CATEGORY 「き」で始まる四字熟語

「き」で始まる四字熟語

金友玉昆【きんゆうぎょっこん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 金友玉昆 【読み方】 きんゆうぎょっこん 【意味】 すぐれた才能や学識のある兄弟のこと。他人の兄弟をほめる時に使う言葉。 【語源・由来】 「金」と「玉」は宝石と黄金のことで、どちらもすぐれているものを言い表…

「き」で始まる四字熟語

吟風弄月【ぎんぷうろうげつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 吟風弄月 【読み方】 ぎんぷうろうげつ 【意味】 自然の景色を題材にして、詩を作ったり詠んだり読んだりすること。 【語源・由来】 「伊洛淵源録」朱熹「濂渓先生」より。「吟風」は風に吹かれながら詩歌を吟じるこ…

「き」で始まる四字熟語

巾箱之寵【きんそうのちょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 巾箱之寵 【読み方】 きんそうのちょう 【意味】 肌身離さず持っておく、非常に大切なもののこと。 【語源・由来】 「巾箱」はいつも近くに置いておく、布張りの書物などをいれる小箱のこと。「寵」は気に入るや可愛…

「き」で始まる四字熟語

金声玉振【きんせいぎょくしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 金声玉振 【読み方】 きんせいぎょくしん 【意味】 備わっている才知と、人徳の釣り合いが取れていることのたとえ。または、そのような人のこと。素晴らしい人格に大成することのたとえ。 【語源・由来】 「孟子」万…

「き」で始まる四字熟語

錦心繍口【きんしんしゅうこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 錦心繍口 【読み方】 きんしんしゅうこう 【意味】 詩や文章のすぐれた才能があること。 【語源・由来】 柳宗元「乞巧文」より。「錦心」はあや織物のように美しい心のこと。「繍口」は刺繍のように美しい言葉のこと…

「き」で始まる四字熟語

金城湯池【きんじょうとうち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 金城湯池 【読み方】 きんじょうとうち 【意味】 守りに優れていて、他からの攻めに非常に強い城のこと。または、防備がしっかりしていて、簡単に入り込めない勢力範囲のこと。 【語源・由来】 「漢書」より。「金城…

「き」で始まる四字熟語

錦上添花【きんじょうてんか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 錦上添花 【読み方】 きんじょうてんか 【意味】 よい出来事が重なることのたとえ。または、美しいものに美しいものを重ねることのたとえ。「錦上に花を添う」とも読む。 【語源・由来】 王安石「即事」より。美しい…

「き」で始まる四字熟語

擒縦自在【きんしょうじざい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 擒縦自在 【読み方】 きんしょうじざい 【意味】 自分の好きなように人を処遇すること。 【語源・由来】 「擒」は捕まえること。「縦」は逃がすこと。捕まえるのも逃がすのも思いのままという意味から。 【類義語】…

「き」で始まる四字熟語

禽獣草木【きんじゅうそうもく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 禽獣草木 【読み方】 きんじゅうそうもく 【意味】 命があるもの全てのもののこと。鳥や動物、草、木ということから。 【類義語】 ・草木禽獣(そうもくきんじゅう) 禽獣草木(きんじゅうそうもく)の使い方 禽獣…

「あ」で始まる四字熟語

禽獣夷狄【きんじゅういてき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 禽獣夷狄 【読み方】 きんじゅういてき 【意味】 中国からみた異民族の蔑称。 【語源・由来】 「禽獣」は鳥と獣のこと。「夷狄」は野蛮な人のこと。 【類義語】 ・夷蛮戎狄(いばんじゅうてき) ・東夷西戎(とう…

「き」で始まる四字熟語

金枝玉葉【きんしぎょくよう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 金枝玉葉 【読み方】 きんしぎょくよう 【意味】 「古今注」輿服より。天子の一族や子孫のこと。「金」と「玉」はどちらも身分が高く、気品があることのたとえ。「枝」と「葉」は子孫のたとえ。元は雲や樹などの美しさ…

「き」で始まる四字熟語

禽困覆車【きんこんふくしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 禽困覆車 【読み方】 きんこんふくしゃ 【意味】 力の弱い者でも、窮地に立たされると思ってもいない力を出すということ。「禽困車を覆す」とも読む。 【語源・由来】 「戦国策」韓策より。「禽困」は追い詰められた…

「き」で始まる四字熟語

金谷酒数【きんこくのしゅすう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 金谷酒数 【読み方】 きんこくのしゅすう 【意味】 詩を作ることが出来なかったことへの罰として飲ませる酒のこと。 【語源・由来】 李白「春夜宴桃李園序」より。中国の西晋の石崇が、別送の金谷園で開いた宴会で、…

「き」で始まる四字熟語

謹言慎行【きんげんしんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 謹言慎行 【読み方】 きんげんしんこう 【意味】 言葉と行動を慎重に行うこと。「言を謹み行を慎む」とも読む。 【語源・由来】 「礼記」緇衣より。「謹」と「慎」はどちらも慎むということ。 【類義語】 ・謹厳温…

「き」で始まる四字熟語

勤倹尚武【きんけんしょうぶ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 勤倹尚武 【読み方】 きんけんしょうぶ 【意味】 しっかりと働いて、質素に暮らしながら武芸に励むこと。 【語源・由来】 「勤倹」はしっかりと働いて、無駄遣いをしないようにすること。「尚武」は武士の生活態度の…

「き」で始まる四字熟語

金玉満堂【きんぎょくまんどう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 金玉満堂 【読み方】 きんぎょくまんどう 【意味】 豊かな才能と学識があることのたとえ。「金玉堂に満つ」とも読む。 【語源・由来】 「老子」九章より。「金玉」は黄金と宝石。「満堂」は部屋の中が満たされている…

「き」で始まる四字熟語

琴棋書画【きんきしょが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 琴棋書画 【読み方】 きんきしょが 【意味】 教養のある、文人のたしなみのこと。琴を弾いて囲碁を打ち、書を書いて絵を描くということをいう。中国では四芸と呼ばれ、文人のたしなみとされ、画題としてもよく用いられ…

「き」で始まる四字熟語

琴歌酒賦【きんかしゅふ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 琴歌酒賦 【読み方】 きんかしゅふ 【意味】 隠者の欲の無い生活のこと。または、俗世から離れた優雅な遊びのこと。 【語源・由来】 孔稚珪「北山移文」より。「琴歌」は琴を弾いて歌を歌うこと。「酒賦」は酒宴を開…

「き」で始まる四字熟語

巾幗之贈【きんかくのぞう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 巾幗之贈 【読み方】 きんかくのぞう 【意味】 意気地なしで臆病なことをはずかしめる言葉。 【語源・由来】 「晋書」宣帝紀より。「巾幗」は女性用の髪飾り。中国の三国時代、蜀の諸葛亮は魏へ攻めたが、魏の司馬懿…

「き」で始まる四字熟語

槿花一朝【きんかいっちょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 槿花一朝 【読み方】 きんかいっちょう 【意味】 人の栄華は儚いということのたとえ。「槿花」は植物のむくげの花のこと。「槿花一朝の夢」という形で使うことが多い言葉。 【語源・由来】 白居易「放言」より。むく…

「き」で始まる四字熟語

金塊珠礫【きんかいしゅれき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 金塊珠礫 【読み方】 きんかいしゅれき 【意味】 贅沢を極めること。「金をば塊のごとく珠をば礫のごとくす」とも読む。 【語源・由来】 杜牧「阿房宮賦」より。「塊」は土のかたまりのこと。「礫」は小石のこと。金…

