方】 りょうとうのいのこ 【意味】 世間知らずで、自分だけ得意になっていること。 【語源・由来】 『後漢書』「朱浮伝」より。「遼東」遼河の東、中国遼寧省南部地方のこと。「豕」は豚の意。 昔、…

「り」で始まる四字熟語

竜挐虎擲【りょうだこてき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜挐虎擲 【読み方】 りょうだこてき 【意味】 英雄が戦うたとえ。虎と竜が激しく撃ち合う意。 【語源・由来】 李献能の詩より。「挐」はつかむ、乱れ混じること。「擲」はなげうつ、撃つ意。 【類義語】 ・竜攘虎…

「り」で始まる四字熟語

竜驤麟振【りょうじょうりんしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 竜驤麟振 【読み方】 りょうじょうりんしん 【意味】 首を高く上げて竜のように上り、麒麟が勢いよく振るい立つように、威力や勢力が盛んなたとえ。一説に勢力・仁徳ともに備わるたとえ。 【語源・由来】 『晋書』「…

「り」で始まる四字熟語

凌霄之志【りょうしょうのこころざし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 凌霄之志 【読み方】 りょうしょうのこころざし 【意味】 俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。 【語源・由来】 『漢書』「揚雄伝」より。 【類義語】…

「り」で始まる四字熟語

竜舟鳳艒 【りょうしゅうほうぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜舟鳳艒 【読み方】 りょうしゅうほうぼう 【意味】 天子の乗る舟。また美しい船。 【語源・由来】 『随書』「煬帝紀」より。「竜舟」「鳳艒」はともに天子の乗る舟。「竜」「鳳」は天子を象徴する。「舟」は大船。…

「り」で始まる四字熟語

竜舟鷁首【りょうしゅうげきしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 竜舟鷁首 【読み方】 りょうしゅうげきしゅ 【意味】 風流を楽しむ船のこと。 【語源・由来】 竜の頭のついた舟と、水鳥(鷁)の首のついた舟をいう。転じて、豪華な舟遊びの意に用いる場合もある。 【類義語】 ・…

「り」で始まる四字熟語

梁冀跋扈【りょうきばっこ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 梁冀跋扈 【読み方】 りょうきばっこ 【意味】 後漢の梁冀は朝廷でおごり高ぶり「跋扈将軍」と呼ばれた。 【語源・由来】 『蒙求』「梁冀跋扈」より。「梁冀」は後漢の大将軍。「跋扈」は強くわがままに振る舞うこと…

「り」で始まる四字熟語

流觴曲水【りゅうしょうきょくすい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 流觴曲水 【読み方】 りゅうしょうきょくすい 【意味】 曲折した水の流れに杯を浮かべ、それが自分の前を流れ過ぎないうちに詩を作り、杯の酒を飲むという風雅な遊びのこと。 【語源・由来】 王羲之の「蘭亭集序」よ…

「り」で始まる四字熟語

流金鑠石【りゅうきんしゃくせき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 流金鑠石 【読み方】 りゅうきんしゃくせき 【意味】 厳しい暑さのたとえ。 【語源・由来】 『楚辞』「招魂」より。金属を流し溶かし石を溶かすこと。「鑠石」は激しい火力や熱気の形容。 昔、十個の太陽が同時に昇…

「り」で始まる四字熟語

戮力協心【りくりょくきょうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 戮力協心 【読み方】 りくりょくきょうしん 【意味】 物事を一致協力して行うこと。 【語源・由来】 「協心」は心を一つにすること。「戮」は殺す意のほかに合わせる意があり、「戮力」は力を合わせること。 【類義…

「り」で始まる四字熟語

六韜三略【りくとうさんりゃく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 六韜三略 【読み方】 りくとうさんりゃく 【意味】 中国の有名な兵法書である『六韜』と『三略』のこと。 【語源・由来】 『六韜』は周の太公望呂尚の作とされ、文・武・竜・虎・豹・犬の六巻。『三略』は前漢の功臣…

「ら」で始まる四字熟語

蘭摧玉折【らんさいぎょくせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 蘭摧玉折 【読み方】 らんさいぎょくせつ 【意味】 賢人や美人などの死をいう。蘭の花が砕け散り玉が折れ割れる意。すぐれた人として終わりまでまっとうして死ぬことにもいう。 【語源・由来】 『世説新語』「言語」…

「ら」で始まる四字熟語

蘭薫桂馥【らんくんけいふく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蘭薫桂馥 【読み方】 らんくんけいふく 【意味】 蘭や桂が香りたつ。子孫が繁栄することのたとえ。 【語源・由来】 「蘭」はらん。「桂」はかつらの木。ともに香草・香木の類で、君子の美質また子孫のたとえ。 【類…

「ら」で始まる四字熟語

爛額焦頭【らんがくしょうとう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 爛額焦頭 【読み方】 らんがくしょうとう 【意味】 根本を忘れ些末なことを重視すること。また、物事を非常に苦労してすること。 【語源・由来】 『漢書』「霍光伝」より。「爛額」は額が爛れる意、「焦頭」は頭を焦…

「ら」で始まる四字熟語

濫竽充数【らんうじゅうすう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 濫竽充数 【読み方】 らんうじゅうすう 【意味】 無能の者が才能のあるように見せかけること。また、実力もないのに、分以上の位にいること。 【語源・由来】 『韓非子』「内儲説・上」より。「濫」はむやみやたらに…

「ら」で始まる四字熟語

落落晨星【らくらくしんせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 落落晨星 【読み方】 らくらくしんせい 【意味】 しだいに仲のよい友人がいなくなること。また、友人が年とともにだんだん死んでいなくなること。 【語源・由来】 劉禹錫の詩より。「落落」はまばらでさみしいさま。…

「ら」で始まる四字熟語

落穽下石【らくせいかせき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 落穽下石 【読み方】 らくせいかせき 【意味】 人の危難につけ込んでさらに痛めつけることをいう。 【語源・由来】 韓愈の「柳子厚墓誌銘柄」より。人が落とし穴に落ちたのに上から石を落とす意。「穽」は落とし穴の…

「ら」で始まる四字熟語

落英繽紛【らくえいひんぷん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 落英繽紛 【読み方】 らくえいひんぷん 【意味】 散る花びらが乱れ舞うさま。 【語源・由来】 「落英」は散り落ちる花びら。「英」は花、花びらの意。「繽紛」は盛んなさま。また、乱れ混じるさま。 落英繽紛(らく…

「ら」で始まる四字熟語

磊磊落落【らいらいらくらく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 磊磊落落 【読み方】 らいらいらくらく 【意味】 心が広くて、小さなことにこだわらないさま。 【語源・由来】 心が大きくてさっぱりしているさまの意の「磊落」を重ねて意味を強調した四字句。 【類義語】 ・豪放…

