CATEGORY 「こ」で始まる四字熟語

「こ」で始まる四字熟語

黒白分明【こくびゃくぶんめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 黒白分明 【読み方】 こくびゃくぶんめい 【意味】 物事の是非や善悪などの区別がはっきりしているさま。 【語源・由来】 『春秋繁露』保位権 黒白分明(こくびゃくぶんめい)の使い方 黒白分明(こくびゃくぶんめ…

「こ」で始まる四字熟語

枯木寒巌【こぼくかんがん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 枯木寒岩 【読み方】 こぼくかんがん 【意味】 世俗に超然とした悟りの境地のたとえ。枯れた木と冷たい岩の意から。仏教、特に禅宗で「枯木」「寒巌」を、情念を滅却した悟りの境域にたとえる。また、情味がなく冷淡で…

「こ」で始まる四字熟語

紅粉青蛾【こうふんせいが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 紅粉青蛾 【読み方】 こうふんせいが 【意味】 美人のこと。また、美しい化粧。 【語源・由来】 杜審言「戯贈趙使君美人」 【類義語】 ・紅口白牙(こうこうはくが) ・朱唇皓歯(しゅしんこうし) ・明眸皓歯(…

「こ」で始まる四字熟語

厚貌深情【こうぼうしんじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 厚貌深情 【読み方】 こうぼうしんじょう 【意味】 親切で正直そうな顔つきだが、本心では何を考えているかわからないこと。また、態度も心も親切な意味でも用いる。 【語源・由来】 『荘子』「列禦寇」 厚貌深情(…

「こ」で始まる四字熟語

光芒万丈【こうぼうばんじょう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 光芒万丈 【読み方】 こうぼうばんじょう 【意味】 聖人君主の出現、偉大な功績のたとえ。 【類義語】 ・光焔万丈(こうえんばんじょう) 光芒万丈(こうぼうばんじょう)の使い方 光芒万丈(こうぼうばんじょう)…

「こ」で始まる四字熟語

口蜜腹剣【こうみつふくけん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 口蜜腹剣 【読み方】 こうみつふくけん 【意味】 口はうまいが、心の中は邪悪であること。また、うわべはやさしく親切そうに見えるが、内心は陰険で邪悪な人のこと。 【語源・由来】 『新唐書』李林甫 口蜜腹剣(こ…

「こ」で始まる四字熟語

合浦珠還【ごうほしゅかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 合浦珠還 【読み方】 ごうほしゅかん 【意味】 一度失った大事な物が戻ってくること。 【語源・由来】 『後漢書』「循吏列伝」 【類義語】 ・孟嘗還珠(もうしょうかんしゅ) 合浦珠還(ごうほしゅかん)の使い方…

「こ」で始まる四字熟語

五行相剋【ごぎょうそうこく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 五行相剋 【読み方】 ごぎょうそうこく 【意味】 水・火・金・木・土の五つの根元要素が互いに力を減じ合い、水は火に、火は金に、金は木に、木は土に、土は水に勝つという考え方。五行の徳を歴代の王朝にあてはめて変…

「こ」で始まる四字熟語

極楽浄土【ごくらくじょうど】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 極楽浄土 【読み方】 ごくらくじょうど 【意味】 阿弥陀仏がいるとされる苦しみのない安楽の世界。西方に十万億土の彼方にあり、まったく苦しみのない安楽な理想の世界。 【類義語】 ・安養宝国(あんようほうこく)…

「こ」で始まる四字熟語

恒産恒心【こうさんこうしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 恒産恒心 【読み方】 こうさんこうしん 【意味】 一定の生業や収入のない人は常に変わらぬ道徳心を持つことができない。生活が安定しないと精神も安定しない。 【語源・由来】 『孟子』「滕文公・上」 恒産恒心(こ…

「こ」で始まる四字熟語

校書掃塵【こうしょそうじん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 校書掃塵 【読み方】 こうしょそうじん 【意味】 書物の校正は、その度ごとに誤脱などが発見され、いくら塵を払っても払い尽くせないように、完全無欠を期することは至難である。 【語源・由来】 『夢渓筆談』「雑誌…

「こ」で始まる四字熟語

鴻漸之翼【こうぜんのつばさ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鴻漸之翼 【読み方】 こうぜんのつばさ 【意味】 異例の出世をする優秀な人材、また、大きな事業が成功する人物のこと。 【語源・由来】 ひとたび飛翔すれば千里をすすむといわれる鴻の翼から転じた語。 鴻漸之翼(…

「こ」で始まる四字熟語

交淡如水【こうたんじょすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 交淡如水 【読み方】 こうたんじょすい 【意味】 教養があり物事をよくわきまえた人どうしの交際は、水のように淡々としているが長く変わることがない。 【語源・由来】 『荘子』「山水」 交淡如水(こうたんじょす…

「こ」で始まる四字熟語

狡兎良狗【こうとりょうく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 狡兎良狗 【読み方】 こうとうりょうく 【意味】 戦ってきた敵国が滅びると、戦闘に功績のあった家臣が有害無用として殺されることのたとえ。転じて、役に立つときはさんざん利用され、不要になると見捨てられることの…

「こ」で始まる四字熟語

慷慨忠直【こうがいちゅうちょく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 慷慨忠直 【読み方】 こうがいちゅうちょく 【意味】 国家や主君への忠義心から、世の不義・不正を憤り嘆くこと。 【類義語】 ・慨世憂国(がいせいゆうこく) ・憂国慨世(ゆうこくがいせい) 慷慨忠直(こうがい…

「こ」で始まる四字熟語

後顧之憂【こうこのうれい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 後顧之憂 【読み方】 こうこのうれい 【意味】 立ち去ったあとの心配。残された者への気づかい。 【語源・由来】 『魏書』「李沖伝」 【類義語】 ・回顧之憂(かいこのうれい) ・還顧之憂(かんこのうれい) ・…

「こ」で始まる四字熟語

枯木逢春【こぼくほうしゅん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 枯木逢春 【読み方】 こぼくほうしゅん 【意味】 苦境を脱することのたとえ。弱ったものや逆境にあるものが、勢いを盛り返すことのたとえ。春になれば枯れているように見える木も生き返るという意味から。 【類義語】…

「こ」で始まる四字熟語

滾瓜爛熟【こんからんじゅく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 滾瓜爛熟 【読み方】 こんからんじゅく 【意味】 しっかりと習得していること。また、暗唱し、しっかり覚えること。 【語源・由来】 『儒林外史』「二」 滾瓜爛熟(こんからんじゅく)の使い方 滾瓜爛熟(こんから…