「き」で始まる四字熟語

金甌無欠【きんおうむけつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 金甌無欠 【読み方】 きんおうむけつ 【意味】 何一つ欠けていることがない、完璧なこと。または、一度も侵略されたことがない国のたとえ。「金甌欠くる無し」とも読む。 【語源・由来】 「金甌」は黄金で出来た瓶の…

「き」で始まる四字熟語

機略縦横【きりゃくじゅうおう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 機略縦横 【読み方】 きりゃくじゅうおう 【意味】 状況の変化に合わせて、思いのままに策略をめぐらして用いること。 【語源・由来】 「機略」は状況に合ったすぐれた策略。「縦横」はたてとよことということから、…

「き」で始まる四字熟語

許由巣父【きょゆうそうほ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 許由巣父 【読み方】 きょゆうそうほ 【意味】 清らかで正しい行いのこと。または、出世や高い地位につくことを嫌うこと。 【語源・由来】 「高士伝」上より。「許由」と「巣父」はどちらも中国の伝説上の高潔な隠者…

「き」で始まる四字熟語

虚無縹渺【きょむひょうびょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 虚無縹渺 【読み方】 きょむひょうびょう 【意味】 何もなく、どこまでも広がっている風景を言い表す言葉。「虚無縹緲」とも、「虚無縹眇」とも書く。 【語源・由来】 白居易「長恨歌」より。「虚無」は何もないこと…

「き」で始まる四字熟語

虚堂懸鏡【きょどうけんきょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 虚堂懸鏡 【読み方】 きょどうけんきょう 【意味】 心を空にして、公平に物事を判断すること。「虚堂に鏡を懸く」とも読む。 【語源・由来】 「宗史」陳良翰伝より。「虚堂」は人も物も何もない、空の部屋のこと。「…

「き」で始まる四字熟語

玉昆金友【ぎょっこんきんゆう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 玉昆金友 【読み方】 ぎょっこんきんゆう 【意味】 すぐれた才能や学識のある兄弟のこと。他人の兄弟をほめる時に使う言葉。 【語源・由来】 「南史」王銓伝より。「玉」と「金」は宝石と黄金のことで、どちらもすぐ…

「き」で始まる四字熟語

挙措進退【きょそしんたい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 挙措進退 【読み方】 きょそしんたい 【意味】 日常生活の立ち居振る舞いのこと。 【語源・由来】 「挙措」は手を上げ下げするという意味から、立ち居振る舞いのこと。「進退」は進むことと退くことという意味から、…

「き」で始まる四字熟語

挙措失当【きょそしっとう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 挙措失当 【読み方】 きょそしっとう 【意味】 対処の方法や振る舞いが間違っていること。「挙措、当を失す」とも読む。 【語源・由来】 「挙措」は立ち居振る舞いや態度のこと。「失当」は適切ではないこと。 挙措…

「き」で始まる四字熟語

挙足軽重【きょそくけいちょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 挙足軽重 【読み方】 きょそくけいちょう 【意味】 ある人のわずかな言動や挙動が全体に大きな影響を与えること。 【語源・由来】 「後漢書」竇融伝より。「挙足」は足をあげて一歩踏み出すこと。「軽重」は大切なこ…

「き」で始まる四字熟語

虚静恬淡【きょせいてんたん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 虚静恬淡 【読み方】 きょせいてんたん 【意味】 私心や私欲が全くなく、心が落ち着いていること。 【語源・由来】 「荘子」天道より。「虚静」は心の中に不信や疑念などがなく、落ち着いていること。「恬淡」は私欲…

「き」で始まる四字熟語

虚実皮膜【きょじつひまく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 虚実皮膜 【読み方】 きょじつひまく 【意味】 芸術は、虚構と現実の境界にあるということ。 【語源・由来】 「難波土産」穂積以貫より。「虚実」は虚構と現実。「皮膜」は皮膚と薄皮ということから、区別できないほ…

「き」で始まる四字熟語

挙止進退【きょししんたい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 挙止進退 【読み方】 きょししんたい 【意味】 日常生活の立ち居振る舞いのこと。 【語源・由来】 「挙止」と「進退」はどちらも立ち居振る舞いのこと。 【類義語】 ・起居動作(ききょどうさ) ・挙止動作(きょ…

「き」で始まる四字熟語

居敬窮理【きょけいきゅうり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 居敬窮理 【読み方】 きょけいきゅうり 【意味】 いつもの振る舞いを慎んで、様々な道理をきわめて、正しい知識を身につけること。 【語源・由来】 「朱子語類」九より。「居敬」は慎んだ態度をとることで、内側の修…

「き」で始まる四字熟語

玉葉金枝【ぎょくようきんし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 玉葉金枝 【読み方】 ぎょくようきんし 【意味】 天子の一族や子孫のこと。 【語源・由来】 「古今注」輿服より。「玉」と「金」はどちらも身分が高く、気品があることのたとえ。「葉」と「枝」は子孫のたとえ。元は…

「き」で始まる四字熟語

曲眉豊頬【きょくびほうきょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 曲眉豊頬 【読み方】 きょくびほうきょう 【意味】 美しい女性のこと。 【語源・由来】 韓愈「送李愿帰盤谷序」より。「曲眉」は三日月のように曲がっている眉のことで、美しい眉のたとえ。「豊頬」は柔らかそうな頬…

「き」で始まる四字熟語

曲突徙薪【きょくとつししん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 曲突徙薪 【読み方】 きょくとつししん 【意味】 未然に災難を防ぐこと。 【語源・由来】 「漢書」霍光伝より。「突」は煙突のことで、かまどの煙突の先の近くに薪があり、煙突を曲げて薪を移動しないと火事になると…

「き」で始まる四字熟語

玉兎銀蟾【ぎょくとぎんせん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 玉兎銀蟾 【読み方】 ぎょくとぎんせん 【意味】 月の別名。「玉兎」は月にいるとされている兎。「銀蟾」は月にいるとされているひきがえる。どちらも月の別名。 【語源・由来】 白居易「中秋月」より。 【類義語】…

「き」で始まる四字熟語

跼天蹐地【きょくてんせきち】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 跼天蹐地 【読み方】 きょくてんせきち 【意味】 恐怖でひどくおびえて震えている様子。または、世間に対して遠慮しながら生活すること。 【語源・由来】 「詩経」小雅・正月より。「跼」は体を丸めて低い姿勢をとる…

「き」で始まる四字熟語

玉蟾金兎【ぎょくせんきんと】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 玉蟾金兎 【読み方】 ぎょくせんきんと 【意味】 月の別名。 【語源・由来】 「玉蟾」は月に住むといわれるひきがえる。「金兎」は月に住むといわれる兎。どちらも月の別名であることから。 【類義語】 ・玉兎銀蟾…

「き」で始まる四字熟語

曲折浮沈【きょくせつふちん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 曲折浮沈 【読み方】 きょくせつふちん 【意味】 道や川などが何度も折れ曲がっている様子。または、複雑にからみ合っていて面倒な事情や、そのような状況で解決するために非常に苦労すること。「曲折」は折れ曲がるこ…

「き」で始まる四字熟語

玉石同砕【ぎょくせきどうさい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 玉石同砕 【読み方】 ぎょくせきどうさい 【意味】 すぐれているものや劣っているもの、賢者や愚者などがともに滅びてなくなること。 【語源・由来】 「文選」袁宏「三国名臣頌序賛」より。 宝石も石も一緒に砕けて…

「き」で始まる四字熟語

玉石同匱【ぎょくせきどうき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 玉石同匱 【読み方】 ぎょくせきどうき 【意味】 すぐれているものも、劣っているものも同じように扱われること。「匱」は大きな木箱のこと。「玉石匱を同じくす」とも読む。 【語源・由来】 東方朔「七諫・謬諫」よ…