「ら」で始まる四字熟語

雷霆万鈞【らいていばんきん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雷霆万鈞 【読み方】 らいていばんきん 【意味】 威勢がきわめて大きく防ぎとめることのできないたとえ。雷鳴のとどろきがきわめて大きく重い。 【語源・由来】 『漢書』「賈山伝」より。「雷霆」は雷のとどろき。転…

「ら」で始まる四字熟語

雷陳膠漆【らいちんこうしつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雷陳膠漆 【読み方】 らいちんこうしつ 【意味】 友情が深く堅いこと。 【語源・由来】 『後漢書』「雷義伝」より。中国、後漢の雷義と陳重の友情は、膠や漆が固まると堅くなる以上に、確固とした深いものであるとい…

「よ」で始まる四字熟語

薏苡明珠【よくいめいしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 薏苡明珠 【読み方】 よくいめいしゅ 【意味】 無実の嫌疑をかけられること。 【語源・由来】 「薏苡」ははとむぎ、花は数珠玉に似ており白い種子は食用・薬用にされる。「明珠」は宝玉。 薏苡明珠(よくいめいしゅ…

「よ」で始まる四字熟語

瑶林瓊樹【ようりんけいじゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 瑶林瓊樹 【読み方】 ようりんけいじゅ 【意味】 人品が卑しくなく高潔で、人並みはずれていること。玉の木や林。 【語源・由来】 『世説新語』「賞誉」より。「瑶」「瓊」はともに美しい玉の意。 瑶林瓊樹(ようり…

「よ」で始まる四字熟語

揺頭擺尾【ようとうはいび】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 揺頭擺尾 【読み方】 ようとうはいび 【意味】 人に気に入られるようにこびへつらうさま。 【語源・由来】 『五灯会元』「六」より。頭を動かして尾を振る意で、仏門の修行にもとづく故事による。 仏道修行の僧侶た…

「よ」で始まる四字熟語

余韻嫋嫋【よいんじょうじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 余韻嫋嫋 【読み方】 よいんじょうじょう 【意味】 音声が鳴りやんでもなお残るひびきが、細く長く続くさま。詩や文章の表現の背後に感じられる風情にもたとえる。 【語源・由来】 蘇軾の「前赤壁賦」より。「嫋嫋」…

「ゆ」で始まる四字熟語

優游涵泳【ゆうゆうかんえい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 優游涵泳 【読み方】 ゆうゆうかんえい 【意味】 ゆったりとした気持ちで学問や技芸の深い境地を味わう。 【語源・由来】 「優游」はゆったりとしてこせつかないこと。「涵泳」は水にひたりおよぐ意から、ゆったりひ…

「ゆ」で始まる四字熟語

游雲驚竜【ゆううんきょうりょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 游雲驚竜 【読み方】 ゆううんきょうりょう 【意味】 空にながれ行く雲と空翔ける竜。能書(すぐれた筆跡)の形容。 【語源・由来】 『晋書』「王義之伝」より。「雲」は千変万化なことのたとえ。「竜」は強く勇まし…

「ゆ」で始まる四字熟語

黝堊丹漆【ゆうあくたんしつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 黝堊丹漆 【読み方】 ゆうあくたんしつ 【意味】 建物が古いしきたりにかなって作られていることをいう。 【語源・由来】 李覯の「袁州学記」より。「黝」は黒色、「堊」は白色。「丹」は赤、「漆」はうるし塗り。異…

「ゆ」で始まる四字熟語

維摩一黙【ゆいまいちもく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 維摩一黙 【読み方】 ゆいまいちもく 【意味】 多弁より沈黙がまさっていることのたとえ。 【語源・由来】 『維摩経』「入不二法門品」より。「維摩」は古代インドの大富豪で、在家のまま釈迦の弟子としてその教化を…

「も」で始まる四字熟語

悶絶躄地【もんぜつびゃくじ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 悶絶躄地 【読み方】 もんぜつびゃくじ 【意味】 転げまわって悶え苦しむこと。 【語源・由来】 「悶絶」は苦しみ悶えて気絶すること。「躄地」は這うこと。 悶絶躄地(もんぜつびゃくじ)の使い方 悶絶躄地(もん…

「も」で始まる四字熟語

門巷填隘【もんこうてんあい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 門巷填隘 【読み方】 もんこうてんあい 【意味】 人が多く集まりくる形容。門や門前の小道に人が多く集まり、そこがふさがり狭くなる意。 【語源・由来】 『唐書』「李邕」より。「填」はふさぐ、隘」は狭い意。 【…

「も」で始まる四字熟語

沐浴抒溷【もくよくじょこん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 沐浴抒溷 【読み方】 もくよくじょこん 【意味】 髪やからだを洗い清めて、けがれを取り除くこと。 【語源・由来】 「沐浴」は湯水でからだを洗い清めること。「抒溷」の「抒」はとり除く、「溷」はにごり・けがれの…

「も」で始まる四字熟語

沐浴斎戒【もくよくさいかい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 沐浴斎戒 【読み方】 もくよくさいかい 【意味】 神仏にお祈りする前に、飲食や行動を慎み身を洗い清めること。 【語源・由来】 『孟子』「離婁・下」より。「沐浴」は髪と体を洗って身を清めること。「斎」は心の不…

「も」で始まる四字熟語

毛骨悚然【もうこつしょうぜん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 毛骨悚然 【読み方】 もうこつしょうぜん 【意味】 ひどく恐れおののくさま。毛髪や骨の中にまで恐れを感じるということから。 【語源・由来】 「悚然」は恐れてぞっとする、恐れてすくむさま。 毛骨悚然(もうこつ…

「め」で始まる四字熟語

面折廷諍【めんせつていそう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 面折廷諍 【読み方】 めんせつていそう 【意味】 面と向かって臆することなく争論すること。 【語源・由来】 『史記』「呂后記」より。「面折」は面と向かって責める。「廷諍」は朝廷で争論すること。剛直の臣につい…

「め」で始まる四字熟語

明窓浄几【めいそうじょうき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 明窓浄几 【読み方】 めいそうじょうき 【意味】 清潔で快適に勉強できる書斎。明るい窓辺に塵ひとつない清らかな机の意。転じて、書斎を意味する。 【語源・由来】 欧陽脩「試筆」より。 【類義語】 ・窓明几潔(…

「め」で始まる四字熟語

明察秋毫【めいさつしゅうごう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 明察秋毫 【読み方】 めいさつしゅうごう 【意味】 眼力の鋭いこと。細かい点も逃さず見抜く意。 【語源・由来】 『孟子』「梁恵王・上」より。「秋毫」は秋になって変わる細密な獣の毛。転じて微細なもの。 明察秋…