「こ」で始まる四字熟語

昏天黒地【こんてんこくち】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 昏天黒地 【読み方】 こんてんこくち 【意味】 日が暮れて、外が真っ暗な様子。転じて、意識がぼんやりとしていること。また、生活や社会の秩序の乱れ、規律の乱れのたとえ。 【語源・由来】 『調風月』関漢卿 昏天…

「こ」で始まる四字熟語

綱紀廃弛【こうきはいし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 綱紀廃弛 【読み方】 こうきはいし 【意味】 国の法律や規則がきちんと守られないこと。また社会の規律や秩序が乱れること。 【語源・由来】 「綱紀」は大づなと小づなのことで国家を治める大法と細則を指す。「廃弛…

「こ」で始まる四字熟語

香気芬芬【こうきふんぷん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 香気芬芬 【読み方】 こうきふんぷん 【意味】 よいにおいが一面に香ること。 【語源・由来】 「香気」は、よい香りやにおい。「芬芬」は、香りの高いさまで辺り一面に広がること。 【類義語】 ・香気馥郁(こうき…

「こ」で始まる四字熟語

渾崙呑棗【こんろんどんそう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 渾崙呑棗 【読み方】 こんろんどんそう 【意味】 人の教えのただ鵜呑みにするだけでは、その真理を会得することはできないということ。 【語源・由来】 『碧巌録』より。「渾崙」は黒色・頭・円形などにたとえ、ひと…

「こ」で始まる四字熟語

金輪奈落【こんりんならく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 金輪奈落 【読み方】 こんりんならく 【意味】 物事の極限のこと。また、どこまでも・絶対にということ。 【語源・由来】 「金輪」は仏教で大地の最下底のことをいい、風倫・水倫の上にあるとされる。「奈落」は地獄…

「こ」で始まる四字熟語

魂飛魄散【こんひはくさん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 魂飛魄散 【読み方】 こんひはくさん 【意味】 おおいに驚き恐れること。 【語源・由来】 「魂」は人間の死後、天にのぼるたましい。「魄」は地上にとどまるたましいのこと。たましいが飛び散るほどたまげるというこ…

「こ」で始まる四字熟語

昏定晨省【こんていしんせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 昏定晨省 【読み方】 こんていしんせい 【意味】 親に孝行をつくすこと。 【語源・由来】 『礼記』「曲礼・上」より。「昏定」は晩になると父母の寝所を整えること。「晨省」は朝になると父母のご機嫌をうかがうとい…

「こ」で始まる四字熟語

根深柢固【こんしんていこ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 根深柢固 【読み方】 こんしんていこ 【意味】 物事の基礎をしっかり固めること。 【語源・由来】 『老子』「五九章」より。「根」と「柢」はともに木の根のことで、物事の基本・基礎のたとえ。木の根を深く強固なも…

「こ」で始まる四字熟語

今昔之感【こんじゃくのかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 今昔之感 【読み方】 こんじゃくのかん 【意味】 今と昔を思い比べて、時世や境遇の大きな変化をしみじみと感じる気持ち。 【語源・由来】 「今昔」は今と昔という意味。 【類義語】 ・隔世之感(かくせいのかん)…

「こ」で始まる四字熟語

渾渾沌沌【こんこんとんとん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 渾渾沌沌 【読み方】 こんこんとんとん 【意味】 入り乱れて明らかでないさま。 【語源・由来】 『孫子』「兵勢」より。もとは、天地がまだわかれていない原初の状態をいう。「渾沌」を強めた四字句。 【類義語】 …

「こ」で始まる四字熟語

困苦欠乏【こんくけつぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 困苦欠乏 【読み方】 こんくけつぼう 【意味】 生活するのに必要な物の不足で苦しむこと。 【語源・由来】 「困苦」は困り苦しむこと。「欠乏」は必要なものが乏しいという意味。 【類義語】 ・困苦窮乏(こんくき…

「こ」で始まる四字熟語

渾金璞玉【こんきんはくぎょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 渾金璞玉 【読み方】 こんきんはくぎょく 【意味】 人の素質がすぐれていて飾りけのないたとえ。 【語源・由来】 『世説新語』「賞誉」より。まだ精錬されていない鉱石とまだ磨かれていない玉の意味で、天然の美質を…

「こ」で始まる四字熟語

孤陋寡聞【ころうかぶん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孤陋寡聞 【読み方】 ころうかぶん 【意味】 学問が偏っていて狭く、見識が少ないこと。 【語源・由来】 『礼記』「学記」より。「孤陋」は見識が狭くひとりよがりでかたくななこと。「寡聞」は見聞が少ないこと。「…

「こ」で始まる四字熟語

五倫十起【ごりんじっき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 五倫十起 【読み方】 ごりんじっき 【意味】 清廉公正な者にも私心はあるということ。 【語源・由来】 『蒙求』「五倫十起」より。「五倫」は人名で第五倫のこと。「十起」は十回起きるということ。 【類義語】 ・…

「こ」で始まる四字熟語

五倫五常【ごりんごじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 五倫五常 【読み方】 ごりんごじょう 【意味】 人としてふみ守らなければならない道徳のこと。 【語源・由来】 儒教の教え。「五倫」は父子の親、君臣の義、夫婦の別、長幼の序、朋友の信の五つ。「五常」は仁、義、…

「こ」で始まる四字熟語

虚融澹泊【こゆうたんぱく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 虚融澹泊 【読み方】 こゆうたんぱく 【意味】 悟りの境地にいたること。 【語源・由来】 「虚融」は邪心がなく、心になんのとどこおることもないということ。「澹泊」は無欲であっさりとしていること。 虚融澹泊(…

「こ」で始まる四字熟語

枯木竜吟【こぼくりょうぎん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 枯木竜吟 【読み方】 こぼくりょうぎん 【意味】 苦境を脱して生を得るたとえ。また、生命力を回復するたとえ。 【語源・由来】 『碧巌録』より。春になると枯れたと思っていた木も生き返り、その勢いは竜が声を発す…

「こ」で始まる四字熟語

孤峰絶岸【こほうぜつがん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 孤峰絶岸 【読み方】 こほうぜつがん 【意味】 文章や詩などが他より格段にすぐれているたとえ。 【語源・由来】 劉粛『大唐新語』「文章」より。孤立してそびえ立つ峰と切り立った崖の意味。 孤峰絶岸(こほうぜつ…

「こ」で始まる四字熟語

鼓舞激励【こぶげきれい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鼓舞激励 【読み方】 こぶげきれい 【意味】 盛んにふるいたたせ励ますこと。 【語源・由来】 「鼓舞」は鼓を打って舞うということから転じて、元気づけること。「激励」も励まし元気づけること。同じ意味の言葉を重…