「き」で始まる四字熟語

曲水流觴【きょくすいりゅうしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 曲水流觴 【読み方】 きょくすいりゅうしょう 【意味】 曲がりくねっている小さな川の上流に、酒の入った杯を浮かべ、自分の前を流れていってしまう前に詩を作って、杯の酒を飲むという風流な遊びのこと。 【語源・由…

「き」で始まる四字熟語

玉砕瓦全【ぎょくさいがぜん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 玉砕瓦全 【読み方】 ぎょくさいがぜん 【意味】 名誉を守るために未練なく死ぬこと、何もすることなく長く生きること。「大丈夫は寧ろ玉砕す可く、瓦全たる能わず」を略した言葉。 【語源・由来】 「北斉書」元景安…

「き」で始まる四字熟語

曲肱之楽【きょくこうのたのしみ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 曲肱之楽 【読み方】 きょくこうのたのしみ 【意味】 富を求めずに、貧しくても正しい行いをする楽しみのこと。または、貧しい暮らしをしていても、その中に楽しみはあるということ。「曲肱」は枕が買えないために腕を…

「き」で始まる四字熟語

虚気平心【きょきへいしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 虚気平心 【読み方】 きょきへいしん 【意味】 心を空にして落ち着けること。「気を虚しくして心を平らかにす」とも読む。 【語源・由来】 「管子」版法解より。「虚気」は感情をなくすこと。「平心」は心を落ち着け…

「き」で始まる四字熟語

虚往実帰【きょおうじっき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 虚往実帰 【読み方】 きょおうじっき 【意味】 師匠や先生などから偉大な教えを受けること。「虚にして往き実にして帰る」とも読む。 【語源・由来】 「荘子」徳充符より。「虚往」は頭の中を空にして出掛けること。…

「き」で始まる四字熟語

狂瀾怒濤【きょうらんどとう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 狂瀾怒濤 【読み方】 きょうらんどとう 【意味】 ひどく乱れている様子。「狂瀾」と「怒濤」はどちらも荒れ狂った大きな波のこと。主に世の中や時代の情勢を言い表す言葉。 【類義語】 ・疾風怒濤(しっぷうどとう)…

「き」で始まる四字熟語

興味索然【きょうみさくぜん】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語)

【四字熟語】 興味索然 【読み方】 きょうみさくぜん 【意味】 興味が次第に薄れていくこと。または、面白いと感じなくなること。 【語源・由来】 「索然」は次第に減っていってなくなることから。 【対義語】 ・興味津々(きょ…

「き」で始まる四字熟語

嚮壁虚造【きょうへききょぞう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 嚮壁虚造 【読み方】 きょうへききょぞう 【意味】 実在しないものを存在するかのように捏造すること。「壁に嚮って虚像す」とも読む。壁と向き合って、頭の中で思い浮かべて存在しないものを作るという意味から 【語…

「き」で始まる四字熟語

驕兵必敗【きょうへいひっぱい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驕兵必敗 【読み方】 きょうへいひっぱい 【意味】 敵を侮って、うぬぼれた軍隊は確実に敗北するということ。「驕兵は必ず敗る」とも読む。 【語源・由来】 「漢書」魏相伝より。「驕兵」は国力や数が多いことに慢心…

「き」で始まる四字熟語

尭風舜雨【ぎょうふうしゅんう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 尭風舜雨 【読み方】 ぎょうふうしゅんう 【意味】 世の中が平和で穏やかなこと。 【語源・由来】 「尭」と「舜」はどちらも古代中国の伝説の聖天子のこと。尭帝と舜帝が善政を行って、人々にもたらした恩恵を風や雨…

「き」で始まる四字熟語

尭年舜日【ぎょうねんしゅんじつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 尭年舜日 【読み方】 ぎょうねんしゅんじつ 【意味】 世の中が平和で穏やかなこと。 【語源・由来】 沈約「四時白紵歌」より。「尭」と「舜」はどちらも古代中国の伝説の聖天子のこと。尭帝と舜帝が国を治めた平和な…

「き」で始まる四字熟語

胸中成竹【きょうちゅうのせいちく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 胸中成竹 【読み方】 きょうちゅうのせいちく 【意味】 成功の見通しを立てておいて、前もって準備しておくこと。成算のこと。 【語源・由来】 「蘇軾」より。竹の絵を描く時は、先に胸中で絵を完成させておいてから…

「き」で始まる四字熟語

協心戮力【きょうしんりくりょく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 協心戮力 【読み方】 きょうしんりくりょく 【意味】 心と力を合わせて、互いに協力して物事に取り組むこと。「協」と「戮」はどちらも合わせるという意味で、似た意味の言葉を重ねて強調した言葉。 【類義語】 ・一…

「き」で始まる四字熟語

驚心動魄【きょうしんどうはく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驚心動魄 【読み方】 きょうしんどうはく 【意味】 人を心の底から深く感動させること。「心を驚かし魄を動かす」とも読む。 【語源・由来】 「詩品」上より。人の心を動かして、魂を振るわせるという意味から。 【…

「き」で始まる四字熟語

彊食自愛【きょうしょくじあい】 の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 彊食自愛 【読み方】 きょうしょくじあい 【意味】 しっかりと食事をとって健康に気遣うこと。 【語源・由来】 「越絶書」越絶外伝記呉王占夢より。「彊食」は無理にでも食事をすること。 彊食自愛(きょうしょくじ…

「き」で始まる四字熟語

驕奢淫逸【きょうしゃいんいつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驕奢淫逸 【読み方】 きょうしゃいんいつ 【意味】 偉そうに振る舞って贅沢な暮らしをして、女性に溺れること。または、その様子。 【語源・由来】 「驕奢」は調子に乗って贅沢をすること。 【類義語】 ・奢侈淫佚…

「き」で始まる四字熟語

尭鼓舜木【ぎょうこしゅんぼく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 尭鼓舜木 【読み方】 ぎょうこしゅんぼく 【意味】 理屈や道理に合った意見は聞き入れるべきであるということ。 政治を行う人や、人の上に立つ立場の人に対する戒め。 【語源・由来】 「旧唐書」より。「尭」と「舜…

「き」で始まる四字熟語

匡衡壁鑿【きょうこうへきさく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 匡衡壁鑿 【読み方】 きょうこうへきさく 【意味】 貧しい生活をしながら勉学に励むこと。苦学のたとえ。「匡衡」は中国前漢の学者の名前。「壁鑿」は壁に穴を開けること。 【語源・由来】 「西京雑記」二より。匡衡…

「き」で始まる四字熟語

恐惶謹言【きょうこうきんげん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 恐惶謹言 【読み方】 きょうこうきんげん 【意味】 恐れ慎んで、申し上げること。「恐惶」は恐れかしこまった態度をとること。「謹言」は慎んで言うということ。文章や手紙の終わりに書いて、相手に敬意を示す言葉。 …

「き」で始まる四字熟語

狂言綺語【きょうげんきご】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 狂言綺語 【読み方】 きょうげんきご 【意味】 事実のように作り上げていたり、文章を飾るだけで内容の無い文章や小説を卑しめていう言葉。「狂言」は道理に外れた言葉。「綺語」はうまく飾った言葉。 【語源・由来】…

「き」で始まる四字熟語

教外別伝【きょうげべつでん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 教外別伝 【読み方】 きょうげべつでん 【意味】 悟りは、経典や言葉で伝わるものではなく、心から心へと直感的に伝えられるものであるということ。 【語源・由来】 禅宗の言葉で、経典に示された精神を体験して捉え…

