CATEGORY 「い」で始まる四字熟語

「い」で始まる四字熟語

一顰一笑【いっぴんいっしょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 一顰一笑 【読み方】 いっぴんいっしょう 【意味】 顔に表れるわずかな表情。また、わずかな表情の変化。ちょっと顔をしかめたり、ちょっと笑ったりする意から。 【語源・由来】 「明主は一嚬一笑を愛む」(賢明な君…

「い」で始まる四字熟語

一句一語【いっくいちご】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一句一語 【読み方】 いっくいちご 【意味】 ことばの一つ一つまで全て。 【語源・由来】 「一語」は、一つの語。「一句」は、一つの句。「一」は強調のために用いられたもの。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・…

「い」で始まる四字熟語

一念発心【いちねんほっしん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一念発心 【読み方】 いちねんほっしん 【意味】 仏教で、深く思いつめて仏門に入ること。 【語源・由来】 「一念」は、深く思いつめること。「発心」は、仏門に入ること。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・発菩…

「い」で始まる四字熟語

一波万波【いっぱばんぱ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 一波万波 【読み方】 いっぱばんぱ 【意味】 一つの事件の影響が多方面に及ぶことのたとえ。 【語源・由来】 一波纔かに動いて万波随う 海面で一つの波が動くと、それにつれて多くの波が連鎖的に起こることから。 …

「い」で始まる四字熟語

一擲乾坤【いってきけんこん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一擲乾坤 【読み方】 いってきけんこん 【意味】 運を天にまかせて、のるかそるかの大勝負をすること。天下をかけて一度さいころを投げる意から。 【語源由来】 「一擲」はひとたび投げること。「乾」は天、「坤」は…

「い」で始まる四字熟語

一失一得【いっしついっとく】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 一失一得 【読み方】 いっしついっとく 【意味】 損失があるとともに利益も同じようにあること。 【典拠・出典】 『無門関』「二六」 【類義語】 ・一利一害(いちりいちがい) ・一得一失(いっとくいっしつ) …

「い」で始まる四字熟語

一弛一張【いっしいっちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一弛一張 【読み方】 いっしいっちょう 【意味】 弦を強く張ったり、ゆるめたりすること。転じて、人に厳しく接したり、やさしく接したりすること。政治家・上司、また教育者の心得で、時には厳格に、時には寛大に程よ…

「い」で始まる四字熟語

一字三礼【いちじさんらい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一字三礼 【読み方】 いちじさんらい 【意味】 敬虔な態度で写経をすること。また、敬虔な態度で写経するべきだという教え。 【語源由来】 写経するとき、一字書くたびに、三度仏を礼拝したことからいう。平安末期か…

「い」で始まる四字熟語

一言隻句【いちげんせきく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一言隻句 【読み方】 いちげんせきく 【意味】 ほんの短い、ちょっとした言葉のこと。 【語源・由来】 「隻句」は、わずかな言葉の意。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・一言一句(いちごんいっく) ・一言半句…

「い」で始まる四字熟語

陰徳恩賜【いんとくおんし】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 陰徳恩賜 【読み方】 いんとくおんし 【意味】 人知れず善行に励む人には、必ずよい報いがあるということ。 【語源・由来】 「陰徳」は人に知られない隠れた善行のこと。「恩賜」はありがたい恩恵のこと。 【典拠・…

「い」で始まる四字熟語

引錐刺股【いんすいしこ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 引錐刺股 【読み方】 いんすいしこ 【意味】 眠気に負けずに学問、勉学に励むことのたとえ。 【語源・由来】 「引錐」はそばにある錐を引いて手元に寄せること。中国の戦国時代の遊説家である蘇秦は、太股を錐で刺し…

「い」で始まる四字熟語

威風堂堂【いふうどうどう】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 威風堂堂 【読み方】 いふうどうどう 【意味】 威厳に満ち溢れてりっぱなこと。気勢が大いに盛んなこと。 【語源・由来】 「威風」は威厳があり、おかしがたいさま。「堂堂」は雄大でりっぱなさま。 【典拠・出典】…

「い」で始まる四字熟語

允文允武【いんぶんいんぶ】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 允文允武 【読み方】 いんぶんいんぶ 【意味】 武道・学芸、ともにすぐれていること。もと文武を兼ね備えた天子の徳をたたえたことば。 【典拠・出典】 『詩経』「魯頌」 【類義語】 ・経文緯武(けいぶんいぶ) …

「い」で始まる四字熟語

飲鴆止渇【いんちんしかつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 飲鴆止渇 【読み方】 いんちんしかつ 【意味】 目先のことだけを考えて後の結果を顧みないこと。 【語源・由来】 「鴆」は羽に猛毒をもつ鳥の名前で、この羽が入っている酒を喉の渇きを癒すために飲むということから…

「い」で始まる四字熟語

引縄批根【いんじょうへいこん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 引縄批根 【読み方】 いんじょうへいこん 【意味】 力を合わせて、他人を根こそぎ排斥すること。また、はじめすりより後に手のひらを返した者たちに、報復してうらみをはらすこと。 【典拠・出典】 『史記』「灌夫伝…

「い」で始まる四字熟語

飲至策勲【いんしさっくん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 飲至策勲 【読み方】 いんしさっくん 【意味】 勝ち戦のあと、先祖への報告の酒を飲み、その功績を竹の札に書き記すこと。 【典拠・出典】 『春秋左氏伝』「桓公二年」 【類義語】 ・飲至之礼(いんしのれい) 飲…