「こ」で始まる四字熟語

鼓腹撃壌【こふくげきじょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鼓腹撃壌 【読み方】 こふくげきじょう 【意味】 理想的な政治がゆきとどいて、人々が平和な生活をすること。 【語源・由来】 『十八史略』「五帝」より。「鼓腹」は腹鼓をうつこと。「壌」は地面のこと。「撃壌」は…

「こ」で始まる四字熟語

胡馬北風【こばほくふう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 胡馬北風 【読み方】 こばほくふう 【意味】 故郷を懐かしむことのたとえ。また、望郷の念にかられること。 【語源・由来】 『文選』「古詩十九首」より。「胡」は中国北方の地。胡の馬は他の地にあって北風が吹くと…

「こ」で始まる四字熟語

孤独矜寡【こどくかんか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孤独矜寡 【読み方】 こどくかんか 【意味】 四種の苦しみでうったえるところのない人。 【語源・由来】 『荀子』「王覇」より。「孤」は幼くして父を亡くした者。「独」は老いて子のない者。「矜」は老いて妻のない…

「こ」で始まる四字熟語

梧桐一葉【ごどういちよう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 梧桐一葉 【読み方】 ごどういちよう 【意味】 物事が衰える兆しのこと。 【語源・由来】 『群芳譜』より。ほかの木より早く落葉するといわれる梧桐の葉が一枚落ちたのを見て、秋の到来を知ったという意味から。 【…

「こ」で始まる四字熟語

虎擲竜挐【こてきりょうだ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 虎擲竜挐 【読み方】 こてきりょうだ 【意味】 英雄が戦うたとえ。 【語源・由来】 李献能の詩より。虎と竜が激しく撃ちあうという意味。「擲」はなげうつ、撃つという意味。「挐」はつかむ、乱れ混じること。 【類…

「こ」で始まる四字熟語

国君含垢【こっくんがんこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 国君含垢 【読み方】 こっくんがんこう 【意味】 君主が恥を忍ぶこと。また、君主たるものは臣下のあやまちなどは大目にみてやる度量が必要であるということのたとえ。 【語源・由来】 『春秋左氏伝』「宣公一五年」…

「こ」で始まる四字熟語

克己復礼【こっきふくれい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 克己復礼 【読み方】 こっきふくれい 【意味】 私欲を抑制し、社会の規範や礼儀にかなった行動をすること。 【語源・由来】 『論語』顔淵より。「克己」は自己の欲望にかつこと。「復礼」は礼により従うということ。…

「こ」で始まる四字熟語

五体投地【ごたいとうち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 五体投地 【読み方】 ごたいとうち 【意味】 頭と両手(両肘)、両足(両膝)を地面につけて行う拝礼。仏教での最高の拝礼をいう。 【語源・由来】 『無量寿経』「上」より。「五体」はここでは頭と両手と両足の意味…

「こ」で始まる四字熟語

胡孫入袋【こそんにゅうたい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 胡孫入袋 【読み方】 こそんにゅうたい 【意味】 官職につくなどして自由を奪われるたとえ。また、自由にものごとができないたとえ。 【語源・由来】 『帰田録』より。「胡孫」は動物の猿のこと。猿が袋の中に入ると…

「こ」で始まる四字熟語

胡説乱道【こせつらんどう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 胡説乱道 【読み方】 こせつらんどう 【意味】 筋が通らないでたらめなことば。 【語源・由来】 「胡説」はでたらめな説のこと。「乱道」はよくない説を唱えて、道理を乱すこと。 【類義語】 ・胡説八道(こせつは…

「こ」で始まる四字熟語

鼓舌揺脣【こぜつようしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鼓舌揺脣 【読み方】 こぜつようしん 【意味】 盛んにしゃべりたてること。 【語源・由来】 『荘子』「盗跖」より。「鼓舌」は舌を鳴らしてしゃべる、饒舌なこと。「揺脣」はくちびるを動かす、しゃべること。 鼓舌…

「こ」で始まる四字熟語

古人糟魄【こじんのそうはく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 古人糟魄 【読み方】 こじんのそうはく 【意味】 言葉や文章では、聖人・賢人の本質を伝えることは不可能だということ。 【語源・由来】 『荘子』「天道」より。「古人」は昔のすぐれた人のこと。「糟魄」は酒のしぼ…

「こ」で始まる四字熟語

五濁悪世【ごじょくあくせ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 五濁悪世 【読み方】 ごじょくあくせ 【意味】 末世。末法の世。五つの汚れに満ちた悪い世のこと。 【語源・由来】 『法華経』「方便品」より。「五濁」は仏教でいうこの世に起こる五つのけがれのことで、劫濁(悪疫…

「こ」で始まる四字熟語

枯樹生華【こじゅせいか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 枯樹生華 【読み方】 こじゅせいか 【意味】 非常な困難の中で活路が開かれるたとえ。また老い衰えた人が生気が取り戻すことのたとえ。 【語源・由来】 『続博物志』「七」より。枯れ木に花が咲くという意味で、もと…

「こ」で始まる四字熟語

後生菩提【ごしょうぼだい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 後生菩提 【読み方】 ごしょうぼだい 【意味】 来世に極楽往生して悟りをひらくこと。仏教の語。 【語源・由来】 「後生」とは、死後に生まれ変わること。また、死後の世のこと。来世。「菩提」とは悟りの境地のこと…

「こ」で始まる四字熟語

五十知命【ごじゅうちめい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 五十知命 【読み方】 ごじゅうちめい 【意味】 五十歳で天命を知ること。 【語源・由来】 『論語』「為政」より。「命」は天命のこと。天から与えられた使命。また、人の力を超えた運命。孔子が自身の生涯を振り返っ…

「こ」で始まる四字熟語

股肱之臣【ここうのしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 股肱之臣 【読み方】 ここうのしん 【意味】 君主の手足となり補佐する大臣。また、そのような部下のこと。 【語源・由来】 『史記』「太史公自序」より。「股」は足のもも、「肱」はひじのことで、ともに人が動くと…

「こ」で始まる四字熟語

刻露清秀【こくろせいしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 刻露清秀 【読み方】 こくろせいしゅう 【意味】 すがすがしい秋の景色のたとえ。 【語源・由来】 欧陽脩「豊楽亭記」より。「刻露」は秋になって、木の葉が落ち、山の姿がきびしくあらわれること。「清秀」は清くて…

「こ」で始まる四字熟語

孤苦零丁【こくれいてい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孤苦零丁 【読み方】 こくれいてい 【意味】 身寄りがなく生活に苦しむこと。 【語源・由来】 白居易の文より。「孤苦」は孤独で貧しくて生活に困窮すること。「零丁」は孤独のさま 【類義語】 ・零丁孤苦(れいて…