「き」で始まる四字熟語

薑桂之性【きょうけいのせい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 薑桂之性 【読み方】 きょうけいのせい 【意味】 年老いて、さらに剛直になることのたとえ。または、人の性格は簡単には変わらないということ。「薑」は生姜のこと。「桂」は肉桂のこと。 生姜も肉桂も、古いものほど…

「き」で始まる四字熟語

僑軍孤進【きょうぐんこしん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 僑軍孤進 【読み方】 きょうぐんこしん 【意味】 誰からの助けもなく、孤立した状態で進軍すること。または、誰からも助けられることなく、一人で事に当たること。「僑軍」は別の土地からやってきた軍隊、遠征軍のこと…

「き」で始まる四字熟語

胸襟秀麗【きょうきんしゅうれい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 胸襟秀麗 【読み方】 きょうきんしゅうれい 【意味】 正しく立派な考えや心構えを持っていること。 【語源・由来】 「胸襟」は胸の内側という意味から、心の中ということ。「秀麗」は他よりも立派で美しいこと。 胸…

「き」で始まる四字熟語

澆季末世【ぎょうきまっせ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 澆季末世 【読み方】 ぎょうきまっせ 【意味】 人々の心が荒れ果てた末の世。 【語源・由来】 「澆季」も「末世」も、道徳や人情などが乱れた、時代が終わる寸前のこと。 【類義語】 ・澆季溷濁(ぎょうきこんだく…

「き」で始まる四字熟語

澆季溷濁【ぎょうきこんだく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 澆季溷濁 【読み方】 ぎょうきこんだく 【意味】 思いやりなどの人らしい感情が薄くなり、善悪や正邪の基準がおかしくなって、世の中が乱れること。「澆季」は道徳や人情などが乱れた、時代が終わる寸前のこと。「溷濁…

「き」で始まる四字熟語

仰観俯察【ぎょうかんふさつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 仰観俯察 【読み方】 ぎょうかんふさつ 【意味】 目に入る様々なものや、現象を観察すること。 【語源・由来】 「易経」より。空を見上げては空に起こる現象を観察して、下を見ては土地の様子を観察するという意味か…

「き」で始まる四字熟語

強幹弱枝【きょうかんじゃくし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 強幹弱枝 【読み方】 きょうかんじゃくし 【意味】 中央の政府に権力を集中して強くして、地方の権限を抑えて弱くすること。「幹を強くし枝を弱くす」とも読む。 【語源・由来】 「幹」を中央政府に、「枝」を地方政…

「き」で始まる四字熟語

鏡花水月【きょうかすいげつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鏡花水月 【読み方】 きょうかすいげつ 【意味】 長く続かずに消えてしまいやすい幻のたとえ。または、詩文などの作品から感じ取ることができ、言葉では表すことができないほどの深い味わいのこと。 【語源・由来】 …

「き」で始まる四字熟語

矯角殺牛【きょうかくさつぎゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 矯角殺牛 【読み方】 きょうかくさつぎゅう 【意味】 わずかな短所を直そうとして、逆に全体が悪くなってしまうこと。「角を矯めて牛を殺す」とも読む。 【語源・由来】 「玄中記」より。牛の角は曲がった形をしてい…

「き」で始まる四字熟語

尭階三尺【ぎょうかいさんじゃく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 尭階三尺 【読み方】 ぎょうかいさんじゃく 【意味】 君主がつつましい生活をすることのたとえ。 【語源・由来】 古代中国の伝説の聖天子の宮殿は、土を固めただけの階段があり、高さは三尺ほどしかなかったというこ…

「き」で始まる四字熟語

矯枉過直【きょうおうかちょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 矯枉過直 【読み方】 きょうおうかちょく 【意味】 物事を正そうとして、やりすぎてしまえば、新しい偏向や損害を招くということ。「枉れるを矯めて直きに過ぐ」とも読む。 【語源・由来】 「越絶書」越絶篇叙外伝記…

「き」で始まる四字熟語

挙案斉眉【きょあんせいび 】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 挙案斉眉 【読み方】 きょあんせいび 【意味】 夫婦の間にも礼儀を保って、お互いに尊敬しあっていること。「案」は食事などを載せる膳のこと。「案を挙ぐること眉に斉しくす」とも読む。 【語源・由来】 「後漢書」…

「き」で始まる四字熟語

急流勇退【きゅうりゅうゆうたい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 急流勇退 【読み方】 きゅうりゅうゆうたい 【意味】 官職などを潔く辞めること。「勇退」は勇気をもって退くという意味から、きっぱりと職を辞すること。 【語源・由来】 「邵氏聞見録」七より。船が勢いのよい流れ…

「き」で始まる四字熟語

朽木糞土【きゅうぼくふんど】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 朽木糞土 【読み方】 きゅうぼくふんど 【意味】 やる気がなく、だらしない人を教育することはできないということのたとえ。または、役に立たないもののたとえ。「朽木は雕るべからず、糞土の牆は檣はぬるべからず」を…

「き」で始まる四字熟語

朽木糞牆【きゅうぼくふんしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 朽木糞牆 【読み方】 きゅうぼくふんしょう 【意味】 やる気がなく、だらしない人を教育することはできないということのたとえ。または、役に立たないもののたとえ。「朽木は雕るべからず、糞土の牆は檣はぬるべからず…

「き」で始まる四字熟語

吸風飲露【きゅうふういんろ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 吸風飲露 【読み方】 きゅうふういんろ 【意味】 けがれがなく、清らかな仙人の生活のこと。「風を吸い露を飲む」とも読む。 【語源・由来】 「荘子」逍遥遊より。食べ物を食べず、風を吸って、露だけを飲んで暮らす…

「き」で始まる四字熟語

魚鱗鶴翼【ぎょりんかくよく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 魚鱗鶴翼 【読み方】 ぎょりんかくよく 【意味】 中央が突出した、魚の鱗のような形の陣形と、左右に長く広げて敵を包囲しようとする鶴が翼を広げたようにみえる形の陣形のこと。 【語源・由来】 「帝範」序より。「…

「き」で始まる四字熟語

魚目混珠【ぎょもくこんしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 魚目混珠 【読み方】 ぎょもくこんしゅ 【意味】 本物と偽物が入り混じっていて見て区別できないこと。 【語源・由来】 「文選」大司馬記室牋より。 「魚目」は魚の目玉のこと。魚の目玉は宝石に見えるが価値はない…

「き」で始まる四字熟語

魚菽之祭【ぎょしゅくのまつり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 魚菽之祭 【読み方】 ぎょしゅくのまつり 【意味】 粗末な祭りのこと。 【語源・由来】 「春秋公羊伝」哀公六年より。「菽」は豆類の食べ物。魚や豆類などの普段食べている食べ物を供える祭りということから。 魚菽…

「き」で始まる四字熟語

魚質竜文【ぎょしつりょうぶん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 魚質竜文 【読み方】 ぎょしつりょうぶん 【意味】 正しいように見えるが、実際には間違っていること。または、実質はないが、外見は立派に見えること。 【語源・由来】 「抱朴子」呉失より。「質」は実質、本質のこ…

「き」で始まる四字熟語

魚爛土崩【ぎょらんどほう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 魚爛土崩 【読み方】 ぎょらんどほう 【意味】 国家や物事が内側から壊れてなくなること。 【語源・由来】 「文選」陳琳「為曹洪与魏文帝書」より。「魚爛」は魚が内臓から腐ること。「土崩」は積み上げた土が崩れる…

