CATEGORY 「素晴らしい」の四字熟語一覧

「さ」で始まる四字熟語

砂上楼閣【さじょうのろうかく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 砂上楼閣 【読み方】 さじょうのろうかく 【意味】 基本がしっかりしていないために、物事が長続きしないこと。また、実現不可能なこと。一見、すばらしく思えることでも、実は、あまり確かなことではないということ。…

「ゆ」で始まる四字熟語

雄健蒼勁【ゆうけんそうけい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 雄健蒼勁 【読み方】 ゆうけんそうけい 【意味】 勢いが盛んで力強いこと。詩文書画などにおいて、そのできばえがすぐれていて、力強いこと。 【語源・由来】 「雄健」は、詩文書画などのすぐれて力強いこと。「蒼勁…

「ゆ」で始まる四字熟語

幽趣佳境【ゆうしゅかきょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 幽趣佳境 【読み方】 ゆうしゅかきょう 【意味】 奥ゆかしい趣や味わい深い境地。 【語源・由来】 「幽趣」は、奥ゆかしい趣。「佳境」は、面白さのすぐれたところ。興味深いところ。味わい深い境地。 【典拠・出典…

「や」で始まる四字熟語

野無遺賢【やむいけん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 野無遺賢 【読み方】 やむいけん 【意味】 すぐれた人物はすべて官について民間に残っていない。人材が集まって正しい政治が行われていることをいう。 【語源・由来】 「野」は民間の意。 【典拠・出典】 「書経」…

「め」で始まる四字熟語

名君賢相【めいくんけんしょう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 名君賢相 【読み方】 めいくんけんしょう 【意味】 賢明な君主と大臣。すぐれて立派な政治的指導者をいう。 【語源・由来】 「明君」は、賢明ですぐれた君主。「賢相」は、賢明な宰相。すぐれた大臣。 【典拠・出典…

「み」で始まる四字熟語

妙手回春【みょうしゅかいしゅん】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 妙手回春 【読み方】 みょうしゅかいしゅん 【意味】 すぐれた医師の手で、病気がなおること。 【語源・由来】 「妙手」は、すぐれてたくみな技量。また、その持ち主。「回春」は、病気がなおること。 【典拠・出典…

「ほ」で始まる四字熟語

飽衣美食【ほういびしょく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】 飽衣美食 【読み方】 ほういびしょく 【意味】 良い着物を着て、うまいものを食べること。満ち足りた生活。またはぜいたくな暮らしをする事。 【語源・由来】 「飽衣」は、良い着物を好きなだけ着ること。「美食」は…

「は」で始まる四字熟語

博学才穎【はくがくさいえい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 博学才穎 【読み方】 はくがくさいえい 【意味】 広く学問に通じていて、才知が非常に優れていること。 【語源・由来】 「博学」は、広く学問に通じていて、多くのことを知っていること。「才穎」は、才知が非常に優…

「と」で始まる四字熟語

当代第一【とうだいだいいち】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 当代第一 【読み方】 とうだいだいいち 【意味】 今の世、またはその時代において最も優れていること。 【語源・由来】 「当代」は、今の世。現代。また、過去のある時代。「第一」は、最も優れたもの。 【典拠・出…

「と」で始まる四字熟語

当代無双【とうだいむそう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 当代無双 【読み方】 とうだいむそう 【意味】 今の世、またはその時代において、並ぶ者がないほど優れていること。 【語源・由来】 「当代」は、今の世。現代。また、過去のある時代。「無双」は、並ぶ者がない。ま…

「て」で始まる四字熟語

天下第一【てんかだいいち】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 天下第一 【読み方】 てんかだいいち 【意味】 全世界、または全国に並ぶものがないほど、優れていること。 【語源・由来】 「天下」は、全世界。また、全国。「第一」は、最高。 【典拠・出典】 - 【類義語】 …

「た」で始まる四字熟語

大樹美草【たいじゅびそう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 大樹美草 【読み方】 たいじゅびそう 【意味】 上に立つ人物が立派すぎると、その下にはよい人材が育たないということ。 【語源・由来】 大きな木の下は、日が遮られ影になるため、植物が生えないという意味から。 …

「そ」で始まる四字熟語

壮大華麗【そうだいかれい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 壮大華麗 【読み方】 そうだいかれい 【意味】 立派で大きく、きわめて華やかなこと。 【語源・由来】 「壮大」は、大きく立派なこと。「華麗」は、華やかで美しいこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・華麗奔…

「そ」で始まる四字熟語

荘厳華麗【そうごんかれい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 荘厳華麗 【読み方】 そうごんかれい 【意味】 おごそかで気高く、きわめて華やかなこと。 【語源・由来】 「荘厳」は、気高くおごそかなこと。「華麗」は、華やかで美しいこと。 【典拠・出典】 - 【類義語】 …