「こ」で始まる四字熟語

鵠面鳥形【こくめんちょうけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鵠面鳥形 【読み方】 こくめんちょうけい 【意味】 飢え疲れて痩せ衰えているさま。 【語源・由来】 王惲の詩より。「鵠面」はやせて面貌が鵠に似ていること。「鵠」はくぐいのこと。 【類義語】 ・鵠面鳩形(こく…

「こ」で始まる四字熟語

国歩艱難【こくほかんなん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 国歩艱難 【読み方】 こくほかんなん 【意味】 国勢が振るわず、国家の運命が危ういこと。 【語源・由来】 『大学衍義補』より。「国歩」は国の歩み、国家の命運のこと。「艱難」は難儀すること、苦しむこと。内憂外…

「こ」で始まる四字熟語

黒白混淆【こくびゃくこんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黒白混淆 【読み方】 こくびゃくこんこう 【意味】 よいことと悪いことの区別をわきまえないこと。 【語源・由来】 「黒白」は物事の是非・善悪・正邪のたとえ。「混淆」はいりまじること。 【類義語】 ・黒白分明…

「こ」で始まる四字熟語

克伐怨欲【こくばつえんよく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 克伐怨欲 【読み方】 こくばつえんよく 【意味】 勝ち気、自ら誇る、うらむ、むさぼるの四つの悪心のこと。 【語源・由来】 『論語』「憲問」より。「克」はむやみに勝ちたがること。「伐」はみずから功を誇ること。…

「こ」で始まる四字熟語

懇到切至【こんとうせっし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 懇到切至 【読み方】 こんとうせっし 【意味】 ねんごろに真心から親切を尽くすこと。真心を尽くし、十分に言い聞かせること。 【語源・由来】 『言志録』より。「懇到」と「切至」はともにねんごろで十分に行き届く…

「こ」で始まる四字熟語

叩頭三拝【こうとうさんぱい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 叩頭三拝 【読み方】 こうとうさんぱい 【意味】 敬意や謝意が非常に強いこと。 【語源・由来】 「叩頭」とは、頭を地につけてお辞儀をすること。「三拝」は、三度拝礼すること。また、何回も繰り返して拝礼すること…

「こ」で始まる四字熟語

困知勉行【こんちべんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 困知勉行 【読み方】 こんちべんこう 【意味】 苦しんで学び、努力して物事を実行すること。 【語源・由来】 『中庸』「二〇章」より。「困知」は苦しみて知るという意味。才能が聡明でないために心を苦しめて惨憺し…

「こ」で始まる四字熟語

刻苦精励【こっくせいれい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 刻苦精励 【読み方】 こっくせいれい 【意味】 非常に苦労して、ひたすら仕事や勉学に励むこと。 【語源・由来】 「刻苦」は身を刻むような苦しみに耐えて励むこと。「精励」は仕事や勉強をひたすら頑張ること。 【…

「こ」で始まる四字熟語

刻苦精進【こっくしょうじん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 刻苦精進 【読み方】 こっくしょうじん 【意味】 非常に苦労して、ひたすら仕事や勉学に励むこと。 【語源・由来】 「刻苦」は身を刻むような苦しみに耐えて励むこと。「精進」は苦労しながらも努力すること。 【類…

「こ」で始まる四字熟語

黒貂之裘【こくちょうのきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 黒貂之裘 【読み方】 こくちょうのきゅう 【意味】 非常に高価なもののたとえ。 【語源・由来】 『戦国策』「趙策」より。「黒貂」は黒い貂(イタチ科の動物)のこと。「裘」は皮ごろもの意味。貂の毛皮は皮ごろもに…

「こ」で始まる四字熟語

国色天香【こくしょくてんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 国色天香 【読み方】 こくしょくてんこう 【意味】 すばらしい香りと国一番の美しさ。牡丹の別名。のちに、美人の形容。 【語源・由来】 『松窓雑録』より。「天香」は天から下る香り、非常によい香りのこと。「国色…

「こ」で始まる四字熟語

刻舟求剣【こくしゅうきゅうけん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 刻舟求剣 【読み方】 こくしゅうきゅうけん 【意味】 時勢の推移を知らず、古い考えや習慣を固守する愚かさのたとえ。 【語源・由来】 『呂氏春秋』「察今」より。中国の春秋時代、楚の人が舟で川を渡っているときに…

「こ」で始まる四字熟語

黒歯彫題【こくしちょうだい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黒歯彫題 【読み方】 こくしちょうだい 【意味】 おはぐろをした歯と入れ墨をした額のこと。 【語源・由来】 『楚辞』「招魂」より。「黒歯」は黒くそめた歯のこと。「題」は額のこと。「彫題」は、入れ墨をした額の…

「こ」で始まる四字熟語

告朔餼羊【こくさくのきよう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 告朔餼羊 【読み方】 こくさくのきよう 【意味】 実を失って形式だけが残っているたとえ。毎月一日にいけにえとして供えられた羊の意味。実害がなければ、習慣や行事の形式だけは残しておいたほうがよいということ。 …

「こ」で始まる四字熟語

哭岐泣練【こくききゅうれん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 哭岐泣練 【読み方】 こくききゅうれん 【意味】 人は習慣や心がけ次第で、善人にも悪人にもなるということ。 【語源・由来】 『淮南子』「説林訓」より。「哭」は大声で泣くこと。「岐」は分かれ路。「練」は白い糸…

「こ」で始まる四字熟語

胡漢陵轢【こかんりょうれき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 胡漢陵轢 【読み方】 こかんりょうれき 【意味】 北方(西方)の異民族と漢民族がたがいにおかし争うこと。 【語源・由来】 『支那通史』「総論」より。「胡」は中国の北方または、西方の異民族のこと。「漢」は中国…

「こ」で始まる四字熟語

五陰盛苦【ごおんじょうく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 五陰盛苦 【読み方】 ごおんじょうく 【意味】 人間の心身を形成する五つの要素から生じる苦痛のこと。 【語源・由来】 「五陰」は色(肉体)、受(感覚)、想(想像)、行(意志)、識(判断)の五つをいう。迷いの…

「こ」で始まる四字熟語

行屎走尿【こうしそうにょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 行屎走尿 【読み方】 こうしそうにょう 【意味】 ありふれた日常生活のたとえ。 【語源・由来】 「屎」は大便のこと。「尿」は小便のこと。便所で用を足すという意味から。 行屎走尿(こうしそうにょう)の使い方 …