「め」で始まる四字熟語

冥行擿埴【めいこうてきしょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 冥行擿埴 【読み方】 めいこうてきしょく 【意味】 学問をするのに、その方法を知らないことのたとえ。 【語源・由来】 『法言』「修身」より。「冥行」は暗闇を歩くこと。「擿埴」は盲人が杖で地面をたたきながら道…

「む」で始まる四字熟語

無余涅槃【むよねはん】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 無余涅槃 【読み方】 むよねはん 【意味】 肉体などの形の制約から解放された悟りの境地。心だけでなく肉体のわずらいからも解放された悟りの世界。 【語源・由来】 『法華経』「序品」より。「無余」は残っていない…

「む」で始まる四字熟語

毋望之禍【むぼうのわざわい】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 毋望之禍 【読み方】 むぼうのわざわい 【意味】 思いがけないわざわい。 【語源・由来】 『史記』「春申君伝」より。「毋」は「ない」、否定の意を表す。「無」「无」に通じる。 【対義語】 ・毋望之福(むぼうの…

「む」で始まる四字熟語

無辺無礙【むへんむげ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 無辺無礙 【読み方】 むへんむげ 【意味】 広大で限りがなく自由で煩悩のさまたげがない。仏教の語。 【語源・由来】 「無礙」は自由自在で煩悩などのさまたげがないこと。 【類義語】 ・融通無礙(ゆうづうむげ)…

「む」で始まる四字熟語

霧鬢風鬟【むびんふうかん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 霧鬢風鬟 【読み方】 むびんふうかん 【意味】 美しい髪のたとえ。 【語源・由来】 蘇軾の「洞庭春色賦」より。「霧鬢」は黒々した美しい髪。「霧」は黒いたとえ。「風鬟」は髪が風にくしけずられる意。風の中の美し…

「む」で始まる四字熟語

無病呻吟【むびょうしんぎん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 無病呻吟 【読み方】 むびょうしんぎん 【意味】 大したことはないのに大げさに騒ぎたてること。病気でもないのに苦しげにうめきたてる意。 【語源・由来】 「呻吟」は苦しみうめく。ありもしないことにおおげさに騒…

「ま」で始まる四字熟語

曼理皓歯【まんりこうし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 曼理皓歯 【読み方】 まんりこうし 【意味】 美人のこと。 【語源・由来】 「曼理」はきめの細かい肌。「皓歯」は白い歯。 【類義語】 ・明眸皓歯(めいぼうこうし) ・朱脣皓歯(しゅしんこうし) 曼理皓歯(ま…

「ま」で始まる四字熟語

満目蕭条【まんもくしょうじょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 満目蕭条 【読み方】 まんもくしょうじょう 【意味】 見渡すかぎりもの寂しいさま。 【語源・由来】 「満目」は目に入るかぎり・あたり一面の意。「蕭条」はひっそりとしてもの寂しいさまのこと。 【類義語】 ・満…

「ま」で始まる四字熟語

麻姑掻痒【まこそうよう】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 麻姑掻痒 【読み方】 まこそうよう 【意味】 物事が思いのままになること。 【語源・由来】 『神仙伝』「麻姑」より。「麻姑」は中国伝説の仙女。鳥のような長い爪をもつという。「掻痒」はかゆいところをかくこと。…

「ほ」で始まる四字熟語

本地垂迹【ほんちすいじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 本地垂迹 【読み方】 ほんちすいじゃく 【意味】 仏や菩薩が人々を救う一つの手段として、神の姿を借りて現れること。またそのように仏教と神道を結びつけた考え方。 【語源・由来】 「本地」は仏の本体のこと。「垂…

「ほ」で始まる四字熟語

賁育之勇【ほんいくのゆう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 賁育之勇 【読み方】 ほんいくのゆう 【意味】 非常に気力が盛んで強いこと。 【語源・由来】 『漢書』「爰盎伝」より。「賁」は孟賁、「育」は夏育のことで、ともに秦の武王に仕えた有名な大力の勇士。「勇」は気力…

「ほ」で始まる四字熟語

匍匐膝行【ほふくしっこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 匍匐膝行 【読み方】 ほふくしっこう 【意味】 膝を床につき、すり足で前に移動すること。立ち上がらないで身を動かすさま。非常におそれつつしむさま。高貴な人の前に出るときのしぐさ。 【語源・由来】 「匍」はも…

「ほ」で始まる四字熟語

墨痕淋漓【ぼっこんりんり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 墨痕淋漓 【読み方】 ぼっこんりんり 【意味】 墨で表現したものが生き生きしているさま。墨の跡がみずみずしいさま。 【語源・由来】 「墨痕」は墨で表現したもの、墨の跡。文字や絵の類。「淋漓」は水や血などがし…

「ほ」で始まる四字熟語

輔車脣歯【ほしゃしんし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 輔車脣歯 【読み方】 ほしゃしんし 【意味】 お互いに助け合う密接な関係。 【語源・由来】 「輔車」は車のそえ木と荷台。また、頬骨(輔)と下顎の骨(車)という説もある。「脣歯」は唇と歯。これらのように一方が…

「ほ」で始まる四字熟語

北轍南轅【ほくてつなんえん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 北轍南轅 【読み方】 ほくてつなんえん 【意味】 志と行動が相反するたとえ。 【語源・由来】 周亮工の文より。「轍」は車輪の跡。わだちのこと。「轅」は車のかじ棒・ながえのこと。わだちが北に向かっているのに、…

「ほ」で始まる四字熟語

墨翟之守【ぼくてきのまもり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 墨翟之守 【読み方】 ぼくてきのまもり 【意味】 自分の説などを堅く守って改めないこと。 【語源・由来】 『戦国策』「斉策」より。「墨翟」は中国戦国時代の思想家墨子のこと。城の守りが非常に堅固であることから…

「ほ」で始まる四字熟語

濮上之音【ぼくじょうのおん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 濮上之音 【読み方】 ぼくじょうのおん 【意味】 淫乱な音楽のこと。また、国を滅亡にみちびく亡国の音楽のこと。 【語源・由来】 『礼記』「楽記」より。「濮上」は濮水(河南省にある川の名)のほとりのこと。「桑…

「ほ」で始まる四字熟語

北轅適楚【ほくえんてきそ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 北轅適楚 【読み方】 ほくえんてきそ 【意味】 志と行動とが相反するたとえ。 【語源・由来】 『申鑒』「雑言・下」より。「轅」は馬車または牛車の車体の左右両側から出ている二本のかじ棒。それを北に向けているわ…

「ほ」で始まる四字熟語

暴戻恣雎【ぼうれいしき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 暴戻恣雎 【読み方】 ぼうれいしき 【意味】 横暴で残忍な人物の形容。乱暴で道理にもとり気ままに振る舞い人をにらみつけること。 【語源・由来】 『史記』「伯夷伝」より。「暴」は乱暴または横暴なこと。「戻」は…