「き」で始まる四字熟語

窮年累世【きゅうねんるいせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 窮年累世 【読み方】 きゅうねんるいせい 【意味】 自身から先の子孫にいたるまでいつまでもということ。「年を窮め世を累ね」とも読む。 【語源・由来】 「窮年」は人の生涯のこと、「累世」は後の世代までという意…

「き」で始まる四字熟語

窮途末路【きゅうとまつろ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 窮途末路 【読み方】 きゅうとまつろ 【意味】 苦しい境遇や困難から逃げることが出来ない様子。または、そのような状態で困り果てること。 【語源・由来】 「窮途」は先のない道、「末路」は道の終わりのことで、道…

「き」で始まる四字熟語

窮途之哭【きゅうとのこく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 窮途之哭 【読み方】 きゅうとのこく 【意味】 貧しくて生活に苦しみ、悲しむこと。「窮途」は行き止まりの道という意味から、苦しい状況のこと。「哭」は悲しんで声を上げて泣くこと。 【語源・由来】 王勃「滕王閣…

「き」で始まる四字熟語

旧套墨守【きゅうとうぼくしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 旧套墨守 【読み方】 きゅうとうぼくしゅ 【意味】 昔からの習慣や風習を守り続けること。または、昔からの習慣や風習にとらわれ、決して変えないこと。 【語源・由来】 「旧套」は昔から受け継がれている習慣や風習…

「き」で始まる四字熟語

九鼎大呂【きゅうていたいりょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 九鼎大呂 【読み方】 きゅうていたいりょ 【意味】 非常に珍しい物のこと。または、重要な地位や名声などのたとえ。 【語源・由来】 「史記」平原君伝より。 「九鼎」は夏の禹王が中国の全土から献上させた、九つの…

「き」で始まる四字熟語

窮鳥入懐【きゅうちょうにゅうかい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 窮鳥入懐 【読み方】 きゅうちょうにゅうかい 【意味】 追われて逃げる場所がなくなった人が助けを求めてくること。追い詰められ、逃げ場を失った人が助けを求めてきたときは、どういう理由でも助けることが人の道であ…

「き」で始まる四字熟語

九腸寸断【きゅうちょうすんだん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 九腸寸断 【読み方】 きゅうちょうすんだん 【意味】 ひどくつらく、悲しいこと。 「九腸」は腸全体のこと。 「寸断」は細かくたくさんに切ること。 【語源・由来】 内臓がばらばらに千切れるような、つらい悲しみ…

「き」で始まる四字熟語

救世済民【きゅうせいさいみん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 救世済民 【読み方】 きゅうせいさいみん 【意味】 世の人々を苦しみから救うこと。「救世」は悪い世の中を良くして、人々を救うこと。 「済民」は人々を救うこと。 【類義語】 ・経国済民(けいこくさいみん) ・…

「き」で始まる四字熟語

宮車晏駕【きゅうしゃあんが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 宮車晏駕 【読み方】 きゅうしゃあんが 【意味】 天子が死ぬこと。「宮車」は天子の車。「晏駕」は夜になって霊柩車が墓に向かって出発すること。 【語源・由来】 「史記」范雎伝より。天子が朝廷に来ないことを、夜…

「き」で始まる四字熟語

窮山幽谷【きゅうざんゆうこく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 窮山幽谷 【読み方】 きゅうざんゆうこく 【意味】 人里から遠く離れた、奥深い場所にある静かな山と谷。「窮」と「幽」はどちらも奥深いという意味。 【類義語】 ・窺山通谷(きゅうざんつうこく) ・深山幽谷(し…

「き」で始まる四字熟語

泣斬馬謖【きゅうざんばしょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 泣斬馬謖 【読み方】 きゅうざんばしょく 【意味】 法や規律を私情で曲げるべきではないということのたとえ。または、大きな目的を果たすために私情を捨てること。最も信頼している部下でも、法や規律を犯せば処罰する…

「き」で始まる四字熟語

丘山之功【きゅうざんのこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 丘山之功 【読み方】 きゅうざんのこう 【意味】 無数の努力を積み重ねて成し遂げた、非常に偉大な功績。丘や山のように大きな功績という意味から。小さな石や土を数多く積み重ねて出来た丘や山ということから、数多く…

「き」で始まる四字熟語

九皐鳴鶴【きゅうこうのめいかく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 九皐鳴鶴 【読み方】 きゅうこうのめいかく 【意味】 世間から離れて暮らしていても、よい名声が自然と知られること。「九皐」は山の奥深い場所にある沼沢。山奥にある沼沢で美しい鳴き声の鶴が鳴くという意味から。 …

「き」で始まる四字熟語

泣血漣如【きゅうけつれんじょ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 泣血漣如 【読み方】 きゅうけつれんじょ 【意味】 深い悲しみで涙が流れ続けること。「泣血」は涙が出なくなり、血の涙を流すこと。「漣」は涙が流れること、「如」は様子や状態を表す助字。 【語源・由来】 「易経…

「き」で始まる四字熟語

九棘三槐【きゅうきょくさんかい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 九棘三槐 【読み方】 きゅうきょくさんかい 【意味】 政界の最高幹部のこと。「九棘」は中国の九郷の別称。「三槐」は中国の三公の別称。 【語源・由来】 「後漢書」寇栄伝より。中国の周の時代に、君主が朝廷の庭の…

「き」で始まる四字熟語

汲汲忙忙【きゅうきゅうぼうぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 汲汲忙忙 【読み方】 きゅうきゅうぼうぼう 【意味】 この上なく多忙なこと。「汲汲」は休むことなく、働き続けること。「忙忙」は多忙なこと。 【語源・由来】 「論衡」書解より。 【類義語】 ・忙忙碌碌(ぼうぼ…

「き」で始まる四字熟語

魚網鴻離【ぎょもうこうり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 魚網鴻離 【読み方】 ぎょもうこうり 【意味】 欲しいものが手に入らず、欲しいと思っていないものが手に入ることのたとえ。 【語源・由来】 「詩経」より。「鴻」は鳥の雁のこと。「離」は網にかかること。魚を取る…

「き」で始まる四字熟語

金亀換酒【きんきかんしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 金亀換酒 【読み方】 きんきかんしゅ 【意味】 酒をなによりも愛すること。または、親友を心を込めてもてなすこと。「金亀」は亀の形をしている金の装飾品のことで、極めて価値の高いものや貴重なもののたとえ。 【語…

「き」で始まる四字熟語

鳩首謀議【きゅうしゅぼうぎ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鳩首謀議 【読み方】 きゅうしゅぼうぎ 【意味】 人が集まって真剣に話し合うこと。 【語源・由来】 「鳩」は集めるという意味。「鳩首」は人が顔を合わせて集まること。「謀議」は真剣に話合うこと。 【類義語】 …

「き」で始まる四字熟語

鳩形鵠面【きゅうけいこくめん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鳩形鵠面 【読み方】 きゅうけいこくめん 【意味】 飢えて痩せている人の様子。 【語源・由来】 「鵠」は白鳥のこと。鳩のように腹がくぼんでいて胸が出ている体格に、白鳥のように頬がこけているという意味から。 …

「き」で始まる四字熟語

鳩首凝議【きゅうしゅぎょうぎ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鳩首凝議 【読み方】 きゅうしゅぎょうぎ 【意味】 人が集まって真剣に話し合うこと。 【語源・由来】 「鳩首」は人が顔を合わせて集まること。「鳩」は集めるという意味。「凝議」は真剣に話合うこと。 【類義語】…