「こ」で始まる四字熟語

古往今来【こおうこんらい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 古往今来 【読み方】 こおうこんらい 【意味】 昔から今に至るまでということ。昔から。 【語源・由来】 『文選』潘岳「西征賦」より。「古往」は昔という意味。「今来」は今までという意味。 【類義語】 ・往古来…

「こ」で始まる四字熟語

孤影悄然【こえいしょうぜん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孤影悄然 【読み方】 こえいしょうぜん 【意味】 ひとりっぼちでしょんぼりしている様子。 【語源・由来】 「孤影」は一人だけの寂しそうな姿。「悄然」はしおれて元気がないという意味。 【類義語】 ・形影相弔(…

「こ」で始まる四字熟語

孤雲野鶴【こうんやかく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孤雲野鶴 【読み方】 こうんやかく 【意味】 世俗から遠ざかった隠者のたとえ。名利を捨て、世俗から遠ざかった生き方。 【語源・由来】 劉長卿「送上人」より。「孤雲」は離れて浮かんでいる雲のこと、「野鶴」は群…

「こ」で始まる四字熟語

五蘊皆空【ごうんかいくう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 五蘊皆空 【読み方】 ごうんかいくう 【意味】 仏教で、人間界の存在や現象は、一切空であるということ。 【語源・由来】 『般若心経』より。「五蘊」は人間を形成する五つの要素のこと。色(肉体)、受(感覚)、想…

「こ」で始まる四字熟語

光禄池台【こうろくのちだい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 光禄池台 【読み方】 こうろくのちだい 【意味】 りっぱな邸宅のこと。 【語源・由来】 劉希夷「代悲白頭翁」より。「光禄」は中国の漢代の官名のこと。「池台」は庭の池の中にたてられた建物のこと。中国の前漢の光…

「こ」で始まる四字熟語

高楼大廈【こうろうたいか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 高楼大廈 【読み方】 こうろうたいか 【意味】 大きな建物のこと。豪壮な建物のこと。 【語源・由来】 「廈」は家、大きい建物のこと。「楼」は二階建て以上の建物のこと。 【類義語】 ・大廈高楼(たいかこうろう…

「こ」で始まる四字熟語

亢竜有悔【こうりょうゆうかい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 亢竜有悔 【読み方】 こうりょうゆうかい 【意味】 きわめて高い地位にあるもの、栄達をきわめた者は、失敗をするおそれがあることを戒める言葉。 【語源・由来】 『易経』「乾卦」より。天上にのぼりつめた竜は、く…

「こ」で始まる四字熟語

蛟竜毒蛇【こうりょうどくだ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 蛟竜毒蛇 【読み方】 こうりょうどくだ 【意味】 不気味で恐ろしいもののたとえ。 【語源・由来】 「蛟竜」はみずちと竜のこと。「蛟」は竜の一種で、大水を起こすとされる想像上の動物のこと。「毒蛇」は人に危害を…

「こ」で始まる四字熟語

膏粱子弟【こうりょうしてい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 膏粱子弟 【読み方】 こうりょうしてい 【意味】 裕福な家に生まれた者のたとえ。 【語源・由来】 膏粱=『孟子』「告子・上」より。「膏」は脂ののった味のよい肉のこと。「粱」は味のよい穀物のこと。「膏粱」は美…

「こ」で始まる四字熟語

黄粱一炊【こうりょういっすい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黄粱一炊 【読み方】 こうりょういっすい 【意味】 一生が夢幻のようにはかないことのたとえ。 【語源・由来】 『枕中記』より。「黄粱」は粟の一種のおおあわのこと。「一炊」は粟飯を炊くほどの短い時間のこと。粟…

「こ」で始まる四字熟語

毫釐千里【ごうりせんり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 毫釐千里 【読み方】 ごうりせんり 【意味】 最初を慎むべきことをいう言葉。 【語源・由来】 『礼記』「経解」より。初めはほんのわずかの違いであるが、結果は非常に大きな過ちとなる。また、初めはごくわずかな違…

「こ」で始まる四字熟語

洽覧深識【こうらんしんしき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 洽覧深識 【読み方】 こうらんしんしき 【意味】 見聞が広く、知識が深く豊富であること。 【語源・由来】 『晋書』「束晢伝」より。「洽覧」は書物をあまねく見る。「深識」は知識が広く深いこと。 【類義語】 ・…

「こ」で始まる四字熟語

孔翊絶書【こうよくぜっしょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 孔翊絶書 【読み方】 こうよくぜっしょ 【意味】 政治に私情をさしはさまないたとえ。 【語源・由来】 『蒙求』「孔翊絶書」より。「孔翊」は人の名前。「絶書」は手紙を絶つ。ここでは手紙を開けてみずに捨てること…

「こ」で始まる四字熟語

紅葉良媒【こうようりょうばい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 紅葉良媒 【読み方】 こうようりょうばい 【意味】 紅葉が縁の仲人。 【語源・由来】 「良媒」は良い仲人のこと。中国の唐の時代、于祐が宮廷を流れる小川で詩の書かれた一葉の紅葉を見て拾った。彼もまた紅葉に詩を…

「こ」で始まる四字熟語

高陽酒徒【こうようのしゅと】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 高陽酒徒 【読み方】 こうようのしゅと 【意味】 酒飲みのことをいう。または、世俗を捨てた酒飲みだとみずからをあざけっていう言葉。 【語源・由来】 『史記』「朱建伝」より。 「高陽」は、今の中国の河南省にあ…

「こ」で始まる四字熟語

衡陽雁断【こうようがんだん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 衡陽雁断 【読み方】 こうようがんだん 【意味】 音信が絶えることのたとえ。 【語源・由来】 「衡陽」は衡山(中国、湖南省にある山)の南のこと。「・・・陽」は「・・・」が山のときは南のこと。衡山の南にある回…

「こ」で始まる四字熟語

鴻門玉斗【こうもんのぎょくと】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鴻門玉斗 【読み方】 こうもんのぎょくと 【意味】 漢の高祖劉邦が、鴻門で楚の項羽の家臣である范増に贈った玉製のひしゃくのこと。 【語源・由来】 曾鞏「虞美人草」より。劉邦と楚の項羽が鴻門で会見した際、劉邦…

「こ」で始まる四字熟語

槁木死灰【こうぼくしかい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 槁木死灰 【読み方】 こうぼくしかい 【意味】 衰えて生気がないさま。また、意欲に乏しいさま。無為自然の境地にあること。 【語源・由来】 『荘子』「斉物論」より。「槁木」は枯れ木。「死灰」は火の気がなくなり…

