CATEGORY 「き」で始まる四字熟語

「き」で始まる四字熟語

驥服塩車【きふくえんしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驥服塩車 【読み方】 きふくえんしゃ 【意味】 すぐれた能力を持った人が、能力に見合わない低い地位にいたり、誰でも出来るような仕事をさせられること。「驥、塩車に服す」とも読む。 【語源・由来】 「戦国策」楚…

「き」で始まる四字熟語

帰馬放牛【きばほうぎゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 帰馬放牛 【読み方】 きばほうぎゅう 【意味】 戦争が終わって平和になることのたとえ。または、二度と戦争をしないことのたとえ。「馬を帰し牛を放つ」とも読む。 【語源・由来】 「書経」武成より。殷の紂王を討ち…

「き」で始まる四字熟語

肌肉玉雪【きにくぎょくせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 肌肉玉雪 【読み方】 きにくぎょくせつ 【意味】 白く美しい女性の肌を言い表す言葉。 【語源・由来】 韓愈「殿中少監馬君墓誌銘」より。「玉雪」は真っ白で美しい雪のこと。純白で美しい雪のように白い肌という意味…

「き」で始まる四字熟語

橘中之楽【きっちゅうのたのしみ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 橘中之楽 【読み方】  きっちゅうのたのしみ 【意味】 将棋や囲碁をする楽しみのこと。「橘」はみかんのこと。 【語源・由来】 「幽怪録」より。中国の巴邛(きょう)の人が大きなみかんの実を割ると、中に二人の老…

「き」で始まる四字熟語

亀甲獣骨【きっこうじゅうこつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 亀甲獣骨 【読み方】 きっこうじゅうこつ 【意味】 亀の甲羅と獣の骨のこと。 【語源・由来】 古代中国の殷の時代に、甲骨文字を刻んで占いの記録をしていたとされている。 【スポンサーリンク】 亀甲獣骨(きっこ…

「き」で始まる四字熟語

佶屈聱牙【きっくつごうが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 佶屈聱牙 【読み方】 きっくつごうが 【意味】 文章が難解で堅苦しくわかりにくい様。「佶屈」は折れ曲がる様子。また滞り、つまって進まない様子。「聱牙」は話などがごつごつして理解できない様子。「聱」は言葉が耳…

「き」で始まる四字熟語

鞠躬尽瘁【きっきゅうじんすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鞠躬尽瘁 【読み方】 きっきゅうじんすい 【意味】 全力をあげて任務を遂行する、一身を捧げて使命達成に尽くすこと。「鞠躬」は身を低くしてかしこまること。「尽瘁」は自分のことをかえりみずに、全力をつくすこと。…

「き」で始まる四字熟語

吉祥悔過【きちじょうけか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 吉祥悔過 【読み方】 きちじょうけか 【意味】 吉祥天を本尊としてまつり、罪を懺悔して国家の安泰や作物の豊穣を願い、毎年正月に行われる法会のこと。 【語源・由来】 仏教の言葉で、「吉祥天悔過」を略した言葉。…

「き」で始まる四字熟語

吉日良辰【きちじつりょうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 吉日良辰 【読み方】 きちじつりょうしん 【意味】 縁起のよい日。 【語源・由来】 「吉日」と「良辰」はどちらもよいことがある日、めでたい日という意味であることから。 【類義語】 ・吉辰良日(きっしんりょう…