「い」で始まる四字熟語

衣履弊穿【いりへいせん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 衣履弊穿 【読み方】 いりへいせん 【意味】 貧賤の人の服装をいう。衣服や靴がつかれ破れる意。 【語源・由来】 「履」は靴、履き物の意。「弊」はつかれ破れる。「穿」は穴が開くこと。 【典拠・出典】 『荘子』…

「い」で始まる四字熟語

渭浜漁父【いひんのぎょほ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 渭浜漁父 【読み方】 いひんのぎょほ 【意味】 渭水のほとりで釣り糸を垂れていた呂尚(太公望)のこと。太公望といわれた呂尚は、渭水のほとりで釣りをしていた時、周の文王に見いだされ、のち文王の子武王を補佐して…

「い」で始まる四字熟語

倚馬七紙【いばしちし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 倚馬七紙 【読み方】 いばしちし 【意味】 すらすらと名文を書き上げる才能。馬前に立ったまま一息に七枚の紙に文を書き上げる意。 【語源・由来】 中国の晋の哀虎が桓温に布告の文を書くように命ぜられ、馬前にたっ…

「い」で始まる四字熟語

猗頓之富【いとんのとみ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 猗頓之富 【読み方】 いとんのとみ 【意味】 巨万の富。膨大な財産をいう。 【語源・由来】 大きな財を成した范蠡の教えを受けた猗頓は、牛や羊を十年飼ううちに財産は王公になぞらえるほどになり、天下の人は金持ち…

「い」で始まる四字熟語

意到筆随【いとうひつずい】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 意到筆随 【読み方】 いとうひつずい 【意味】 詩文などをつくるのに、心のまますらすらとつくれること。「意至りて筆随う」とも読む。 【典拠・出典】 『春渚紀聞』「東坡事実・文章快意」 【類義語】 ・意到心髄…

「い」で始まる四字熟語

乙夜之覧【いつやのらん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 乙夜之覧 【読み方】 いつやのらん 【意味】 天子が書物をご覧になること。昔、中国で天子が午後十時ころ仕事を終え、就寝する前に読書をしたことからいう。 【語源・由来】 「乙夜」は午後十時ごろ。一夜を五つに分…

「い」で始まる四字熟語

鷸蚌之争【いつぼうのあらそい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 鷸蚌之争 【読み方】 いつぼうのあらそい 【意味】 両者が譲らずに争っていると第三者が骨を折らずに利益を横取りしてしまうことのたとえ。 【語源・由来】 「鷸」は水鳥のしぎ。「蚌」はどぶ貝のこと。 【典拠・出…

「い」で始まる四字熟語

一瓢一箪【いっぴょういったん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一瓢一箪 【読み方】 いっぴょういったん 【意味】 わずかばかりの飲食物。清貧に甘んじる生活のたとえ。 【語源・由来】 一つのひさご(瓢)に入れた飲み物と、一つのわりご(箪)に盛った食物の意から。「論語」雍…

「い」で始まる四字熟語

一筆勾消【いっぴつこうしょう】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 一筆勾消 【読み方】 いっぴつこうしょう 【意味】 これまでのすべてを取り消すこと。筆で一気に消し去ってしまうこと。一気に物事や関係をやめてしまうこと。 【典拠・出典】 『五朝名臣言行録』「七」 【類義語】…

「い」で始まる四字熟語

一髪千鈞【いっぱつせんきん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一髪千鈞 【読み方】 いっぱつせんきん 【意味】 非常に危険なこと、きわめて無理なことのたとえ。一本の髪の毛で千鈞もの重さのものを引く意。 【語源・由来】 「鈞」は中国の昔の重量の単位で三十斤を一鈞とし、周…

「い」で始まる四字熟語

一徳一心【いっとくいっしん】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 一徳一心 【読み方】 いっとくいっしん 【意味】 多くの人が、共通の利益のために心を一つにして団結すること。「徳を一にし心を一にす」とも読む。 【典拠・出典】 『書経』「泰誓」 【類義語】 ・一致団結(いっ…

「い」で始まる四字熟語

一朝之患【いっちょうのうれい】の意味と使い方や例文(出典)

【四字熟語】 一朝之患 【読み方】 いっちょうのうれい 【意味】 一時の心配をいう。また、思いがけず突然起こる心配事。前者の意味のとき「一朝」は一朝の意から、わずかな時間、一時的の意。後者の意味の場合はある朝の意から思い…

「い」で始まる四字熟語

一朝之忿【いっちょうのいかり】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 一朝之忿 【読み方】 いっちょうのいかり 【意味】 一時的な怒りをいう。 【語源・由来】 「一朝」はわずかな間。一時的の意。「忿」は、怒り、憤怒のこと。 【典拠・出典】 『論語』「顔淵」 一朝之忿(いっちょ…

「い」で始まる四字熟語

一治一乱【いっちいちらん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一治一乱 【読み方】 いっちいちらん 【意味】 この世の治乱の変転を述べた語。あるいは治まり、あるいは乱れる。治まっているときもあり、乱れているときもある。 【語源・由来】 「一」は「あるときは」の意。 【…

「い」で始まる四字熟語

一措一画【いっそいっかく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一措一画 【読み方】 いっそいっかく 【意味】 漢字の一つの点。一つの画。 【語源・由来】 「画」は筆画のこと。 【典拠・出典】 『顔氏家訓』「書証」 【類義語】 ・一点一画(いってんいっかく) 一措一画(…

「い」で始まる四字熟語

一箭双雕【いっせんそうちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一箭双雕 【読み方】 いっせんそうちょう 【意味】 弓を射るのがうまいこと。一つの行動で二つの利益を得ること。「一箭」は一本の矢、「双雕」は二羽の鷲。くまたか。 【語源・由来】 一本の矢を一回放って、二羽の…