「こ」で始まる四字熟語

高鳳漂麦【こうほうひょうばく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 高鳳漂麦 【読み方】 こうほうひょうばく 【意味】 学問に熱心なたとえ。 【語源・由来】 『後漢書』「高鳳伝」より。「高鳳」は中国の後漢の人の名前。家は農作を業とし、学問に励んでのちに立派な学者になった。「…

「こ」で始まる四字熟語

黄茅白葦【こうぼうはくい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黄茅白葦 【読み方】 こうぼうはくい 【意味】 黄色のちがやと白のあし。やせた土地の形容。 【語源・由来】 蘇軾「答張文潜県丞書」より。「茅」はちがや、イネ科の多年草で屋根を葺くのに用いる。「葦」は植物のあ…

「こ」で始まる四字熟語

光芒一閃【こうぼういっせん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 光芒一閃 【読み方】 こうぼういっせん 【意味】 事態が急激に瞬間的に変化すること。 【語源・由来】 「光芒」はすじのように見える光の穂先のこと。光線。「一閃」はぴかりと光るということ。光線のように、一瞬ぴ…

「こ」で始まる四字熟語

紅粉青蛾【こうふんせいが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 紅粉青蛾 【読み方】 こうふんせいが 【意味】 美人のこと。 【語源・由来】 杜審言「戯贈趙使君美人」より。「紅粉」は紅と白粉のこと。「蛾」は蛾の触角のように、細長い弓型の美しい眉の意味。「青蛾」は青く美し…

「こ」で始まる四字熟語

咬文嚼字【こうぶんしゃくじ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 咬文嚼字 【読み方】 こうぶんしゃくじ 【意味】 文字使いなど表面的な技巧にばかりこだわって、文章の内容や意味をおろそかにすること。また、ぐずぐず言う。いろいろ言う。 知識をひけらかすような話し方や文章を弄…

「こ」で始まる四字熟語

光風霽月【こうふうせいげつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 光風霽月 【読み方】 こうふうせいげつ 【意味】 心が清らかでわだかまりがなく、爽快であること。 【語源・由来】 黄庭堅「濂渓詩」より。「霽」は晴れること。太陽の光の中を爽やかに吹く風と、雨上がりの澄みきっ…

「こ」で始まる四字熟語

敲氷求火【こうひょうきゅうか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 敲氷求火 【読み方】 こうひょうきゅうか 【意味】 方法を誤ったり見当違いのことをしても、目的は達せられないたとえ。見当違いの無理な望みを持つこと。 【語源・由来】 氷をたたいて火を起こそうとするという意味…

「こ」で始まる四字熟語

洪範九疇【こうはんきゅうちゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 洪範九疇 【読み方】 こうはんきゅうちゅう 【意味】 模範となる大切な政治道徳のこと。 【語源・由来】 『書経』「洪範」より。「洪範」は『書経』の篇名。「九疇」は殷の箕士が、周の武王に答えた、天下を治めるた…

「こ」で始まる四字熟語

黄髪垂髫【こうはつすいちょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黄髪垂髫 【読み方】 こうはつすいちょう 【意味】 老人と子どものこと。 【語源・由来】 陶潜「桃花源記」より。「黄髪」は老人の黄色をおびた白髪のこと。「垂髫」は子どものおさげ髪ということ。 【類義語】 ・…

「こ」で始まる四字熟語

項背相望【こうはいそうぼう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 項背相望 【読み方】 こうはいそうぼう 【意味】 人の往来がはげしいことの形容。 【語源・由来】 『後漢書』「左雄伝」より。「項背」は背中と首筋のこと。「相望」はお互いに見ること。 項背相望(こうはいそうぼ…

「こ」で始まる四字熟語

狡兎三窟【こうとさんくつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 狡兎三窟 【読み方】 こうとさんくつ 【意味】 身を守るのに用心深いこと。また、困難をさけるのにたくみであること。 【語源・由来】 『戦国策』「斉策」より。「狡」はずるい、わるがしこいという意味。「窟」は穴…

「こ」で始まる四字熟語

功徳兼隆【こうとくけんりゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 功徳兼隆 【読み方】 こうとくけんりゅう 【意味】 成し遂げた事績と備わっている人徳とがきわめて盛んなこと。 【語源・由来】 『新唐書』「太宋紀」より。「功徳」は功績と人徳。「兼隆」は盛んな様子。中国の唐の…

「こ」で始まる四字熟語

皇統連綿【こうとうれんめん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 皇統連綿 【読み方】 こうとうれんめん 【意味】 天皇の血筋が絶えることなく続いていること。 【語源・由来】 「皇統」は天皇の血統のこと。「連綿」は長く続いて絶えないこと。 皇統連綿(こうとうれんめん)の使…

「こ」で始まる四字熟語

紅灯緑酒【こうとうりょくしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 紅灯緑酒 【読み方】 こうとうりょくしゅ 【意味】 歓楽と飽食のたとえ。また、繁華街や歓楽街のようす。 【語源・由来】 「紅灯」は飲食街などの華やかな灯りのこと。「緑酒」は緑色に澄んだ酒(美酒)のこと。 【…

「こ」で始まる四字熟語

黄道吉日【こうどうきちにち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黄道吉日 【読み方】 こうどうきちにち 【意味】 日がらのよい日。吉日。 【語源・由来】 「黄道」は地球から見て、太陽が地球を中心に運行するように見える軌道を表す大きな円のこと。陰陽道の言葉で、全てがうまく…

「こ」で始まる四字熟語

向天吐唾【こうてんとだ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 向天吐唾 【読み方】 こうてんとだ 【意味】 他人に害を加えようとして、逆に自分がその害を受けることになること。天に向かってつばを吐けば、そのつばは自分の顔に落ちてくるということ。「天に向かって唾を吐く」と…

「こ」で始まる四字熟語

孝悌忠信【こうていちゅうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孝悌忠信 【読み方】 こうていちゅうしん 【意味】 真心を尽くして、目上の人によく仕えること。 【語源・由来】 儒教の四つの徳目より。「孝悌」は父母や目上の人によく仕えること。「忠信」は真心を尽くし、人を欺…

「こ」で始まる四字熟語

口中雌黄【こうちゅうのしおう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 口中雌黄 【読み方】 こうちゅうのしおう 【意味】 一度口にしたことをすぐに取り消して訂正するたとえ。転じてでまかせをいうこと。 【語源・由来】 『晋書』「王衍伝」より。「雌黄」は黄色の顔料のこと。昔の中国…

「こ」で始まる四字熟語

黄中内潤【こうちゅうないじゅん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 黄中内潤 【読み方】 こうちゅうないじゅん 【意味】 才能や徳を表に出さず、内に秘めていること。 【語源・由来】 『魏書』「高允伝」より。「黄」は五色(青、赤、黄、白、黒)の真ん中にあることから、中央を表す…