「き」で始まる四字熟語

魚竜爵馬【ぎょりょうしゃくば】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 魚竜爵馬 【読み方】 ぎょりょうしゃくば 【意味】 古代の中国で行われていた演芸のこと。ぜいたくで珍奇な遊興・娯楽のこと。 【語源・由来】 「文選」鮑照「蕪城賦」より。大魚が竜になってうねり歩いたり、大きな…

「き」で始まる四字熟語

鳩居鵲巣【きゅうきょじゃくそう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鳩居鵲巣 【読み方】 きゅうきょじゃくそう 【意味】 他人の地位や成功を横取りすること。または、人の家に仮住まいする事。嫁いできた女性が夫の家をわが家とすることのたとえ。 【語源・由来】 「詩経」召南・鵲巣…

「き」で始まる四字熟語

九牛一毛【きゅうぎゅうのいちもう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 九牛一毛 【読み方】 きゅうぎゅうのいちもう 【意味】 たくさんある中のほんの少しの部分。または、どうでもいい、些細なこと。 【語源・由来】 「漢書」司馬遷「報任少卿書」より。「九」は数が多いことのたとえ。…

「き」で始まる四字熟語

牛刀割鶏【ぎゅうとうかっけい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 牛刀割鶏 【読み方】 ぎゅうとうかっけい 【意味】 ちょっとしたことに、無駄に大きな手段を使って処理すること。 「鶏を割くに焉んぞ牛刀を用いん」を略した言葉。 【語源・由来】 「論語」陽貨より。牛をさばくた…

「き」で始まる四字熟語

牛溲馬勃【ぎゅうしゅうばぼつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 牛溲馬勃 【読み方】 ぎゅうしゅうばぼつ 【意味】 役に立たないもののこと。 【語源・由来】 韓愈「進学解」より。 「溲」は尿、小便。 「勃」は糞、大便。 牛の尿と馬の糞という意味から。一説によると、「牛溲…

「き」で始まる四字熟語

牛驥同皁【ぎゅうきどうそう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 牛驥同皁 【読み方】 ぎゅうきどうそう 【意味】 賢者が愚者と同一の待遇を受けるたとえ。賢者が粗末に扱われるたとえ。また、賢者と凡人が混じるたとえ。「驥」は一日に千里走ることのできる駿馬。「皁」は飼い葉桶の…

「き」で始まる四字熟語

脚下照顧【きゃっかしょうこ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 脚下照顧 【読み方】 きゃっかしょうこ 【意味】 他人の批判をする前に、自分の過去の言動を見つめ直してよく考えるべきであるという自己反省の教え。または、身近なことこそ気をつけるべきという戒め。 【語源・由来…

「き」で始まる四字熟語

客塵煩悩【きゃくじんぼんのう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 客塵煩悩 【読み方】 きゃくじんぼんのう 【意味】 外から思いがけずにもたらされる心の迷いや欲望のこと。「客」は外からやってきた客のこと。 【語源・由来】 仏教の言葉で、心の中に初めから煩悩が存在するわけで…

「き」で始まる四字熟語

逆取順守【ぎゃくしゅじゅんしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 逆取順守 【読み方】 ぎゃくしゅじゅんしゅ 【意味】 道理に背いたやり方で天下を取った後は、道理を守って国を治めること。「逆取」は道理に背いた方法で手に入れること。「順守」は道理に従ったやり方で守ること。 …

「き」で始まる四字熟語

鬼面嚇人【きめんかくじん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鬼面嚇人 【読み方】 きめんかくじん 【意味】 見た目の威力だけで人を脅すこと。「鬼面人を嚇す」とも読む。 【語源・由来】 「鬼面」は鬼の顔の面をかぶること。または、鬼のように恐ろしい表情をすること。「嚇人…

「き」で始まる四字熟語

季布一諾【きふのいちだく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 季布一諾 【読み方】 きふのいちだく 【意味】 確実に果たしてもらえると信じられる約束。「季布」と略して用いることもある。 【語源・由来】 「史記」楚策より。「季布」は人の名前。楚の季布は一度約束を交わすと…

「き」で始まる四字熟語

鬼斧神工【きふしんこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鬼斧神工 【読み方】 きふしんこう 【意味】 人の技術とは到底思えないような素晴らしい技術で作られた作品のこと。神業や名人芸のことをいう。 【語源・由来】 「荘子」達生より。鬼神が斧をふるって作ったような、…

「き」で始まる四字熟語

窮鼠噛猫【きゅうそごうびょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 窮鼠噛猫 【読み方】 きゅうそごうびょう 【意味】 弱者でも追い詰められて必死になれば、予期していない力をだして、強者を倒すことがあるということのたとえ。 【語源・由来】 「塩鉄論」詔聖より。猫に追い詰めら…

「き」で始まる四字熟語

驥服塩車【きふくえんしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 驥服塩車 【読み方】 きふくえんしゃ 【意味】 すぐれた能力を持った人が、能力に見合わない低い地位にいたり、誰でも出来るような仕事をさせられること。「驥、塩車に服す」とも読む。 【語源・由来】 「戦国策」楚…

「き」で始まる四字熟語

帰馬放牛【きばほうぎゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 帰馬放牛 【読み方】 きばほうぎゅう 【意味】 戦争が終わって平和になることのたとえ。または、二度と戦争をしないことのたとえ。「馬を帰し牛を放つ」とも読む。 【語源・由来】 「書経」武成より。殷の紂王を討ち…

「き」で始まる四字熟語

肌肉玉雪【きにくぎょくせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 肌肉玉雪 【読み方】 きにくぎょくせつ 【意味】 白く美しい女性の肌を言い表す言葉。 【語源・由来】 韓愈「殿中少監馬君墓誌銘」より。「玉雪」は真っ白で美しい雪のこと。純白で美しい雪のように白い肌という意味…

「き」で始まる四字熟語

橘中之楽【きっちゅうのたのしみ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 橘中之楽 【読み方】  きっちゅうのたのしみ 【意味】 将棋や囲碁をする楽しみのこと。「橘」はみかんのこと。 【語源・由来】 「幽怪録」より。中国の巴邛(きょう)の人が大きなみかんの実を割ると、中に二人の老…

「き」で始まる四字熟語

亀甲獣骨【きっこうじゅうこつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 亀甲獣骨 【読み方】 きっこうじゅうこつ 【意味】 亀の甲羅と獣の骨のこと。 【語源・由来】 古代中国の殷の時代に、甲骨文字を刻んで占いの記録をしていたとされている。 亀甲獣骨(きっこうじゅうこつ)の使い方…

「き」で始まる四字熟語

佶屈聱牙【きっくつごうが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 佶屈聱牙 【読み方】 きっくつごうが 【意味】 文章が難解で堅苦しくわかりにくい様。「佶屈」は折れ曲がる様子。また滞り、つまって進まない様子。「聱牙」は話などがごつごつして理解できない様子。「聱」は言葉が耳…

「き」で始まる四字熟語

鞠躬尽瘁【きっきゅうじんすい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鞠躬尽瘁 【読み方】 きっきゅうじんすい 【意味】 全力をあげて任務を遂行する、一身を捧げて使命達成に尽くすこと。「鞠躬」は身を低くしてかしこまること。「尽瘁」は自分のことをかえりみずに、全力をつくすこと。…

「き」で始まる四字熟語

吉祥悔過【きちじょうけか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 吉祥悔過 【読み方】 きちじょうけか 【意味】 吉祥天を本尊としてまつり、罪を懺悔して国家の安泰や作物の豊穣を願い、毎年正月に行われる法会のこと。 【語源・由来】 仏教の言葉で、「吉祥天悔過」を略した言葉。…

