CATEGORY 「い」で始まる四字熟語

「い」で始まる四字熟語

一顰一笑【いっぴんいっしょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 一顰一笑 【読み方】 いっぴんいっしょう 【意味】 顔に表れるわずかな表情。また、わずかな表情の変化。ちょっと顔をしかめたり、ちょっと笑ったりする意から。 【語源・由来】 「明主は一嚬一笑を愛む」(賢明な君…

「い」で始まる四字熟語

一句一語【いっくいちご】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一句一語 【読み方】 いっくいちご 【意味】 ことばの一つ一つまで全て。 【語源・由来】 「一語」は、一つの語。「一句」は、一つの句。「一」は強調のために用いられたもの。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・…

「い」で始まる四字熟語

一念発心【いちねんほっしん】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一念発心 【読み方】 いちねんほっしん 【意味】 仏教で、深く思いつめて仏門に入ること。 【語源・由来】 「一念」は、深く思いつめること。「発心」は、仏門に入ること。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・発菩…

「い」で始まる四字熟語

一波万波【いっぱばんぱ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】 一波万波 【読み方】 いっぱばんぱ 【意味】 一つの事件の影響が多方面に及ぶことのたとえ。 【語源・由来】 一波纔かに動いて万波随う 海面で一つの波が動くと、それにつれて多くの波が連鎖的に起こることから。 …

「い」で始まる四字熟語

一擲乾坤【いってきけんこん】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一擲乾坤 【読み方】 いってきけんこん 【意味】 運を天にまかせて、のるかそるかの大勝負をすること。天下をかけて一度さいころを投げる意から。 【語源由来】 「一擲」はひとたび投げること。「乾」は天、「坤」は…

「い」で始まる四字熟語

一失一得【いっしついっとく】の意味と使い方や例文(出典・類義語)

【四字熟語】 一失一得 【読み方】 いっしついっとく 【意味】 損失があるとともに利益も同じようにあること。 【典拠・出典】 『無門関』「二六」 【類義語】 ・一利一害(いちりいちがい) ・一得一失(いっとくいっしつ) …

「い」で始まる四字熟語

一弛一張【いっしいっちょう】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】 一弛一張 【読み方】 いっしいっちょう 【意味】 弦を強く張ったり、ゆるめたりすること。転じて、人に厳しく接したり、やさしく接したりすること。政治家・上司、また教育者の心得で、時には厳格に、時には寛大に程よ…

「い」で始まる四字熟語

一字三礼【いちじさんらい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一字三礼 【読み方】 いちじさんらい 【意味】 敬虔な態度で写経をすること。また、敬虔な態度で写経するべきだという教え。 【語源由来】 写経するとき、一字書くたびに、三度仏を礼拝したことからいう。平安末期か…

「い」で始まる四字熟語

一言隻句【いちげんせきく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】 一言隻句 【読み方】 いちげんせきく 【意味】 ほんの短い、ちょっとした言葉のこと。 【語源・由来】 「隻句」は、わずかな言葉の意。 【典拠・出典】 - 【類義語】 ・一言一句(いちごんいっく) ・一言半句…

「い」で始まる四字熟語

陰徳恩賜【いんとくおんし】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】 陰徳恩賜 【読み方】 いんとくおんし 【意味】 人知れず善行に励む人には、必ずよい報いがあるということ。 【語源・由来】 「陰徳」は人に知られない隠れた善行のこと。「恩賜」はありがたい恩恵のこと。 【典拠・…