「こ」で始まる四字熟語

高談雄弁【こうだんゆうべん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 高談雄弁 【読み方】 こうだんゆうべん 【意味】 声高に談論すること。とうとうと議論すること。 【語源・由来】 杜甫「飲中八仙歌」より。「高談」は盛んに談論をすること。「雄弁」は力強く説得力のある弁舌のこと…

「こ」で始まる四字熟語

高談闊歩【こうだんかっぽ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 高談闊歩 【読み方】 こうだんかっぽ 【意味】 自由に議論して、大股に歩くこと。気ままなさま。 【語源・由来】 「高談」は盛んに談論すること。「闊歩」は大股に歩く、自由に歩くという意味から、自由で得意な様子…

「こ」で始まる四字熟語

浩然之気【こうぜんのき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 浩然之気 【読み方】 こうぜんのき 【意味】 何ものにもとらわれないのびのびとした気持ち。 【語源・由来】 『孟子』「公孫丑・上」より。 天地に満ちている大きく強い気の意味で、行いが道義にかなっていれば、自…

「こ」で始まる四字熟語

恍然大悟【こうぜんたいご】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 恍然大悟 【読み方】 こうぜんたいご 【意味】 思い定まらないでいるときに、一瞬のひらめきから悟りを得ること。 【語源・由来】 「恍然」は、我を忘れてうっとりするさま。「大悟」は、仏教用語で煩悩を去り、真理…

「こ」で始まる四字熟語

考績幽明【こうせきゆうめい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 考績幽明 【読み方】 こうせきゆうめい 【意味】 成績を調べて賢明な者を進め、暗愚なものを退けること。 【語源・由来】 「書経」舜典より。「考績」は官吏の成績を調べることで、考課の意味。「幽明」は暗愚と賢明…

「こ」で始まる四字熟語

孔席墨突【こうせきぼくとつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 孔席墨突 【読み方】 こうせきぼくとつ 【意味】 物事に忙しく奔走して休む暇のないたとえ。「孔席暖まらず墨突黔まず」を略した言葉。 【語源・由来】 「文選」班固「答賓戯」より。「孔」は儒家の孔子。「席」は座…

「こ」で始まる四字熟語

荒瘠斥鹵【こうせきせきろ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 荒瘠斥鹵 【読み方】 こうせきせきろ 【意味】 土地が荒れ痩せていること。 【語源・理由】 蘇軾「答張文潜県丞書」より。「荒瘠」は土地が荒れ痩せていること。「斥」は干潟のこと。「鹵」は塩。塩分が含まれていて…

「こ」で始まる四字熟語

功成名遂【こうせいめいすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 功成名遂 【読み方】 こうせいめいすい 【意味】 立派な仕事や事業を成し遂げて、名声を得ること。「功成り名を遂ぐ」の形で用いることが多い言葉。 【語源・由来】 「老子」九章より。 功成名遂(こうせいめいすい…

「こ」で始まる四字熟語

曠世之才【こうせいのさい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 曠世之才 【読み方】 こうせいのさい 【意味】 この世に比類のないすぐれた才能。 【語源・由来】 「曠世」は、世に比べ得るものがないこと。「才」は、才能のこと。 【類義語】 ・曠世之度(こうせいのど) 曠世…

「こ」で始まる四字熟語

後生可畏【こうせいかい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 後生可畏 【読み方】 こうせいかい 【意味】 将来の大きな可能性を秘めているから侮ってはならず、むしろおそれ敬うべきであるということ。年少者は、大きな可能性を秘め、将来どんな力量をあらわあすかわからないので…

「こ」で始まる四字熟語

鉤心闘角【こうしんとうかく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鉤心闘角 【読み方】 こうしんとうかく 【意味】 建物が高く並び立ち、びっしりと密集している形容。鉤形にそりかえった屋根が中心に集まり、角のような軒先が隣と争っているようなさま。また、注意して心を配ることの…

「こ」で始まる四字熟語

嚆矢濫觴【こうしらんしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 嚆矢濫觴 【読み方】 こうしらんしょう 【意味】 物事のはじまり、おこり。 【語源・由来】 「嚆矢」はかぶら矢の意。転じて、物事の始まり。「濫觴」は川の源の意。転じて、物事の初め。「觴」はさかずきのこと。ど…

「こ」で始まる四字熟語

口耳四寸【こうじよんすん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 口耳四寸 【読み方】 こうじよんすん 【意味】 他人から聞いた学問の内容を、自分でよく理解せずにそのまま人に伝える学問のたとえ。他人の受け売りで底の浅い学問や知識のたとえ。 【語源・由来】 「荀子」観学より…

「こ」で始まる四字熟語

苟且偸安【こうしょとうあん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 苟且偸安 【読み方】 こうしょとうあん 【意味】 将来のことを考えず、物事をなおざりにして一時の安楽をむさぼること。 【語源・由来】 「漢書」宣帝紀、「史記」始皇紀より。「苟且」は当座をしのぐこと、間に合わ…

「こ」で始まる四字熟語

攻城野戦【こうじょうやせん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 攻城野戦 【読み方】 こうじょうやせん 【意味】 野原や平地で戦闘をして、城を攻めること。最前線で奮闘すること。 【語源・由来】 「史記」廉頗藺如伝より。「攻城」は敵の城やとりでを攻めること。「野戦」は野原…

「こ」で始まる四字熟語

向上機縁【こうじょうのきえん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 向上機縁 【読み方】 こうじょうのきえん 【意味】 天に昇る機会。 【語源・由来】 「桃花扇」入道より。「向上」は天に向かうという意味から、昇天するという意味。「機縁」は機会、おりという意味。 向上機縁(こ…

「こ」で始まる四字熟語

黄裳元吉【こうしょうげんきつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 黄裳元吉 【読み方】 こうしょうげんきつ 【意味】 忠誠を尽くす家臣が主家に仕えると、必ずよい結果をもたらすということ。 【語源・由来】 「易経」坤卦より。易経の言葉で、「黄裳」は黄色のもすそのことで、「黄…

「こ」で始まる四字熟語

鉤章棘句【こうしょうきょくく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鉤章棘句 【読み方】 こうしょうきょくく 【意味】 ものすごく読みにくい文章のこと。または、奇怪で難しい文章のこと。 【語源・由来】 韓愈「貞曜先生墓誌銘」より。「鉤章」の「鉤」は釣り針を指し、釣り針のよう…