「き」で始まる四字熟語

吉日良辰【きちじつりょうしん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 吉日良辰 【読み方】 きちじつりょうしん 【意味】 縁起のよい日。 【語源・由来】 「吉日」と「良辰」はどちらもよいことがある日、めでたい日という意味であることから。 【類義語】 ・吉辰良日(きっしんりょう…

「き」で始まる四字熟語

杞人天憂【きじんてんゆう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 杞人天憂 【読み方】 きじんてんゆう 【意味】 必要のない心配をすること。「杞人」は古代中国の周の時代にあった紀という国の人。「天憂」は天のことを心配すること。「杞憂」という言葉は、この言葉を略したもの。「…

「き」で始まる四字熟語

机上之論【きじょうのろん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 机上之論 【読み方】 きじょうのろん 【意味】 理論的ではあるが、実際に行うことが不可能な考えや意見のこと。「机上」は机の上。「論」は根拠がひとつもない理論のこと。 【語源・由来】 状況や状態などを一切考慮…

「き」で始まる四字熟語

貴種流離【きしゅりゅうり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 貴種流離 【読み方】 きしゅりゅうり 【意味】 高貴な生まれの人が他国をさすらって、苦難や恋などの苦楽を経験して帰国すること。「貴種」は身分が高い家で生まれ育ったこと。「流離」は他国でさすらうこと。 【語源…

「き」で始まる四字熟語

鬼出電入【きしゅつでんにゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鬼出電入 【読み方】 きしゅつでんにゅう 【意味】 目にも止まらない速さで現れたり、消えたりすること。または、奔放で出没を予想できないこと。 【語源・由来】 「淮南子」原動訓より。鬼神のように自在で、稲妻の…

「き」で始まる四字熟語

疑事無功【ぎじむこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 疑事無功 【読み方】 ぎじむこう 【意味】 信じることができずに、疑いながら行動しても、よい結果が期待できないということ。「疑事功無し」とも読む。 【語源・由来】 「戦国策」趙策より。一度やると決めたことは…

「き」で始まる四字熟語

貴耳賤目【きじせんもく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 貴耳賤目 【読み方】 きじせんもく 【意味】 他人から聞いたことを信じ込み、自分の目で見たことを信じないこと。または、現在を軽視して、過去の出来事を重視すること。「耳を貴び目を賤しむ」とも読む。 【語源・由…

「き」で始まる四字熟語

箕山之志【きざんのこころざし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 箕山之志 【読み方】 きざんのこころざし 【意味】 世間での名声と利益を捨て、世間との接触を避けて信念を守ろうとすること。 【語源・由来】 「文選」曹丕「与呉質書」より。伝説上の人物の許由と巣父が、世間での…

「き」で始まる四字熟語

旗鼓堂堂【きこどうどう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 旗鼓堂堂 【読み方】 きこどうどう 【意味】 隊列などがきちんと整っていて、威厳のある様子のこと。または、文筆の勢いが盛んなことの形容。「旗鼓」は旗と太鼓という意味から軍隊という意味。「堂堂」は整然としてい…

「き」で始まる四字熟語

気骨稜稜【きこつりょうりょう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 気骨稜稜 【読み方】 きこつりょうりょう 【意味】 自分の信念を曲げずに、厳正に貫こうとする態度のこと。「気骨」は自分の信念を貫こうとする性格。「稜稜」は威勢があって厳正という意味。 【類義語】 ・熱烈峻厳…

「き」で始まる四字熟語

騎虎之勢【きこのいきおい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 騎虎之勢 【読み方】 きこのいきおい 【意味】 一度勢いがついてしまうと、途中でやめることが出来ないということ。 【語源・由来】 「隋書」独孤皇后伝より。「騎虎」は虎に乗ること。虎に乗った者は、降りると虎に…

「き」で始まる四字熟語

規行矩歩【きこうくほ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 規行矩歩 【読み方】 きこうくほ 【意味】 心や行動がしっかりとしていて正しいこと。または、昔の法則や規則にこだわり、融通がきかないこと。「規」は円を描いたり、長さを移すことに用いる文房具のコンパスのこと。…

「き」で始まる四字熟語

跂行喙息【きこうかいそく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 跂行喙息 【読み方】 きこうかいそく 【意味】 主に虫や鳥の類のことで、生き物そのもののこと。「跂行」は虫などがはうことや足で歩くこと。「喙息」は口で息をするものということから。 【語源・由来】 「漢書」公…

「き」で始まる四字熟語

棄甲曳兵【きこうえいへい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 棄甲曳兵 【読み方】 きこうえいへい 【意味】 戦いに負け、戦意を失って逃げること。 【語源・由来】 「孟子」梁恵王・上より。「棄甲」は鎧を脱ぎ捨てる、「曳兵」は武器を引きずって歩くことから、敗走するという…

「き」で始まる四字熟語

危言覈論【きげんかくろん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 危言覈論 【読み方】 きげんかくろん 【意味】 正しいと思う主張について激しく議論を戦わせること。「危言」は自身の身が危険な状況になることを気にかけずに、自分の考えをはっきりと言うこと。「覈論」は激しく論じ…

「き」で始まる四字熟語

規矩準縄【きくじゅんじょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 規矩準縄 【読み方】 きくじゅんじょう 【意味】 物事や行動をおこすときに基準や標準になるもののこと。「規」は円を描くときに使うコンパス。「矩」は長さを測るための指矩のこと。「準」は水平を測るための水準器。…

「き」で始まる四字熟語

熙熙攘攘【ききじょうじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 熙熙攘攘 【読み方】 ききじょうじょう 【意味】 人が多くて活気のある様子。または、多くの人々がにぎやかに行き交う様子。「熙熙」は喜び楽しむこと。「攘攘」はたくさんの人が入り乱れる様子。 【語源・由来】 「…

「き」で始まる四字熟語

騏驥過隙【ききかげき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 騏驥過隙 【読み方】 ききかげき 【意味】 一瞬の出来事のこと。または、時の経過が非常に速いことのたとえ。「騏驥」は一日で千里を走りきるといわれる駿馬。「過隙」は戸の隙間の向こう側をすっと走り抜けること。 …

「き」で始まる四字熟語

鬼瞰之禍【きかんのわざわい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 鬼瞰之禍 【読み方】 きかんのわざわい 【意味】 良い出来事には邪魔が入りやすいことのたとえ。または、富み栄えているときに付け上がっていると、周りから妬まれて災いを受けることのたとえ。「瞰」は隙を狙う、もし…

「き」で始まる四字熟語

奇貨可居【きかかきょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 奇貨可居 【読み方】 きかかきょ 【意味】 絶好の好機は逃さずに、うまく利用しなければならないというたとえ。珍しい物品は貯えておいて価値が上がった後に売ること。「奇貨」は珍しい品物、「居」は蓄えるという意味…

「き」で始まる四字熟語

機械之心【きかいのこころ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 機械之心 【読み方】 きかいのこころ 【意味】 たくらみや偽り、たくらみ偽る心のこと。または、策略をめぐらす考え。 【語源・由来】 「淮南子」原道訓より。「機械」は巧妙な仕組みの器具のことから。 機械之心(…

「き」で始まる四字熟語

既往不咎【きおうふきゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 既往不咎 【読み方】 きおうふきゅう 【意味】 過去のことはもう咎(とが)めないということ。「既往」はすんでしまったこと、「不咎」は咎めないという意味。 【語源・由来】 「論語」より。 既往不咎(きおうふき…

「き」で始まる四字熟語

気韻生動【きいんせいどう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 気韻生動 【読み方】 きいんせいどう 【意味】 絵画や書画などの芸術作品に、生き生きとした気品や高貴な風格が感じられること。「気韻」は気品、風格のある味わい。「生動」は芸術品が生き生きとしていて動き出しそう…