「ほ」で始まる四字熟語

鳳友鸞交【ほうゆうらんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鳳友鸞交 【読み方】 ほうゆうらんこう 【意味】 男女間の情事、交接のたとえ。 【語源・由来】 『長生殿』「絮閣」より。「鳳」は鳳凰。想像上の霊長。「鸞」は鳳凰に似た想像上の霊長。いずれも美しい鳥でその交わ…

「ほ」で始まる四字熟語

蜂目豺声【ほうもくさいせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 蜂目豺声 【読み方】 ほうもくさいせい 【意味】 凶悪で冷酷な人のこと。 【語源・由来】 『春秋左氏伝』「文公元年」より。「蜂目」は蜂のように細い目つき。「豺」は狼に似て凶暴な山犬のこと。「豺声」はその山犬…

「ほ」で始まる四字熟語

放辟邪侈【ほうへきじゃし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 放辟邪侈 【読み方】 ほうへきじゃし 【意味】 わがまま勝手な悪い行為のこと。 【語源・由来】 『孟子』「梁恵王・上」より。「放」はほしいまま、「辟」はかたよる、「邪」はよこしま、「侈」はぜいたくのこと。 …

「ほ」で始まる四字熟語

尨眉皓髪【ぼうびこうはつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 尨眉皓髪 【読み方】 ぼうびこうはつ 【意味】 白毛がまじったまゆと白い髪。老人のこと。 【語源・由来】 『後漢書』「劉寵伝」より。「尨」はまじる、白髪がまじること。「皓」はしろい、ひかる。髪が白くなってぬ…

「ほ」で始まる四字熟語

茅堵蕭然【ぼうとしょうぜん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 茅堵蕭然 【読み方】 ぼうとしょうぜん 【意味】 かやぶきの垣根が物寂しいさま。 【語源・由来】 かやぶきの垣根で囲った粗末ないなか家が寂しげにひっそりとしているさま。「茅堵」はかやぶきの垣根。転じて田舎家…

「ほ」で始まる四字熟語

宝鈿玉釵【ほうでんぎょくさい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 宝鈿玉釵 【読み方】 ほうでんぎょくさい 【意味】 美しいもののたとえ。珠玉や金銀で飾った美しいかんざしやこうがいのこと。 【語源・由来】 斎藤拙堂『月瀬紀勝』より。「鈿」はかんざし、造花のかんざし。「釵」…

「ほ」で始まる四字熟語

方枘円鑿【ほうぜいえんさく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 方枘円鑿 【読み方】 ほうぜいえんさく 【意味】 物事がうまくかみ合わないことのたとえ。丸い穴に四角いほぞを入れること。 【語源・由来】 『史記』「孟軻伝」より。「円」は丸いこと。「鑿」は穴。「方」は四角い…

「ほ」で始まる四字熟語

亡脣寒歯【ぼうしんかんし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 亡脣寒歯 【読み方】 ぼうしんかんし 【意味】 密接な関係にあるものの一方が滅びると片方も危うくなること。 【語源・由来】 『春秋左氏伝』「哀公八年」より。唇がなくなると葉が寒くなるという意味から。 【類義…

「ほ」で始まる四字熟語

望蜀之嘆【ぼうしょくのたん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 望蜀之嘆 【読み方】 ぼうしょくのたん 【意味】 人間の欲望には限りがないということ。 【語源・由来】 『後漢書』「岑彭伝」より。「蜀」は四川省の地域をいう。後漢の光武帝が隴に地を得た後に、さらに蜀の地まで…

「ほ」で始まる四字熟語

飽食煖衣【ほうしょくだんい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 飽食煖衣 【読み方】 ほうしょくだんい 【意味】 物質的になんの不足もない満ち足りた生活。暖かい衣服を着て、腹いっぱいに食べられる生活。 【語源・由来】 『孟子』「滕文公・上」より。 【類義語】 ・金衣玉食…

「ほ」で始まる四字熟語

旁時掣肘【ぼうじせいちゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 旁時掣肘 【読み方】 ぼうじせいちゅう 【意味】 他人の仕事にわきから口を出してじゃまをすること。 【語源・由来】 『呂氏春秋』「具備」より。「掣肘」は人の肘を引っぱること。 旁時掣肘(ぼうじせいちゅう)の…

「ほ」で始まる四字熟語

方趾円顱【ほうしえんろ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 方趾円顱 【読み方】 ほうしえんろ 【意味】 丸い頭と四角い足。人類のこと。 【語源・由来】 頭は天に足は大地に似るという人類と天地の類似を説いたもの。「顱」はあたま、「趾」は足。 【類義語】 ・円頭方足(…

「ほ」で始まる四字熟語

抱関撃柝【ほうかんげきたく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 抱関撃柝 【読み方】 ほうかんげきたく 【意味】 低い役職の人のこと。 【語源・由来】 『孟子』「万章・下」より。「関」はかんぬきのことで、「抱関」は門番のこと。「柝」は拍子木のことで、「撃柝」は夜警のこと…

「ほ」で始まる四字熟語

法界悋気【ほうかいりんき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 法界悋気 【読み方】 ほうかいりんき 【意味】 他人のことを嫉妬したり、ねたんだりすること。また、他人の恋愛をねたむこと。 【語源・由来】 「法界」は仏教語で、宇宙万物のこと。「悋気」は嫉妬心のこと。 法界…

「ほ」で始まる四字熟語

茅屋采椽【ぼうおくさいてん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 茅屋采椽 【読み方】 ぼうおくさいてん 【意味】 質素な家のこと。 【語源・由来】 『漢書』「芸文志」より。「茅屋」はかやぶきの屋根のこと。「采椽」は山から切り出したままのたるきのこと。 茅屋采椽(ぼうおく…

「ほ」で始まる四字熟語

鳳凰在笯【ほうおうざいど】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鳳凰在笯 【読み方】 ほうおうざいど 【意味】 すぐれた人材が地位に恵まれず民間に埋もれていること。 【語源・由来】 『楚辞』「九章・懐沙」より。「笯」は鳥籠のこと。鳳凰が鳥籠に閉じこめられているということ…

「ほ」で始まる四字熟語

鳳凰銜書【ほうおうがんしょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鳳凰銜書 【読み方】 ほうおうがんしょ 【意味】 天子の遣わした使者が勅書をたずさえていること。 【語源・由来】 『易林』「三」より。鳳凰が文書を口にくわえているという意味。「鳳凰」は聖天子が世に出ると現れ…

