CATEGORY 「き」で始まる四字熟語

「き」で始まる四字熟語

金友玉昆【きんゆうぎょっこん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 金友玉昆 【読み方】 きんゆうぎょっこん 【意味】 すぐれた才能や学識のある兄弟のこと。他人の兄弟をほめる時に使う言葉。 【語源・由来】 「金」と「玉」は宝石と黄金のことで、どちらもすぐれているものを言い表…

「き」で始まる四字熟語

吟風弄月【ぎんぷうろうげつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 吟風弄月 【読み方】 ぎんぷうろうげつ 【意味】 自然の景色を題材にして、詩を作ったり詠んだり読んだりすること。 【語源・由来】 「伊洛淵源録」朱熹「濂渓先生」より。「吟風」は風に吹かれながら詩歌を吟じるこ…

「き」で始まる四字熟語

巾箱之寵【きんそうのちょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 巾箱之寵 【読み方】 きんそうのちょう 【意味】 肌身離さず持っておく、非常に大切なもののこと。 【語源・由来】 「巾箱」はいつも近くに置いておく、布張りの書物などをいれる小箱のこと。「寵」は気に入るや可愛…

「き」で始まる四字熟語

金声玉振【きんせいぎょくしん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 金声玉振 【読み方】 きんせいぎょくしん 【意味】 備わっている才知と、人徳の釣り合いが取れていることのたとえ。または、そのような人のこと。素晴らしい人格に大成することのたとえ。 【語源・由来】 「孟子」万…

「き」で始まる四字熟語

錦心繍口【きんしんしゅうこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 錦心繍口 【読み方】 きんしんしゅうこう 【意味】 詩や文章のすぐれた才能があること。 【語源・由来】 柳宗元「乞巧文」より。「錦心」はあや織物のように美しい心のこと。「繍口」は刺繍のように美しい言葉のこと…

「き」で始まる四字熟語

金城湯池【きんじょうとうち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 金城湯池 【読み方】 きんじょうとうち 【意味】 守りに優れていて、他からの攻めに非常に強い城のこと。または、防備がしっかりしていて、簡単に入り込めない勢力範囲のこと。 【語源・由来】 「漢書」より。「金城…

「き」で始まる四字熟語

錦上添花【きんじょうてんか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】 錦上添花 【読み方】 きんじょうてんか 【意味】 よい出来事が重なることのたとえ。または、美しいものに美しいものを重ねることのたとえ。「錦上に花を添う」とも読む。 【語源・由来】 王安石「即事」より。美しい…

「き」で始まる四字熟語

擒縦自在【きんしょうじざい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 擒縦自在 【読み方】 きんしょうじざい 【意味】 自分の好きなように人を処遇すること。 【語源・由来】 「擒」は捕まえること。「縦」は逃がすこと。捕まえるのも逃がすのも思いのままという意味から。 【類義語】…

「き」で始まる四字熟語

禽獣草木【きんじゅうそうもく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】 禽獣草木 【読み方】 きんじゅうそうもく 【意味】 命があるもの全てのもののこと。鳥や動物、草、木ということから。 【類義語】 ・草木禽獣(そうもくきんじゅう) 【スポンサーリンク】 禽獣草木(きんじゅうそ…