「こ」で始まる四字熟語

鉤縄規矩【こうじょうきく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鉤縄規矩 【読み方】 こうじょうきく 【意味】 物事や行為の標準・基準になるもののこと。物事の手本。 きまりのこと。 【語源・由来】 「荘子」駢拇より。「鉤」は曲線を引く時に使う道具。「縄」は直線を引くため…

「こ」で始まる四字熟語

口耳之学【こうじのがく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 口耳之学 【読み方】 こうじのがく 【意味】 他人から聞いた学問の内容を、自分でよく理解せずにそのまま人に伝える学問のたとえ。 【語源・由来】 「荀子」観学より。他人の受け売りで聞いたことの意味をよく考える…

「こ」で始まる四字熟語

曠日弥久【こうじつびきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 曠日弥久 【読み方】 こうじつびきゅう 【意味】 長い期間なにもせずに、無駄な日々を過ごすこと。または、むだに時間を過ごして事を長引かせること。 【語源・由来】 「戦国策」燕策より。「曠日」は多くの月日を経…

「こ」で始まる四字熟語

好事多魔【こうじたま】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 好事多魔 【読み方】 こうじたま 【意味】 よい出来事にはじゃまが入りやすいこと。 【語源・由来】 「西廂記」一より。「魔」は、困難や妨害、じゃまの意。男女の交際などで邪魔が入ったり、もめごとが起きたりして…

「こ」で始まる四字熟語

行尸走肉【こうしそうにく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 行尸走肉 【読み方】 こうしそうにく 【意味】 才能や学問もなく、何の役にも立たない無能な人のたとえ。 【語源・由来】 「拾遺記」六より。「尸」は死体のこと。歩く屍と走る肉という意味で、どちらも魂のない肉体…

「こ」で始まる四字熟語

口耳講説【こうじこうせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 口耳講説 【読み方】 こうじこうせつ 【意味】 人の話を聞いて、十分に理解しないままにすぐ人に話すこと。受け売りのこと。 【語源・由来】 「伝習録」上より。「口耳」は口と耳の間の距離のこと。「講説」は説き明…

「こ」で始まる四字熟語

高山流水【こうざんりゅうすい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 高山流水 【読み方】 こうざんりゅうすい 【意味】 すぐれて巧みな音楽、絶妙な演奏のたとえ。また、自分を理解してくれる真の友人のたとえ。または、けがれのない澄んだ自然のこと。 【語源・由来】 「列子」湯問よ…

「こ」で始まる四字熟語

高山景行【こうざんけいこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 高山景行 【読み方】 こうざんけいこう 【意味】 徳が高く素晴らしい人、品性や行いが立派なもののたとえ。 【語源・由来】 「詩経」小雅より。人々が上を向いて見る高い山と、人々の規範となる大きな道という意味。…

「こ」で始まる四字熟語

光彩陸離【こうさいりくり】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 光彩陸離 【読み方】 こうさいりくり 【意味】 光が乱れ輝き、まばゆいばかりに美しいさま。または、物事が、他を圧してすばらしい様子。 【語源・由来】 「光彩」は美しく輝く光。また、鮮やかないろどり。美人の形…

「こ」で始まる四字熟語

幸災楽禍【こうさいらくか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 幸災楽禍 【読み方】 こうさいらくか 【意味】 他人の不幸を喜ぶこと。 【語源・由来】 「春秋左氏伝」僖公一四年、「春秋左氏伝」荘公二十年より。「幸災」は人の災難を幸福として喜ぶこと。「楽禍」は災いを招くこ…

「こ」で始まる四字熟語

光彩奪目【こうさいだつもく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 光彩奪目 【読み方】 こうさいだつもく 【意味】 目を見張るばかりの美しい輝きやいろどり。 【語源・由来】 「光彩」は美しく輝く光。また、鮮やかないろどりの意。美人の形容ともなる。「奪目」はすばらしさで、見…

「こ」で始まる四字熟語

鴻鵠之志【こうこくのこころざし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鴻鵠之志 【読み方】 こうこくのこころざし 【意味】 大人物の志(こころざし)、遠大な志のこと。また、小人物には大人物の志は理解できないことのたとえ。 【語源・由来】 「史記」陳渉世家より。大人物の遠大な考…

「こ」で始まる四字熟語

膏肓之疾【こうこうのしつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 膏肓之疾 【読み方】 こうこうのしつ 【意味】 不治の病、難病のこと。または、物事に夢中になりすぎて、やめられないこと。 【語源・由来】 「春秋左氏伝」成公一○年より。「膏」は心臓の下の部分、「肓」は心臓の…

「こ」で始まる四字熟語

恍恍惚惚【こうこうこつこつ】 の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 恍恍惚惚 【読み方】 こうこうこつこつ 【意味】 うっとりしているさま。ぼうっとして我を忘れているさま。 【語源・由来】 心を奪われてうっとりするという意味の「恍惚こうこつ」と同意で、それぞれの文字を重ねて…

「こ」で始まる四字熟語

槁項黄馘【こうこうこうかく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 槁項黄馘 【読み方】 こうこうこうかく 【意味】 痩せて細くなった首すじと、酷くやつれた顔。 【語源・由来】 「荘子」列禦寇より。「槁項」はやつれて細くなった首筋のことで、「黄馘」は疲労で黄色くなった顔の意…

「こ」で始まる四字熟語

巧言乱徳【こうげんらんとく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 巧言乱徳 【読み方】 こうげんらんとく 【意味】 巧みに飾った言葉は、人を惑わして徳の妨げになること。 【語源・由来】 「論語」衛霊公より。「巧言」は相手に気に入られるように飾った言葉。「乱徳」は徳を乱すこ…

「こ」で始まる四字熟語

黄絹幼婦【こうけんようふ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 黄絹幼婦 【読み方】 こうけんようふ 【意味】 「絶妙」の隠語。二人の判断がぴったり一致していることのたとえ、また、解釈などがきわめて正確なことのたとえ。すばらしい文章のたとえなどにも用いられる。 【語源・…

「こ」で始まる四字熟語

高軒寵過【こうけんちょうか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 高軒寵過 【読み方】 こうけんちょうか 【意味】 貴人(身分の高い人)が訪ねてくること。 【語源・由来】 「新唐書」李賀伝より。「高軒」は他人の車の敬称で、立派な車という意味。「寵過」は名誉ある来訪という意…

「こ」で始まる四字熟語

皓月千里【こうげつせんり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 皓月千里 【読み方】 こうげつせんり 【意味】 白く輝く月が千里のかなたまで照らしている様子。 【語源・由来】 笵仲淹「岳陽楼記」より。「皓月」は白い月。明るく冴えわたった月のこと。「千里」は非常に長い距離…