「ほ」で始まる四字熟語

鳳凰于飛【ほうおううひ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鳳凰于飛 【読み方】 ほうおううひ 【意味】 夫婦の仲がむつまじいこと。 【語源・由来】 『詩経』「大雅・巻阿」より。「鳳凰」はおおとりのことで、雄が「鳳」、雌が「凰」。 【類義語】 ・鴛鴦之契(えんおうの…

「ほ」で始まる四字熟語

冒雨剪韭【ぼううせんきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 冒雨剪韭 【読み方】 ぼううせんきゅう 【意味】 友人の来訪を喜んでもてなすこと。 【語源・由来】 『郭林宗別伝』より。「冒雨」は雨を冒すこと。「剪韭」はにらを摘むこと。雨を冒してにらを摘み、ご馳走を作るこ…

「へ」で始まる四字熟語

偏旁冠脚【へんぼうかんきゃく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 偏旁冠脚 【読み方】 へんぼうかんきゃく 【意味】 漢字を構成する部首の総称。 【語源・由来】 「偏」は左側の部分、「旁」は右側の部分、「冠」は上部、「脚」は下部。 漢字の構成要素には、他に「垂」「構」「繞…

「へ」で始まる四字熟語

鞭辟近裏【べんぺききんり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鞭辟近裏 【読み方】 べんぺききんり 【意味】 外物にとらわれることなく身に切実なことと考えること。また、はげましによって物事の道理に近づくこと。また、文字や言葉を厳密に考えて書いた文章。 【語源・由来】 …

「へ」で始まる四字熟語

偏袒扼腕【へんたんやくわん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 偏袒扼腕 【読み方】 へんたんやくわん 【意味】 激しく怒ったり悔しがったりするさま。また、感情を激しく高ぶらせるようす。 【語源・由来】 『戦国策』「燕策」より。「偏袒」は片肌を脱いで息まくこと。「扼腕」…

「へ」で始まる四字熟語

駢四儷六【べんしれいろく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 駢四儷六 【読み方】 べんしれいろく 【意味】 四字句と六字句の対句を多く用いた修辞的な文体。四六駢儷文のこと。 【語源・由来】 「駢」は馬を二頭並べて車につなぐこと、「儷」は一対になって並ぶという意味から…

「へ」で始まる四字熟語

卞和泣璧【べんかきゅうへき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 卞和泣璧 【読み方】 べんかきゅうへき 【意味】 正しくすぐれた才能や業績が世に認められず嘆くことのたとえ。 【語源・由来】 『蒙求』「卞和泣璧」より。「卞和」は春秋時代、楚の人。「璧」は宝玉のこと。 中国…

「へ」で始まる四字熟語

霹靂閃電【へきれきせんでん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 霹靂閃電 【読み方】 へきれきせんでん 【意味】 すばやいことのたとえ。 【語源・由来】 『隋書』「長孫晟伝」より。急に激しく鳴りきらめきひかる稲妻のこと。「霹靂」は急に激しく鳴る雷のこと。「閃電」はぴかっ…

「へ」で始まる四字熟語

霹靂一声【へきれきいっせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 霹靂一声 【読み方】 へきれきいっせい 【意味】 突然かみなりがとどろくこと。また、突然大声でどなること。 【語源・由来】 「霹靂」は突然鳴り響く激しい雷。「一声」は一つの音のこと。 霹靂一声(へきれきいっ…

「へ」で始まる四字熟語

壁立千仞【へきりつせんじん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 壁立千仞 【読み方】 へきりつせんじん 【意味】 断崖が壁のように千仞も高く切り立ちそびえていること。また仏教の語として「へきりゅうせんじん」と読み、仏法の真理が高遠なことのたとえ。 【語源・由来】 『水経…

「へ」で始まる四字熟語

兵者凶器【へいはきょうき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 兵者凶器 【読み方】 へいはきょうき 【意味】 武器は人をそこなう不吉な道具であるということ。 【語源・由来】 『国語』「越語・下」より。「兵」は武器・兵器のこと。「者」は主題を強調して提示する語で、「・・…

「へ」で始まる四字熟語

瓶墜簪折【へいついしんせつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 瓶墜簪折 【読み方】 へいついしんせつ 【意味】 男女が離れて二度と会い得ないたとえ。 【語源・由来】 白居易の「井底引銀瓶-詩」より。「瓶」はつるべ、「簪」は玉のかんざし。つるべの縄が切れてそれが井戸の底…

「へ」で始まる四字熟語

弊帚千金【へいそうせんきん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 弊帚千金 【読み方】 へいそうせんきん 【意味】 身のほどを知らないで思いあがるたとえ。 【語源・由来】 『東観漢紀』「光武帝」より。 「弊帚」は破れたほうき。それを千金の価値があると考えるという意味。また…

「へ」で始まる四字熟語

萍水相逢【へいすいそうほう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 萍水相逢 【読み方】 へいすいそうほう 【意味】 人と人とが偶然に知り合いになること。 【語源・由来】 王勃の「縢王閣序」より。「萍」は浮き草のこと。浮き草と水とが出合うように、旅先などで偶然知り合いになる…

「へ」で始まる四字熟語

秉燭夜遊【へいしょくやゆう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 秉燭夜遊 【読み方】 へいしょくやゆう 【意味】 人生ははかなく短いので、せめて夜も灯をともして遊び、生涯を楽しもうという意味。 【語源・由来】 李白の詩より。「秉る」は持つことで、灯をともして夜も遊ぶとい…

「へ」で始まる四字熟語

閉月羞花【へいげつしゅうか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 閉月羞花 【読み方】 へいげつしゅうか 【意味】 美しい女性のこと。 【語源・由来】 「羞」ははじらうという意味。あまりの美しさに、月も羞じらい花も閉じてしまうという意味。 【類義語】 ・沈魚落雁(ちんぎょ…

「へ」で始まる四字熟語

兵戈槍攘【へいかそうじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 兵戈槍攘 【読み方】 へいかそうじょう 【意味】 武器が乱れ動くこと。兵乱の形容。 【語源・由来】 『金史』「粘葛奴申伝」より。「兵戈」はほこ、転じて武器という意味。「槍攘」は乱れるさま。 兵戈槍攘(へいか…

「へ」で始まる四字熟語

敝衣蓬髪【へいいほうはつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 敝衣蓬髪 【読み方】 へいいほうはつ 【意味】 ぼろぼろで、きたないいでたち。なりふりにかまわぬこと。 【語源・由来】 「敝衣」はぼろぼろの衣服。「蓬髪」はよもぎのようにのびて乱れた髪のこと。 【類義語】 …

「ふ」で始まる四字熟語

蚊子咬牛【ぶんしこうぎゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蚊子咬牛 【読み方】 ぶんしこうぎゅう 【意味】 痛くもかゆくもないこと。また、自分の実力をわきまえずに行動すること。 【語源・由来】 「子」は接尾語。蚊が牛を咬むということから。 【類義語】 ・螳螂之斧(…