「き」で始まる四字熟語

窮猿投林【きゅうえんとうりん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 窮猿投林 【読み方】 きゅうえんとうりん 【意味】 困っている状況の時には、えり好みする余裕はないということ。または、貧しいときは職を選んでいる余裕は無いということ。「窮猿」は逃げ場のない状況に追い込まれた…

「き」で始まる四字熟語

近郷近在【きんごうきんざい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 近郷近在 【読み方】 きんごうきんざい 【意味】 町に近い田舎のこと。近所の村々。または、大きな町に近い村。 【語源・由来】 「近郷」と「近在」はどちらも近くにある村や、大きな町に近い村という意味で、似た意…

「き」で始まる四字熟語

鬼哭啾啾【きこくしゅうしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 鬼哭啾啾 【読み方】 きこくしゅうしゅう 【意味】 恐ろしく不気味な気配のこと。「鬼哭」は亡霊が声を上げて泣き悲しむこと。「啾啾」は弱弱しく鳴く様子のこと。 【語源・由来】 杜甫「兵車行」より。亡霊の恨めし…

「き」で始まる四字熟語

勤倹力行【きんけんりっこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 勤倹力行 【読み方】 きんけんりっこう 【意味】 しっかりと働いて、質素に暮らしながら力の限り努力すること。 【語源・由来】 「勤倹」はよく働いて、無駄遣いをしないようにすること。「力行」は力の限り努力する…

「き」で始まる四字熟語

恐恐謹言【きょうきょうきんげん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 恐恐謹言 【読み方】 きょうきょうきんげん 【意味】 恐れ慎んで、申し上げること。文章や手紙の終わりに書いて、相手に敬意を示す言葉。 【語源・由来】 「恐恐」は恐れかしこまった態度をとること。「謹言」は慎ん…

「き」で始まる四字熟語

兢兢業業【きょうきょうぎょうぎょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 兢兢業業 【読み方】 きょうきょうぎょうぎょう 【意味】 恐れ慎んで物事を行う様子。物事を行うときには、用心深く行うべきであるという教えをいう。 【語源・由来】 「書経」皐陶謨より。「兢兢」は恐怖や不安など…

「き」で始まる四字熟語

希少価値【きしょうかち】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 希少価値 【読み方】 きしょうかち 【意味】 数や量が少ないために生まれる価値や、少なくて珍しいために生じる価値。 そのものが世間に少ししかない、あるいはなかなか手にはいらないことから生ずる価値。 【由来】…

「き」で始まる四字熟語

旗幟鮮明【きしせんめい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 旗幟鮮明 【読み方】 きしせんめい 【意味】 主義主張や態度などがはっきりしているたとえ。 立場や主張がはっきりしていること。 自分の主義や持論、立場がはっきりとしていること。 【語源・由来】 「旗幟」は旗…

「き」で始まる四字熟語

奇奇怪怪【ききかいかい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 奇奇怪怪 【読み方】 ききかいかい 【意味】 常識では理解できない不思議なさま。 非常に怪しく不思議なさま。 または、許せないくらいけしからぬこと。 【語源由来】 「奇」「怪」、ともに不思議なさまの意味です…

「き」で始まる四字熟語

気炎万丈【きえんばんじょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 気炎万丈 【読み方】 きえんばんじょう 【意味】 意気込みが他を圧倒するほど盛んであること。 盛んな意気を示し、威勢のよい言葉を吐くこと。 【語源由来】 「気炎」は燃え上がる炎のように盛んな意気込みで、気勢…

「き」で始まる四字熟語

気宇壮大【きうそうだい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 気宇壮大 【読み方】 きうそうだい 【意味】 心構えや発想などが並はずれて大きく立派なこと。 心意気、度量や発想などが人並みはずれて大きいさま。 物事に対する心がまえが大きく立派なこと。 【語源由来】 「気…

「き」で始まる四字熟語

金殿玉楼【きんでんぎょくろう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 金殿玉楼 【読み方】 きんでんぎょくろう 【意味】 金や玉で飾り立てた御殿。 「金殿」は金で飾った建物のこと。 「玉楼」は宝石で飾った建物のこと。 【語源・由来】 李商隠「送宮人入道」より。 【類義語】 ・…

「き」で始まる四字熟語

金城鉄壁(きんじょうてっぺき)の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 金城鉄壁 【読み方】 きんじょうてっぺき 【意味】 並外れて固い守りのこと。 【語源・由来】 金属や鉄で出来た城壁という意味から。 【類義語】 ・金城湯池(きんじょうとうち) ・金山鉄壁(きんざんてっぺき)…

「き」で始まる四字熟語

緊褌一番(きんこんいちばん)の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 緊褌一番 【読み方】 きんこんいちばん 【意味】 心を引き締めて物事に当たること。難しいことや大勝負の前の心構えをいう言葉。「褌を締めてかかる」と同じ意味。 「緊褌」はふんどしを引き締めること。「一番」は重…

「き」で始まる四字熟語

金口木舌(きんこうぼくぜつ)の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 金口木舌 【読み方】 きんこうぼくぜつ 【意味】 すぐれた言論で人々を指導する人のたとえ。 【語源・由来】 『揚子法言』「学行」より。 金属の口に、舌の形をした木製の振り子でできた大きな鐘のことで、古代中国…

「き」で始まる四字熟語

謹厳実直【きんげんじっちょく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】 謹厳実直 【読み方】 きんげんじっちょく 【意味】 きわめて慎み深く正直なこと。「謹厳」は、慎み深くて、厳格なこと。「実直」は、誠実で正直なこと。 【類義語】 ・謹厳温厚(きんげんおんこう) ・謹厳重厚(き…

「き」で始まる四字熟語

金烏玉兎【きんうぎょくと】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 金烏玉兎 【読み方】 きんうぎょくと 【意味】 日と月のこと。または、歳月や時間のこと。 【語源・由来】 「金烏」と「玉兎」はどちらも中国の伝説上の動物のこと。 「金烏」は太陽にいるとされる足が三本の烏のこ…

「き」で始まる四字熟語

錦衣玉食【きんいぎょくしょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 錦衣玉食 【読み方】 きんいぎょくしょく 【意味】 錦の衣服、ぜいたくな食事。また富貴の身分、境遇をいう。 【語源・由来】 『宋史』「李薦伝」より。 美しく高級な着物と宝石のように上等な食事ということから。…

「き」で始まる四字熟語

議論百出【ぎろんひゃくしゅつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類語・英語)

【四字熟語】 議論百出 【読み方】 ぎろんひゃくしゅつ 【意味】 いろいろな意見が数多く出ること。「百出」は、いろいろ、さまざまに出ることをいう。 【語源・由来】 (議論)『史記』田斉世家 (百出)『唐書』芸文志 【類義…

「き」で始まる四字熟語

魚目燕石【ぎょもくえんせき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 魚目燕石 【読み方】 ぎょもくえんせき 【意味】 よく似ているが本物とは違うもの。にせもの。または、偽物が本物の価値を落とすこと。 「燕石」は中国の燕山から出る宝石に似た石。 【語源・由来】 魚の目と、燕山…

「き」で始まる四字熟語

毀誉褒貶(きよほうへん)の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】 毀誉褒貶 【読み方】 きよほうへん 【意味】 褒めたり悪口を言ったりすること。さまざまな世評。 「毀」と「貶」は、そしること、「誉」と「褒」は、ほめること。 【語源・由来】 (毀誉)『論語』衛霊公 (褒貶)…