CATEGORY 漢検1級の四字熟語一覧

《漢検1級のレベル》
大学・一般程度

「き」で始まる四字熟語

驥服塩車【きふくえんしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驥服塩車 【読み方】 きふくえんしゃ 【意味】 すぐれた能力を持った人が、能力に見合わない低い地位にいたり、誰でも出来るような仕事をさせられること。「驥、塩車に服す」とも読む。 【語源・由来】 「戦国策」楚…

「き」で始まる四字熟語

佶屈聱牙【きっくつごうが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 佶屈聱牙 【読み方】 きっくつごうが 【意味】 文章が難解で堅苦しくわかりにくい様。「佶屈」は折れ曲がる様子。また滞り、つまって進まない様子。「聱牙」は話などがごつごつして理解できない様子。「聱」は言葉が耳…

「き」で始まる四字熟語

鞠躬尽瘁【きっきゅうじんすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鞠躬尽瘁 【読み方】 きっきゅうじんすい 【意味】 全力をあげて任務を遂行する、一身を捧げて使命達成に尽くすこと。「鞠躬」は身を低くしてかしこまること。「尽瘁」は自分のことをかえりみずに、全力をつくすこと。…

「き」で始まる四字熟語

杞人天憂【きじんてんゆう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 杞人天憂 【読み方】 きじんてんゆう 【意味】 必要のない心配をすること。「杞人」は古代中国の周の時代にあった紀という国の人。「天憂」は天のことを心配すること。「杞憂」という言葉は、この言葉を略したもの。「…

「き」で始まる四字熟語

跂行喙息【きこうかいそく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 跂行喙息 【読み方】 きこうかいそく 【意味】 主に虫や鳥の類のことで、生き物そのもののこと。「跂行」は虫などがはうことや足で歩くこと。「喙息」は口で息をするものということから。 【語源・由来】 「漢書」公…

「き」で始まる四字熟語

危言覈論【きげんかくろん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 危言覈論 【読み方】 きげんかくろん 【意味】 正しいと思う主張について激しく議論を戦わせること。「危言」は自身の身が危険な状況になることを気にかけずに、自分の考えをはっきりと言うこと。「覈論」は激しく論じ…