「ふ」で始まる四字熟語

刎頸之交【ふんけいのまじわり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 刎頸之交 【読み方】 ふんけいのまじわ 【意味】 心を許しあったきわめて親密な交際。 【語源・由来】 『史記』「簾頗藺相如伝」より。「刎頸」は刀で頸(首)を刎ねること。たとえ首を刎ねられても後悔しないほど深…

「ふ」で始まる四字熟語

不埒千万【ふらちせんばん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 不埒千万 【読み方】 ふらちせんばん 【意味】 このうえなくふとどきなこと。非常にけしからぬさま。 【語源・由来】 「不埒」はけしからぬこと。ふとどきなこと。「埒」はもと乗馬などの囲いのこと。「千万」は形容…

「ふ」で始まる四字熟語

蜉蝣一期【ふゆうのいちご】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蜉蝣一期 【読み方】 ふゆうのいちご 【意味】 人生の短くはかないことのたとえ。 【語源・由来】 「蜉蝣」はかげろう、「一期」は一生のこと。かげろうの成虫は、数時間から数日の命と短いことから、はかないことに…

「ふ」で始まる四字熟語

物論囂囂【ぶつろんごうごう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 物論囂囂 【読み方】 ぶつろんごうごう 【意味】 世間のうわさが騒がしいこと。 【語源・由来】 「物論」は世の中のうわさ・世間の評判のこと。「囂囂」は多くの声が騒がしいという意味。 【類義語】 ・物議騒然(…

「ふ」で始まる四字熟語

附贅懸疣【ふぜいけんゆう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 附贅懸疣 【読み方】 ふぜいけんゆう 【意味】 無用なもののこと。 【語源・由来】 『荘子』「駢拇」より。「贅」「疣」はともにこぶ・いぼのこと。ついてぶらさがっているこぶやいぼということ。 附贅懸疣(ふぜい…

「ふ」で始まる四字熟語

膚受之愬【ふじゅのうったえ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 膚受之愬 【読み方】 ふじゅのうったえ 【意味】 身にさしせまった痛切な訴えのこと。 【語源・由来】 『論語』「顔淵」より。「膚受」は肌身にしみるような痛切なこと。「愬」は困難や不平を申し立てるという意味。…

「ふ」で始まる四字熟語

俛首帖耳【ふしゅちょうじ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 俛首帖耳 【読み方】 ふしゅちょうじ 【意味】 人にこびへつらう卑しい態度のこと。 【語源・由来】 韓愈の文より。「俛」は伏せるという意味。「帖耳」は頭を伏せること。「帖」は垂れるという意味で、「帖耳」は耳…

「ふ」で始まる四字熟語

巫山之夢【ふざんのゆめ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 巫山之夢 【読み方】 ふざんのゆめ 【意味】 男女の情交をいう。 【語源・由来】 宋玉の「高唐腑」より。「巫山」は一説に中国、湖北省の山の名。ここに神女が住んでいたとされる。 戦国時代、楚の壊王が高唐に遊び…

「ふ」で始まる四字熟語

巫山雲雨【ふざんうんう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 巫山雲雨 【読み方】 ふざんうんう 【意味】 男女の情交をいう。 【語源・由来】 宋玉の「高唐腑」より。「巫山」は一説に中国、湖北省の山の名。ここに神女が住んでいたとされる。 戦国時代、楚の壊王が高唐に遊び…

「ふ」で始まる四字熟語

俯察仰観【ふさつぎょうかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 俯察仰観 【読み方】 ふさつぎょうかん 【意味】 仰いで天文を見、うつむいて地理を知ること。 【語源・由来】 『易経』「繋辞・上」より。仰いだり、うつむいたりして観察すること。 【類義語】 ・仰観俯察(ぎょ…

「ふ」で始まる四字熟語

夫妻牉合【ふさいはんごう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 夫妻牉合 【読み方】 ふさいはんごう 【意味】 夫婦は一つの物の半分ずつで、両方を合わせて初めて完全になるということ。 【語源・由来】 『儀礼』「喪服」より。「牉」は半ば・わかれるという意味。「牉合」は二つ…

「ふ」で始まる四字熟語

伏寇在側【ふくこうざいそく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 伏寇在側 【読み方】 ふくこうざいそく 【意味】 身辺の注意を怠らず、言動も慎むべきだということ。 【語源・由来】 『管子』「君臣・下」「牆に耳あり、伏寇側(かたわ)らに在り」より。「伏寇」は隠れている盗賊…

「ふ」で始まる四字熟語

俯仰之間【ふぎょうのかん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 俯仰之間 【読み方】 ふぎょうのかん 【意味】 ほんのわずかな間のこと。 【語源・由来】 『漢書』「鼂錯伝」より。「俯」はうつむくこと、「仰」はあおむけになること。うつむいたり、仰いだりするごくわずかな時間…

「ふ」で始まる四字熟語

不羈奔放【ふきほんぽう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 不羈奔放 【読み方】 ふきほんぽう 【意味】 なにものにもとらわれることなく、自分の思うままに振る舞うこと。 【語源・由来】 「奔放」は束縛されず思うままに振る舞うこと。「羈」はつなぎとめることで、「不羈」…

「ふ」で始まる四字熟語

浮雲翳日【ふうんえいじつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 浮雲翳日 【読み方】 ふうんえいじつ 【意味】 悪人が政権を握って世の中が暗くなることのたとえ。また、邪悪な家臣が君主の英明をおおい善政が行われないこと。 【語源・由来】 孔融の「臨終-詩」より。浮雲が日光…

「ふ」で始まる四字熟語

風岸孤峭【ふうがんこしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風岸孤峭 【読み方】 ふうがんこしょう 【意味】 いかめしくて厳しく、角立って人と融和しないために孤独なこと。 【語源・由来】 『続通鑑綱目』「二三」より。「風岸」は性質が角立って人と融和しないこと。「孤峭…

「ふ」で始まる四字熟語

風鬟雨鬢【ふうかんうびん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風鬟雨鬢 【読み方】 ふうかんうびん 【意味】 風にくじけずり雨に洗われる。風雨にさらされ苦労して勤労すること。 【語源・由来】 『柳毅伝』より。「鬟」はわげ、頭の上に束ね輪にした髪型。「鬢」はびん、耳ぎわ…

「ふ」で始まる四字熟語

風雨対牀【ふううたいしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風雨対牀 【読み方】 ふううたいしょう 【意味】 兄弟が会うこと。 【語源・由来】 蘇軾の詩より。「牀」は床に同じで、兄弟が床を並べて夜の雨音をたがいに心静かに聞くことから転じた。 唐の韋王物の詩に「風雪夜…

「ふ」で始まる四字熟語

風雨凄凄【ふううせいせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 風雨凄凄 【読み方】 ふううせいせい 【意味】 風が吹き雨が降って、寒く冷たいさま。 【語源・由来】 『詩経』「鄭風・風雨」より。「風雨」は風と雨・あらしのこと。「淒淒」は寒く冷たくて底冷えがすること。乱世…

「ふ」で始まる四字熟語

馮異大樹【ふういたいじゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 馮異大樹 【読み方】 ふういたいじゅ 【意味】 おごりたかぶらない人のたとえ。 【語源・由来】 『蒙求』「馮異大樹」より。「馮異」は後漢の将軍。馮異は謙譲の徳をもち、所掌が手柄話をするときはいつも大樹の下に…

「ひ」で始まる四字熟語

貧富貴賤【ひんぷきせん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 貧富貴賤 【読み方】 ひんぷきせん 【意味】 貧しい者と富める者、身分の尊い者と賤しい者。 【類義語】 ・貴賎貧富(きせんひんぷ) 貧富貴賤(ひんぷきせん)の使い方 貧富貴賤(ひんぷきせん)の例文 私が当選…

「ひ」で始まる四字熟語

牝鶏之晨【ひんけいのしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 牝鶏之晨 【読み方】 ひんけいのしん 【意味】 妻女が権力を握って、勢力をふるうこと。 【語源・由来】 『書経』「牧誓」より。「牝鶏」はめんどり。「晨」はにわとりが夜明けの時を告げること。王后や王妃が勢力を…

「ひ」で始まる四字熟語

摽末之功【ひょうまつのこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 摽末之功 【読み方】 ひょうまつのこう 【意味】 ほんのわずかな功績のこと。 【語源・由来】 『漢書』「王莽伝・上」より。「摽末」は刀のきっさきの意味から転じて、ほんのわずかなことをいう。 摽末之功(ひょう…

「ひ」で始まる四字熟語

飛揚跋扈【ひようばっこ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 飛揚跋扈 【読み方】 ひようばっこ 【意味】 強くてわがままに振る舞うたとえ。また、臣下がのさばり君主をしのぐたとえ。 【語源・由来】 『北史』「斉神武紀」より。猛々しい鳥が飛び上がり。大きな魚が跳ね上がる…

「ひ」で始まる四字熟語

病入膏肓【びょうにゅうこうこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 病入膏肓 【読み方】 びょうにゅうこうこう 【意味】 趣味や道楽に熱中したり、弊害などが手のつけられないほどになったりすることのたとえ。重病で治療が難しい状態のこと。 【語源・由来】 『春秋左氏伝』「成公一…

「ひ」で始まる四字熟語

剽疾軽悍【ひょうしつけいかん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 剽疾軽悍 【読み方】 ひょうしつけいかん 【意味】 すばしこくて強いこと。 【語源・由来】 『淮南子』「兵略訓」より。「剽疾」はすばやいこと。「疾」も、はやいという意味。「軽悍」はすばやくたけだけしいこと。…

「ひ」で始まる四字熟語

氷姿雪魄【ひょうしせっぱく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 氷姿雪魄 【読み方】 ひょうしせっぱく 【意味】 雪のように清らかな魂魄と氷のような姿。梅の形容。また、高潔な人のたとえ。 【語源・由来】 梅は百花にさきがけて雪をしのいで清楚に白い花をつけるからいう。 【…

「ひ」で始まる四字熟語

飄忽震蕩【ひょうこつしんとう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 飄忽震蕩 【読み方】 ひょうこつしんとう 【意味】 すばやくゆり動かすこと。 【語源・由来】 青山佩弦斎の「豊臣太閤論」より。「飄忽」はたちまち・すみやかにということ。「震蕩」はふるえ動く、ゆり動かすこと。…

「ひ」で始まる四字熟語

氷甌雪椀【ひょうおうせつわん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 氷甌雪椀 【読み方】 ひょうおうせつわん 【意味】 清らかで上品な文具のこと。また、それを用いて詩文を写すこと。 【語源・由来】 范成大の詩より。「氷甌」は氷のかめ。「雪椀」は雪のわんのこと。清雅な文具のこ…

「ひ」で始まる四字熟語

百孔千瘡【ひゃっこうせんそう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 百孔千瘡 【読み方】 ひゃっこうせんそう 【意味】 短所や欠点がたくさんあること。また、穴や傷だらけで破壊の状態がすさまじいこと。 【語源・由来】 韓愈の「与孟簡尚書書」より。「百孔」は百の穴、「千瘡」は千…

「ひ」で始まる四字熟語

百様玲瓏【ひゃくようれいろう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 百様玲瓏 【読み方】 ひゃくようれいろう 【意味】 様々の美しさ。 【語源・由来】 「百様」はさまざまな。「玲瓏」は玉の鳴る音の形容。転じて、玉のように美しいさま。 百様玲瓏(ひゃくようれいろう)の使い方 …

「ひ」で始まる四字熟語

百舎重趼【ひゃくしゃちょうけん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 百舎重趼 【読み方】 ひゃくしゃちょうけん 【意味】 困難を乗りこえて遠路を行くこと。 【語源・由来】 『荘子』「天道」より。「百舎」は百日宿泊する。また、百里行って一泊すること。「趼」は足にできるたこのこ…

「ひ」で始まる四字熟語

被髪佯狂【ひはつようきょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 被髪佯狂 【読み方】 ひはつようきょう 【意味】 髪をふり乱して狂人のまねをすること。 【語源・由来】 『史記』「宋世家」より。「被髪」は髪の毛をふり乱したさま。「佯狂」は狂人のまねをする。 中国殷末、紂王…

「ひ」で始まる四字熟語

被髪左衽【ひはつさじん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 被髪左衽 【読み方】 ひはつさじん 【意味】 野蛮な風俗のこと。 【語源・由来】 『論語』「憲問」より。「被髪」は髪を結ばないでふり乱したさま。「衽」は襟のことで、「左衽」は着物を左前に着ること。普通と逆の…

「ひ」で始まる四字熟語

被髪纓冠【ひはつえいかん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 被髪纓冠 【読み方】 ひはつえいかん 【意味】 非常に急いで行動すること。 【語源・由来】 『孟子』「離婁・下」より。「被髪」は髪の毛をふり乱したさま。「纓冠」は冠のひもを結ぶこと。髪をふり乱したまま冠のひ…

「ひ」で始まる四字熟語

肥馬軽裘【ひばけいきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 肥馬軽裘 【読み方】 ひばけいきゅう 【意味】 たいそう富貴なさま。また、富貴な人の外出のよそおい。 【語源・由来】 『論語』「雍也」より。「肥馬」は肥えた立派な馬のこと。「裘」は上等な皮ごろものこと。「軽…

「ひ」で始まる四字熟語

筆力扛鼎【ひつりょくこうてい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 筆力扛鼎 【読み方】 ひつりょくこうてい 【意味】 文章の筆力が非常に強いこと。 【語源・由来】 韓愈「病中贈張十八-詩」より。「筆力」は筆づかい、勢いをいう。中唐の韓愈が張籍の文章をほめたたえて言った言葉…

「ひ」で始まる四字熟語

筆削褒貶【ひっさくほうへん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 筆削褒貶 【読み方】 ひっさくほうへん 【意味】 批評の態度が公正できびしい「春秋筆法」を表す語。 【語源・由来】 『経学歴史』より。「筆削」は書くべきものは書きとり去るべきところは削ること。「褒貶」は褒め…

「ひ」で始まる四字熟語

飛絮漂花【ひじょひょうか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 飛絮漂花 【読み方】 ひじょひょうか 【意味】 女性が苦しい境遇にいて、あてもなく辛苦するさま。特に遊女などに身を落としてあてどもなく辛苦する女性のたとえ。 【語源・由来】 「飛絮」は風に飛び交う柳の花。あ…

「ひ」で始まる四字熟語

悲傷憔悴【ひしょうしょうすい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 悲傷憔悴 【読み方】 ひしょうしょうすい 【意味】 非常に悲しんで憂いやつれること。 【語源・由来】 蘇鉄の「黄州快哉亭記」より。「悲傷」は悲しみいたむこと。「憔悴」は憂い苦しむ、またやつれ衰える。 【類義…

「ひ」で始まる四字熟語

匪躬之節【ひきゅうのせつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 匪躬之節 【読み方】 ひきゅうのせつ 【意味】 自分の利害はかえりみないで、忠節を尽くすこと。 【語源・由来】 韓愈「争臣論」より。「匪躬」はわが身の利害損得を考えないこと。 匪躬之節(ひきゅうのせつ)の使…

「ひ」で始まる四字熟語

卑躬屈節【ひきゅうくっせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 卑躬屈節 【読み方】 ひきゅうくっせつ 【意味】 主義主張を変えてまで、人におもねりこびへつらうこと。 【語源・由来】 「卑躬」は腰をかがめて頭を垂れること。「屈節」は自分の主義主張を曲げること。 【類義語…

「ひ」で始まる四字熟語

媚眼秋波【びがんしゅうは】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 媚眼秋波 【読み方】 びがんしゅうは 【意味】 美人のなまめかしい媚びる目つきこと。 【語源・由来】 「媚眼」はなまめかしい目つき。「秋波」は秋の澄んだ波のことから、美人の澄んだ目、転じて色目・流し目のこと…

「ひ」で始まる四字熟語

靡衣婾食【びいとうしょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 靡衣婾食 【読み方】 びいとうしょく 【意味】 美しい着物を好んで一時の食を貪って将来のことを考えないこと。 【語源・由来】 「靡衣」は華やかで美しい着物。「婾食」はかりそめの食事。一時の食事。 靡衣婾食(…

「は」で始まる四字熟語

攀竜附驥【はんりょうふき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 攀竜附驥 【読み方】 はんりょうふき 【意味】 すぐれた人物に仕えることによって、自分も出世すること。 【語源・由来】 『三国志』「呉書・呉主権伝・注」より。「攀」はすがりつくという意味。「驥」は一日に千里…

「は」で始まる四字熟語

万目睚眥【ばんもくがいさい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 万目睚眥 【読み方】 ばんもくがいさい 【意味】 たくさんの人ににらまれること。 【語源・由来】 『紅楼夢』「五回」より。「万目」は多くの人の目。転じて多くの人。「睚眥」は目にかどをたててにらむこと。「睚」…

「は」で始まる四字熟語

反哺之羞【はんぽのしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 反哺之羞 【読み方】 はんぽのしゅう 【意味】 親の恩に報いること。 【語源・由来】 「反哺」は烏の子が成鳥になると、育ててくれた親鳥に餌を運んで、口移しをして親を養うということから、父母に恩を返すことをい…

「は」で始まる四字熟語

繁文縟礼【はんぶんじょくれい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 繁文縟礼 【読み方】 はんぶんじょくれい 【意味】 形式や手続きが複雑で面倒なこと。 【語源・由来】 「繁文」はこまごました飾り、わずらわしい規則のこと。「縟礼」はこみいった礼儀作法の事。 繁文縟礼(はんぶ…

「は」で始まる四字熟語

班女辞輦【はんじょじれん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 班女辞輦 【読み方】 はんじょじれん 【意味】 班倢伃は車に一緒に乗るのを断った。 【語源・由来】 『蒙求』「班女辞輦」より。「班女」は前漢の班倢伃のこと。漢の成帝の寵愛があった女性。班が姓、倢伃は女官の位…

「は」で始まる四字熟語

万乗之君【ばんじょうのきみ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 万乗之君 【読み方】 ばんじょうのきみ 【意味】 兵車一万台を出せる大国の君主。大諸侯。一般に天子をいう。 【語源・由来】 『孟子』「公孫丑・上」より。「乗」は車を数える数量詞。 【類義語】 ・万乗之主(ば…

「は」で始まる四字熟語

万寿無疆【ばんじゅむきょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 万寿無疆 【読み方】 ばんじゅむきょう 【意味】 いつまでも長生きをすること。 【語源・由来】 『詩経』より。「豳風・七月」より。「万寿」は万年の寿命ということから、長生きすること。長命。「無疆」はきわまり…

「は」で始まる四字熟語

攀轅臥轍【はんえんがてつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 攀轅臥轍 【読み方】 はんえんがてつ 【意味】 立派な人の留任を希望して引き留めること。 【語源・由来】 『白孔六帖』「刺史」より。「攀轅」は車の轅(車の前に出した二本の棒)にすがりつくこと。「臥轍」は車の…

「は」で始まる四字熟語

蛮夷戎狄【ばんいじゅうてき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 蛮夷戎狄 【読み方】 ばんいじゅうてき 【意味】 未開人の住む野蛮な国のこと。 【語源・由来】 古代中国では、漢民族の周辺の諸国を、東夷、西戎、南蛮、北狄と称して、野蛮な民族とさげすんでいたことから。 蛮夷…

「は」で始まる四字熟語

跛立箕坐 【はりゅうきざ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 跛立箕坐 【読み方】 はりゅうきざ 【意味】 無作法なさま。 【語源・由来】 『礼記』「曲礼・上」より。片足で立ったり、両足を投げ出してすわったりする。「跛」はかたよる、片足で立つ。「箕」は「み」というざる…